{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

  目元・クマ・眉下・涙袋整形(男性向け)のクリニックを探す

目元・クマ・眉下・涙袋整形の口コミ 203

満足度分布

5.0 (49)
4.5 (50)
4.0 (46)
3.5 (29)
3.0 (19)
2.5 (3)
2.0 (5)
1.5 (1)
1.0 (1)

治療者の分布

年齢層

10代 0%

20代 20%

30代 35%

40代 30%

50代 9%

60代以上 4%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,313人のドクター陣が66,383件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

切らない!目の下のくま治療

目元・クマ・眉下・涙袋整形

目の下にくまがあると、老けた印象や疲れて見えるなど、顔の印象を大きく左右してしまいます。 睡眠不足や疲れているときだけでなく、常に現れて消えないクマもあり、気になってしまいますよね。 メスを使う切る手術によるクマ治療がありますが、まずはレーザー治療で改善を試みてはいかがでしょうか。 目立つ傷跡や長いダウンタイムは心配なく、気軽に受けていただけます。 ジェネシスレーザーは目の下のくまの改善に効果を発揮します。 最新のロングパルスNd:YAGレーザーで肌質そのものを改善する新世代のレーザーシステムで、FDA承認を得た安心かつ安全な医療レーザー治療です。 レーザーの波長は長いほど皮膚の奥深くに到達します。 ジェネシスは1064nmという長い波長のため真皮まで浸透し、細胞を活性化させ、血行を良くします。 コラーゲン生成を促し目元にハリが出るとともにくすみも改善して健康的なハリを取り戻しクマを改善していくます。 同時に小皺やクスミ、毛穴の開き、ニキビ跡の改善に高い効果を発揮します。 施術中は42℃のマイルドな熱なので温かい光のシャワーを浴びている感覚です。 痛みを感じることはありません。 施術後すぐにメイクをしてお帰りいただけますが、施術後、数時間ほど赤みやほてりが出る場合があります。 当日の入浴も可能です。 施術後は日焼け止めなどのUV対策と、保湿ケアを十分に行う必要があります。 繰り返し治療を受けていただくことで改善効果をより実感することができます。 治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとなり、症状の改善が得られたあとは、メンテナンスのために定期的に治療を続けることをおすすめします。

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/11/22

老化の目元たるみは「筋肉の衰え」と「コラーゲンの減少」に注目

目元・クマ・眉下・涙袋整形 (目元のたるみ取り)

加齢とともに目元のたるみが気になる方は多いです。 「目が開きづらい 「目が小さくなった?」 こんな風に感じたら、上まぶたがたるんでいる可能性があります。 さらに目の下の皮膚もたるむことで、実年齢以上に見られてしまう恐れもあります。 女性ならいつまでも美しくいたいですよね。 女性の美の敵である目元のたるみに対して、どのような対策が必要かをご紹介します! ◆目元は老化現象が一番早く現れるパーツ! まぶたは、私たちの体のなかで一番薄い皮膚でありながら、1分間にまばたきを約20回繰り返すなど大きな負荷がかかっている部分でもあります。 皮膚の薄さと、負担の大きさから老化現象が一番早く現れるパーツと言われています。 また、老化により目の周囲の筋肉が衰えることで、脂肪が溜まりやすくなり皮膚が下がってきます。 特に目が大きな方は、目の下の脂肪が多い傾向があるため、たるみが一層目立ちやすくなります。 生活習慣における動作も影響します。 例えば現代社会に欠かせないパソコンやスマートフォンを見る際には、まばたきの回数は減ってしまいます。 それにより、目の周りの筋肉が衰えたるみを引き起こす原因になるのです。 さらに、血液やリンパの流れが悪くなることで老廃物が排出されにくくなり、脂肪の重量が増し、よりたるみが進行してしまいます。 上記のような加齢や生活習慣による筋肉の衰えだけでなく、肌の奥にあるコラーゲンなどの肌のハリに必要な成分が、加齢とともに減ってしまうことも大きく影響します。 それにより、目元のたるみが引き起こされるケースも考えられます。 ◆「筋肉の衰え」による目元のたるみには? 筋肉の衰えによる目元のたるみが気になる場合は、眼輪筋を鍛えるトレーニングを行って目元のたるみ改善を図りましょう。 ■目元のたるみ対策トレーニング 1、両目を閉じて、眉毛の筋肉を動かすように眉毛を上に引き上げます。 2、その状態で5秒間キープします。 3、ゆっくりと目を閉じた状態に戻します。 4、5回繰り返します。 ◆「肌の内側のコラーゲン不足」による目元のたるみには? 目元のスキンケアも大切ですが、食べ物などによって内側から肌のハリに必要なコラーゲンの生成を促すことも大切です。 体内でコラーゲンを生成するために必要となるのが、アミノ酸とビタミンC、たんぱく質です。 ■アミノ酸を多く含む食材 ・大豆製品や乳製品、小麦や豚肉、鳥むね肉など 特に大豆製品には、コラーゲンの生成を促すゲニステインが含まれています。 さらに大豆製品を食べることで、女性ホルモンのエストロゲンを増加させ、コラーゲンの生成を促します。 それだけでなく、傷ついたコラーゲンの修復をも促進してくれるのです。 このような働きをする大豆製品を摂取する場合は、豆乳や豆腐、枝豆を摂ることをオススメします。 ■ビタミンCを多く含む食材 ・赤ピーマンや黄ピーマン、キウイフルーツやアセロラジュースなど ビタミンCを摂取する時に、気をつけたいのが摂り方です。 ビタミンCは約3時間経つと体内から排出されてしまうので、1度に大量に摂るよりも、食事ごとに摂りいれるようにしましょう。 ■プロテインを多く含む食材 ・豆類やイモ類、小麦粉や白米など プロテインは、肉類や魚介類、卵類や乳製品などの動物性と、大豆製品や小麦などの植物性の二つに分けられます。 美容や健康を考えた場合は、植物性プロテインを摂ることをオススメします。 筋肉を作りたい場合は、動物性プロテインを積極的に摂ると良いでしょう。 ◆女性ホルモンの分泌を促そう! 体内のコラーゲンを増やすには、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンを分泌することも大切です。 エストロゲンには、コラーゲンの生成を促す働きがあります。 女性ホルモンの増やし方は、「トキメク」こと! 恋愛映画を見て感動する、趣味でワクワクする、現実でも物語でも恋をしてドキドキする、など心の動きによって女性ホルモンは分泌されます。 さらに、ストレスを溜めている状態は良くないので、自分に合ったストレス発散方法を見つける、アロマオイルで癒しの時間を作る、といったこともオススメです。 アロマオイルなら、イランイランやゼラニウム、ネロリやローズ・オットーなどが良いでしょう。 加齢による目元のたるみが気になった場合は、原因に合った対策をとることが必要です。 目元のたるみが気になった場合は、ぜひこれらを参考にして生活に取り入れてみて下さいね。

解説 スキンコスメクリニックグループ

公開日:2019/11/13

目元・クマ・眉下・涙袋整形の基礎知識 入門編FAQ

目元・クマ・眉下・涙袋整形に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

目の下のくまが酷く、年相応に見られません。くまも治療できますか?

原因に合わせた的確な解決策を行えば、しっかりと治療できます。くぼみによる陰グマなら、ヒアルロン酸を注入しくぼみを解消。しわも伸ばします。目袋による脂肪グマなら、脂肪除去ですっきりと。ゆっくり丁寧に脂肪を除去し、傷跡が残る心配もありません。ハリのなさや血色の悪さによるくすみグマなら、ゴールデンリフトやポラリスで皮膚を活性化。血行を良くして、ハリを引き出し、肌を明るくします。明るく若々しい目元にします。

目の下のくまが黒っぽく変色しています。治りますか?

黒っぽく変色しているのは、メラニン色素が沈着している状態です。まぶたの周りの皮膚は身体の中でも最も薄い部分なので、色素沈着が目立ちやすく黒味も強く見えてしまいます。治療の際には、皮膚からメラニン色素を排出させることが治療の基本となります。そのために、塗り薬とレーザー治療の組み合わせが効果的です。同時に、日ごろの皮膚のお手入れやお化粧の時やお化粧を落とす時も、なるべく肌に優しくケアを心掛けることも非常に重要になってきます。

二重まぶたにしたいのですが、切らない方法はありますか

切らないで二重まぶたにする方法として、埋没法があります。埋没法は髪の毛よりも細い特殊な糸を使い、理想の二重ラインを作り出す方法です。忙しくて休みが取れない方も、埋没法なら安心して受けられます。ダウンタイムの短い埋没法なら、平均的な腫れは3日ほどです。お化粧は翌日から可能で、眼鏡をかければ周囲に気付かれることはほとんどありません。埋没法により違和感のない、自然な印象の二重まぶたに仕上られます。

目の横幅がコンプレックスで、大きくしたいです。どのような手術をすればいいのでしょうか。

日本人の約7割に先天的に見られる、目頭に張っている皮膚の蒙古ひだが原因で、横幅が狭かったり目と目が離れて見える、二重の内側が隠れるといった悩みが生じます。目の横幅を大きくしたい時などは、目頭切開術を行います。目頭切開術を行うことで、目の横幅が自然な仕上がりになります。目頭切開術の施術時間は約60分ほどで、ダウンタイムは3日から5日ほどになります。腫れ具合は酷くなく、5日目に抜糸を行います。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、目元・クマ・眉下・涙袋整形についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。