{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

  その他美容医療(男性向け)のクリニックを探す

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,313人のドクター陣が66,383件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

日焼けしてしまったら高濃度ビタミンC点滴

再生医療・美容点滴 (ビタミン点滴)

強い日差しを受けた肌と身体のダメージ、疲れに高濃度ビタミンC点滴がおすすめです。 皮膚の老化の80%は紫外線よる光老化と言われているほど、紫外線を浴びてしまうとシミ、しわ、乾燥などすべての老化現象につながってしまいます。 高濃度ビタミンC点滴は、通常食事やサプリなどによる口から摂取するビタミンCの何十倍ものビタミンCを点滴で体内に投与するします。 ビタミンCをたくさん直接体内に点滴することで、血中のビタミンC濃度を高レベルで上げて、美白やアンチエイジングなどの美容効果や、いろいろな疾患の予防や機能の改善を強力に促してくれます。 ビタミンCはメラニン抑制だけではなく、身体の疲れを取ってくれる疲労回復の効果もあるのでレジャー後に点滴すると疲れも取れやすくなります。 普段からの紫外線対策も重要ですが、それでも日に焼けてしまうときもありますよね。 そんな時はぜひ高濃度ビタミンC点滴を取り入れてみてください。 点滴は点滴部に痛みや発赤、点滴時のほてり感、動悸、頭痛、嘔気などが生じることがまれににありますが、いずれの症状も当日に改善することがほとんどです。 注射刺入部位に皮下出血が生じることがありますが、1~2週間程度で吸収されまのでご安心ください。 点滴中に低血糖を生じることがありますので、空腹時の点滴は控えてください。 症状に合わせて1~2週間に1回の点滴をお勧めします。

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/08/18

医療機関で安心なピアス穴あけ

ピアス穴あけ (耳のピアス)

ピアスの穴あけは医療行為です。 本来医療機関以外でピアスの穴をあけることは医療法違反に該当します。 ご自分で行うと出血、炎症、感染などトラブルの原因になることがあります。 ピアッシングは衛生管理の整った病院で行うことが大切です。 医療用チタン製のピアスもあり金属アレルギーの方も安心してお受けいただけます。 施術は鏡で確認しながら、ピアスの穴あけの位置を相談しながら決めます。 決められた位置の部分をアイスノンで冷やして、ピアス穴あけ専用のピアスガンでホールを作成します。 麻酔クリームの使用もできますが、痛みが少ないようによく冷やして素早く一瞬で終わりなのでほとんどの方が麻酔なしで施術を受けれています。 穴をあけてからは、1ヶ月ほどはピアスを外さないようにします。 穴が完成する前に外してしまうと、穴がふさがってしまったり、ピアス挿入時に皮膚を傷つける恐れがあります。 1日1回入浴時にピアスを回して洗うようして消毒ケアを続けます。 サウナや長時間の日光浴は、ホールが完成し、ピアスが外れるようになるまでお控えた方が良いです。やけどを生じる可能性があります。 ピアス穴の完成は、部位や個人により差がありますが、大体4-6週間前後です。それまでは他のピアスに取り替えないようにしていただいています。 ピアスのトラブルがないよう、ピアスの穴あけは皮膚科や形成外科などの医療機関で行ってもらいピアスのおしゃれを楽しみましょう

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/08/10

脇汗・脇のにおいの改善に脇ボトックス

わきが手術・多汗症治療 (多汗症ボトックス注射)

毎日暑い季節は、汗だくで特に脇汗が気になります。 服の汗ジミやニオイが気になったり。。。そんな脇汗はボトックス注射で解消できます。 夏の暑い時期だけ脇ボトックスをする方も多くいらっしゃいます。 脇にボトックス注射をすると、脇汗が大幅に軽減されてニオイや洋服の汗ジミも気にならなくなります。 手術が不要の注射だけの施術なので、施術時間も15分程度で済み、施術当日からシャワーも可能です。 ボトックス注射施術後2-3日目から徐々に現れ、3-4ヶ月程度持続します。 ほとんどの方はワンシーズンに1回の注射ですみます。 その後、時間の経過とともに効果は弱くなり、投与前の状態に戻ります。 再投与することで同様の効果が表れ、繰り返すことで持続の期間を延長できます。 効果が弱い場合には投与2-4週間後に診察をし、追加投与をする場合もあります。 ボトックス注射は、たんぱく質が主成分になるため、治療を続けていくうちに、ごくまれに体内に抗体が作られ、効果が減弱することがありますので、前回のボツリヌス注射を終えてから、4ヶ月の間隔を空けていただく必要があります。 まれに注射後の赤斑、内出血などが残る方もいますが数日~2週間のうちに消えます。 妊娠中または妊娠している可能性のある方・授乳中の方は施術はお控えください。(最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する必要があります。男性は3ヶ月避妊してください。)

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/07/28