{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

クリニックを探す メンズ版はこちら

お悩み・目的からさがす

エリアからさがす

最新の口コミ

最新の症例写真

ユリシス式ニキビ治療

178,200円

(施術を受けた方の平均費用)

ユリシスクリニック

詳しく見る

男性20代

タトゥー除去レーザー

540円

(施術を受けた方の平均費用)

ユリシスクリニック

詳しく見る

男性60代

次世代たるみ治療器 ウルティムス(HIFU)

70,000円

(施術を受けた方の平均費用)

ユリシスクリニック

詳しく見る

男性30代

目頭切開術

110,000円

(施術を受けた方の平均費用)

ユリシスクリニック

目頭切開 切開法(切開を伴う方法)・瞼の脂肪除去 両目

詳しく見る


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
785人のドクター陣が71,129件以上のお悩みに回答しています。

最新の美容医療コラム

美肌作りは食事から!肌によい栄養素をご紹介します!

ニキビ・ニキビ跡の治療 (ケミカルピーリング)

肌に関する悩みをお持ちの方は少なくありません。美肌になるためには、生活習慣を見直したり、正しいスキンケアをしたりすることも大切です。他にも、普段の食事が肌の状態に大きく影響します。 そこで今回は、美肌を手に入れるための肌によい栄養素をご紹介します。 肌と食事の関係  肌と食事は深い関わりがあります。なぜなら、肌は毎日口にする食べ物の栄養素で作られているためです。 肌の健康を保つためには、肌の代謝である「ターンオーバー」を適切にしなければなりません。食事から得られる栄養で、ターンオーバーは正常に保たれるのです。つまり、栄養不足はターンオーバーを乱して肌荒れやくすみ、ニキビなどの肌トラブルの原因です。 バランスのよい食事を心がけ、正常なターンオーバーを保ちましょう。 肌によい栄養素   美肌を手に入れるための食事をするためには、肌によい栄養素を知っておきましょう。 肌によいとされている栄養素は、タンパク質・ビタミンA・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンE・ミネラルです。 ここからは、それぞれの栄養素について詳しくご紹介します。 タンパク質 タンパク質は皮膚や筋肉、血液などの材料になる栄養素です。肉や魚介類、卵、乳製品などに多く含まれています。 タンパク質には、「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」があります。動物性タンパク質を多く含む食品には、ビタミンやミネラルも含まれているため、美肌作りに最適です。 ビタミンA ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ栄養素です。にんじんや海藻類、卵、レバーなどに多く含まれています。 ビタミンAには、抗酸化作用があります。抗酸化作用で、シワやたるみが軽減されてハリのある健康的な肌を手に入れられるのです。卵はビタミンAに加えてタンパク質も豊富に含まれており、1日1個食べることがおすすめです。 ビタミンB6 ビタミンB6は皮膚炎を予防し、皮脂のコントロールをする栄養素です。豚肉やうなぎ、のり、豆類などに多く含まれています。 ビタミンB6を含むビタミンB群は、水溶性ビタミンです。水溶性ビタミンは、脂溶性ビタミンと比べて体の代謝に役立ちます。ビタミンB群には複数のビタミンが含まれ、美肌作りにはビタミンB6がおすすめです。 ビタミンC ビタミンB6同様、水溶性ビタミンであるビタミンCは、コラーゲンの合成に必要な成分です。ピーマンやキウイ、ブロッコリー、イチゴ、芽キャベツなどに多く含まれています。 コラーゲンは肌のハリやツヤの源であり、肌の健康を保つために欠かせません。積極的にビタミンCを摂取し、いつまでも若々しい肌を保ちましょう。 ビタミンE ビタミンEは、肌の酸化を抑える栄養素です。サバやいわしなどの魚介類やほうれん草、さつまいも、大豆製品などに多く含まれています。 ビタミンEには抗酸化作用があります。抗酸化作用で、肌の老化を促進する活性酸素の抑制ができ、美肌を保てるのです。 ミネラル ミネラルと一言で言っても複数の栄養素があり、肌にはカルシウムやマグネシウム・亜鉛・鉄分などが適しています。ミネラルはそれぞれに相互作用があるため、複数摂取すると肌によい効果を与えます。 例えば、亜鉛は皮膚や粘膜の健康維持に、鉄分は肌のくすみ対策です。 ミネラルは魚介類や肉類、ほうれん草などに多く含まれているため、積極的に摂取しましょう。 肌の悩みは美容皮膚科へ  バランスのよい食事を心がけていてもなかなか美肌にならない、肌のくすみや肌荒れが気になるなど、肌の悩みは美容皮膚科で受診しましょう。美容皮膚科では、専門医が最適な施術で美肌へと導きます。 大阪・梅田にある「藤井クリニック」は、丁寧なヒアリングで一人ひとりと向き合い、美肌へのお手伝いをしています。初診料は無料です。お気軽にご相談ください。 まとめ 肌の健康を保つためには、睡眠や運動とともにバランスのよい食生活が大切です。肌によい栄養素を積極的に摂取して肌のターンオーバーを促進し、美肌を手に入れましょう。 肌に関する悩みは大阪梅田の「藤井クリニック」にお任せください。

解説 藤井クリニック

公開日:2024/02/21

医師が解説 一晩でニキビを治したい!即効性のある治療法ある?

ニキビ・ニキビ跡の治療 (ケミカルピーリング)

誰もが一度は悩んだことがあるニキビ。 これができると、小さくてもずっと気になってしまいますよね。 触ってはいけないとわかっていても、ついつい触りたくなってしまいます。 気になるニキビを少しでも早く方法はないのでしょうか? 意外と知らないニキビのできる理由やできてしまった時の対処法、やってはいけないことなどについてご紹介します。ニキビで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。 <ニキビができる理由> ニキビとは、毛穴に皮脂が溜まり雑菌が繁殖して炎症を起こしている状態のことです。おもに顔全体、額・頬・口の周り・下あごなどに現れますが、背中や胸など体に現れることもあります。 ニキビができるおもな理由は、3つあります。 1. 毛穴の詰まり  2. アクネ菌の増殖 3. 皮脂の過剰な分泌 肌には、古い皮膚が剥がれ落ちて新しい皮膚に生まれ変わる、「ターンオーバー」と呼ばれるサイクルがあります。このサイクルが乱れると、古い皮膚が剥れないまま毛穴が詰まり、皮脂も詰まってしまいます。さらに皮脂を栄養とするアクネ菌が増殖し、炎症を起こします。これがニキビの発生です。 また、糖分・油分をとりすぎて、バランスの悪い食生活、思春期による男性ホルモンの増加などによって皮脂が過剰に分泌されてしまうと、アクネ菌もさらに増殖します。これらの原因が合わさることでニキビが発生し、悪化していきます。 <一晩でニキビを治すことは可能?> 一晩でニキビを完治させることは、クリニックの治療でもかなり難しいです。ただし、ニキビの症状改善を少しでも早めたい時には、例えば次のような対処をすることが可能です。 ・抗炎症薬を塗布する 赤ニキビを一晩で目立たないようにするためには、薬局で販売されている軟膏の抗炎症薬がおすすめです。洗顔後、ニキビを覆うように抗炎症薬を塗ります。抗炎症薬には、湿疹だけでなくニキビの炎症にも効果的です。 ・ニキビパッチを貼る ニキビパッチは、ニキビに貼るシールのことをいいます。ニキビができて敏感になっている部分を細菌や紫外線などの外部刺激から保護でき、ニキビの悪化や進行を抑えます。ニキビを治療するものではないので、応急処置的に利用しましょう。 ・抗生物質によって炎症を抑える 炎症を起こして赤くなったニキビは、さらに悪化すると毛穴の中で膿が溜まってしまうことがあります。膿がたまったニキビには抗生物質が有効です。 膿に繁殖している菌を殺して炎症を抑えます。また、抗炎症薬やニキビパッチは市販でも購入できますが、抗生物質は医師による処方が必要です。 <早く改善できるニキビの種類> ニキビは段階によって「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」の4種類に分けられます。順番に詳しく見ていきましょう。 ・白ニキビ ニキビの初期段階で見た目が白~乳白色です。毛穴に皮脂が詰まった状態で、外見ではわかりにくいですが皮膚の内側では皮脂が溜まっています。 ・黒ニキビ 白ニキビから少し段階が進み、悪化した状態になると、溜まった皮脂が盛り上がり、あいた毛穴から酸素に触れた皮脂が酸化して黒くなります。この状態を「黒ニキビ」と呼び、白ニキビと合わせて「コメド」「面ぽう」などとも呼ばれ、触ると肌がざらざらするという特徴があります。 ・赤ニキビ 黒ニキビがさらに悪化すると、毛穴に溜まった皮脂に菌が繁殖し、炎症を起こしてニキビとその周辺の皮膚が赤く腫れあがります。一般的にこの状態が「ニキビ」と呼ばれるもので、人によってはかゆみや痛みを伴うでしょう。 ・黄ニキビ 赤ニキビがさらに重症化すると、繁殖した菌が膿を出します。赤く腫れた患部の中心で、毛穴の中で溜まった膿が黄色く見えるため「黄ニキビ」と呼びます。 この状態のニキビを自分の手で潰してしまう人もいますが、悪化する可能性があるので潰したり触ったりせず、皮膚科を受診することがおすすめです。 <クリニック・医療機関でできるニキビの応急処置> 一方で、ニキビでも医療機関を受診した方がいいケースもあります。 赤ニキビがさらに悪化して膿が溜まった「黄ニキビ」になってしまったり、ニキビが顔全体に広がってしまったり、ニキビそのものに痛みやかゆみがある場合は早めに医療機関を受診してください。 また、市販薬を使用し続けて1週間以上経っても改善が見られない場合は、ニキビと症状が似ている別の皮膚疾患の可能性もあります。ニキビだからとためらわないで、医療機関へ相談しましょう。 クリニック・医療機関で受けられるニキビ治療の例としては、下記が代表的です。 ケミカルピーリング イオン導入 美肌再生フラクショナルRF ダーマペン エレクトロポーション  ほか

解説 藤井クリニック

公開日:2024/02/20

鼻筋を整える美容整形とは?

鼻の整形

◆プロテーゼ隆鼻術 鼻整形の中でも最も人気のある「プロテーゼ隆鼻術」。 医療用のシリコンで作られた人工軟骨を鼻筋に挿入することで鼻筋を整えます。 鼻筋に高さが欲しい方、鼻筋の凹凸を滑らかにしたい方、直線的な鼻筋を手に入れたい方におすすめの施術です。 鼻プロテーゼには「I型」「L型」がありますが、当院では合併症や術後のトラブルを防ぐために「I型」のみ使用しています。 鼻プロテーゼ挿入のみであれば比較的低予算で受けられるため、とても人気があります。 ◆ワシ鼻修正 鼻根部から鼻筋にかけてハンプと呼ばれるコブがあるワシ鼻。 ゴツゴツと男らしい印象のワシ鼻は、柔らかい雰囲気を求める女性にとっては逆効果ですね。 鼻骨の膨らんだ部分を削りまっすぐ整えるワシ鼻修正は、鼻筋を美しくする施術の一つです。 ◆鼻尖形成 鼻先の形を整え、高さを出す鼻尖形成。 日本人の鼻先は丸みを帯びていることが多いため、鼻先を整える手術はとても人気です。 鼻尖形成では鼻先の脂肪や不要な組織を取り除き、鼻翼軟骨を動かして鼻先の形を整えます。 鼻翼軟骨が左右に広がっている場合は、中央に引き寄せることで鼻に高さが出ます。 鼻先をツンと尖らせたり、スッと高さを出したりするので、シャープな顔立ちに近づきます。

解説 グローバルビューティークリニック 東京院

公開日:2024/02/03