{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

  クリニックを探す

お悩み・目的からさがす

エリアからさがす

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,398人のドクター陣が64,572件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

年齢は首に出る!首のシワ改善

その他の美容皮膚科治療 (その他(美容皮膚科))

意外と見られている。年齢がでるといわれている首にシワ。 ある研究結果では、30代以降から急激に首のシワが増え始め、以降増え続けるそうです。 首は相手の目につきやすい場所。 相手を見る時って顔と首をセットでみてますよね。 顔がピカピカでも首がシワシワだと台無しです。 ハリツヤを生み出し年齢肌を改善するジェネシスは顔だけでなく首にも照射ができます! ジェネシスはコラーゲンを生成してくれるので、肌にハリやツヤがでて、シワやクスミも改善します。年齢がでる首にピッタリな施術なのです。 ジェネシスレーザー治療は、複数回の治療を継続することにより、お肌が改善していきます。 治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとしておりますが、肌質・症状により異なります。お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。症状の改善が得られたあとは、メンテナンスのために定期的に治療を続けることをおすすめします。 ジェネシスには副作用はほとんどありませんが、施術直後から数時間赤みやほてり出ることがあります。 今の首の若返りにも、将来への老化対策としても期待できるジェネシスです。 首は気になる方は是非お気軽にご相談ください。

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/09/18

医療脱毛でツルツル美肌

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

むだ毛処理はどのような方法でされていますか? カミソリや毛抜きでの繰り返す自己処理は肌の負担が大きく、炎症、黒ずみ、シミ、乾燥、毛穴の開き、たるみなどのデメリットが多くあります。 医療脱毛すると、こうしたむだ毛処理の必要がなくるので、むだ毛処理に関わる肌への負担がなくなり、肌トラブルも減らすことができるのです。 長い目で見ていくと、むだ毛処理を繰り返し行っていく肌の負担がなくなり、むだ毛処理の手間もうっかりむだ毛の処理を忘れてしまって恥ずかしい思いするリスクもなくなります。 毛は表面に出ているものだけではなく、埋もれているものが多数存在します。レーザーは光なので、このような皮下に埋もれている毛にも熱エネルギーを伝え、脱毛の効果を発揮します。このような皮下に埋もれている毛まで処理できるのは、今のところレーザー脱毛しかありません。 医療脱毛は、医師の指導のもと医療従事者である看護師が施術を行います。 医療脱毛では高出力のレーザーを使用できるため、1回の照射での脱毛効果が高いのが特徴で少ない回数での脱毛完了が可能となります。 しかし、脱毛効果があるのはメラニンを多く含む、黒く濃い成長期の毛に対してのみあるため、毛周期に合わせて脱毛する必要があります。 したがって、目安は約一年、5~6回の照射を行うことで、効率的に脱毛効果を得られます。 痛みを感じやすい部位は麻酔クリームなどで痛みを軽減することができます。 特のヒゲやVIOは痛みを感じやすいので麻酔クリームを利用するのも良いでしょう。 日焼け直後の皮膚、色素沈着の強い皮膚には医療脱毛は受けられないので注意しましょう。

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/09/04

日焼けしてしまったら高濃度ビタミンC点滴

再生医療・美容点滴 (ビタミン点滴)

強い日差しを受けた肌と身体のダメージ、疲れに高濃度ビタミンC点滴がおすすめです。 皮膚の老化の80%は紫外線よる光老化と言われているほど、紫外線を浴びてしまうとシミ、しわ、乾燥などすべての老化現象につながってしまいます。 高濃度ビタミンC点滴は、通常食事やサプリなどによる口から摂取するビタミンCの何十倍ものビタミンCを点滴で体内に投与するします。 ビタミンCをたくさん直接体内に点滴することで、血中のビタミンC濃度を高レベルで上げて、美白やアンチエイジングなどの美容効果や、いろいろな疾患の予防や機能の改善を強力に促してくれます。 ビタミンCはメラニン抑制だけではなく、身体の疲れを取ってくれる疲労回復の効果もあるのでレジャー後に点滴すると疲れも取れやすくなります。 普段からの紫外線対策も重要ですが、それでも日に焼けてしまうときもありますよね。 そんな時はぜひ高濃度ビタミンC点滴を取り入れてみてください。 点滴は点滴部に痛みや発赤、点滴時のほてり感、動悸、頭痛、嘔気などが生じることがまれににありますが、いずれの症状も当日に改善することがほとんどです。 注射刺入部位に皮下出血が生じることがありますが、1~2週間程度で吸収されまのでご安心ください。 点滴中に低血糖を生じることがありますので、空腹時の点滴は控えてください。 症状に合わせて1~2週間に1回の点滴をお勧めします。

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/08/18