{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

  ほうれい線の整形のクリニックを探す

ほうれい線の整形とは、若返り・アンチエイジングの方法のひとつで、シミ・しわ・たるみ取りと並ぶ人気の施術です。 種類も豊富にあり、プチ整形と呼ばれるヒアルロン酸を注射することでうるおいとハリを取り戻す方法や、特殊加工された体内に吸収される溶ける糸を使って皮下組織を引き締めるものなど、メスを使わずして手軽に行える施術がとても人気です。中には半永久的に効果が期待できる注射治療法なども出てきており、その技術は日々進化し続けています。 施術をすることにより、見た目にもとても若々しく見えて表情も明るくなります。高い効果を期待して高級な化粧品を購入したり、隠そうとして何度もファンデーションを塗りこむといったことをする必要がなくなり、経済的な負担も軽減します。

ほうれい線の整形の口コミ 1355

満足度分布

5.0 (464)
4.5 (374)
4.0 (218)
3.5 (162)
3.0 (92)
2.5 (29)
2.0 (11)
1.5 (5)
1.0 (0)

治療者の分布

男女比

女性 95%

男性 5%

年齢層

10代 0%

20代 9%

30代 30%

40代 39%

50代 19%

60代以上 3%

エリアからさがす

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,383人のドクター陣が61,065件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

【PRP】失った年齢を取り戻すヒアルロン酸ではないシワ治療

しわ・たるみ整形(注入、糸、フェイスリフト) (ほうれい線の整形)

シワ治療といえばヒアルロン酸とイメージされる方は多いのではないでしょうか。シワ治療としてヒアルロン酸が美容医療で活躍していることは多くの方がご存じだと思います。 そのため、シワが気になり始めて美容医療を経験された方は、ヒアルロン酸によるシワ治療選択される事が多いのではないでしょうか。 佐井泌尿器科・皮フ科クリニックでも、ヒアルロン酸によるシワ治療を行っており、この部分のシワをヒアルロン酸で治したいとご相談いただきますが、ほうれい線の治療においてはヒアルロン酸よりご支持いただく事が多いシワ治療が当院にはございます。 それが、“マイセルACR療法(PRP再生療法)”です。 ヒアルロン酸のように物理的に顔の凹み(シワ)を引き上げるのではなく、血小板由来の成長因子を皮膚に注入することで凹みの原因である凹んだ(壊れた)組織を修復することで、顔のシワ症状を改善することが期待できます。 自身の組織を修復してシワを改善するため、治療結果を時間が掛かるためヒアルロン酸のように即効性は期待できませんが、患部の自然な仕上がりを期待できるシワ治療です。 ───────────────────────── 血小板で組織を再生するPRP再生療法とは? ───────────────────────── PRP再生療法とは、毛穴の引き締め、シワ・くぼみ、凸凹肌やニキビ跡の改善、薄毛の改善などの効果が期待できる治療です。 なぜ、PRPが多様な症状に対して効果を期待できるのかというと、自身の血液に含まれる血小板を利用し肌の生成力を活性化して症状を改善するからです。 ケガをした時をイメージしてほしいのですが、血が出るとカサブタになり気づけば元通りの皮膚になっていると思います。こういったケガを修復する効果に大きく関わってるのが血小板です。 血小板は体のさまざまなところに作用する「成長因子」をつくり出す働きをもっています。そのため、血小板が注入された箇所は年齢や生活習慣などによって衰えていた成長を取り戻し、自分の身体がより良かった状態へと戻していきます。 そのため、当院で行っているようにシワを改善するだけでなく毛穴の引き締めやニキビ跡の改善に対しても治療効果が期待できます。 ───────────────────────── ヒアルロン酸とマイセルACR療法(PRP再生療法)の違い ───────────────────────── ほうれい線のシワ治療として高い効果が期待できるマイセルACR療法は、ヒアルロン酸とどちらが良いかと相談される事が多いため、ふたつの治療特徴の違いを簡単にご説明します。 結論からお伝えすると、どちらも一長一短持っているため症状や希望に合わせて使い分けることが重要になってきます。 ヒアルロン酸は皮膚の凹み(シワ)部分に、製剤を注入し物理的に持ち上げるため即効性が高くまた個人差なくシワ症状を改善できます。(医師の技術やシワ症状の深刻度によって若干の差異は発生します) そのため、患部を物理的に持ち上げることでシワを改善する治療のため、注入箇所はヒアルロン酸がシコリのような状態になり患部を触れると違和感を覚えてしまう場合があります。また、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため、半年から長くても2年経過すると治療効果は失われてしまいます。 そのため、継続した治療効果を得るためには一定期間ごとの再施術が必要です。 それに対してマイセルACR療法は、自身の組織再生を活性化させることで皮膚の凹みを持ち上げてシワの改善が期待できます。 そのため、ヒアルロン酸のように即効性は期待できず再生能力によって個人差が発生するため1度の治療で全ての方が一律高い効果を期待できない可能性があります。 1度の施術で十分な効果を実感できる方もいれば、2~3回の施術を受ける事で治療効果を実感できる方もいらっしゃいます。 その分、自身の組織でシワを改善するマイセルACRはヒアルロン酸のようなシコリが発生する事がないため、見た目はもちろんのこと触られても違和感を覚えない自然な仕上がりが実現できます。 また、治療効果の持続期間が長い事もマイセルACRの魅力でもあります。 ヒアルロン酸は製剤が吸収される半年~2年間しか治療効果が持続しませんが、マイセルACRは自身の組織が再生して顔の凹みを無くすことでシワを改善します。 イメージとしては注入部分の皮膚が10,20代の状態になっていると考えてください。20代から老化が新たに始まると考えるとシワが気になりだすまでに10年以上の期間は効果持続が期待できます。 WEB上では症例写真の掲載は行っておりませんが、院内限定でご確認いただける症例写真もご用意がございます。気にある際はお気軽にお問合せください。

解説 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

公開日:2020/04/10

ほうれい線の整形の基礎知識 入門編FAQ

ほうれい線の整形に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

ほうれい線とはなんですか?

ほうれい線(法令線)とは、鼻の両わきから口角に向かって入るシワのことです。年齢と共に肌の弾力が低下してきますと、折りシワが戻りにくくなって刻まれてしまいます。特に、深いシワはそのまま放置しても回復することはなく、症状はますます進行していきます。そのため、ほうれい線は早めに対策を取る必要があります。また、ほうれい線は老けて見える最大の原因とも言われており、30代~50代の悩みトップにも挙がっています。

ほうれい線の原因はなんですか?

ほうれい線、つまりは皮膚のタルミのことですが、これができる最大の原因は加齢によるものと考えられていますが他にも複数の要因により、ほうれい線の形成が助長されます。1つは紫外線です。長時間、紫外線を浴びることでコラーゲンやエラスチンが破壊、またはそれを精製する細胞が傷ついて生成能力が減少します。コラーゲンやエラスチンは肌のハリを支えるのに欠かせない成分で、これが減少することでタルミなどの症状を引き起こします。他にも、無理なダイエットにより急激に痩せますと、肌がダルンダルンになり、シワとタルミが表れる形になります。これは顔にも同じことが言えます。それゆえ、太りすぎと急速なダイエットはほうれい線形成の1つとされています。他にも、乾燥、ストレス(から発生する活性酸素)も原因として考えられています。

ほうれい線の治療法には何がありますか?

ほうれい線を治療する方法は複数あり、レーザーを使うものから針と糸を使うもの、薬品を注入するものまで様々です。高出力RFとダイオードレーザーの相乗効果で皮膚内のコラーゲンを増やし、お肌を引き締めてシワを改善してタルミを予防する『ポラリス』。特殊加工された糸を使用して、皮下組織を引きしめるフェザーリフト』。ヒアルロン酸を使用することで肌に潤いとハリを持たせつつ、凸凹にならずに広い面での注入が可能な『ヒアルロン酸注入』。メスで切らずに溶ける繊維を注入して頬やフェイスラインを自由自在につり上げてタルミを解消する『フェイスアップ』など、多岐に渡る治療機器・治療法が存在します。

ほうれい線の整形治療の男女比が女性100%ですが、男性はほうれい線にならないのですか?

男性の方も例外なく、ほうれい線はできます。ただし、男性の方は女性に比べて美容を気にする方は少ないのが実情のようです。美容クリニックの多くは女性限定ですが、中には男性の方を対象とした美容クリニックもあります。ほうれい線で悩む男性の方は是非探してみてください。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、ほうれい線の整形についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。