{{ message }}

  ほくろ除去、あざ・イボ治療(男性向け)のクリニックを探す

ほくろ除去・あざ治療・イボ治療の口コミ 645

満足度分布

5.0 (232)
4.5 (158)
4.0 (124)
3.5 (76)
3.0 (38)
2.5 (14)
2.0 (2)
1.5 (1)
1.0 (0)

治療者の分布

年齢層

10代 7%

20代 39%

30代 29%

40代 16%

50代 7%

60代以上 2%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,325人のドクター陣が55,217件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

ホクロや老人性イボのお悩み

ほくろ除去・あざ治療・イボ治療

チャームポイントともいわれるホクロ。顔の印象を左右するパーツでもあると言えます。ホクロ占いなどもあり、ホクロの大きさや位置で運勢が変わるとも言われています。 ホクロを除去したいとご相談に来院される方は多く「目立ちすぎる、野暮ったい、数が多くて気になる」といったお悩みがあるようです。 ホクロと同様、お顔の悩みで多いのは「シミ」です。プックリしたイボようになってしまうシミは、老人性イボ、脂漏性角化症(シロウセイカクカショウ)、老人性疣贅(ロウジンセイユウゼイ)と呼ばれます。これは、加齢によってお肌の代謝が衰えることで、排除しきれないメラニンがシミとなって皮膚に残ってしまうことが原因です。高齢者だけでなく、紫外線を多く浴びている方は20代後半から症状が現れる方もいらっしゃいます。 ホクロも老人性イボも、簡単な方法で除去できます。水分に反応するCO2(炭酸ガス)レーザーを照射し蒸散させていく方法です。1つ除去するのに施術時間は数分ですし、通院の必要もありません。局所麻酔(もしくは麻酔テープ等を使用)で施術するので痛みはほとんど感じません。

解説 大塚美容形成外科・歯科

公開日:2017/03/18

ほくろ除去・あざ治療・イボ治療の基礎知識 入門編FAQ

ほくろ除去・あざ治療・イボ治療に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

ホクロ除去の方法と効果は?

ホクロ除去の手法には主に医療レーザーによるものと、切除手術の2種類があります。医療レーザーによる手法は、レーザーの照射によりホクロ周辺の細胞やメラニンを生成するメラノサイトにダメージを与え、メラニン生成がされない状態でターンオーバーが行われる事で、ホクロを取り除く事が出来ます。レーザー照射の後はしばらく施術部位がかさぶたとなり、かさぶたがはがれるまで2週間?1か月程を必要とします。レーザーによる治療はホクロの状態などによっては複数回の施術が必要となる場合があります。一方、切除手術はホクロの部位そのものを切除してしまうので、除去はすぐに行われます。ただし、場合によってはしばらくの間手術痕が残る場合があります。また、レーザーによる方法はホクロの範囲や大きさなどにより対応できない場合があります。医院によっては効果保障をしている医院もあるようです。

ホクロ除去の費用は?

各病院や治療方法により費用は異なりますが1㎜四方あたり約5,000円から相場のようです。レーザー治療と切除による方法では麻酔などで別途かかる料金にも差がありますので、治療前によく相談しましょう。

施術による痛みや副作用は?

手術方法により異なりますが痛みはそれほどありません。手術によっては麻酔を行いますので安心して手術を受けることが可能です。ダウンタイムについては手術後の日焼けなどに気を付ければ、ダウンタイムがない場合がほとんどです。副作用もほとんどあらわれません。

再発の心配はありますか?

レーザーによる治療の場合、ホクロの根が深くレーザーが届かなかった場合、根が残り再発する可能性があります。皮膚を切除する場合は再発する心配は殆どありません。また、再発した場合には再治療に対して割引がきく医院などもあるようです。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、ほくろ除去・あざ治療・イボ治療についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。