{{ message }}

  乳首・乳輪の整形のクリニックを探す

乳首・乳輪の整形の口コミ 14

満足度分布

5.0 (7)
4.5 (1)
4.0 (2)
3.5 (2)
3.0 (1)
2.5 (1)
2.0 (0)
1.5 (0)
1.0 (0)

治療者の分布

年齢層

10代 7%

20代 29%

30代 36%

40代 21%

50代 7%

60代以上 0%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,325人のドクター陣が55,217件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

豊胸以外にもある、バストの整形方法

乳首・乳輪の整形

胸の整形には、豊胸以外にも種類があります。次に、豊胸以外のバストの整形方法について見てみましょう。 ・乳頭縮小術、乳輪縮小術 その名の通り、乳輪や乳頭のサイズを小さくする手術です。乳頭縮小術の場合は、もとの乳頭は残しながら余分な皮膚を切除して、サイズや高さを調整して縫合します。乳輪縮小術の場合は、乳頭の根元部分をドーナツ型に切除する方法と、乳輪の外側の皮膚をドーナツ型に切除する方法とがあります。 ・陥没乳頭 埋まっている乳首を外側に出す手術です。乳首が陥没していると授乳時の妨げになったり乳腺の炎症になったりする原因にもなるため、この手術は見た目だけでなく機能面での改善にも役立ちます。常に乳首が陥没している「真性陥没乳頭」と刺激を与えると出てくる「仮性陥没乳頭」があり、状態によっても施術方法は異なります。基本的には乳頭を切開し、乳首を引き上げて縫合する方法で行われています。 ・乳房縮小術 豊胸とは反対に、大きすぎる乳房を縮小する手術です。見た目を整える意味で受ける方も多いですが、バストが大きすぎることによって起こる、肩こりの解消を目的にしている方も見られます。施術の際は、乳房の余分な皮膚や乳腺、脂肪を切り取ってバストを引き上げ、乳輪や乳頭の位置を上に調整した状態で固定します。乳輪の下を切って行われるため、乳輪下に逆T字の形で縫合することになります。

解説 ヴェリテクリニック

公開日:2017/02/10

ピコニップルケア(ピコレーザーによる乳輪乳頭の美白)

乳首・乳輪の整形

ピコニップルケアとはピコレーザー(エンライトン)を使用した乳輪乳頭の美白治療です。 ピンク色の乳輪乳頭を可能にします。 ピコレーザーとは次世代新型レーザーです。 これまで一般的に使用されてきたシミ取りレーザー(いわゆる「Qスイッチレーザー」。例えば、QスイッチYAGレーザー、Qスイッチルビーレーザーなど)は、「ナノ秒」レーザーです。 ピコレーザーは、パルス幅が「ナノ秒」より更に短い、「ピコ秒」であり、これにより、シミ・くすみ・刺青治療が画期的に「早く」「優しく」治療できるようになりました。シミ・くすみ・アザ・色素沈着・刺青、全てに格段の効果を発揮し、乳輪乳頭の美白にも高い治療効果が得られます。 <こんな方におススメです> 〇もともと乳輪乳頭の色素沈着が強く色が黒い。 〇授乳後に色素沈着により黒くなってしまった。 〇従来のレーザーやトレチノイン治療などを行ったが十分な結果が得られなかった。 〇できるだけ早くピンク色にしたい。 <ピコレーザー(エンライトン)による乳輪乳頭の美白治療が従来の治療に勝る点>  〇ピコレーザー(エンライトン)なら1回の照射で治療効果が得られます。   〇レーザートーニングとの比較:レーザートーニングは10回以上の治療が必要になるので、効果の実感までに大変時間がかかってしまいます。頑張って継続したにも関わらず効果の実感もわかりにくいということがあります。その点、ピコレーザー(エンライトン)によるピコニップルケアは1回で効果がわかるので治療期間が節約でき、美白効果もしっかり実感できます。   〇トレチノイン・ハイドロキノン療法との比較:トレチノイン・ハイドロキノン療法は、赤みや皮むけがあり、かゆみを伴うなどケアが大変で、数か月継続しないといけません。使用方法を誤ると、乳輪周囲の綺麗な皮膚まで色素沈着を起こしてしまう可能性もあります。その点ピコレーザー(エンライトン)は照射後のケアが非常に簡単です。注意深くケアすることはなにもないので、気軽に治療を受けられます。  乳輪乳頭の美白治療を希望される方は、ピコレーザー(エンライトン)によるピコニップルケアも検討するとよいでしょう。

解説 ルーチェクリニック 池袋院

公開日:2016/04/24