1. 美容医療の口コミ広場
  2. 婦人科形成
  3. 婦人科形成のコラム
  4. 婦人科形成

婦人科形成

婦人科形成

名古屋中央クリニック


女性ならではのデリケートな悩みを解消
婦人科(女性器)のコンプレックスはとても深刻なものだと思います。仲の良い友人や身内にさえ相談しにくい問題です。しかし、治療は簡単で、しかも自然な形に修正できます。傷はほとんどわかりません。当然のことですが、プライバシーは完全に守られます。ぜひ、経験と知識の豊富な医師(クリニック)にご相談ください。あなたのコンプレックスはスッキリと消え去り、きっと明るく前向きな毎日を送ることができますよ。

■小陰唇縮小術
小陰唇の幅は、1〜1.5cmくらいが標準です。大きすぎるかどうかを確認するには、裸で鏡の前に直立の姿勢で立ってみて判断することができます。大陰唇から小陰唇がやや見える程度ならば正常の大きさです。大きくはみ出していたり、ぶら下がっていたりする場合は、大きいといえます。
原因としては、生まれつきの場合や、出産の際に小陰唇に損傷を受け、左右が不ぞろいになる場合があります。小陰唇が肥大していると、性器を清潔に保つことが難しく、ニオイがきつくなることがあり、下着に触れて痛みを感じたり、こすれて黒くなって しまう場合もあります。
放っておくと自転車に乗ったり長時間スポーツをすると痛んだり、セックスの時にも邪魔になりますので、早めの治療をおすすめいたします。マスク麻酔により痛みを感じることなく治療できます。肥大した部分を切除縫合し、平均的な形・大きさに整えます。術後1ヶ月程度は、激しいスポーツや性行為などを控えることを除けば、日常生活にはほぼ支障がありません。また、縫合には溶ける糸を使用しますので、抜糸などのため通院する必要もありません。

■プチ膣縮小術
メスを使わず、膣内の壁に注入剤を入れて広がった膣を狭くする方法です。

■膣縮小術
出産や年齢によって緩んだ括約筋。この筋肉を引き締める手術を行った後、膣内部の余分な粘膜を取り除いて縫合し入り口や内控を狭くします。この手術では大変精密な結果に加え、細菌などの感染を予防することもできます。術後は1ヶ月程度は、激しいスポーツや性行為などを控えることを除けば、日常生活にはほぼ支障がありません。また、縫合には溶ける糸を使用しますので、抜糸などのため通院する必要もありません。

婦人科形成の関連コンテンツ

ホンネをチェック!

婦人科形成の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 2,235

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,364人以上 の医師陣が回答!
総回答数 46,000件以上!

  1. 美容医療の口コミ広場
  2. 婦人科形成
  3. 婦人科形成のコラム
  4. 婦人科形成