{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

あなたにぴったりの
クリニックが見つかる

150,479件のリアルな口コミから
安心して美容整形・皮膚科クリニックを探せます。

クリニック予約はアプリが便利♪

特集・おすすめ情報

人気のクリニック

続々増えています! 新着クリニック

お悩み・目的からさがす メンズ版はこちら

エリアからさがす

症例写真

女性40代

ほほ・あご脂肪吸引/メーラーファット/ジョールファット

1,022,120円

(施術を受けた方の平均費用)

アリエル美容クリニック 大宮院

詳しく見る

女性20代

アリエルクイックループダブル

198,000円

(施術を受けた方の平均費用)

アリエル美容クリニック 大宮院

詳しく見る

女性20代

二重全切開法+目頭切開法

363,000円

(施術を受けた方の平均費用)

秋葉原美容クリニック

両目 片目 二重切開 眼瞼下垂手術

詳しく見る

手(身体)のシミレーザーをしてみました

21,780円

(施術を受けた方の平均費用)

やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院/シミレーザー東京

レーザートーニング

詳しく見る

美容医療コラム

《二重全切開法》半永久で戻る心配のない二重整形

目・二重整形

いつも東京ベレッザクリニックをご利用いただきましてありがとうございます! 今回は《切開式重瞼術》をご紹介させていただきます。 <このような方におすすめ> ・平行型二重にした ・埋没法ではラインがすぐに取れてしまう ・まぶたが厚く重めの一重に悩んでいる ・二重が取れる心配をすることなく半永久的な効果が欲しい ・幅の広い二重ラインがほしい 解剖 ・アジア人では眼窩脂肪は西洋人より尾側までやや張り出す傾向にある 術前評価 ・左右の対称性は絶対条件ではないため、患者側が気にしていない左右差を医師の側から積極的に指摘することは慎むべき ・二重の幅を決定する因子として、睫毛から重瞼線(切開線)までの距離・重瞼線の食い込み具合・目の開き・眉毛の位置を挙げることができる  ;術中に調整可能なものは切開線の位置と重瞼の食い込みである デザイン ・術前のプランニングとデザインは極めて重要で、この時点で手術結果の9割が決まると言っても過言ではない ・日本人の場合、切開重瞼線は6-8mm程度に設定すると自然になりやすい ;瞼板より高い位置になる10mm以上では自然な重瞼になりづらく、慎重なデザイン決定が必要 ・過度に高い位置に切開線を設定しないことが重要 ・予定重瞼線はブジーにより自然に形成される、いわゆる皮膚割線に沿ったものとするべき  ;皮膚割線に沿わない切開線を置くと、瘢痕が目立ちやすい、重瞼線に不自然な角張りができる、などの問題が生じる ・重瞼線を高く設定することや重瞼線より高い位置の皮膚切除により重瞼高は広くなり、挙筋前転など挙筋能が高くなると重瞼高は狭くなる ・ブジーの位置を高い位置(10mm程度)にしても求める重瞼幅にならない場合は、皮膚切除が必要 ・重瞼幅を広げるには、重瞼線の位置を高くするか皮膚切除量を増やすかのどちらか ・術前に皮膚および皮下組織の厚みをしっかりと評価し、希望の重瞼幅をふまえた上で動的な重瞼形成を基本にしつつ、どの程度静的な要素を織り込むかを決める 手術手技 [局所麻酔] ・麻酔がかかりづらい部位はおおよそ共通しており、内眼角近傍、外眼角近傍、眼窩脂肪、眼瞼挙筋、ミュラー筋、瞼板、切開部頭側皮膚 ・術野の眼輪筋内の出血をできるだけ回避するため、主に切開線より頭側に麻酔は注入する ・挙筋機能に可能な限り影響が及ばないように、比較的浅めの層に注入する [皮切] ・眉毛側の切開を行う際、やや眉毛側にメスを傾けるようにすると、デザイン通りに切り易い ・皮下血管を切らない深さで切開する  ;皮切の段階で皮下血管を切ると血管が眼輪筋内に潜り込んで出血斑を作るので、こまめに凝固する [眼輪筋下剥離] ・バイポーラーを用いて、糸をかける創縁皮膚裏面の血管をあらかじめ凝固しておく  ;皮膚固定の糸を掛ける時に皮下出血を予防することができる ・前瞼板部を露出する際に、剥離しすぎると眼瞼下垂症状が生じるので注意する [重瞼固定および皮膚縫合] ・皮膚縁を瞼板の高い位置に引き気味にして縫合すると、睫毛の角度が上を向いたり瞼縁の粘膜が露出するので、皮膚を引っ張りすぎないようにして皮膚縁直下の位置で瞼板に固定する ・創の両端にdog earを作らないようにはじめに内側端と外側の縫合を行っておくとよい  ;上方の皮膚縁が長めになるので、上方の皮膚縁を創の中心に少し寄せるようにして縫合すると皮膚は余らない ・眉毛側眼輪筋断端の位置が頭側にずれてしまうと予定外重瞼線が生じる原因となる場合がある 術中評価/調整 ・調整には順序があり、瞼の開き→組織量→食い込みの順に行わなければならない ・睫毛側皮下の眼輪筋を少量追加切除することでも食い込みを堅固にすることができる ・食い込みが弱いと予定外線が出やすくなる  →食い込みを強くし直すか、折れやすい位置の皮下へ眼窩脂肪を裏打ちとして敷き込み、重瞼固定時に合わせて縫い込むとよい ・術前より眼瞼下垂症状が疑われる場合や手術中に眼瞼下垂症状が出現した場合には、挙筋腱膜、瞼板、眼輪筋を縫合固定するとよい ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

解説 東京ベレッザクリニック

公開日:2024/06/26

《 目尻切開 》 目のポテンシャルを引き出す施術!

目・二重整形

《目尻切開》 ・外眼角部は靭帯で眼窩骨に固定される部位であり、皮膚の切除のみの単純な目尻切開で大きくすることは困難 ・つり目の印象は外眼角のみによってできるわけではないので、患者の蒙古襞が発達している場合には目頭切開を検討する ・単独の手術でつり目の印象を緩和するのではなく、複数の目元の手術を組み合わせて手術計画を立てることが重要 ・目尻切開で皮膚を大きく切るのは絶対に避けるべき  ;変化を求めて皮膚を大きく切ってしまうと外眼角部で結膜が露出し、さらに目尻の構造そのものが破綻すると目尻が四角くなり、異様な形態となる ・左右差や後戻り、肥厚性瘢痕を防ぐために、目尻切開の方向と長さの設定が重要 ・下外側眼瞼靭帯や周囲の眼輪筋をしっかりと離断し、皮膚や結膜の縫合は緊張がかからないようにすることが大事 ・目尻切開は外眼角部に余剰皮膚がかぶさっている、瞼裂を縦方向に広げる力が弱い(眼瞼下垂症など)がある場合は治療効果がわからない、もしくは減じてしまうことがある 手術適応 ・「目尻を外下方に用手的に牽引した際に、隠れていた白目が出てくること」 ・外眼角から眼窩骨縁までの距離が4mm以上あり、Mongolian slantの傾向が強い患者は効果が高い ・眼球突出傾向があり、かつ外眼角側で眼球が下瞼に隠れている面積が大きい患者で効果が高い ・奥目傾向があり、上下眼瞼の張り出しが強いタイプ(眼球が埋もれているように見えるタイプ)は効果に乏しく、無理に切ると「目尻側で下瞼が眼球から浮いた状態」になりやすい ・上眼瞼皮膚の弛緩により目尻がそもそも見えていないタイプの眼瞼は効果に乏しい ・①外側の球結膜の露出面積が小さく、②外眼角瞼縁から4-5mm以上の皮膚切開を見込める場合  ※目尻切開は後戻りが生じるので皮膚切開が3mm以下では効果が期待しづらい 術中のポイント ・結膜を切りすぎると縫合時に緊張が強くなり、後戻りの原因になる為、注意が必要

解説 東京ベレッザクリニック

公開日:2024/06/26

夏休みは治療のチャンスかもしれません!?

ニキビ・ニキビ跡の治療 (その他(ニキビ治療))

夏休みシーズンになると、 『ニキビが気になって友達の前で化粧落とせないから旅行断った』 『ニキビがある状態が嫌で学校に行きたくなかったから、夏休みに入ったら外に出なくて良くなる』といったお声がきこえてきます。 ニキビ・ニキビ跡に悩み、『夏休みはどこにもいかないで家にこもる予定』という選択をする方、実は多いのではないでしょうか。 思い切って、夏休みを治療期間にあててみるのも良いのではないでしょうか。 もちろん、学生の方の夏休期間の1か月ほどや、社会人の方のお盆休み1週間ほどで、ニキビやニキビ跡が完全に治るというのは難しいのですが、”ダウンタイムが心配で、なかなか通開始に踏み切れなかった”なんていう方は、夏休みを利用してみると良いと思います。 まず、ニキビ治療のPDTは、治療直後は赤みや腫れが出ることが多いです。 皮脂腺に反応させているので、赤みや腫れの出かたは個人差があり、皮脂腺の活動が活発なほど赤みや腫れが強く出やすいです。 お肌を目で見ての予測は難しいため、予想よりも赤みが出た患者様が、後々お話を聞いたら翌日は学校を休んだ、ということもあります。 さらに、PDTはわかりやすい好転反応が出る可能性が高く、早ければ治療翌日から「反応性のニキビ」と呼ばれる、毛穴に詰まっていたものが排出されるために細かいニキビが出てくることがあります。これも表面からの予測は難しく、治療後にニキビが増える時期がある可能性がるということを聞いて、開始時期を迷われる方もいらっしゃいます。 好転反応は治療初期に大きく出やすいため、治療の1回目・2回目を夏休みの期間に受けてみるようにすると、少し気持ちに余裕が持てるかもしれません。 ニキビのせいで夏休みも出かけないし、ということであれば、その期間をぜひ治療に使ってみませんか さらに、クレーター治療のフラクショナルレーザーは、出血を伴う強い治療です。 治療後5日間ほど、保護材やテープがを貼りっぱなしにします。 そのため、長期休暇の時期に治療を受けられる方が多く、ゴールデンウイークや年末年始などに治療される方が多いです。 ただ、5日間ほどテープを貼りっぱなしの後、テープをはがして大丈夫なタイミングとなっても、治療後の赤みはまだ残っていることがほとんどです。 1週間ほどの休みがあれば治療自体を受けられる方が多いのですが、まだ赤みが気になる時期に学校やお仕事が始まるということになりますよね。 ダウンタイムの予測が難しいことで、治療に踏み切れないという方も多く、クレーター治療自体を諦める方もいらっしゃいます。 夏休みを利用すれば、テープが剥がれた後も少し様子を見ることができ、気持ちに余裕をもって治療を受けられるのではないでしょうか。 思い切ってみようかな・・・と悩まれている方は、ぜひご相談にお越しください。 限られた長期休み、是非有効に使って頂ければと思います! メディアージュニキビクリニック代官山

解説 メディアージュクリニック 代官山院

公開日:2024/06/24

口コミ

  ドクターインタビュー

ドクター相談室


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
740人のドクター陣が71,794件以上のお悩みに回答しています。