ただいまの口コミ 127,254 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,319件)

メンズ版の治療案内はこちら   

お悩み・目的から美容外科・皮膚科・歯科を探す

様々なお悩みを解決する美容医療。あなたのお悩み解決にピッタリのクリニックを探してみましょう。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

二重、鼻、汗、わきが、豊胸、脂肪吸引、若返り、肌、薄毛、脱毛、小顔、唇、刺青、ピアス、歯☆クリック☆


地域から美容外科・皮膚科・歯科を探す

スペシャルインタビュー

スポンサードリンク

美容医療コラム

何故このシミ消えないの??

みずほクリニック

「他院で20回以上レーザートーニングを掛けたのですが、いったいこのシミ何故消えないのでしょうか」と患者様からこのような質問を受けますが 当院で診させて頂いた結果、そもそも診断と治療の出発点が間違っているケースが多く見受けられます。 【診断と治療の出発点の間違いとは何か?】 それは、老人性色素斑や肝斑と診断されて治療を受けてしまった事が原因です。 当院で診断した結果は予想通り、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)であると認めました。 ADMは頬骨部に両側性に生じるため、誤って肝斑として診断されるケースが非常に多く、 レーザートーニングをかなりの回数と金額をかけて行ったけれどもほとんど薄くはならなかったとの声が多く寄せられております。 【ADMとは何??】 ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、発生部位は両側性で、顔の頬骨と下まぶたに点状もしくは斑状に生じることが最も多く、 次に多い発生部位が鼻根部、鼻翼、こめかみ、上瞼外側、前額外側です。 色は、灰色、褐色、灰褐色、濃褐色など様々なバリエーションがあり、一定ではありません。 円形のしみが複数ばらばらに散らばって存在することがほとんどですが、 重度の場合それら円形(斑状)のしみ同士がまとまって癒合し、地図状の形態を取ることもあります。 ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は紫外線に関係なく生じるため、 肝斑や日光性色素斑のように夏場に色が濃くなったりすることがない点が特徴的です。 【治療方法は??】 ADMの治療方法は各種レーザーでの治療が一般的です。 当院ではピコレーザー、Qスイッチ・アレキサンドレーザー、Qスイッチ・ルビーレーザー、Qスイッチ・ヤグレーザーを取り揃えており、 ADMの状態や症状にあわせて最適な治療法を提案しています。 【当院の各種適応レーザーについて】 <ピコレーザー> 長所 ・色素沈着がほぼ起こらない(色黒、日焼けのある方でも除去可能です) ・ダウンタイムが短い(最長でも1~2ヶ月) ・かさぶたを作らない形での除去も可能(しみ・ADMの状態による) 短所 ・治療回数が2~5回となるため、費用はそれに応じて発生。 <Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー> 長所 ・他レーザーでは取り切れないしみの除去に最適 (しみの元であるメラニンへの反応性の良さと、波長の深達性に優れている) ・ADM治療の他、肌のホワイトニング効果、肌質改善効果もあり ・ダウンタイムが短い 短所 ・ADM治療では、Qスイッチルビーレーザーよりも治療回数はかかる。 <Qスイッチ・ルビーレーザー> 長所 ・少ない回数(1回~3回)で確実に取れる(治療期間は6ヶ月~1年半) ・保険が効くため費用が安くすむ 短所 ・かさぶたが生じ、取れるのに10日ほどを要する。 ・レーザー照射後3~4週目に炎症後色素沈着現象 (戻りじみと呼ばれるしみの色が濃くなる現象が見られることがあります。この戻りじみは薄くなるまで最短3ヶ月、最長6ヶ月を要します。その間はメイクによりカバーは可能。) <Qスイッチ・ヤグレーザー> 長所 ・かさぶたが生じない ・照射後3~4週目にやってくる炎症後色素沈着はQスイッチ・ルビーよりも軽度 短所 ・出力設定によっては、レーザー照射をした部位に点状の出血が生じることがある (Qスイッチ・ルビーのように目立つかさぶたではないためメイクで隠せる) ・保険適用外 ・しみが薄くなるまでに照射後2~3ヶ月の時間がかかるため、速効性を感じづらい ・照射回数が5~10回と他レーザーよりも回数がかかる ・3ヶ月ごと5回の施術と考えても最低1年はかかる。

婦人科治療に於ける当院のインティマレーザーについて

みずほクリニック

【インティマレーザーとは】 スロベニアの名門レーザー機器メーカー、Fotona(フォトナ)社が開発したデリケートゾーンに特化したレーザーです。従来の膣引き締めマシンは膣内部に照射するものが通常でしたが、このインティマレーザーは、膣内部の奥から膣開口部、更に小陰唇にまで照射を行うことができるようになりました。利点としては手術に抵抗がある方は手術を行うことなく、レーザー照射によって膣全体や尿道、小陰唇などのデリケートゾーンの様々な部位をしっかりとタイトニングが可能です。 【インティマレーザーでの治療目的】  ・膣のゆるみ(膣弛緩症)の治療  ・かゆみ・性交痛(萎縮性膣炎)の治療  ・尿もれ・頻尿(腹圧性尿失禁・過活動膀胱)の治療  ・骨盤臓器脱の改善  ・小陰唇や大陰唇の黒ずみ改善 【インティマレーザーのメカニズム】 インティマレーザーはスムースモードという非蒸散性サーマルモードを搭載しています。この非蒸散性とは、皮膚表面に穴が開いたり傷ができないことを言います。この非蒸散性の技術により、施術後はほとんどダウンタイムや日常生活に支障がでません。 また、使用されるレーザーの種類はEr:YAG(エルビウムヤグレーザー)で、水分への吸収率が最も高い領域の波長のレーザーです。「水分吸収がいい」ということが何を意味するのか?? それは、粘膜に含まれる沢山の水分にレーザーが吸収されて熱を発生するため、血管拡張作用により血流を促進します。これにより細胞が活性化しコラーゲンの新生を高め、筋肉の機能アップにもつながります。膣粘膜は60℃近くまで温度を上げても痛みを感じにくいため、高い出力での治療も可能であり、1回でしっかり改善されます。 更にこのレーザーのもう一つの大きなメリットは、他の膣レーザー治療機と違って年齢層に制限はなく若い世代から閉経後の方まで治療することができます。 【治療の特徴】 (日帰りで誰にも気づかれずに治療が可能です。) 従来であれば膣の引き締め・尿漏れの治療は手術が第1選択でした。しかしインティマレーザー治療は短時間で安全かつ出血も痛みもほとんどなく、生活にも支障をきたしません。忙しくて入院や通院は難しいという方、家族やパートナーには言いたくないという方の悩みが解消され、周囲に知られずに治療することができます。なお個人差はありますが、1回の治療で約1年間持続します。可能であれば1ヶ月間隔で2~3回受けていただくとより効果が持続しますが1回で満足していただけましたら通院の必要はありません。 (ダウンタイムがほとんど少ないです。) インティマレーザーは非蒸散タイプのモードで照射します。つまり表面には何も傷ができませんので出血もありません。表面でなく粘膜の奥を熱加熱で引き締めていく治療です。また痛みもほとんどないので3日間の性行為禁止以外はいつも通りの生活が送れます。 (術中に痛みはほとんどないくらい少ないです。) 膣の入り口は痛みを感じやすいので麻酔クリームを使いますが、膣の中や奥はほとんど痛みは感じにくいです。そのため治療中も治療後も痛みはほとんどないと思っていただいて大丈夫です。ただし膣口・尿道口も照射しますので、人によっては術後に多少の違和感やしみる感じが数日程度続くこともあります。 婦人科治療にお於いても日帰りで出来るレーザー治療はとても注目を浴びております。できるだけ少ないダウンタイムで手軽に、且つ周囲に知られないプライバシーに守られた治療をすることができるからです。

メスを使わない痩身治療『エクセル』

札幌中央クリニック

メスを使わない痩身治療機器『i-LipoXcell』(エクセル) 脂肪を減らしボディシェイプできる非外科的システムレーザーによる、 脂肪の減量マルチプラットフォーム痩身治療機器。 1台のシステムに4つのテクノロジー様々な適応。 i-Lipoは可視赤色光と赤外線レーザーの組み合わせで代謝経路を生物刺激することにより、 脂肪酸とグリセロールを放出させ脂肪細胞を減少させます。 治療の結果はすぐに現れ、30分の治療でウエスト周りが平均3センチ減少します。 治療は安全で快適、特定部分の頑固な脂肪を集中的にターゲットにするとともに、 身体のラインのシェイプアップも行います。 レーザー治療に続いて、コンビネーションレーザーとマッサージでリンパの流れを促し、 血液循環を改善することで、レーザーを脂肪細胞のより深い層に浸透させセルライトを改善します。 エクセルの特徴 1)施術したその日にサイズダウンが可能。 2)1度にお腹全体、太ももなど広範囲の施術が可能。 3)部分痩せからセルライト除去まで可能。 4)FDA認可の高い安全性をもつ医療機器。 5)脂肪減少だけでなく、皮膚の引締め効果もある。

タトゥーレーザー メドライトC6の特徴

札幌中央クリニック

◆高い臨床効果と信頼性を誇るNd:YAGレーザー Nd:YAG(Qヤグレーザー)とは、イットリウム・アルミニウム・ガーネットを含む結晶にネオジミウムを添加して作られたレーザー媒質で、これを用いたNd:YAGレーザーは医療以外にも工業を始め、多くの実用分野で広く導入されており、技術的にも安定した信頼性の高いレーザーとして知られています。 Qヤグレーザーは、アメリカにてタトゥー除去として開発されたもので、皮膚の深い位置にある異常色素の除去が可能なのです。 メドライトc6は世界中で広く医療用レーザー(色素性皮膚疾患および刺青治療)を送出し続ける、業界屈指の歴史と実績を誇るレーザーメーカー米国ConBio社製です。 ◆2種類の波長(1064nm、532nm)を選択可能 皮膚科領域での色素性皮膚疾患への選択的な治療が可能。 波長1064nm 1064nmの近赤外域のレーザー光は、暗色(黒/青)色素性病変部の除去や黒系のインクの除去に適しています。 波長532nm 532nmの可視領域(緑色)のレーザー光は、メラニンや赤系インクに吸収されやすい特性があり、メラニンによる色素性病変部や赤系のインクの除去に適しています。 従来のQスイッチYAGレーザーに比べ、創面がフラットで均一にエネルギーを届けることができ、治療部位が広範囲でもスピーディな治療が可能です。(1秒間に最高10ショットの高繰返し照射が可能)

ダブリングレーザー治療

札幌中央クリニック

ピコレーザー(エンライトン)とエルビウムヤグレーザーを組み合わせたダブリングレーザー治療。 今まで1年くらいかけてレーザーで除去治療を行っていた方も、範囲の広い方も1回の治療で刺青・タトゥー除去が可能です。 最初にエルビウムヤグレーザーで表皮から真皮層を削り、その後真皮層に残ったインク粒子をピコレーザーで破壊していきます。 ダブリングレーザーは、刺青・タトゥーの入っている部位や大きさ、色の影響を受けません。 局所麻酔を行った後、 【エルビウムヤグレーザー】 表皮から真皮層をエルビウムヤグレーザーで削ります。 剥削法(アブレーション)と比べて真皮層を30~40%ほど残すことで、皮膚の上皮化がスムーズになります。 浸食も少なくなるため、刺青・タトゥーの大きさに左右されずに除去が可能となりました。 【ピコレーザー】 真皮層深くに残ったタトゥーインクの粒子にレーザーを照射。 表皮がなくなった状態へピコレーザーを照射すると、奥深く入っているタトゥーインクの粒子にも1度で反応させることが可能! ④ 施術後 軟膏塗布した後に、専用のパットを貼ってお帰りいただけます。 治療後の状態 2~3週間程度で新しい皮膚がほぼ出来上がります。 1ヶ月間~、新しい皮膚に赤みがあります。 3ヶ月頃から赤みが徐々に消えていき、色素沈着(茶色っぽい跡)がみられます。 6ヶ月目以降から火傷のような傷で目立ちにくくなっていきます。

美容医療コラムをもっと見る

特集ページ

ホンネをチェック!

リアルで詳しい体験レポート

口コミ 127,254

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,373人以上 の医師陣が回答!
総回答数 43,000件以上!