赤ら顔治療(男性向け)のクリニックを探す

赤ら顔治療の口コミ 2

満足度分布

5.0 (1)
4.5 (0)
4.0 (0)
3.5 (1)
3.0 (0)
2.5 (0)
2.0 (0)
1.5 (0)
1.0 (0)

治療者の分布

年齢層

10代 0%

20代 0%

30代 50%

40代 50%

50代 0%

60代以上 0%

エリアからさがす

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,305人のドクター陣が50,091件以上のお悩みに回答しています。

赤ら顔治療の基礎知識 入門編FAQ

赤ら顔治療に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

赤ら顔や毛細血管拡張症って治りますか?

毛細血管拡張症や赤ら顔の治療には、レーザーでの治療が最も効果的です。緊張やほてりで浮きやすい皮膚の赤みには、ダイオードレーザーによる血行代謝改善の治療を行います。また、皮膚の正面に浮いている糸状の血管や深めの血管には、Vスターレーザーなどを使用して取り除きます。ヘモグロビンの赤色にのみ反応するレーザーを使用するために、正常な皮膚へのダメージを与えることなく、跡が残ることもありません。

治療法はレーザー以外にも効果があるものってありますか?

赤ら顔や毛細血管拡張症に対して有効な外用薬もあります。TLローションというのは、有効成分プリビナが拡張した血管を収縮させる作用があります。TLKローションは、有効成分のビタミンKが決戦を溶かすことで、血液の自然な流れを促し、うっ血の症状を改善します。日常できるケアとしては、寒暖の差が激しいところへの行き来を避けること。温度差の激しい室内外を出入りしているうちに毛細血管は拡張、収縮をして皮膚温度の調節をしますが。この繰り返しで血管の弾力が衰えて収縮力が低下してくると毛細血管が拡張して赤ら顔の症状が出てきます。

日常でできる毛細血管拡張症のケアってどんなことができますか?

毛細血管拡張症や赤ら顔には、日常のケアも大切です。一つ目、寒暖の差が激しいところへの行き来を避けること。温度差の激しい場所を行き来していると、毛細血管は、拡張、収縮をして皮膚温度を調節しますが、これを繰り返すことで収縮力が低下し、毛細血管が拡張されることで赤ら顔になります。二つ目、刺激の強い食事を避けること。香辛料などの刺激物や、アルコール、カフェインなどは、毛細血管を広げ、赤ら顔の症状を悪化させる原因となります。日常のケアをしっかりと行うことで、症状の悪化を防ぐことができます。

レーザー治療を行った場合どのくらいで治りますか?

毛細血管拡張症へのレーザー治療では、Vビームというヘモグロビンを標的としたレーザーを使用します。皮膚への冷却装置も付いているため、照射時の痛みも少なく、麻酔も必要ありません。毛細血管拡張症では、レーザー照射により血管が焼けるため、照射エネルギーによっては一時的に内出血を起こすことがありますが、数日から2週間程度で吸収され目立たなくなります。治療後は、紫外線に敏感になっているため、日焼けしないように十分注意が必要です。治療ペースは、月に1回程度で、症状の程度により数回の治療が必要です。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、赤ら顔治療についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。