{{ message }}

  目・二重整形(男性向け)のクリニックを探す

目・二重整形の口コミ 761

満足度分布

5.0 (254)
4.5 (227)
4.0 (147)
3.5 (88)
3.0 (26)
2.5 (10)
2.0 (6)
1.5 (2)
1.0 (1)

治療者の分布

年齢層

10代 12%

20代 56%

30代 21%

40代 8%

50代 2%

60代以上 1%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,325人のドクター陣が55,217件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

二重 埋没法

目・二重整形

たった10分で自然な二重まぶたに! 柔らかな印象になる二重まぶた。一重まぶたの人なら一度は憧れたことがあるはず。 中央クリニックが開発した「特別埋没法」は、たった10分で、あなたの目元を自然な二重まぶたに変身させます。 後から調整ができる「特別埋没法」は、当クリニックでも大変人気があります。 元に戻りにくい手術方法なので、もっとくっきりした二重にしたい時にも対応できます。 ■プチクイック法 希望のラインに沿って1本ずつ糸で留めます。 メスを使用しないため、傷の心配も無く自然な二重瞼が完成。手術時間も5分程と短時間で終了する為メイク感覚で手術が受けられます。 心配なハレもほとんどありません。 ■ナチュラルクイック法 希望のラインに沿って2本ずつ糸を留める方法です。 2箇所しっかりと留める事で自然なしっかりとしたラインが完成。 アイプチでは出にくかったラインもキレイに自然に仕上がります。 ■スーパーマイクロカット法 糸を止める部分に数ミリの小さな切開を加えることでより深い位置で糸が固定される為、糸が緩みにくく、切れにくい状態となります。 糸の結び目が皮膚に埋まるため、見た目も自然で触っても糸が触れません。

解説 名古屋中央クリニック

公開日:2020/08/12

眼瞼下垂治療後に多い「開眼不全」について

目・二重整形 (眼瞼下垂)

他院にて眼瞼下垂治療後に「眠たそうな目になった」「開眼力が弱まった」というご相談をよく受けますが、最近、最も多いご相談が「目を完全に閉じることができなくなった」というケースです。これは「開瞼不全」と言い、挙筋腱膜を短縮して引き締すぎたことによって生じます。 これの何が良くないかと言うと、上まぶたというのは時々閉じることで眼球表面の水分をある程度保持する役割があるため、寝ている時などに開けっ放しになるとそこから水分が空気中に逃げてドライアイとなり、それが高じると角膜に潰瘍が生じるなど視力に影響が出てくるというトラブルにつながる可能性があります。 なお、目が閉じることが出来るかどうかは、手術中に実際に患者様にやってもらうことで判断はつきます。もし目を閉じてもらった時に2mmから3mmなど上瞼と下瞼の間に隙間が出来て白目が見えてしまうなら、腱膜に掛けた糸を少しづつ緩めていきます。つまり、腱膜を短縮する距離を最初の設定より短く控え目にするということになります。 経験的に、目を閉じたときに上瞼と下瞼の間の隙間が1mm程度なら、術後1ヶ月以内には目は閉じるようになります。手術中に使う局所麻酔の影響や、手術中に目を閉じる時に使う眼輪筋が切断された状態であることや、腫れの影響などが複合的にあわさって一時的に目が閉じづらくなっているのだろうと推測します。 ですから、わずかな隙間であれば手術直後は若干目が乾くかもしれませんが、時間とともにその症状は改善され、最終的には目は完全に閉じるようになります。 目の閉じづらい期間は、頻回にドライアイ予防の目薬をさしてもらう。または、寝る時に濡れたガーゼを目の上に置いて目が乾かないようにしてもらう。などの対策を取って頂ければと思います。術後1か月以上経過しても目を閉じることができないという際には、再修正が必要ですので早めに医師へご相談ください。

解説 みずほクリニック

公開日:2020/07/13

目・二重整形の基礎知識 入門編FAQ

目・二重整形に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

二重の手術後、コンタクトレンズはいつから使用できますか?

コンタクトレンズの着脱の際にどうしてもまぶたを触りますので、腫れが強い期間は使用を控えたほうが無難です。埋没法で3日程度、切開法で7日程度が目安となります。また、埋没法は糸によってまぶたに二重の癖をつける手術であり、糸が緩むと二重も消えてしまいます。そのため、埋没法では二重のラインが安定するまでコンタクトレンズを控えたほうがよいとする医師もいるようです。一口に埋没法、切開法といっても様々な術式がありますので、二重手術の際には担当の医師に確認したほうがいいでしょう。

埋没法によってできた二重は取れてしまうのですか?

二重整形のうち、まぶたを切って脂肪を取るとともに二重のラインを作る切開法は、基本的には元に戻ることはありません。一方で糸を埋めることで二重のラインを作る埋没法は、糸が緩んだり外れることで二重が消えてしまう可能性があります。埋没法であっても長持ちしやすい術式や期間の保証など、クリニックによっては様々な対策を用意しています。気軽で腫れが少ないけれど二重が取れてしまうかもしれない埋没法。二重は半永久的だけれど、ダウンタイムが長く元に戻すことができない切開法。ニーズに合わせて選ぶことが重要です。

二重整形のダウンタイムはどれくらいですか?

二重整形の術後はダウンするほどではないのですが、大きな腫れが引くまで埋没法は1週間、切開法ですと2週間程度かかります。最終的に落ち着くまでには埋没法で1カ月、切開法では数か月見ておいた方がいいでしょう。二重整形の場合、腫れや内出血といった見た目の問題ですので、気にしなければダウンタイムはないといえます。腫れにくいことを売りにしたクリニックですと手術の翌日からメイクOKとしているケースもあります。

白人のようなぱっちり平行型の二重に整形したいのですが、目も小さいし無理でしょうか?

実際にお顔を拝見してからでないと断言はできませんが、目頭切開という方法があります。日本人に特徴的にみられる「蒙古ひだ」という目頭の皮膚を切開し、目の内側を広げます。具体的には白目の端にピンク色の肉がのぞいている状態を作ります。これによって二重のラインが内側から形成されるので、白人のような平行型の二重になるのです。目を大きく見せたり、離れた目と目の幅を狭めたり、きつい目つきを和らげる効果が期待できる手術です。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、目・二重整形についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。