{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

PRPのあと、おでこがしぼまない


こめかみとおでこに成長因子いりのPRPを先週受けました。

段々としぼんでから、徐々に膨らんでいくと思いますが、施術後のようにパンパンな状態です。

最初から膨らみすぎていくということもあるのでしょうか?心配です。

2 名のドクターが回答

九野広夫
宇井千穂

2022-08-29

902View

ドクターへの相談はアプリが便利♪

2件の回答があります

1件目の回答

(2022-09-26)

他院修正専門、Clinic Nine Fieldsの九野です。ゆきさんがお受けになられたPRPに御自身の採血または吸引脂肪から取られた成分以外の「成長因子」が加えられていたのですね?通常の純粋なPRPなら、御自身の血小板から抽出された(漿液=液体成分)だけなので、パンパンに膨らんだ状態が続いたり年余に亘って残ることは決してありません。

その理由は、PRP=グロースファクターの作用機序が、線維芽細胞や血管内皮細胞に対する一時的な活性化指令であり、それによって仮に線維芽細胞がコラーゲンを増産生成したとしても、そのコラーゲンの寿命が約1年程度であるからです。

このご時世にまだ「体外性の成長因子」使っているのなら、それはその医師が全くの無知であるか、「混ぜるな危険」の別物質を混和している確信的な医師のどちらかです。当院には2013年頃からその様な他院でのPRP注入後にしこりや持続膨張等の合併症を生じた修正事例が、2022年に至る今日でも後を絶っていません。

その方々の共通項は、PRPにフィブリンやグロースファクター、ヒアルロン酸等を混ぜて注入されたという点です。「セルジバイブジータ」「GF(成長因子)入りPRP」等、動物実験を経ずしていきなり人体実験をされた結果、人類が未知の治療抵抗性のある合併症が多発し、その治し方が(他院では)無いのです。

私は2015年に、日本美容外科医師会ニュースにおいて史上初めて警告文章を発信し、同業者に対して自粛するように呼び掛けています。また、当院では約10年前からその治療に当たっていて、新しい治療法を独自に開発し、過去全症例根治または(治療継続中でも)良好な結果が得られています。

その様な線維化や引き攣れ、持続膨張やしこりを治すことに特化した技術で他院修正に当たっています(下記HPで公開されています)。

https://clinic-nine-fields.com/column/ibutsu-jokyo-01/

もしもゆきさんの症状が治らず、上記に思い当たることがございましたら、当院無料専門外来カウンセリングにお越し下さい。


九野広夫先生のPRP療法の症例 (アフター)

九野広夫先生がいるクリニック

2件目の回答

(2022-09-02)

こんにちは。
「やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院」の院長:宇井千穂です。
ご心配なお気持ちは分かります。

成長因子いりのPRPを受けられたのがいつなのか分かりかねますが、施術後すぐですとパンパンに膨らむ感じがします。
PRPを入れた後は一旦、吸収されるためだんだんとしぼむ感があります。
その後、成長因子の働きによって徐々に膨らんでいく経過をたどることが多いのです。
もし、経過にご不安でしたら、ご担当医師にご相談いただくのはいかがでしょうか。

ご参考ください。
何か他にも心配事やわからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。


宇井千穂先生がいるクリニック

口コミ広場から予約すると…
施術料金の 最大10% ポイント還元!

関連するほかの相談

PRP療法の相談をもっと見る

PRP療法のおすすめコンテンツ

編集部のおすすめ!

あなたも無料で相談してみませんか?


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
746人のドクター陣が71,000件以上のお悩みに回答しています。

PRP療法のほかの相談

PRP療法に関連するクリニックを探す

検索条件

 

再生医療・美容点滴