傷跡治療、ケロイドのクリニックを探す

今まで治らないとされていた傷跡治療、ケロイドの治療がレーザー治療や注入療法などで傷を消すことが可能になってきました。傷跡などのダメージを受けた皮膚の細胞をレーザで取り除きます。その後、細胞が生まれ変わることによって傷跡がわからなくなるのです。ケロイドの治療は症状を見ながら数類のレーザを使用し段階的に治療していきますので、経験豊富な医師のもとで治療を行う事がとても重要です。まず最初に炭酸ガスレーザーなどで何回かに分けて皮膚をちじめていきます。ケロイドが平らになったら皮膚の赤みを取るレーザーを使用します。表面麻酔や局部麻酔などの安全性を重視した痛くない治療もあり小さなお子様の治療にも役立てられております。

傷跡治療、ケロイドの口コミ 190

満足度分布

5.0 (77)
4.5 (40)
4.0 (34)
3.5 (23)
3.0 (10)
2.5 (5)
2.0 (0)
1.5 (1)
1.0 (0)

治療者の分布

男女比

女性 85%

男性 15%

年齢層

10代 3%

20代 41%

30代 36%

40代 17%

50代 4%

60代以上 0%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,306人のドクター陣が49,974件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

傷跡治療、ケロイドの基礎知識 入門編FAQ

傷跡治療、ケロイドに関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

傷跡が残ったまま消えない。

最近では、傷跡治療もおこなわれていて、傷跡や、縫合跡をきれいにできるいろいろな治療法を組み合わせて治療を行います。傷跡を消す方法としては、レーザーで色をぼかす方法、皮膚表面を削る、皮膚を移植するなど、傷跡の特徴にあった治療法を選択します。根性焼きや、リストカット跡などは、その傷とはわからないような状態にすることはできます。

ケロイドの治療って大変ですか?

ケロイドとは、両性繊維増殖性病変に分類されていて、瘢痕組織が過剰なまでに増殖した病変を刺します。手術や外傷が原因に挙げられることが多いです。ケロイドの治療には、手術によってケロイド部分を切除する方法、放射線治療や電子線による治療、ステロイド剤軟膏や注射を使用する方法などがあります。最近の傾向としては、耳たぶにあけたピアス穴が原因でケロイドが発生するピアスケロイドが増えています。

ケロイドって治療できるの?

治療法はいろいろあります。手術をしないでも、飲み薬として、リザベンRが有効であるとされています。これは抗アレルギー剤で、ケロイドの組織中にある炎症細胞が出す化学伝達物質を抑制すること絵、かゆみや自覚症状を抑え、ケロイド事態を鎮静化させます。塗り薬では、炎症を抑える目的で、ステロイド軟こうや、非ステロイド系の抗炎症剤を使用します。貼り薬も使用されており、これはステロイド系のテープなど抗炎症効果のあるものや、シリコン製のシートなど様々あります。

ケロイドってなんでできるの?

ケロイドは、瘢痕組織が過剰に増殖した病変であり、両性繊維増殖性病変に分類されています。外傷や手術などが原因でなる場合が一般的ですが、原因不明のケロイド病変の発生もあります。原因不明の場合は、本人も気が付かないような小外傷や虫刺されなどからが多いです。特徴は、思春期から壮年期に発症しやすく、前胸部、肩甲部、恥骨上部などが好発部位として挙げられます。ほとんどの場合、圧痛や自発痛を感じており、近年では耳たぶのピアス孔に一致してできたケロイドを多く見かけます。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、傷跡治療、ケロイドについての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。