ただいまの口コミ 126,251 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,305件)

美容医療コラム

最新の美容医療情報や美容整形術のポイントなど、美容外科・皮膚科治療の詳しい情報や普段表に出てこないような美容医療の裏話などを、美容医療の専門家が発信!

ピコシュアーレーザー

新宿中央クリニック

タトゥー(入れ墨・入墨・刺青・イレズミ)、アートメイクなどの標的となるメラニン細胞にだけ反応し、墨のみを選択的に破壊できる治療法となります。 レーザー施術中、正常な皮膚組織を傷付ける事なく、治療する事ができます。 輪ゴムでパチンとはじかれるような痛みが生じますので、お痛みが心配な方は麻酔クリームを使用いたします。 従来のレーザー治療では黒や濃い紺にしか反応できず、治療に限りがありました。 新宿中央クリニックのPICOシュアーレーザーは青・緑・黒色等に対応できる波長755nmのハンドピースと赤・オレンジ・黄色等に対応できる波長532nmのハンドピースを 使い分ける事により、全てのカラーを除去する事が可能です。 また、従来のレーザーでは大きなインクの粒子しか破壊できませんでした。その為、とりきれず薄く部分的に残ってしまったという方もおりました。 しかし、最新のPICOシュアーレーザーではさらに小さいインクの粒子も破壊できるようになり、より綺麗に早くタトゥー除去が可能となりました。 レーザー治療を受けたがとりきれずまだ部分的に残っている方へ・カラーのタトゥーでレーザー治療を諦めていた方へもおすすめなレーザーです。

リストカットの傷跡・根性焼きの火傷跡を消す治療方法

新宿中央クリニック

リストカットの傷跡・根性焼きの火傷跡の状態・範囲によって消す方法が違います。 リストカットのほかに腕のアームカット「アムカ」、脚のレッグカットも治療可能です。 院長診察時、患者様のご希望や傷跡の状態(深さ範囲等)によってレーザー治療・切開法・剥削法・皮膚移植法での最適な治療をご提案いたします。 リストカットの傷跡・根性焼きの火傷跡治療の診察・カウンセリングは無料ですのでご予約お待ちしております。 ◆レーザー除去法(エコツーフラクショナルレーザー) レーザーでリストカットの傷跡や根性焼きの火傷痕を徐々に薄くしていきます。 皮膚表面にミクロ単位の穴を開け肌の入れ替えと皮膚再生を促進させる治療になります。 照射によって皮膚表面に開いた微細な穴が治癒する際に、皮膚が収縮することで傷跡をぼかしたり、凹みを縮めることができます。 リストカット痕・根性焼きや妊娠線・その他の傷跡も治療を重ねるごとに徐々に目立たなくなっていきます。 ◆切開法  切開法とは言葉のとおり、リストカットの傷跡や根性焼きの火傷痕を切除する方法です。 皮膚がある程度伸びる箇所でないと一度では除去できない場合もあります。その場合は、分割切除で取り除きます。 ◆剥削法 剥削法(はくさく) とは、けずってリストカットの傷跡・根性焼きの火傷痕を除去します。ある程度の傷跡の大きいリスカ、アムカなども可能ですが、治療後は細めに消毒する必要があり2~3ヶ月間かけて徐々に創部乾燥していく為、皮膚の再生・上皮化に時間がかかります。 ◆皮膚再生療法(リジェネラ) 本来は捨ててしまう切除、剥削した際のご自身の皮膚細胞を採取します。 採取した組織を特殊な機械にかけ、懸濁液を作成します。 切除した傷痕や切除しきれないリストカットの傷痕に注射することにより、傷の治りを早く綺麗にすることができる 厚生労働省の承認を得ている安全な最新の再生療法となります。

アブレーション剥削法

新宿中央クリニック

入れ墨(入墨・イレズミ・刺青・タトゥー)のある部分の皮膚を削り取る方法です。 1度で墨を消したい方に適した治療法ですが、1度で削り取れる範囲は最大でも約20×20cmまでとなります。 削皮(さくひ)・剥削法(はくさく)は、墨は1度で消す事が出来ても、治療後は細めに消毒する必要があり2~3ヶ月間かけて徐々に創部乾燥していく為、皮膚の再生・上皮化に時間がかかります。 完全に乾燥するまでは3~6ヶ月要し、傷跡は図柄の大きさで火傷(ヤケド)跡の様に残ります。 ◆アブレーション剥削法治療後の注意事項◆ ・治療後の管理 当日:患部には触れないで下さい。 ~2週間:2~3日に1回、消毒しガーゼ固定 ~4週間:範囲・箇所により1週間~2週間に1回、消毒しガーゼ固定 ~3ヶ月:状態が落ちつくまで、定期的に通院 ・生活制限 洗顔 患部を濡らさなければ可能です。 メイク 特に制限はありません。 シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です。 入浴 指示があるまでお控え下さい。 飲酒 2週間は禁酒です。 タバコ 当日はお控え下さい。 スポーツ 指示があるまでお控え下さい。

ヤグレーザー法

新宿中央クリニック

タトゥー(入れ墨、入墨、刺青、イレズミ)、アートメイクなどの標的となるメラニン細胞にだけ反応し、墨のみを選択的に破壊できる治療法となります。 レーザー施術中正常な皮膚組織を傷つける事なく、治療する事ができます。 輪ゴムでパチンとはじかれるような痛みが生じますが、麻酔する程の痛みではありません。 医療用のレーザーは安全な人工光線で、人体に対する副作用の心配はありませんので、手軽に治療を受ける事が可能ですが2カ月に1回の治療となる為、治療期間はかかります。 タトゥー(入れ墨、入墨、刺青、イレズミ)、アザの場合2カ月ごとの治療となりまして、3~10回回数が必要となります。 アートメイクの場合も2カ月ごとの治療で、回数は1~5回必要となります。 ◆MedLite C6(メドライトC6)の特徴◆ 2種類の波長(1064nm、532nm)を選択可能。 皮膚科領域での色素性皮膚疾患への選択的な治療が可能。yaglazer 波長1064nm 1064nmの近赤外域のレーザー光は、暗色(黒/青)色素性病変部の除去や黒系のインクの除去に適しています。 波長532nm 532nmの可視領域(緑色)のレーザー光は、メラニンや赤系インクに吸収されやすい特性があり、メラニンによる色素性病変部や赤系のインクの除去に適しています。 従来のQスイッチYAGレーザーに比べ、創面がフラットで均一にエネルギーを届けることができ、治療部位が広範囲でもスピーディな治療が可能です。(1秒間に最高10ショットの高繰返し照射が可能)

パントガール

新宿中央クリニック

パントガール(Pantogar)は、女性の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)や抜け毛を改善し、発毛を促す治療薬です。生え際や分け目が薄く見え、全体の毛髪が薄くなる等、女性の薄毛特有の症状を改善します。 びまん性脱毛症は20歳以上の女性の約40%、男性の約20%において、少なくとも生涯に一度は発症するとされています。 びまん性脱毛症は「パントガール」に含有されている必要不可欠な栄養素や有効成分を体内に供給することにより治療が可能です。 効果を得るためには最低でも3ヶ月間の服用をお勧めします。効果を持続し、美しい髪を保つためには6ヶ月~12ヶ月の長期服用を定期的に行うのが良いとされています。

エラボトックス注射

新宿中央クリニック

筋肉をたくさん使うことで発達し、大きく太くなっていきます。ちょうどボディビルダーの方がトレーニングによってアップさせているイメージです。 逆に、筋肉を使わないでいると、筋肉はやせ細ります。これを応用したものが、小顔ボトックスです。 小顔ボトックス注射はエラの筋肉の使用を抑制します。つまり、エラの筋肉をあまり使わなくなるので、エラの部分が次第に細くなりスッキリするので小顔効果があるのです。 特徴 注射なので傷跡の心配なし 注射なので術後の面倒なケアなし 当日からメイク可能です

上まぶたオートファイバー法

新宿中央クリニック

年齢とともに目の上の脂肪が収縮してできるのが「目の上のくぼみ」いわゆる“くぼみ目”です。目の上のくぼみが強いと老けや疲れて見えたり、眠たそうに見えてしまいます。その目のくぼみの部分に腹部(おなか)や殿部(おしり)から取ったご自分の脂肪を注射注入し、ふくらみを持たせて修正します。注射治療なので傷の心配もなく、自分の生きた脂肪組織を使うのでアレルギーなどの副作用の心配もありません。 くぼみ目改善で注入する脂肪の量は個人差がありますが、基本的に少し多めの脂肪組織の繊維(ファイバー)を入れます。 なぜなら脂肪繊維は全部吸収されず入れた量の平均2~3割り程度が定着しますので吸収される部分も考慮しての脂肪注入となります。 ですので脂肪繊維の定着の度合いによっては2~3回程、「上瞼オートファイバー(脂肪注入)法」をうけるのが通常です。 通院は基本的に必要ありませんので忙しい現代女性にピッタリのくぼみ目改善治療法です。

SUB-Q(ヒアルロン酸注入)

新宿中央クリニック

SUB-Q(サブキュー)とは? ヒアルロン酸はもともと体内にある成分でアレルギーの心配のない安全性の高い注入物です。SUB-Q(サブキュー)とは、そのヒアルロン酸の粒子を大きくしたものなので、効果の持続期間が個人差や注入量によりますが1~3年程と通常のヒアルロン酸に比べ非常に長く、ハリを出すバストアップ治療に最適な注入物です。 Q-MED社のSUB-Q Q-MED社とは美容医療専用のヒアルロン酸を医療機関に数多く提供しており、日本の厚生労働省に相当するFAD(アメリカ食品医薬局)公認の企業です。 新宿中央クリニックはこのQ-MED社製の純正なヒアルロン酸SUB-Q(マクロレインSUB-Q)を使用しています。 SUB-Q(サブキュー)注入のメリット 傷跡がまったくつかない 治療時間がなんと20分ほど 部分UPや片胸だけ多い量を注入することも可能 注入中や注入後の本人確認ができる 直後や後々の追加が可能 旅行やイベントの直前でも可能 仕事、日常生活に支障が出ない SUB-Q(サブキュー)注入のデメリット インプラント挿入と違って限界量がある(個人差による) →今よりワンカップ程度バストUPさせたい方におすすめです 吸収があり最終的になくなる→定期的に追加注入すれば持続可能です!

1 ~ 8 件 / 8件中

スポンサードリンク

ホンネをチェック!

リアルで詳しい体験レポート

口コミ 126,251

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,364人以上 の医師陣が回答!
総回答数 42,000件以上!