{{ message }}

最寄駅 銀座一丁目  銀座  有楽町 

口コミ広場なら口コミ&写真の投稿で最大10%ポイントバック!


略歴

1985年 名古屋大学医学部卒業
1987年~1989年 
米国メイヨークリニック等で研修
1989年~1992年 
米国ミシガン州Craniofacial Instituteと
Providence Hospitalにて研修
1995年 小牧市民病院形成外科部長
2002年 愛知医大形成外科講師
2004年 ヴェリテクリニック銀座院院長 就任

●元 高須クリニック医師
●元 コムロ美容外科医療次長

資格・所属:
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医

【著書】
「セレクト美容塾・鼻」 編著:美容塾
出版:克誠堂出版

自己紹介

人間の顔は人とのコミュニケーションという役割の機能を担っています。
顔のコンプレックスは、その機能を妨げていると思います。
そのコンプレックスを取り除いてさしあげていくことが美容整形の使命と考えています。

ドクターからのメッセージ

  • 美容外科医になったきっかけ、こだわり、ポリシー等を教えてください。

    アメリカでの医師免許を取得し、形成外科医として診療に携わると同時に、形成外科の一分野とも言える美容外科にも興味がありました。
    形成外科医時代も、大学の先輩に紹介され週末には日本の美容外科を1から学び、その中で美容外科の奥深さにどんどん惹かれていきました。
    その後は、現ヴェリテクリニック総院長を務める中西雄二先生が医療部長を務めていたコムロ美容外科で医療次長を務め、美容外科に深く関わっていきました。
    ヴェリテクリニックは質の高い美容医療を提供することで、世間一般でいわれている美容整形・美容外科に対するマイナスイメージやアンチテーゼを本気で覆したいと考えています。これが私のポリシーです。

  • 美容医療のやりがい、また苦労はどんなところですか?

    美容外科医は、「通訳者であり、デザイナーであり、そして技術者・職人」です。患者様の頭の中に描いている要望を聞き出す能力がまず、第一に必要です。次に、その要望を具体的な形にデザインする能力が要ります。そして、人体に手を加えて希望の形を作り出す手術の技術とそれを判断する目を養わなければなりません。

    以上のことを肝に銘じて、毎日の診療に当たっています。

  • 良いクリニック、良いドクターとはどのようなものだと考えていらっしゃいますか?

    あらゆるご要望にお応えできる事が長所だと思っているので一概にはいえないのですが、ヴェリテ各院には「鼻整形センター」を設け、鼻の悩みを多角的なアプローチで解決できるようになりました。単純に「鼻を高くしたい」という要望でも、手術手法の選定には多くの経験と、医師のデザインセンスが非常に要求されます。
    鼻に関する全てのお悩みにベストマッチな手術法を常にご提案できるよう万全の態勢がとられています!

  • ヴェリテクリニックの特徴、特色などを教えて下さい。

    ヴェリテクリニックの大きな特徴として、他院で行った手術の修正を広く受け入れてきました。「こうありたい」という願望をどこまで真剣に、どこまで理想を現実に昇華できるかが大切なことだと考えています。
    納得いく結果を得られるまで、とことんお付き合いさせていただきたいと思います。

  • 読者の皆さんへのメッセージをお願いします。

    人間の顔は人とのコミュニケーションという役割の機能を担っています。
    顔のコンプレックスは、その機能を妨げてしまう場合があります。
    そのコンプレックスを取り除いてさしあげていくことが、美容整形の使命と考えています。どうぞお気軽にご相談下さい。

同院のドクター・スタッフ

スペシャルインタビュー