ただいまの口コミ 128,705 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,325件)

美容皮膚科 の美容皮膚科を探す (1662件)

美肌・美白、小じわやシミなどに対する治療も様々です。ピーリングでもケミカルピーリングの他にクリスタルピーリングやダイヤモンドピーリングなどがあります。ピーリングと平行してイオン導入などの治療により肌を活性化することも効果があるといいます。
サーマクールやフォトフェイシャルなどの治療は光線により肌の内部のコラーゲンの生産を活性化させることで肌のハリを取り戻す治療です。
さらに、プラセンタやホルモン療法などで体の内部から肌を若返らせるという選択肢もあります。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

二重、鼻、汗、わきが、豊胸、脂肪吸引、若返り、肌、薄毛、脱毛、小顔、唇、刺青、ピアス、歯☆クリック☆

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す

美容皮膚科(美肌・スキンケア)のお悩み・目的から探す

美容皮膚科(美肌・スキンケア)の施術一覧。あなたのお悩み解決にピッタリのクリニックを探してみましょう。

美容皮膚科(美肌・スキンケア)の最新口コミ

スポンサードリンク

  症例写真

美容医療コラム

何故このシミ消えないの??

みずほクリニック

「他院で20回以上レーザートーニングを掛けたのですが、いったいこのシミ何故消えないのでしょうか」と患者様からこのような質問を受けますが 当院で診させて頂いた結果、そもそも診断と治療の出発点が間違っているケースが多く見受けられます。 【診断と治療の出発点の間違いとは何か?】 それは、老人性色素斑や肝斑と診断されて治療を受けてしまった事が原因です。 当院で診断した結果は予想通り、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)であると認めました。 ADMは頬骨部に両側性に生じるため、誤って肝斑として診断されるケースが非常に多く、 レーザートーニングをかなりの回数と金額をかけて行ったけれどもほとんど薄くはならなかったとの声が多く寄せられております。 【ADMとは何??】 ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、発生部位は両側性で、顔の頬骨と下まぶたに点状もしくは斑状に生じることが最も多く、 次に多い発生部位が鼻根部、鼻翼、こめかみ、上瞼外側、前額外側です。 色は、灰色、褐色、灰褐色、濃褐色など様々なバリエーションがあり、一定ではありません。 円形のしみが複数ばらばらに散らばって存在することがほとんどですが、 重度の場合それら円形(斑状)のしみ同士がまとまって癒合し、地図状の形態を取ることもあります。 ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は紫外線に関係なく生じるため、 肝斑や日光性色素斑のように夏場に色が濃くなったりすることがない点が特徴的です。 【治療方法は??】 ADMの治療方法は各種レーザーでの治療が一般的です。 当院ではピコレーザー、Qスイッチ・アレキサンドレーザー、Qスイッチ・ルビーレーザー、Qスイッチ・ヤグレーザーを取り揃えており、 ADMの状態や症状にあわせて最適な治療法を提案しています。 【当院の各種適応レーザーについて】 <ピコレーザー> 長所 ・色素沈着がほぼ起こらない(色黒、日焼けのある方でも除去可能です) ・ダウンタイムが短い(最長でも1~2ヶ月) ・かさぶたを作らない形での除去も可能(しみ・ADMの状態による) 短所 ・治療回数が2~5回となるため、費用はそれに応じて発生。 <Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー> 長所 ・他レーザーでは取り切れないしみの除去に最適 (しみの元であるメラニンへの反応性の良さと、波長の深達性に優れている) ・ADM治療の他、肌のホワイトニング効果、肌質改善効果もあり ・ダウンタイムが短い 短所 ・ADM治療では、Qスイッチルビーレーザーよりも治療回数はかかる。 <Qスイッチ・ルビーレーザー> 長所 ・少ない回数(1回~3回)で確実に取れる(治療期間は6ヶ月~1年半) ・保険が効くため費用が安くすむ 短所 ・かさぶたが生じ、取れるのに10日ほどを要する。 ・レーザー照射後3~4週目に炎症後色素沈着現象 (戻りじみと呼ばれるしみの色が濃くなる現象が見られることがあります。この戻りじみは薄くなるまで最短3ヶ月、最長6ヶ月を要します。その間はメイクによりカバーは可能。) <Qスイッチ・ヤグレーザー> 長所 ・かさぶたが生じない ・照射後3~4週目にやってくる炎症後色素沈着はQスイッチ・ルビーよりも軽度 短所 ・出力設定によっては、レーザー照射をした部位に点状の出血が生じることがある (Qスイッチ・ルビーのように目立つかさぶたではないためメイクで隠せる) ・保険適用外 ・しみが薄くなるまでに照射後2~3ヶ月の時間がかかるため、速効性を感じづらい ・照射回数が5~10回と他レーザーよりも回数がかかる ・3ヶ月ごと5回の施術と考えても最低1年はかかる。

手術不要。 HIFUによるウルセラで内側からたるみを改善!

みずほクリニック

たるんだ顔の皮膚を持ち上げる治療の際に、できるなら「手術以外の方法で」というご相談をいただくことも多いです。 HIFUによるウルセラなら、腫れ・内出血なくわずか30分でリフトアップ治療が完了です。 最大の効果を最小の侵襲で。ウルセラが究極のリフトアップマシンと言われる所以です。 ◆ウルセラについて ウルセラは、顔の皮膚を支える組織(表在性筋膜;SMAS)を狙って収縮させ引き締めるマシンです。皮膚面に当てた探触子から、超音波を発射してあらゆる場所のたるみを引き上げることが出来ます。メインターゲットは、頬・首・こめかみ・額・ほうれい線・下まぶたなどです。 本来なら拡散する性質のある超音波のエネルギーを分散させず、レンズでパワーを集めるように1点に集中させて、小さなポイントごとで60度から70度まで温度を上昇させて組織を収縮させます。また、この加熱作用により、組織内でのコラーゲン生成を促進することができ、組織に適度な強度と支持作用を与え加齢と重力で下方向に垂れ下がった皮膚を引き上げます。 点状に組織を収縮させるという意味では、ウルセラはフラクショナルレーザーに似たコンセプトのマシンと言えますが、フラクショナルレーザーが皮膚表面にエネルギーを与えるのに対してウルセラは皮膚の深いところ(筋膜レベル)に点状にエネルギーを与え収縮させます。 またフラクショナルレーザーは照射後、皮膚面にかさぶたを生じるのに対し、ウルセラの作用点は皮膚の深部(奥)なのでかさぶた等に悩まされる心配が一切ありません。また、腫れ、内出血などが一切生じずダウンタイムゼロの治療です。直後からメイクも可能なため、仕事などで人に会わなくてはならないという方でも気軽に受けられる治療として大人気です。 【ウルセラによる施術の特長】 ・速効性と持続性 施術直後にも明らかなたるみの引き上げと引き締まりを実感できますが、それが最終結果ではなく、さらにそこから2、3ヶ月かけて皮膚深部のコラーゲン生成により徐々に組織が収縮し続けたるみがより改善されていきます。 たるみに対して、速効性と持続性というダブルの効果が体験出来ます。 ・腫れ・内出血がゼロ 機器の接触面を皮膚面にスライドさせるため皮膚面に軽度の赤みが出ますが、翌日には赤みは引いてしまいます。 たるみ取り系の施術の場合、手術や糸によるリフトなどで腫れ・内出血がでるものが多いと言えますがウルセラではこれが全くないのが特徴です。 ・痛みがほぼない たるみ取りの美容医療機器では、高周波を使うタイプなどで強い痛みを伴うものがあります。 これに対してウルセラは、痛みはゼロではありませんが、比較すると非常に軽微な刺激程度で患者様の負担も断然軽くて済みます。

脱毛でよくある副作用

みずほクリニック

レーザー照射をすると肌が敏感になるため、赤みや炎症といった症状を起こすこともあります。ここではレーザー脱毛照射後に起こりうる副作用や症状について記載します。 【術後の赤み】 レーザーは黒い部分に反応するため、周りの皮膚に軽い炎症を起こす場合があります。皮膚の弱い方や肌の色が白い方は目立ちやすくなります。個人差はありますが、一般的には2時間ほど、長くても数日で自然と治りますが、ひどい場合は医師の診察の上で炎症止め(消炎剤)の外用薬を処方することも可能です。このような赤みや熱感が気になった際には、しっかりと熱を抑えるように冷たいタオルなどで優しく患部を冷やしてください。なお氷などで冷やしてもいいのですが負担が大きいため肌がびっくりしてしまいます。特に長時間冷やしてしまう事によって低温やけどの恐れもありますので誤ったケアをしないようにする必要があります。 【毛嚢炎 もうのうえん】 術後に肌のケアを怠ると白く膿んだニキビのような毛嚢炎が生じることがあります。ニキビが出来やすい体質の場合は特にこの症状が出やすい傾向があるため注意が必要です。 毛嚢炎は毛穴の炎症なので、気になるからといってつぶしたり必要以上に触るとますます治りが遅くなったり色素沈着してしまう可能性もありますので触らないようにしてください。気になる際には出来るだけ早めに医師にご相談ください。 【火傷】 レーザーの照射レベルによって稀に火傷の症状が出ることがあります。万が一発症した際には、医療薬も用いて治療を行いますので、すぐに医師へご連絡ください。火傷にならなくても、照射後はレーザーの熱によって肌の水分が奪われるため、乾燥しやすい状態になります。この乾燥によってかゆみや赤みなどの炎症が起きてしまうため、できるだけ照射前後は念入りに保湿をしてください。赤みやかゆみなどの皮膚トラブルが起きにくくなります。 また皮膚の薄い部分で火傷をすると水ぶくれになることがあります。この場合も速やかにクリニックに相談してください。 【硬毛化】 硬毛化とは、照射を行った後に、以前より毛の一部分が濃くなってしまったり、太くなる症状のことを言います。原因は解明されてないですが、一つの要因としてレーザー照射によって毛の成長がより活性化されてしまうことが考えられ、産毛が多い背中・二の腕・肩の周りにできやすいです。一時的な症状であることがほとんどですが、万が一照射後に硬毛化があった際には医師や看護師にご相談ください。 また、自己処理での脱毛行為は、長く続けると肌トラブルにもなりやすいです。長い目で見れば、医師や看護師が常駐している医療機関できちんと専門的なケアをすることが、最もよい脱毛法だと考えおります。

エステ脱毛と医療脱毛の違いは?

名古屋駅健診クリニック 美容皮膚科

脱毛と一括りに行っても医療脱毛、光脱毛様々な種類があります。 カウンセリングにお越しになるお客様でも自分が受けていたのが医療脱毛かエステ脱毛か分からない。そもそも違いって何?とお話しされる方もいらっしゃいます。そこでサロンなどで行われる光脱毛、IPL脱毛と医療機関で行われる医療脱毛の違いについて書いていきます。 【違いは何?】 エステサロンなどで行われている光脱毛、IPL脱毛と医療機関で行われている医療脱毛では機械の種類やパワーの強さが異なります。また医療脱毛は半永久脱毛ですが、光脱毛は「脱毛」ではなく「制毛」なのです。そのためレーザーがアプローチする部分が異なり効果や痛み、回数など大きく変わってきます。 光脱毛は無資格で照射可能です!! 訓練さえ受ければ資格がなくても施術が行えます。 また、医療機関ではないため医療関係者は常駐しておらず万が一何かトラブルが起きた際対応が遅れるといった問題点もあります。 さらに!! 施術者は医療者ではないため持病がある、薬を飲んでいる、大きな痣があるといったトラブルに発展しそうな要素がある場合施術自体を断られることも少なくはありません。 医療脱毛は施術者が有資格者つまり医師か看護師に限定され、医師が常駐しているため万が一トラブルが起きた際にも迅速な対応が可能になります。また、施術を受けていただく前に必ず医師の診察も受けていただきますので、エステサロンでは断られたという方も医師の診察により場合によっては医療脱毛を受けていたたくことも可能です。 エステサロンでの脱毛は 持病や、内服薬、痣や傷で施術を断られたという方も診察や状況次第ではありますが名古屋駅健診クリニック美容皮膚科では脱毛が可能な場合も十分にあるため一度カウンセリングでご相談ください。 【エステ脱毛から医療脱毛へ】 エステ脱毛から医療脱毛に切り替える方の大きな理由としては「通っても効果が感じられなかった」という方が多く見受けられます。 光脱毛と医療脱毛の一番の違いと言えばパワーの差ではないでしょうか。医療脱毛は施術者が医療者であるため十分なパワーでその時の毛の状態にあった脱毛が起こなえ、レーザーの深達度も異なり毛の奥深くまで熱を送ることが可能です。 光脱毛では施術者が医療者ではない分トラブルが起きないようパワーを下げて施術するサロンも少なくはありません。パワーが弱い分、毛の浅い部分までにしか熱が伝わらず照射回数も必要になり気が付けば医療脱毛より高額に・・・なんてことも実際にあります。 【追加施術についても】 名古屋駅健診クリック美容皮膚科では法律のもとお客様に安心してご来院いただけるよう適切な説明と理解をいただいたうえで施術を受けていただけるよう取組んでおります。 医療脱毛のメリットとしては安全性・効果と期間があげられるかと思います。医師が常駐し、看護師が施術する安全性、専門知識があるからこそお伝えできる効果の出方と、最適な脱毛機関。これらをよく比較しより良い脱毛手段を選んでいただければと思います。 脱毛について不安や疑問、ご質問などございましたらクリニックまでお問い合わせください。

介護脱毛とは?

名古屋駅健診クリニック 美容皮膚科

「介護脱毛」とは、いざ介護を受けるとなった時にアンダーが長いと排泄時に不衛生になり、様々な肌トラブルを招く可能性があるので先にアンダーヘアを脱毛して介護に備えておく脱毛のことをいっております。 「介護脱毛」という言葉を聞くと「介護施設や介護を受ける際に脱毛すること」と思ってしまいますが、実際には介護を受ける前のエチケットとして脱毛を受けること、となります。あくまで介護時に脱毛をする、ということではありません。 歳を重ねていくと徐々に免疫力が下がり、些細なことでも肌トラブルの原因となりえてしまいます。 肌の回復力も低下しているため、いったん皮膚のかゆみやただれが起きてしまうと治りにくくなり、長期間不快な状況が続いてしまう可能性もあります。 介護される時にアンダーヘアが長いままですと、以下のようなトラブルの原因となる可能性があります。 ・不衛生な状況が続くと雑菌が繁殖して匂いの原因となる。 ・オムツ着用での生活となった場合、排泄物が陰毛にこびりつくこととなり、きれいに拭き取ることは困難となる。 ・もちろん着替えのたびに拭き取りますが、何度も強く拭き取ることにより肌が損傷し、皮膚が赤くただれ、痒みや痛みの原因となる。 ・状況によってはシラミの発生など不衛生な肌環境を作る原因となる。 このような事態は事前にアンダーヘアを脱毛しておくことで簡単に対応でき生活の快適度を大きく改善することができるので介護が必要になる前に事前に永久脱毛しておくことをお勧めいたします。 当院では、VIO脱毛に効果的なソプラノアイスプラチナムという機械で施術をしておりますので是非ご検討ください。 また、気になることがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

ホンネをチェック!

リアルで詳しい体験レポート

口コミ 128,705

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,363人以上 の医師陣が回答!
総回答数 44,000件以上!