{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

  再生医療・美容点滴のクリニックを探す

アンチエイジング、抗加齢医療は、永遠の人類の夢と言われます。現代的には不老不死というよりも限りある一生をいかに若々しく美しく過ごすかという方に人々の価値観は移行しているといわれます。
近年人気が高まってきている再生医療は、まさに若々しく生涯を過ごすための手法として注目されている医療で、お腹の脂肪などから採取した幹細胞を培養し、ケアを行いたい箇所に再注入する事で組織そのものを若返らせていく事が期待されています。
その他にも、より安全性が高い細胞由来の有効成分を利用した治療法や、細胞を採取せずに低コストで行える肌再生療法など注目の治療法が増えてきており、最も今後が注目される分野と言えます。

再生医療・美容点滴の口コミ 1425

満足度分布

5.0 (541)
4.5 (335)
4.0 (236)
3.5 (173)
3.0 (104)
2.5 (29)
2.0 (4)
1.5 (2)
1.0 (1)

治療者の分布

男女比

女性 96%

男性 4%

年齢層

10代 0%

20代 19%

30代 31%

40代 37%

50代 10%

60代以上 2%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,368人のドクター陣が64,845件以上のお悩みに回答しています。
フェミークリニック

  最新の美容医療コラム

日焼けしてしまったら高濃度ビタミンC点滴

再生医療・美容点滴 (ビタミン点滴)

強い日差しを受けた肌と身体のダメージ、疲れに高濃度ビタミンC点滴がおすすめです。 皮膚の老化の80%は紫外線よる光老化と言われているほど、紫外線を浴びてしまうとシミ、しわ、乾燥などすべての老化現象につながってしまいます。 高濃度ビタミンC点滴は、通常食事やサプリなどによる口から摂取するビタミンCの何十倍ものビタミンCを点滴で体内に投与するします。 ビタミンCをたくさん直接体内に点滴することで、血中のビタミンC濃度を高レベルで上げて、美白やアンチエイジングなどの美容効果や、いろいろな疾患の予防や機能の改善を強力に促してくれます。 ビタミンCはメラニン抑制だけではなく、身体の疲れを取ってくれる疲労回復の効果もあるのでレジャー後に点滴すると疲れも取れやすくなります。 普段からの紫外線対策も重要ですが、それでも日に焼けてしまうときもありますよね。 そんな時はぜひ高濃度ビタミンC点滴を取り入れてみてください。 点滴は点滴部に痛みや発赤、点滴時のほてり感、動悸、頭痛、嘔気などが生じることがまれににありますが、いずれの症状も当日に改善することがほとんどです。 注射刺入部位に皮下出血が生じることがありますが、1~2週間程度で吸収されまのでご安心ください。 点滴中に低血糖を生じることがありますので、空腹時の点滴は控えてください。 症状に合わせて1~2週間に1回の点滴をお勧めします。

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/08/18

白玉点滴で身体の内側から紫外線対策

再生医療・美容点滴 (その他(アンチエイジング))

紫外線が強くなったきたこの季節。身体の内側から紫外線対策しませんか? 紫外線を浴びると、皮膚の中でメラニンが過剰につくられます。 過剰に作られたメラニンは、肌の黒さやシミ、肝斑の原因となります。 メラニンを過剰に作らせないためには、抗酸化作用やメラニン抑制作用がある、白玉点滴が有効です。 白玉点滴は内服、サプリメントなどの経口摂取では不可能な量のグルタチオンを血管に直接投与することで、経口摂取とは異なるレベルの美白効果を強く早く得ることが期待できます。 また、点滴は血管を通して体全体に効き渡るため全身に効果の期待ができます。 白玉点滴は複数回の治療を継続することにより、効果の実感にされる方が多いです。 治療回数は初めの1ヶ月は1週間に1~2回、その後は1~2週間に1回を目安としておりますが、肌質・症状により異なります。お肌の状態に合わせて、適切なペースを診察時にお伝えします。 施術時間は15~30分程度でお昼休みを利用して点滴される方もいらっしゃいます。 白玉点滴は美白効果の他に体の毒素を排出させるデトックス効果や、肝機能強化、疲労回復、抗アレルギーなど期待ができます。 副作用はほとんどありませんが、点滴部に痛みや発赤、点滴時のほてり感、動悸、頭痛、嘔気、アレルギー反応などが生じることがまれににありますので、そのような症状が現れた場合にはすぐにお知らせください。いずれの症状も当日に改善することがほとんどです。 注射刺入部位に皮下出血が生じることがありますが、1~2週間程度で吸収されます。 白玉点滴と高濃度ビタミンC点滴をミックスして同時に点滴をすると相乗効果で抗酸化作用が高まり、より効果を実感いただけます。

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/06/08

肌再生治療のグロスファクターで美肌を手に入れよう

再生医療・美容点滴

こんにちは 2022年も半年過ぎようとしています。月日が経つのは、ほんと早いですね。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのは『グロスファクター導入』をご紹介致します。 グロスファクター導入とは、真皮細胞を活性化させ、コラーゲンやエラスチンの生成を促進させることで、お肌の再生促進と老化を阻害し、お肌本来の再生力を回復させる効果があります。 また、マスクによる肌疲れやくすみ、シワ等にあらゆる悩みに適し、しっかり潤いを届け肌質改善に繋がります。 マスクが取れない、この時期にぴったりの内容です。 こちらのグロスファクター導入を受けた方からは、治療翌日からお肌の質感が変わっていることに気付いた様で、治療前までは実感するまでにもう少し時間がかかるかと思っていたのに効果が早く実感できて嬉しいとのお言葉をいただきました。 とても嬉しいですね。 赤み等個人差はありますが、痛みは殆ど無く、お肌が敏感な方でも安心して受けることができますので、お肌のお悩みのある方はぜひ、一度試してみてくださいませ。

解説 セントローズクリニック仙台

公開日:2022/06/01

今が旬!編集部のおすすめ

再生医療・美容点滴の基礎知識 入門編FAQ

再生医療・美容点滴に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

ホルモン補充療法によるアンチエイジングは何歳ぐらいから始めるべきですか?

ホルモン分泌量の低下開始とともに治療を開始するのがいいでしょう。ホルモン分泌量は個人により異なるので個人差がありますが、40才ぐらいが目安になり効果が感じやすいといわれています。日常生活の改善が体内に存在するホルモン値に影響を与えることは認められていますが、それだけではホルモン分泌量の減少を止めることはできないので、ホルモンによる体調への変化を感じられたらアンチエイジング治療をおすすめしています。

プラセンタ注射はアンチエイジングにどのような効果がありますか?

更年期障害をはじめ、肝機能障害、腰痛、関節痛、シミ・くすみ、疲労など諸症状に効果があります。プラセンタは日本では1960年代から普及していて現在では健康食品や美容食品としても用いられています。また、副作用についてもプラセンタが原因と確定した症例はでていません。副作用を気にすることなく、アンチエイジングに使えます。

ヒアルロン酸注入によるアンチエイジングの効果はどのようなものがありますか?

ヒアルロン酸をほうれい線やしわなどに注入することにより、肌にハリをもたせ若々しさをとりもどす効果があります。また、老化により痩せた部位に注入し、綺麗な輪郭に戻す効果もあります。ヒアルロン酸は体内に元からある物質で時間経過により自然に体内に吸収されます。

ダウンタイムの短い若返りの施術はありますか?

一番簡単なアンチエイジング施術はヒアルロンサン注入、ボトックス注射です。効果の持続期間は6ヶ月?半永久的と部位によって異なります。次に簡単な施術はサーマクール、ポラリスなどになります。施術当日は多少顔が赤くなる事がありますが、約1日で治ります。手術等ではありませんのですぐに洗顔やメイクも可能ですが、施術部分に刺激を与えないように注意してください。アプトスなど糸を入れる治療では、個人差はありますが腫れは約1日?3日、フェイスリフト手術は1週間?10日間位です。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、再生医療・美容点滴についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。