{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

白玉点滴で身体の内側から紫外線対策

再生医療・美容点滴 (その他(アンチエイジング))

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/06/08


紫外線が強くなったきたこの季節。身体の内側から紫外線対策しませんか?

紫外線を浴びると、皮膚の中でメラニンが過剰につくられます。
過剰に作られたメラニンは、肌の黒さやシミ、肝斑の原因となります。

メラニンを過剰に作らせないためには、抗酸化作用やメラニン抑制作用がある、白玉点滴が有効です。

白玉点滴は内服、サプリメントなどの経口摂取では不可能な量のグルタチオンを血管に直接投与することで、経口摂取とは異なるレベルの美白効果を強く早く得ることが期待できます。

また、点滴は血管を通して体全体に効き渡るため全身に効果の期待ができます。

白玉点滴は複数回の治療を継続することにより、効果の実感にされる方が多いです。

治療回数は初めの1ヶ月は1週間に1~2回、その後は1~2週間に1回を目安としておりますが、肌質・症状により異なります。お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。
施術時間は15~30分程度でお昼休みを利用して点滴される方もいらっしゃいます。

白玉点滴は美白効果の他に体の毒素を排出させるデトックス効果や、肝機能強化、疲労回復、抗アレルギーなど期待ができます。

副作用はほとんどありませんが、点滴部に痛みや発赤、点滴時のほてり感、動悸、頭痛、嘔気、アレルギー反応などが生じることがまれににありますので、そのような症状が現れた場合にはすぐにお知らせください。いずれの症状も当日に改善することがほとんどです。
注射刺入部位に皮下出血が生じることがありますが、1~2週間程度で吸収されます。

白玉点滴と高濃度ビタミンC点滴をミックスして同時に点滴をすると相乗効果で抗酸化作用が高まり、より効果を実感いただけます。

コラムの担当クリニック

  スペシャルインタビュー


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,418人のドクター陣が62,214件以上のお悩みに回答しています。