{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

医療脱毛でツルツル美肌

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/09/04


むだ毛処理はどのような方法でされていますか?
カミソリや毛抜きでの繰り返す自己処理は肌の負担が大きく、炎症、黒ずみ、シミ、乾燥、毛穴の開き、たるみなどのデメリットが多くあります。

医療脱毛すると、こうしたむだ毛処理の必要がなくるので、むだ毛処理に関わる肌への負担がなくなり、肌トラブルも減らすことができるのです。

長い目で見ていくと、むだ毛処理を繰り返し行っていく肌の負担がなくなり、むだ毛処理の手間もうっかりむだ毛の処理を忘れてしまって恥ずかしい思いするリスクもなくなります。

毛は表面に出ているものだけではなく、埋もれているものが多数存在します。レーザーは光なので、このような皮下に埋もれている毛にも熱エネルギーを伝え、脱毛の効果を発揮します。このような皮下に埋もれている毛まで処理できるのは、今のところレーザー脱毛しかありません。



医療脱毛は、医師の指導のもと医療従事者である看護師が施術を行います。
医療脱毛では高出力のレーザーを使用できるため、1回の照射での脱毛効果が高いのが特徴で少ない回数での脱毛完了が可能となります。

しかし、脱毛効果があるのはメラニンを多く含む、黒く濃い成長期の毛に対してのみあるため、毛周期に合わせて脱毛する必要があります。
したがって、目安は約一年、5~6回の照射を行うことで、効率的に脱毛効果を得られます。

痛みを感じやすい部位は麻酔クリームなどで痛みを軽減することができます。
特のヒゲやVIOは痛みを感じやすいので麻酔クリームを利用するのも良いでしょう。

日焼け直後の皮膚、色素沈着の強い皮膚には医療脱毛は受けられないので注意しましょう。

コラムの担当クリニック


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,399人のドクター陣が64,581件以上のお悩みに回答しています。