{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

  メンズ医療脱毛のクリニックを探す

医療脱毛の口コミ 1456

満足度分布

5.0 (469)
4.5 (345)
4.0 (350)
3.5 (170)
3.0 (91)
2.5 (27)
2.0 (4)
1.5 (0)
1.0 (0)

治療者の分布

年齢層

10代 2%

20代 47%

30代 35%

40代 15%

50代 1%

60代以上 0%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,313人のドクター陣が66,383件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

医療脱毛でツルツル美肌

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

むだ毛処理はどのような方法でされていますか? カミソリや毛抜きでの繰り返す自己処理は肌の負担が大きく、炎症、黒ずみ、シミ、乾燥、毛穴の開き、たるみなどのデメリットが多くあります。 医療脱毛すると、こうしたむだ毛処理の必要がなくるので、むだ毛処理に関わる肌への負担がなくなり、肌トラブルも減らすことができるのです。 長い目で見ていくと、むだ毛処理を繰り返し行っていく肌の負担がなくなり、むだ毛処理の手間もうっかりむだ毛の処理を忘れてしまって恥ずかしい思いするリスクもなくなります。 毛は表面に出ているものだけではなく、埋もれているものが多数存在します。レーザーは光なので、このような皮下に埋もれている毛にも熱エネルギーを伝え、脱毛の効果を発揮します。このような皮下に埋もれている毛まで処理できるのは、今のところレーザー脱毛しかありません。 医療脱毛は、医師の指導のもと医療従事者である看護師が施術を行います。 医療脱毛では高出力のレーザーを使用できるため、1回の照射での脱毛効果が高いのが特徴で少ない回数での脱毛完了が可能となります。 しかし、脱毛効果があるのはメラニンを多く含む、黒く濃い成長期の毛に対してのみあるため、毛周期に合わせて脱毛する必要があります。 したがって、目安は約一年、5~6回の照射を行うことで、効率的に脱毛効果を得られます。 痛みを感じやすい部位は麻酔クリームなどで痛みを軽減することができます。 特のヒゲやVIOは痛みを感じやすいので麻酔クリームを利用するのも良いでしょう。 日焼け直後の皮膚、色素沈着の強い皮膚には医療脱毛は受けられないので注意しましょう。

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/09/04

脱毛でよくある副作用

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

レーザー照射をすると肌が敏感になるため、赤みや炎症といった症状を起こすこともあります。ここではレーザー脱毛照射後に起こりうる副作用や症状について記載します。 【術後の赤み】 レーザーは黒い部分に反応するため、周りの皮膚に軽い炎症を起こす場合があります。皮膚の弱い方や肌の色が白い方は目立ちやすくなります。個人差はありますが、一般的には2時間ほど、長くても数日で自然と治りますが、ひどい場合は医師の診察の上で炎症止め(消炎剤)の外用薬を処方することも可能です。このような赤みや熱感が気になった際には、しっかりと熱を抑えるように冷たいタオルなどで優しく患部を冷やしてください。なお氷などで冷やしてもいいのですが負担が大きいため肌がびっくりしてしまいます。特に長時間冷やしてしまう事によって低温やけどの恐れもありますので誤ったケアをしないようにする必要があります。 【毛嚢炎 もうのうえん】 術後に肌のケアを怠ると白く膿んだニキビのような毛嚢炎が生じることがあります。ニキビが出来やすい体質の場合は特にこの症状が出やすい傾向があるため注意が必要です。 毛嚢炎は毛穴の炎症なので、気になるからといってつぶしたり必要以上に触るとますます治りが遅くなったり色素沈着してしまう可能性もありますので触らないようにしてください。気になる際には出来るだけ早めに医師にご相談ください。 【火傷】 レーザーの照射レベルによって稀に火傷の症状が出ることがあります。万が一発症した際には、医療薬も用いて治療を行いますので、すぐに医師へご連絡ください。火傷にならなくても、照射後はレーザーの熱によって肌の水分が奪われるため、乾燥しやすい状態になります。この乾燥によってかゆみや赤みなどの炎症が起きてしまうため、できるだけ照射前後は念入りに保湿をしてください。赤みやかゆみなどの皮膚トラブルが起きにくくなります。 また皮膚の薄い部分で火傷をすると水ぶくれになることがあります。この場合も速やかにクリニックに相談してください。 【硬毛化】 硬毛化とは、照射を行った後に、以前より毛の一部分が濃くなってしまったり、太くなる症状のことを言います。原因は解明されてないですが、一つの要因としてレーザー照射によって毛の成長がより活性化されてしまうことが考えられ、産毛が多い背中・二の腕・肩の周りにできやすいです。一時的な症状であることがほとんどですが、万が一照射後に硬毛化があった際には医師や看護師にご相談ください。 また、自己処理での脱毛行為は、長く続けると肌トラブルにもなりやすいです。長い目で見れば、医師や看護師が常駐している医療機関できちんと専門的なケアをすることが、最もよい脱毛法だと考えおります。

解説 みずほクリニック

公開日:2020/06/27

エステ脱毛と医療脱毛の違いは?

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

脱毛と一括りに行っても医療脱毛、光脱毛様々な種類があります。 カウンセリングにお越しになるお客様でも自分が受けていたのが医療脱毛かエステ脱毛か分からない。そもそも違いって何?とお話しされる方もいらっしゃいます。そこでサロンなどで行われる光脱毛、IPL脱毛と医療機関で行われる医療脱毛の違いについて書いていきます。 【違いは何?】 エステサロンなどで行われている光脱毛、IPL脱毛と医療機関で行われている医療脱毛では機械の種類やパワーの強さが異なります。また医療脱毛は半永久脱毛ですが、光脱毛は「脱毛」ではなく「制毛」なのです。そのためレーザーがアプローチする部分が異なり効果や痛み、回数など大きく変わってきます。 光脱毛は無資格で照射可能です!! 訓練さえ受ければ資格がなくても施術が行えます。 また、医療機関ではないため医療関係者は常駐しておらず万が一何かトラブルが起きた際対応が遅れるといった問題点もあります。 さらに!! 施術者は医療者ではないため持病がある、薬を飲んでいる、大きな痣があるといったトラブルに発展しそうな要素がある場合施術自体を断られることも少なくはありません。 医療脱毛は施術者が有資格者つまり医師か看護師に限定され、医師が常駐しているため万が一トラブルが起きた際にも迅速な対応が可能になります。また、施術を受けていただく前に必ず医師の診察も受けていただきますので、エステサロンでは断られたという方も医師の診察により場合によっては医療脱毛を受けていたたくことも可能です。 エステサロンでの脱毛は 持病や、内服薬、痣や傷で施術を断られたという方も診察や状況次第ではありますが名古屋駅健診クリニック美容皮膚科では脱毛が可能な場合も十分にあるため一度カウンセリングでご相談ください。 【エステ脱毛から医療脱毛へ】 エステ脱毛から医療脱毛に切り替える方の大きな理由としては「通っても効果が感じられなかった」という方が多く見受けられます。 光脱毛と医療脱毛の一番の違いと言えばパワーの差ではないでしょうか。医療脱毛は施術者が医療者であるため十分なパワーでその時の毛の状態にあった脱毛が起こなえ、レーザーの深達度も異なり毛の奥深くまで熱を送ることが可能です。 光脱毛では施術者が医療者ではない分トラブルが起きないようパワーを下げて施術するサロンも少なくはありません。パワーが弱い分、毛の浅い部分までにしか熱が伝わらず照射回数も必要になり気が付けば医療脱毛より高額に・・・なんてことも実際にあります。 【追加施術についても】 名古屋駅健診クリック美容皮膚科では法律のもとお客様に安心してご来院いただけるよう適切な説明と理解をいただいたうえで施術を受けていただけるよう取組んでおります。 医療脱毛のメリットとしては安全性・効果と期間があげられるかと思います。医師が常駐し、看護師が施術する安全性、専門知識があるからこそお伝えできる効果の出方と、最適な脱毛機関。これらをよく比較しより良い脱毛手段を選んでいただければと思います。 脱毛について不安や疑問、ご質問などございましたらクリニックまでお問い合わせください。

解説 名古屋駅健診クリニック 美容皮膚科

公開日:2020/05/03

医療脱毛の基礎知識 入門編FAQ

医療脱毛に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

医療機関のレーザー脱毛は永久脱毛の効果が得られると聞きましたが、本当ですか?

はい、本当です。口コミを見る限り、また先生方に話を聞く限り、また原理的にも、毛の再生に関わる組織がレーザーによって破壊されれば毛が再生することはありませんので永久脱毛と言えます。編集部でも永久脱毛をした人はたくさんいますが、生えて来ていません。ただ、部位や毛質、またクリニックの技術によっても、効果や確実性には差があるようです。

エステでも脱毛をしていますが、医療脱毛とエステ脱毛の違いは?

正式には脱毛は医療行為と厚生労働省も見解を出しており、毛根の再生組織を破壊する行為については、医師の管理下でなければ治療を行えないことになっています。レーザー等、強い出力で毛根周辺を破壊する機器はエステでは使用できません。出力が低い光線脱毛機器を使用しているエステが多いですが、強い出力で負荷をかけると違法行為となりますので、確実な効果を得ることは非常に難しいのが現実で、人によっては永久効果が出る人もいますが、長い期間を要したり、全く効果が出ないことも多いようです。費用は多少高くなりますが、脱毛は医療機関で行うべきものと思われます。

レーザー脱毛による体への影響、副作用はありますか?

レーザーは毛根にのみ反応するので、他の部位に何か副作用、後遺症等を発生させることはありません。施術直後は熱エネルギーによって毛穴が赤く軽いヤケドをした状態になりますが、数日で治まります。脂腺、汗腺がダメージを受けますので、乾燥しやすくなると言われておりますが、保湿することでお肌のトラブルも避けられます。

レーザー脱毛の痛みはどの程度ですか?また、麻酔などは可能ですか?

毛を抜く時に痛みの強い場所もあれば、痛みをあまり感じない場所があるように、部位や体質により痛みの程度は異なります。比較的痛いと言われるのは、男性のヒゲ脱毛と言われており、毛が太く、痛みを感じやすい場所である事が影響していると思われます。痛みが強い場合には、簡易的な麻酔をするクリニックもあるようですが、塗り薬やシール型の麻酔といっても、麻酔はリスクを伴うものですので、安易に使用すべきものではありません。

脱毛を受ける上で、注意すべきことは何かあるでしょうか?

しっかりと診断し、適切な治療を提供できるクリニックがベターです。また、術後のお肌のケア、アフターフォローがしっかりしているところが望ましいと思われます。稀にレーザーの刺激等が原因で毛が濃くなるというような事例もあるようですので、万一のトラブル時にも、責任を持って対応する姿勢、また対応できる確かな技術が問われるところです。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、医療脱毛についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。