徳田真紀子の画像

院長
徳田真紀子 女性

所属学会・資格

【資格】
・日本形成外科学会形成外科専門医

【所属学会】
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本美容皮膚科学会
・日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

略歴

・金沢医科大学医学部卒業
・北里大学病院 形成外科・美容外科
・湘南鎌倉総合病院 形成外科・美容外科
・中部徳洲会病院 形成外科
・湘南藤沢徳洲会病院 形成外科・美容外科診療科長
・大手美容外科院長
・S.T style クリニック 開院

ドクターからのメッセージ

  • 美容外科医、美容皮膚科医になったきっかけ、こだわり、ポリシー等を教えてください

    医師としてのスタートは形成外科医でした。
    美容外科はもともと形成外科の一分野ですので、これまでトレーニングしてきた技術や経験が、美容外科・美容皮膚科において非常に役立ちました。
    形成外科医として先天的・後天的に生じるお顔や肢体の変形を治療し非常にやりがいを感じましたが、保険診療以上のクオリティを求めた結果、美容外科を極めようと考えました。

    人は年月によって形態が変化してゆくため、美容の患者様は継続して治療を受けたり、再手術をご希望なさる方が多くいらっしゃいます。
    施術や手術は、その時点での結果だけでなく、長い経過を見据えて患者様の治療を考えることが私の医師としてのこだわりです。

  • 美容医療のやりがい、また苦労はどんなところですか?

    患者様に「治療を受けて良かった」と言っていただくことが、医師としてやりがいに感じるところではないでしょうか。

    その想いは、保険診療をしていた時と美容医療をしている今も一貫して変わりません。

    稀に、様々な手術を受けられたため修正が難しく、患者様の希望にお答えできないときに心苦しく感じることはありますが、どのような治療でも苦労と思うことはありません。

    難しい症例もありますが、最善を尽くして治療し、良い結果を出すことが、患者様のみならず、私自身も嬉しく感じます。

  • 良いクリニック、良いドクターとはどのようなものだと考えていらっしゃいますか?

    私が考える良いドクターとは、一つの問題点に対しできるだけ多くの手段・知識を持って治療に当たることです。
    特定の手段のみにこだわると、適切でない治療になることも稀ではありません。美容医療は日進月歩であり、形成外科・美容外科・美容皮膚科としての勉強を怠らず、時には諸先輩方に意見を伺い、常に創意工夫を重ねることが重要です。
    そして、それぞれの治療の利点・欠点を隠さずお話しすることが良いドクターだと考えています。

    当クリニックでは、十分なカウンセリングをしてご納得いただくまで治療は行いません。
    不明点は質問していただき、不安なく治療を受けていただくことが、クリニックとして大切なことだと考えています。

  • クリニックの特徴、特色などを教えて下さい。

    Safety:十分な経験と知識を持って、医師が患者様の理解が得られるまでご説明します。プライバシーを重視した環境のため、安心してご相談ください。また、清潔度の高いオペ室を完備し、感染リスク等を最小限にできるよう安心で安全な環境を整えました。
    Suitable:ゆきすぎた治療はせず、適切な治療のみをご提案致します。
    Sophisticate:コンプレックスを解消することで、自信を持って洗練された時間を過ごしていただきたいと考え、治療をご提案しています。
    Total treatment:美容外科・美容皮膚科にこだわらず、女性器や尿漏れ、いびき治療など、患者様のご要望をトータル治療しております。

  • 読者の皆さんへのメッセージをお願いします。

    近年、日本の美容医療は一般的になってきましたが、まだまだお悩みを相談する勇気の持てない方、どこに相談すれば良いかわからない方が多くいらっしゃいます。

    相談したら治療受けなければいけない、と思われる方もいらっしゃいますが、相談のみでも喜んで疑問にお答えさせていただきます。

    プライバシーをしっかり確保しておりますので、安心してご相談にいらしてください。

同院のドクター・スタッフ