最寄駅 西梅田  北新地  大阪 

口コミ広場なら口コミ&写真の投稿で最大10%ポイントバック!


出口正巳の画像

院長
出口正巳 男性

治療結果の喜びを共有したい。

所属学会・資格

日本美容医療協会会員(適正認定医)
日本美容外科学会会員(専門医・理事)
日本形成外科学会会員(専門医)
日本頭蓋顎顔面学会会員
国際形成外科学会会員
国際美容外科学会会員
米国美容形成外科学会会員(特別会員)

略歴

1979年 長崎大学医学部卒業
1979年~1982年 長崎大学形成外科入局
1982年~1983年 北九州市立八幡病院 勤務
1983年~1988年 長崎大学医学部付属病院 勤務
1988年~1989年 長崎労災病院 勤務
1989年~1997年 医療法人武朋会白壁美容外科勤務(形成外科部長)
1997年~2004年 医療法人武朋会白壁美容外科院長
2005年3月 当クリニック開院

自己紹介

これまで、20年間大阪・梅田で美容外科医として世代を超えた患者様とのお付き合いが続いており、また皮膚科や形成外科、産婦人科の先生方からのご紹介、インターネットの相談室を通じて来院される患者様方によって支えられています。

患者様から信頼されるように努め、治療結果を喜んでいただき、笑顔を拝見したいという思いで診療を行っています。

ドクターからのメッセージ

  • 美容外科医、美容皮膚科医になったきっかけ、こだわり、ポリシー等を教えてください

    医学部を卒業して形成外科医として治療と勉強をしていましたが、形態の改善を目的とする手術を突き詰めていくと、より綺麗な結果は「美容外科」にたどり着きます。
    大学病院での形成外科10年目に美容外科病院からの出向依頼があり、形成外科とともに美容外科の仕事を始めました。
    美容外科の歴史をみると、学問的な裏づけが少ない「美容整形」という流れと医学に裏づけられた再建と美容を扱う形成外科があり、形成外科医が美容外科医としてより高度な治療を行うようになってきました。
    例外はあるでしょうが、形成外科専門医がさらに美容外科を修練した方が、より安全で効果的な治療ができると思います。

  • 美容医療のやりがい、また苦労はどんなところですか?

    病気にかかったために治療を受けるのと違って、美容医療は患者様が美しくなりたいあるいは若々しくありたいという自主的な動機で始まり、それに対して医療技術でその要望にこたえるものです。
    最も重要なことは、患者様が何を希望しているかが私たち美容外科医にちゃんと伝わることです。直接お会いした診察の過程で、拝見しながら、対話からご希望を把握し、治療方針を探るのですが、これが上手くいくと治療の半分は成功したようなものです。
    医学的裏付けのある安全で効果的な治療を、できるだけダウンタイムが短くなるように考えて、患者様に喜んでいただくように心がけています。

  • 良いクリニック、良いドクターとはどのようなものだと考えていらっしゃいますか?

    美容医療の出発点は患者様自身の主観としての希望ですから、目的はその希望をかなえることになります。ですから、診療においては患者様の悩みや希望を理解しようと努めることに始まり、考えられる治療について図などを用いてわかり易く説明して理解していただき、さらに術中・術後の経過や副作用なども包み隠さず紹介したのち治療費用の見積もりまで説明し、患者様自身が治療を受けるか否かを決めてもらうようにします。
     術前診察、手術前の説明とデザイン、手術、術後定期健診、これらを全て同じ医師が担当するクリニックが望ましく、これらを違う医師が責任をたらい回すようなシステムのクリニックは避けたほうが良いでしょう。

  • クリニックの特徴、特色などを教えて下さい。

    これまで蓄積した経験と新しい先進的医療情報から、医学的に裏付けられた高い効果・安全性を担保して、手術(本格性)、プチ整形(手軽さ)、再生医療(先進性)、メディカルエステ(科学性と安心感)、機器治療(肌質改善)を組み合わせた治療を提案します。
    二重や眼瞼下垂、逆まつげ、タルミ取りなど、まぶたの手術は顕微鏡を使っておこない、診察室でレントゲン撮影ができるのは、カリスクリニックの特色と言えます。
    大阪・梅田で30年以上にわたり診療してきましたので、親子三代で通っていただくご家族も珍しくありません。これからも相互の信頼関係を大切にした医療を続けて行きたいと思います。

  • 読者の皆さんへのメッセージをお願いします。

    お気軽にご相談下さい。
    診察で拝見しながらお悩みやご希望を聞かせていただく必要がありますが、まずはメールをいただければ分かる範囲でお返事いたします。
    その回答をお読みになって、診察を受けてみようかなと思ったら診察に起こし下さい。メールへの返信、診察、手術、術後検診は、すべて院長が行います。
    修正を含めた二重切開法、目頭および目尻切開、眼瞼下垂、フェイスリフト、鼻形成術などの手術、肌細胞や PRP による再生医療、ヒアルロン酸、ボトックス注射、レーザーなどの最新機器治療を行っています。