ただいまの口コミ 8,356 件!

クリニックを探す (登録クリニック790件)

美容整形(男性向け) の美容外科を探す (388件)

エリアから美容外科・皮膚科を探す

美容整形(美容外科)のお悩み・目的から探す

美容整形(美容外科)の施術一覧。あなたのお悩み解決にピッタリのクリニックを探してみましょう。

美容整形(美容外科)の最新口コミ

  症例写真

美容医療コラム

鼻中隔延長術で理想通りのラインにするための注意点

みずほクリニック

鼻中隔延長は将来的に鼻先が曲がるのではと、ご心配をされる方をよく見かけます。それゆえに、鼻先を前方ないしは下方に出す方法として、鼻尖耳介軟骨移植を希望される方の割合が増えつつあります。どうもこの点、他院での手術で鼻先が曲がるケースが数多く認められ、そのため肋軟骨移植を推奨しているようです。しかし、肋軟骨移植を行うのは体に大きな傷跡が残る点や追加費用がかなりかかる点、全身麻酔か少なくとも静脈麻酔が必要とされ、やや大がかりな手術となることなどを考慮するとあまりにやり過ぎ感があろうかとも思います。 これは、何も医師側だけが感じていることではなく、患者様側でもそのような印象を受ける方が多いとカウンセリングでお伺いして分かります。そこまでしなくても、耳介軟骨移植を用いた従来の鼻中隔延長手術でご満足度の高い結果を得ることは十分可能です。 ただし、何度(3回以上など)も鼻先の手術を繰り返し行った結果、鼻先の皮膚と皮下組織が瘢痕でカチカチに固まってしまったような特殊例に限定して、肋軟骨移植を使って修正を行うという場合には私も意味があると思いますが、かなりの希なケースであると言えるでしょう。 ところで、そもそもなぜ鼻中隔延長術で鼻先が曲がるということが起こりうるのでしょうか? その原因として考えられることとして、 1.延長距離を無理に長く伸ばしすぎ 2. 皮下の剥離範囲が狭過ぎる 3.血腫 4.感染 などが考えられます。 1について 皮膚の伸展性・可動性も考慮する必要がありますが、延長距離を定規で測って、最大7mm程度に限定すれば倒れることはまずないと言っていいでしょう。8mmを越えてもいけるかもしれませんが、倒れるリスクはある程度出てきます。比較的鼻の大きな方で、皮膚の柔らかい方であれば8mm以上も十分可能なケースもあります。しかし、鼻先を前方ないし前下方に伸ばしたいという希望の方の場合、鼻が通常サイズよりもむしろ小さい方のほうが多いので、7mm以内ということを出来るだけ守るよう心がけています。 2について 鼻中隔延長は基本的に鼻柱部の切開ありのオープン法で行うのが基本ですが、鼻の穴の鼻粘膜の切開のみで行うクローズアプローチであれば剥離範囲が大きくとれないため、あまり延長距離を長く取ると移植軟骨が倒れるリスクは当然出てきます。 (クローズアプローチは術野の展開が悪く視野の確保が難しいため、あまり思いきって広い範囲は剥離出来ない。) オープンアプローチの場合、十分に余裕をもって広い範囲を剥離することで鼻先付近の皮膚に十分な可動性を与えることで、傷を縫合で閉じる際に移植片に過度な力が掛からないように配慮することが出来ます。 3について ところで、前述しました剥離範囲を広く取ると鼻先の形状を変える自由度が増す反面、術後に出血が生じて血が皮下にたまる血腫というトラブルが発生するリスクが増してきます。この血腫が厄介で、シコリになってふくらんで見えたり、血腫が瘢痕収縮を起こして皮膚面にくぼみが生じたり鼻先が曲がったりする原因となります。当院ではこれまでに、鼻中隔延長術ではありませんが鼻尖耳介軟骨移植を行った症例で1例のみ経験しています。このようなことは本来決して起きてはなりませんので、その予防策として止血を十分確実に行うことも重要ですが、最近はさらなる対策として生体ノリ(フィブリン糊)を閉創作業を始める前に皮下に撒いてから傷を閉じるという工夫も行っています。さらにこの生体ノリを使うメリットとしては、こちらが意図する形に鼻先の形状を固定する上でも使わない場合に比べて形が決まりやすい(まとまりやすい)という点が上げられます。イメージとしては、鼻先の皮膚の形状をテーピングとギプスで外側から「外固定」しつつ、皮下においてもノリを使うことで内側からも狙った形状を確実にキープできる「内固定」のような感じです。 4について 感染については、耳介軟骨など自身の生体材料を使う分にはまず起こり得ないトラブルですが、合わせてプロテーゼなどの人工物を骨膜下に挿入する手技を行った場合には絶対に起こらないとは言えません。感染に伴い炎症が発生すれば、当然皮下組織の拘縮などにより鼻先が曲がるというトラブルが予想されます。しかし、抗生物質を閉創前に皮下に注入したり、術後の経口抗生剤の使用などによってほぼ0%に近い確率までこのリスクを軽減出来ると考えています。体の他の部位と異なり、顔面は非常に血流の豊富な部位のため人工物がシリコンの場合、ほとんど感染は生じ得ないと言ってよいと思います。 以上をふまえ、鼻中隔延長手術において熟練した美容外科医が十分に注意深く行う限りは鼻先が曲がるリスクは実際には極端に低いと言ってよいと思います。

【PRP】失った年齢を取り戻すヒアルロン酸ではないシワ治療

佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

シワ治療といえばヒアルロン酸とイメージされる方は多いのではないでしょうか。シワ治療としてヒアルロン酸が美容医療で活躍していることは多くの方がご存じだと思います。 そのため、シワが気になり始めて美容医療を経験された方は、ヒアルロン酸によるシワ治療選択される事が多いのではないでしょうか。 佐井泌尿器科・皮フ科クリニックでも、ヒアルロン酸によるシワ治療を行っており、この部分のシワをヒアルロン酸で治したいとご相談いただきますが、ほうれい線の治療においてはヒアルロン酸よりご支持いただく事が多いシワ治療が当院にはございます。 それが、“マイセルACR療法(PRP再生療法)”です。 ヒアルロン酸のように物理的に顔の凹み(シワ)を引き上げるのではなく、血小板由来の成長因子を皮膚に注入することで凹みの原因である凹んだ(壊れた)組織を修復することで、顔のシワ症状を改善することが期待できます。 自身の組織を修復してシワを改善するため、治療結果を時間が掛かるためヒアルロン酸のように即効性は期待できませんが、患部の自然な仕上がりを期待できるシワ治療です。 ───────────────────────── 血小板で組織を再生するPRP再生療法とは? ───────────────────────── PRP再生療法とは、毛穴の引き締め、シワ・くぼみ、凸凹肌やニキビ跡の改善、薄毛の改善などの効果が期待できる治療です。 なぜ、PRPが多様な症状に対して効果を期待できるのかというと、自身の血液に含まれる血小板を利用し肌の生成力を活性化して症状を改善するからです。 ケガをした時をイメージしてほしいのですが、血が出るとカサブタになり気づけば元通りの皮膚になっていると思います。こういったケガを修復する効果に大きく関わってるのが血小板です。 血小板は体のさまざまなところに作用する「成長因子」をつくり出す働きをもっています。そのため、血小板が注入された箇所は年齢や生活習慣などによって衰えていた成長を取り戻し、自分の身体がより良かった状態へと戻していきます。 そのため、当院で行っているようにシワを改善するだけでなく毛穴の引き締めやニキビ跡の改善に対しても治療効果が期待できます。 ───────────────────────── ヒアルロン酸とマイセルACR療法(PRP再生療法)の違い ───────────────────────── ほうれい線のシワ治療として高い効果が期待できるマイセルACR療法は、ヒアルロン酸とどちらが良いかと相談される事が多いため、ふたつの治療特徴の違いを簡単にご説明します。 結論からお伝えすると、どちらも一長一短持っているため症状や希望に合わせて使い分けることが重要になってきます。 ヒアルロン酸は皮膚の凹み(シワ)部分に、製剤を注入し物理的に持ち上げるため即効性が高くまた個人差なくシワ症状を改善できます。(医師の技術やシワ症状の深刻度によって若干の差異は発生します) そのため、患部を物理的に持ち上げることでシワを改善する治療のため、注入箇所はヒアルロン酸がシコリのような状態になり患部を触れると違和感を覚えてしまう場合があります。また、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため、半年から長くても2年経過すると治療効果は失われてしまいます。 そのため、継続した治療効果を得るためには一定期間ごとの再施術が必要です。 それに対してマイセルACR療法は、自身の組織再生を活性化させることで皮膚の凹みを持ち上げてシワの改善が期待できます。 そのため、ヒアルロン酸のように即効性は期待できず再生能力によって個人差が発生するため1度の治療で全ての方が一律高い効果を期待できない可能性があります。 1度の施術で十分な効果を実感できる方もいれば、2~3回の施術を受ける事で治療効果を実感できる方もいらっしゃいます。 その分、自身の組織でシワを改善するマイセルACRはヒアルロン酸のようなシコリが発生する事がないため、見た目はもちろんのこと触られても違和感を覚えない自然な仕上がりが実現できます。 また、治療効果の持続期間が長い事もマイセルACRの魅力でもあります。 ヒアルロン酸は製剤が吸収される半年~2年間しか治療効果が持続しませんが、マイセルACRは自身の組織が再生して顔の凹みを無くすことでシワを改善します。 イメージとしては注入部分の皮膚が10,20代の状態になっていると考えてください。20代から老化が新たに始まると考えるとシワが気になりだすまでに10年以上の期間は効果持続が期待できます。 WEB上では症例写真の掲載は行っておりませんが、院内限定でご確認いただける症例写真もご用意がございます。気にある際はお気軽にお問合せください。

ベビーコラーゲン(目元の小じわケア)

B-LINE CLINIC (ビーラインクリニック)

目元の小ジワ、気になっている方とても多いのではないでしょうか? たるみがあるわけじゃないのに小シワがあるだけで年齢を感じさせてしまいますよね。 実は目元の小ジワを治療はするのってかなり難しいんです。 シワに対して代表的な注射、ヒアルロン酸、ボトックスなど皆さんご存知の方も多いかと思いますが、 ヒアルロン酸は もともと体内にもある保水成分で、溝を埋める事でシワを改善させるものなんです。深いシワや溝、例えばほうれい線やホホの凹みにはとても有効です。 ボトックスは 筋肉の働きを抑える効果があるので笑いジワ、表情ジワに効果を出してくれるものなんです。怒った時の眉間のシワや笑った時の目尻側のシワなどに有効です。 では目頭側から入るシワはどうでしょうか? 溝ではなく細かい小シワなのでヒアルロン酸で改善するには凹付きのリスクがありますし、 表情ジワでもないので笑ってなくても出てませんか?そうするとボトックスも適応ではないんです。 そこでオススメなのがベビーコラーゲン!! コラーゲンはたんぱく質の一種で、皮膚内の真皮の70%構成する重要な役割を持っているんです。コラーゲンにはいくつかの種類があり、見つけられた順番にⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型というように分類されています。 Ⅰ型コラーゲン  骨や皮膚に含まれる通常のコラーゲン Ⅱ型コラーゲン  関節や軟骨に含まれるコラーゲン Ⅲ型コラーゲン  組織を再生させるコラーゲン(赤ちゃんに大量に存在する) Ⅳ型コラーゲン  皮膚に含まれるコラーゲン Ⅴ型コラーゲン  血液や胎盤に含まれるコラーゲン ここで重要になるのはⅢ型コラーゲン!! 赤ちゃんの頃に大量に生成され大人になると失われていってしまう貴重なコラーゲンなんです。 赤ちゃんの頃は誰しもⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンを50:50の割合で持っていましたが、年齢を重ねるうちにⅢ型コラーゲンはどんどん失われ、 Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンの割合は95:5まで落ちてしまうと言われているんです。 コラーゲンの注入剤は以前から存在はしてましたが、以前のものはⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンの割合が95:5で肝心なⅢ型コラーゲンが少ないものでした。 ベビーコラーゲンはI型コラーゲンとⅢ型コラーゲンが50:50で配合されているんです。 皮膚内のⅢ型コラーゲンの量を増やすことによって皮膚再生が促進され若返りの効果が期待できるんです! 目元の小じわはもちろんほうれい線や額、首のシワなど気になる部分への注入可能性です。 目元の小じわにお悩みの方、自然に若返りたい方、ボトックスが苦手な方、 ベビーコラーゲン受けられてみてはいかがでしょうか?

老化の目元たるみは「筋肉の衰え」と「コラーゲンの減少」に注目

スキンコスメクリニックグループ

加齢とともに目元のたるみが気になる方は多いです。 「目が開きづらい 「目が小さくなった?」 こんな風に感じたら、上まぶたがたるんでいる可能性があります。 さらに目の下の皮膚もたるむことで、実年齢以上に見られてしまう恐れもあります。 女性ならいつまでも美しくいたいですよね。 女性の美の敵である目元のたるみに対して、どのような対策が必要かをご紹介します! ◆目元は老化現象が一番早く現れるパーツ! まぶたは、私たちの体のなかで一番薄い皮膚でありながら、1分間にまばたきを約20回繰り返すなど大きな負荷がかかっている部分でもあります。 皮膚の薄さと、負担の大きさから老化現象が一番早く現れるパーツと言われています。 また、老化により目の周囲の筋肉が衰えることで、脂肪が溜まりやすくなり皮膚が下がってきます。 特に目が大きな方は、目の下の脂肪が多い傾向があるため、たるみが一層目立ちやすくなります。 生活習慣における動作も影響します。 例えば現代社会に欠かせないパソコンやスマートフォンを見る際には、まばたきの回数は減ってしまいます。 それにより、目の周りの筋肉が衰えたるみを引き起こす原因になるのです。 さらに、血液やリンパの流れが悪くなることで老廃物が排出されにくくなり、脂肪の重量が増し、よりたるみが進行してしまいます。 上記のような加齢や生活習慣による筋肉の衰えだけでなく、肌の奥にあるコラーゲンなどの肌のハリに必要な成分が、加齢とともに減ってしまうことも大きく影響します。 それにより、目元のたるみが引き起こされるケースも考えられます。 ◆「筋肉の衰え」による目元のたるみには? 筋肉の衰えによる目元のたるみが気になる場合は、眼輪筋を鍛えるトレーニングを行って目元のたるみ改善を図りましょう。 ■目元のたるみ対策トレーニング 1、両目を閉じて、眉毛の筋肉を動かすように眉毛を上に引き上げます。 2、その状態で5秒間キープします。 3、ゆっくりと目を閉じた状態に戻します。 4、5回繰り返します。 ◆「肌の内側のコラーゲン不足」による目元のたるみには? 目元のスキンケアも大切ですが、食べ物などによって内側から肌のハリに必要なコラーゲンの生成を促すことも大切です。 体内でコラーゲンを生成するために必要となるのが、アミノ酸とビタミンC、たんぱく質です。 ■アミノ酸を多く含む食材 ・大豆製品や乳製品、小麦や豚肉、鳥むね肉など 特に大豆製品には、コラーゲンの生成を促すゲニステインが含まれています。 さらに大豆製品を食べることで、女性ホルモンのエストロゲンを増加させ、コラーゲンの生成を促します。 それだけでなく、傷ついたコラーゲンの修復をも促進してくれるのです。 このような働きをする大豆製品を摂取する場合は、豆乳や豆腐、枝豆を摂ることをオススメします。 ■ビタミンCを多く含む食材 ・赤ピーマンや黄ピーマン、キウイフルーツやアセロラジュースなど ビタミンCを摂取する時に、気をつけたいのが摂り方です。 ビタミンCは約3時間経つと体内から排出されてしまうので、1度に大量に摂るよりも、食事ごとに摂りいれるようにしましょう。 ■プロテインを多く含む食材 ・豆類やイモ類、小麦粉や白米など プロテインは、肉類や魚介類、卵類や乳製品などの動物性と、大豆製品や小麦などの植物性の二つに分けられます。 美容や健康を考えた場合は、植物性プロテインを摂ることをオススメします。 筋肉を作りたい場合は、動物性プロテインを積極的に摂ると良いでしょう。 ◆女性ホルモンの分泌を促そう! 体内のコラーゲンを増やすには、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンを分泌することも大切です。 エストロゲンには、コラーゲンの生成を促す働きがあります。 女性ホルモンの増やし方は、「トキメク」こと! 恋愛映画を見て感動する、趣味でワクワクする、現実でも物語でも恋をしてドキドキする、など心の動きによって女性ホルモンは分泌されます。 さらに、ストレスを溜めている状態は良くないので、自分に合ったストレス発散方法を見つける、アロマオイルで癒しの時間を作る、といったこともオススメです。 アロマオイルなら、イランイランやゼラニウム、ネロリやローズ・オットーなどが良いでしょう。 加齢による目元のたるみが気になった場合は、原因に合った対策をとることが必要です。 目元のたるみが気になった場合は、ぜひこれらを参考にして生活に取り入れてみて下さいね。

切らないクマ治療について

恵比寿美容クリニック

 こんにちは。恵比寿美容クリニックの西田です。 今日は当院で行っている「切らないクマ治療」のご紹介をさせていただきます。 目元によって顔全体の印象が変わりますので、クマでお悩みの方は多いのではないでしょうか。  クマには種類があり、血行不良による「青クマ」、目元の凹凸による「たるみクマ」、色素沈着による「茶クマ」と分けられますが、複数のクマが組み合わさっている方も多いのが実際のところです。ですので画一的な治療を行うよりも、医師がクマを正確に診断し、患者様ごとに必要な治療をご提案するというのがクマ治療において重要だと考えます。  当院では、目元の膨らみが強い方には脱脂手術をご提案しますが、できるだけ脱脂手術は行わない「切らないクマ治療」を行うように心掛けています。  極細のマイクロカニューレを用いて様々な薬剤を使い分けることでクマを改善していく「切らないクマ治療」は、「手術は怖いのでしたくない」「仕事があるのでダウンタイムがとれない」といった患者様からも支持を頂いております。  クマが改善すると第一印象が変わりますので、よかったら治療を受けてみて下さいね。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク