{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

ミラドライ治療の効果と安全性——わきが・多汗症の悩みを解決

わきが手術・多汗症治療 (ミラドライ)

解説 口コミ広場編集部

公開日:2024/06/20


ミラドライは、切らずにわきがや多汗症を治療する新しい方法として注目されています。本記事では、ミラドライの効果や副作用、その仕組みについて詳しく解説します。手術不要で効果が期待できるこの治療法について知りたい方は、ぜひご覧ください。

ミラドライの効果とは

わきが臭・わき汗の減少

ミラドライは、1回の施術でわきが臭やわき汗を大幅に減少させる効果が期待できます。具体的には、臭いや汗の量が7~8割程度減少することが報告されています。ミラドライは、わきがの原因となるアポクリン腺と、多汗症の原因となるエクリン腺の両方に効果を発揮します。アポクリン腺は、わきが臭の原因となる成分を含む汗を分泌する汗腺です。エクリン腺は、体温調節のために汗を分泌する汗腺です。ミラドライは、これらの汗腺にマイクロ波を照射することで、汗腺の機能を停止させます。これにより、わきが臭やわき汗を効果的に抑制することができます。

ミラドライは、わきがや多汗症の症状が強い人だけでなく、軽度の症状の人にも効果が期待できます。また、わきがや多汗症の治療を諦めていた人にとっても、新たな選択肢となる治療法です。

治療効果の持続性

一度の施術で得られる効果は半永久的に持続するとされています。再発の可能性は低く、長期的な効果が期待できます。ミラドライは、汗腺を破壊することで効果を発揮するため、従来の治療法のように、汗腺が再生してしまう心配がありません。そのため、一度の施術で長期的な効果が期待できます。

ただし、個人差はあり、まれに再発するケースも報告されています。再発した場合でも、再度ミラドライの施術を受けることで、効果が期待できます。

効果の実感時期

ミラドライの効果は、施術後すぐに現れるわけではありません。汗腺が破壊されてから、効果が現れるまでに時間がかかるためです。効果が現れるまでの期間は、個人差が大きいですが、多くの患者さんは施術後3ヶ月以内に効果を感じ始めます。最終的な効果は、施術から半年後に確認されます。


ミラドライのメリット

ダウンタイムが少ない

ミラドライは、皮膚に小さな穴を開けてマイクロ波を照射する治療法です。そのため、切開手術のように大きな傷跡が残ることはありません。また、ダウンタイムも短く、施術後すぐに日常生活に戻ることができます。

安全性が高い

ミラドライは、厚生労働省から承認された安全性の高い治療法です。副作用のリスクも少なく、安心して受けることができます。ただし、すべての治療法にリスクは伴うため、施術を受ける前に医師に相談することが重要です。

長期的な効果

ミラドライは汗腺を破壊することで効果を発揮するため、従来の治療法のように汗腺が再生してしまう心配がありません。そのため、一度の施術で長期的な効果が期待できます。

ただし、個人差はあり、まれに再発するケースも報告されています。

再発した場合でも、再度ミラドライの施術を受けることで、効果が期待できます。


ミラドライの仕組み

マイクロ波による汗腺の破壊

ミラドライは、マイクロ波を照射することで、汗腺の組織を熱で破壊します。汗腺が破壊されると、汗の分泌が抑制され、わきが臭やわき汗が軽減されます。

ただし、ミラドライは汗腺を破壊するだけでなく、汗腺の周囲の組織にもダメージを与える可能性があります。そのため、施術を受ける前に、医師に相談することが重要です。

表皮の保護(冷却機能の搭載)

ミラドライは、マイクロ波を照射する際に、皮膚の表面を冷却するクーリングシステムを搭載しています。これにより、皮膚の表面を保護しながら、深層の汗腺に効果的にマイクロ波を照射することができます。クーリングシステムは、皮膚の表面温度を一定に保つことで、やけどなどのリスクを軽減します。


ミラドライの施術の流れ

ミラドライの施術は、まず、わきがや多汗症の症状が強い部位にマーキングを行います。

次に、局所麻酔を行い、痛みを軽減します。その後、マイクロ波を照射して、汗腺を破壊します。

施術時間は、患部の大きさや症状によって異なりますが、約1〜2時間です。


ミラドライの副作用

一般的な副作用

ミラドライの施術後には、一時的な腫れや赤み、痒みが発生することがあります。これらの症状は、通常数日から数週間で改善します。まれに、これらの症状が長引く場合もあります。その場合は、医師に相談してください。

稀な副作用

ミラドライは、安全性が高い治療法ですが、まれに神経障害や皮膚の変色などの副作用が報告されています。これらの副作用は、極めて稀なケースで、ほとんどの人には発生しません。ただし、施術を受ける前に、医師に相談することが重要です。

副作用の予防

ミラドライの施術後には、医師からの指示に従って、適切なアフターケアを行うことが重要です。アフターケアを適切に行うことで、副作用のリスクを軽減することができます。


ミラドライと他の治療法との比較

切開手術との比較

切開手術は、確実に汗腺を取り除く方法ですが、ダウンタイムが長く、傷跡が残る可能性があります。ミラドライは、切開手術に比べて、ダウンタイムが短く、傷跡も残りません。

そのため、日常生活への影響が少ない治療法として、注目されています。

ボトックス注射との比較

ボトックス注射は、わきがや多汗症の治療法として、効果が早く、ダウンタイムが短いというメリットがあります。しかし、効果は一時的なため、定期的な施術が必要となります。

一方でミラドライは、ボトックス注射に比べて、効果が長く、定期的な施術が不要です。

そのため、長期的な治療を希望する人にはミラドライがおすすめです。

ビューホットとの比較

ビューホットは、わきが治療に効果がある治療法ですが、ミラドライに比べて、効果の持続性や副作用の少なさでは劣ります。ミラドライは、ビューホットに比べて安全性が高く、効果が長く続く治療法として注目されています。


おすすめの施術

まとめ

ミラドライは、わきがや多汗症の治療法として、安全性が高く、効果が長く続くというメリットがあります。

また、手術不要で傷跡が残らないため、多くの人にとって魅力的な治療法です。

わきがや多汗症でお悩みの方は、ぜひ一度、専門の医療機関にご相談ください!


  ドクターインタビュー

ドクター相談室


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
740人のドクター陣が71,794件以上のお悩みに回答しています。