男性器の整形のクリニックを探す

男性にとって包茎やペニス・亀頭のサイズは大きな悩みの種となっています。何より精神的な負担が大きいからです。特に包茎に関しては矯正しなければ男としてやっていけないくらいの脅迫めいた広告が飛び交っているようですが、「手術」による解決であるならばそれは当然リスクを伴います。包茎手術にもいろいろな種類がありますが、最も一般的なものは包茎の原因となる余分な包皮を切り取る環状切開式と呼ばれる術式です。亀頭増大術はヒアルロン酸やコラーゲンなどの注射によるサイズアップが一般的となっています。増大した亀頭がストッパーの役割を果たして包茎治療としての効果も期待できます。陰茎(ペニス)増大の治療法はヒアルロン酸や自己脂肪の注入といった方法が一般的です。これらの男性器の整形はやらなくても良い治療とも言えますが、衛生面や感染のリスク低減、早漏改善の効果も期待でき性行為の満足度を高める為には意味のあるものと考えられます。

男性器の整形の口コミ 135

満足度分布

5.0 (61)
4.5 (37)
4.0 (17)
3.5 (13)
3.0 (3)
2.5 (4)
2.0 (0)
1.5 (0)
1.0 (0)

治療者の分布

年齢層

10代 3%

20代 28%

30代 36%

40代 22%

50代 8%

60代以上 2%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,305人のドクター陣が49,695件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

男性器の整形の基礎知識 入門編FAQ

男性器の整形に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

クリニックに女性スタッフはいますか?

医療機関によっては、手術前のカウンセリングから執刀に至るまで女医が担当する場合もあります。「女医さんでも構わない」という人なら問題ありませんが、担当が女性というだけで委縮してしまうような人の場合、ペニスの悩みや手術に対する疑問を口に出しづらくなってしまいます。そうした点を考慮して、包茎を専門に扱っているクリニックの中には、担当医から電話応対のスタッフに至るまでをすべて男性で揃えているところもあります。「どうしても女性には担当してほしくない」と思う方は、事前に調べ、男性スタッフで統一されているクリニックを選ぶようにするといいでしょう。

仮性包茎は手術しないといけませんか?

仮性包茎の場合には、日常生活に支障がでるわけではないので絶対に手術が必要というわけではありません。性行為も問題なくスムーズに行うことができます。しかし、亀頭が包皮に覆われている分、不衛生になりやすいので、性病を発症しやすくなったり、悪臭の原因になりやすいです。また、余分な包皮があるせいでペニスの感度が低下したり、最悪の場合はED(勃起障害)に陥ってしまうケースもあります。さらには相手となる女性も性病にかかりやすくなってしまうなど、日常生活に支障を来さないとはいえ、デメリットは数多く存在します。

包茎手術後、どれくらいで性行為ができますか?

手術の方法や個人差にもよりますが、おおよそ術後から2週間経つと傷が治ります。しかし、そのタイミングで性行為を行うと、傷口が再び開いてしまうなどの危険性があるので、術後から4週間を目安にするようにしましょう。包茎を改善すると性行為での感度も高まるといわれていますが、焦らずに傷口がしっかり回復するのを待ってから楽しむようにしましょう。

亀頭を増大するとどんなメリットがありますか?

亀頭を増大することで、「先細りのペニスが気になる」という見た目のコンプレックスの改善が期待できます。その他に、亀頭が大きくなると皮がカリの部分に引っ掛かりやすくなりますので、軽度の包茎であれば改善が期待されます。また、刺激に強くなりますので早漏の防止効果も期待出来ます。強化した亀頭が女性の性感を刺激することによって、女性に対してより満足感を与え、性交時の満足度向上も期待されます。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、男性器の整形についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。