{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

  男性器の整形のクリニックを探す

男性にとって包茎やペニス・亀頭のサイズは大きな悩みの種となっています。何より精神的な負担が大きいからです。特に包茎に関しては矯正しなければ男としてやっていけないくらいの脅迫めいた広告が飛び交っているようですが、「手術」による解決であるならばそれは当然リスクを伴います。包茎手術にもいろいろな種類がありますが、最も一般的なものは包茎の原因となる余分な包皮を切り取る環状切開式と呼ばれる術式です。亀頭増大術はヒアルロン酸やコラーゲンなどの注射によるサイズアップが一般的となっています。増大した亀頭がストッパーの役割を果たして包茎治療としての効果も期待できます。陰茎(ペニス)増大の治療法はヒアルロン酸や自己脂肪の注入といった方法が一般的です。これらの男性器の整形はやらなくても良い治療とも言えますが、衛生面や感染のリスク低減、早漏改善の効果も期待でき性行為の満足度を高める為には意味のあるものと考えられます。

男性器の整形の口コミ 146

満足度分布

5.0 (65)
4.5 (44)
4.0 (17)
3.5 (13)
3.0 (3)
2.5 (4)
2.0 (0)
1.5 (0)
1.0 (0)

治療者の分布

年齢層

10代 3%

20代 32%

30代 35%

40代 21%

50代 8%

60代以上 2%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,412人のドクター陣が63,205件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

包茎治療の種類と手術を担当する医師選びについて

男性器の整形 (包茎手術)

包茎という言葉は男性なら誰もが知っていると思いますが、日本人成人男性の何割くらいが包茎であるかをみなさんはご存知でしょうか? 諸説はありますが、一説には日本人成人男性の「80%」が包茎であると言われています。 日本人のほとんどが包茎であるにもかかわらず、コンプレックスに感じる方も多い「包茎」。 今回は、そんな包茎の中で最も多い、「仮性包茎にはどのような治療法があるのか」を説明します。 最も多いと言いましたが、種類を大きく分けると包茎には「仮性包茎」、「真性包茎」、「嵌頓(かんとん)包茎」の3つがあります。 このうち真性包茎と嵌頓包茎は、治療が必要であり、保険適用内で手術を受けることが可能です。 一方で仮性包茎は、必須の治療ではないため、保険適用外となります。 ですが、見た目や衛生面の問題などから治療を希望される方は多く、治療について知りたいと思う方も多いと思いますので、仮性包茎の代表的な治療法を以下にまとめてみます。 〇包皮切除 メリット:確実に包茎が治る。ほぼ全ての人に適応となる。 デメリット:メスを使う治療なので感染リスクやダウンタイムをとる必要性がある。 包皮を切り過ぎてしまった場合、不可逆的な後遺症が残る可能性がある。 向いている方:確実に治したい。 ダウンタイムを厭わない。 〇ヒアルロン酸によるカリの高さを出す方法 メリット:最も手軽。見た目もパワーアップできる。 デメリット:皮がたくさん余っている場合、包茎が解消しない可能性もある 向いている方:皮がそれほど余っているわけではない。 手術は怖く、手軽に行いたい。 男性器の見た目も良くしたい。 〇長茎術 メリット:ヒアルロン酸の次に簡便。見た目も長くできる。 デメリット:靭帯を糸で固定するので、腹部に違和感が生じる可能性がある。 皮がたくさん余っている場合、包茎が解消しない可能性がある。腹部に埋もれている部分が元々少ない方には適応にならない。 向いている方:皮がそこまで余っているわけではない。 仰向けに寝た時に、陰茎が埋もれてしまう。 男性器を見た目にも長くしたい。 3種類の中で真っ先に思い浮かぶのが、皮を切る施術の「包皮切除」だと思います。 これは最も確実で、かつ古くから行われている方法です。 シンプルに余った包皮を切除して縫うという施術で、ほぼ全ての仮性包茎の人にとって適応となります。 一方で切らない包茎治療というものも存在します。 一つは、ヒアルロン酸を亀頭、いわゆるカリ部分に注入して、皮の引っ掛かりを作ってあげる方法です。 カリの高さは5-8mmくらいと言われており、この高さより明らかに低く、皮がそれほど余っているわけではないという方には良い適応になると思われます。 もう一つが、「長茎術」というものです。 こちらは、腹部に埋もれた陰茎を引き出して、その状態をキープできるように陰茎を支える靭帯を糸で固定するという方法になります。 陰茎を長くすることで、包皮の余りを解消するという手法ですので、寝ると陰茎が腹部に引っ込んでしまうような方に良い適応になります。 逆に言えば、あまり腹部に埋もれていない人にとっては、治療効果はさほど高くないとも言えます。 ここまで包茎の治療法を紹介してきましたが、どれを選べば良いのか?とさらに悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 その答えは、本当に「人それぞれ」としか言いようがありません。 同じ人間が2人としてい無いように、性器も同じ形が2つとして無いためです。 とはいえ、ご自身では医学的に判断することは難しいかと思いますので、医療機関で相談し、客観的な判断を仰ぐことをおすすめします。 この際、医療機関を受診する前に自分の包茎治療のゴールと取れるリスクをしっかり考えていき、それをカウンセリングでしっかり医者に伝えることが重要となります。 また、気を付けたいのは、単に包茎を解消するだけなら、ちょっとメスを握ったことのあるくらいの研修医でも問題なく可能であるという点です。 必要のない手術や未熟な技術によって改善どころか、不感症や射精時に痛みが出る事態もあり得ます。 このような事態を防ぐためには、包茎を治すだけでなく、その一歩先の提案までできる十分な包茎治療を考える医師が必要だと私は考えています。 十分な包茎治療のためにも、しっかりとカウンセリングで悩みを伝え、ご自身に合った医師や治療法を選択していきましょう。

解説 veary clinic ヴェアリークリニック

公開日:2022/03/03

パワーポール法とは、

男性器の整形

■パワーポールとは、 医療用PLGA(PolyLactic-co-GlycolicAcid)を加工して、新しい組織が形成されるように開発された生分解性高分子支持体である。KAIST(韓国科学技術院)で開発され、KFDA(食品医薬品安全庁)から陰茎増大用として認められた唯一の製品です。 PLGAとは(PolyLactic-co-GlycolicAcid) 体内で乳酸(lactic acid)とグリコール酸(glycolic acid)に分解、吸収され、代謝によって水と二酸化炭素になり、体外に放出されます。非常に安全な高分子物質です。 ■安全性 ソウル大学臨床病理研究所で行ったパワーポールの臨床試験結果では、全く異常所見は認められませんでした。そして移植された部位に新しい真皮層の形成が確認されました。 ■有効性 陰茎増大術が必要な陰茎短小患者らを対象に実施した結果、有効率は88.11%%でした。(有効率判定:陰茎周囲が術前と比較して、1cm以上増加) ■施術方法 陰茎の先端近くを環状切開し、包皮を両端まで剥離します。 そこにパワーポールをセットし、再び包皮を縫合します。施術自体は簡単で、1時間で終了します。 パワーポールは吸収されずに分解し、細胞組織に置き換えられて太くなります。一生涯太いペニスを維持します。 しっかりとカウンセリングを経て、治療を受けて下さい。

解説 コムロ美容外科 メンズ外来 東京銀座院

公開日:1970/01/01

包茎治療とは、

男性器の整形

1.包茎治療の適齢期 ユダヤ教では幼少期に、背面切開と呼ばれる方法で包皮の先端を切る、割礼という儀式を行います。これはペニスの衛生上、発育上からも理にかなった処置です。一般にペニスは小学校高学年から大きくなり、中学生になると亀頭が出るようになります。ですから、高校生になったあたりで、いぜん包茎状態ならば手術をしても良いでしょう。 2.ペニスの構造 ペニスは、亀頭部と呼ばれる亀の頭に似た部分と、陰茎部つまりサオの部分とに分かれます。亀頭部の先端には外尿道口があります。裾は亀頭冠いわゆるカリと呼ばれる部分で、横に広がるように出っ張っています。このカリと陰茎の境目は窪んで溝のようになっているところから冠状溝と名付けられています。また亀頭の裏側を見ると、外尿道口の下の部分と、陰茎部の包皮が繋がっている部分がありますが、ここが包皮小体です。帯と言われるところで、男性の性感帯の一つとして知られています。さらにこの延長上に陰茎縫線という筋が陰茎上を走っていますが、ここも性感帯の存在が確認されています。陰茎部は、海綿体というスポンジのような組織から成っています。この海綿体は陰茎海綿体、尿道海綿体という組織で構成され、海綿体の中には、動脈、静脈が走っています。 ペニスは包皮で被われていますが、外側から見える包皮が外板、亀頭部と直接に接しているのが内板と呼ばれ、この内板と外板がめくれて、亀頭部が露出します。いわゆる皮がむけた状態です。皮がむけずに亀頭全体を覆っているのが真性包茎と言われるものです。 3.包茎の種類 包茎には、真性、仮性、嵌頓(かんとん)の3種類があります。日本人は約70%が仮性包茎だと言われています。 仮性包茎は、普段は亀頭部分が包皮に被われていますが、皮を引っ張ると亀頭を露出させることができます。また、勃起すると亀頭は自然に露出することもあれば、勃起しても包皮が長すぎて亀頭が出ないときもあります。いずれにせよ、包皮のダブつきを治さなければなりません。 真性包茎は、包皮が亀頭をスッポリと被っている点は仮性包茎と同様です。しかし真性包茎の場合は、皮を根元の方向へグイッと引いても亀頭がペニスから露出しません。さらに深刻なことに、勃起時にペニスが膨張しても、亀頭から膨張した分出ることができないので、包皮が突っ張って痛みを伴うこともしばしばあります。こうなると、勃起そのものに恐怖を覚えるようになり、性欲を抑えようという心理も働くようになってしまうのです。この心理は、仕事や学業などほかの行動にも、少なからずネガティブな影響を与えることは間違いありません。ですから、真性包茎については一日でも早い手術をお勧めします。 嵌頓包茎は、包皮はある程度開いているので、亀頭の一部は露出できますが、 カリの部分つまり亀頭冠を越えて露出することはできません。これをセックスやマスターベーションの時に勢いにまかせて露出させてしまうと、とんでもないことになります。包皮先端の強い締め付け力をもつ絞扼輪が、亀頭の冠状溝にスポっと巻き付いた状態になってしまうのです。こうなると、亀頭に血液が流れなくなり、時には壊死を起こすことにもなりかねません。 しっかりとカウンセリングを経て、治療を受けて下さい。

解説 コムロ美容外科 メンズ外来 東京銀座院

公開日:1970/01/01

男性器の整形の基礎知識 入門編FAQ

男性器の整形に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

クリニックに女性スタッフはいますか?

医療機関によっては、手術前のカウンセリングから執刀に至るまで女医が担当する場合もあります。「女医さんでも構わない」という人なら問題ありませんが、担当が女性というだけで委縮してしまうような人の場合、ペニスの悩みや手術に対する疑問を口に出しづらくなってしまいます。そうした点を考慮して、包茎を専門に扱っているクリニックの中には、担当医から電話応対のスタッフに至るまでをすべて男性で揃えているところもあります。「どうしても女性には担当してほしくない」と思う方は、事前に調べ、男性スタッフで統一されているクリニックを選ぶようにするといいでしょう。

仮性包茎は手術しないといけませんか?

仮性包茎の場合には、日常生活に支障がでるわけではないので絶対に手術が必要というわけではありません。性行為も問題なくスムーズに行うことができます。しかし、亀頭が包皮に覆われている分、不衛生になりやすいので、性病を発症しやすくなったり、悪臭の原因になりやすいです。また、余分な包皮があるせいでペニスの感度が低下したり、最悪の場合はED(勃起障害)に陥ってしまうケースもあります。さらには相手となる女性も性病にかかりやすくなってしまうなど、日常生活に支障を来さないとはいえ、デメリットは数多く存在します。

包茎手術後、どれくらいで性行為ができますか?

手術の方法や個人差にもよりますが、おおよそ術後から2週間経つと傷が治ります。しかし、そのタイミングで性行為を行うと、傷口が再び開いてしまうなどの危険性があるので、術後から4週間を目安にするようにしましょう。包茎を改善すると性行為での感度も高まるといわれていますが、焦らずに傷口がしっかり回復するのを待ってから楽しむようにしましょう。

亀頭を増大するとどんなメリットがありますか?

亀頭を増大することで、「先細りのペニスが気になる」という見た目のコンプレックスの改善が期待できます。その他に、亀頭が大きくなると皮がカリの部分に引っ掛かりやすくなりますので、軽度の包茎であれば改善が期待されます。また、刺激に強くなりますので早漏の防止効果も期待出来ます。強化した亀頭が女性の性感を刺激することによって、女性に対してより満足感を与え、性交時の満足度向上も期待されます。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、男性器の整形についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。