{{ message }}

  婦人科形成のクリニックを探す

婦人科形成(女性器の整形)は、美容外科クリニックに導入されている整形手術の中でも高度な技術が求められます。特に、婦人科形成(女性器の整形)を希望する女性のほとんどは若年層に集中しており、異性のパートナーに好意を持ってもらうためにも、理想的な効果を得ることが大きなテーマとして位置付けられています。婦人科形成(女性器の整形)の手術の際には、医療用のレーザーが用いられることが一般的とされ、手術中には麻酔を利用するために痛みや不快感を感じることがありません。また、手術の後にはすぐに退院をすることもできるため、多忙な生活を送っている現代女性にとっても理想的なものとしてとらえられています。今後も、婦人科形成(女性器の整形)の手術の内容について、あらゆるメディアで取り上げられることが見込まれています。

婦人科形成の口コミ 2649

満足度分布

5.0 (1114)
4.5 (838)
4.0 (388)
3.5 (193)
3.0 (73)
2.5 (30)
2.0 (11)
1.5 (1)
1.0 (1)

治療者の分布

男女比

女性 100%

男性 0%

年齢層

10代 1%

20代 46%

30代 30%

40代 19%

50代 4%

60代以上 0%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,324人のドクター陣が55,041件以上のお悩みに回答しています。

  最新の美容医療コラム

婦人科形成

婦人科形成

女性ならではのデリケートな悩みを解消 婦人科(女性器)のコンプレックスはとても深刻なものだと思います。仲の良い友人や身内にさえ相談しにくい問題です。しかし、治療は簡単で、しかも自然な形に修正できます。傷はほとんどわかりません。当然のことですが、プライバシーは完全に守られます。ぜひ、経験と知識の豊富な医師(クリニック)にご相談ください。あなたのコンプレックスはスッキリと消え去り、きっと明るく前向きな毎日を送ることができますよ。 ■小陰唇縮小術 小陰唇の幅は、1〜1.5cmくらいが標準です。大きすぎるかどうかを確認するには、裸で鏡の前に直立の姿勢で立ってみて判断することができます。大陰唇から小陰唇がやや見える程度ならば正常の大きさです。大きくはみ出していたり、ぶら下がっていたりする場合は、大きいといえます。 原因としては、生まれつきの場合や、出産の際に小陰唇に損傷を受け、左右が不ぞろいになる場合があります。小陰唇が肥大していると、性器を清潔に保つことが難しく、ニオイがきつくなることがあり、下着に触れて痛みを感じたり、こすれて黒くなって しまう場合もあります。 放っておくと自転車に乗ったり長時間スポーツをすると痛んだり、セックスの時にも邪魔になりますので、早めの治療をおすすめいたします。マスク麻酔により痛みを感じることなく治療できます。肥大した部分を切除縫合し、平均的な形・大きさに整えます。術後1ヶ月程度は、激しいスポーツや性行為などを控えることを除けば、日常生活にはほぼ支障がありません。また、縫合には溶ける糸を使用しますので、抜糸などのため通院する必要もありません。 ■プチ膣縮小術 メスを使わず、膣内の壁に注入剤を入れて広がった膣を狭くする方法です。 ■膣縮小術 出産や年齢によって緩んだ括約筋。この筋肉を引き締める手術を行った後、膣内部の余分な粘膜を取り除いて縫合し入り口や内控を狭くします。この手術では大変精密な結果に加え、細菌などの感染を予防することもできます。術後は1ヶ月程度は、激しいスポーツや性行為などを控えることを除けば、日常生活にはほぼ支障がありません。また、縫合には溶ける糸を使用しますので、抜糸などのため通院する必要もありません。

解説 名古屋中央クリニック

公開日:2020/08/12

婦人科治療に於ける当院のインティマレーザーについて

婦人科形成

【インティマレーザーとは】 スロベニアの名門レーザー機器メーカー、Fotona(フォトナ)社が開発したデリケートゾーンに特化したレーザーです。従来の膣引き締めマシンは膣内部に照射するものが通常でしたが、このインティマレーザーは、膣内部の奥から膣開口部、更に小陰唇にまで照射を行うことができるようになりました。利点としては手術に抵抗がある方は手術を行うことなく、レーザー照射によって膣全体や尿道、小陰唇などのデリケートゾーンの様々な部位をしっかりとタイトニングが可能です。 【インティマレーザーでの治療目的】  ・膣のゆるみ(膣弛緩症)の治療  ・かゆみ・性交痛(萎縮性膣炎)の治療  ・尿もれ・頻尿(腹圧性尿失禁・過活動膀胱)の治療  ・骨盤臓器脱の改善  ・小陰唇や大陰唇の黒ずみ改善 【インティマレーザーのメカニズム】 インティマレーザーはスムースモードという非蒸散性サーマルモードを搭載しています。この非蒸散性とは、皮膚表面に穴が開いたり傷ができないことを言います。この非蒸散性の技術により、施術後はほとんどダウンタイムや日常生活に支障がでません。 また、使用されるレーザーの種類はEr:YAG(エルビウムヤグレーザー)で、水分への吸収率が最も高い領域の波長のレーザーです。「水分吸収がいい」ということが何を意味するのか?? それは、粘膜に含まれる沢山の水分にレーザーが吸収されて熱を発生するため、血管拡張作用により血流を促進します。これにより細胞が活性化しコラーゲンの新生を高め、筋肉の機能アップにもつながります。膣粘膜は60℃近くまで温度を上げても痛みを感じにくいため、高い出力での治療も可能であり、1回でしっかり改善されます。 更にこのレーザーのもう一つの大きなメリットは、他の膣レーザー治療機と違って年齢層に制限はなく若い世代から閉経後の方まで治療することができます。 【治療の特徴】 (日帰りで誰にも気づかれずに治療が可能です。) 従来であれば膣の引き締め・尿漏れの治療は手術が第1選択でした。しかしインティマレーザー治療は短時間で安全かつ出血も痛みもほとんどなく、生活にも支障をきたしません。忙しくて入院や通院は難しいという方、家族やパートナーには言いたくないという方の悩みが解消され、周囲に知られずに治療することができます。なお個人差はありますが、1回の治療で約1年間持続します。可能であれば1ヶ月間隔で2~3回受けていただくとより効果が持続しますが1回で満足していただけましたら通院の必要はありません。 (ダウンタイムがほとんど少ないです。) インティマレーザーは非蒸散タイプのモードで照射します。つまり表面には何も傷ができませんので出血もありません。表面でなく粘膜の奥を熱加熱で引き締めていく治療です。また痛みもほとんどないので3日間の性行為禁止以外はいつも通りの生活が送れます。 (術中に痛みはほとんどないくらい少ないです。) 膣の入り口は痛みを感じやすいので麻酔クリームを使いますが、膣の中や奥はほとんど痛みは感じにくいです。そのため治療中も治療後も痛みはほとんどないと思っていただいて大丈夫です。ただし膣口・尿道口も照射しますので、人によっては術後に多少の違和感やしみる感じが数日程度続くこともあります。 婦人科治療にお於いても日帰りで出来るレーザー治療はとても注目を浴びております。できるだけ少ないダウンタイムで手軽に、且つ周囲に知られないプライバシーに守られた治療をすることができるからです。

解説 みずほクリニック

公開日:2020/07/20

気になる小陰唇の悩み

婦人科形成 (小陰唇縮小)

小陰唇、大陰唇という言葉は女性でも聞き慣れない方もいらっしゃると思います。 小陰唇は、女性器の一部で尿道口と膣口の両外側にある薄い皮膚のヒダで通常左右対称に存在します。 小陰唇の皮膚が伸びてあまった状態になっていたり、大陰唇を越えて飛び出した部分が「下着にすれて痛い」「形的に見た目が悪い」「飛び出している部分の色が黒い」といった点を気にされて、小陰唇縮小術についてご相談に来られるケースが多く以下のような相談を多く頂きます。 【小陰唇へ対する視覚的な問題】 ●大陰唇から小陰唇が出てしまうほど大きい(幅が長い) 小陰唇の大きさの原因は先天的なものがほとんどです。ところが、大きさが原因で見た目や痛み、臭いの問題など日常生活に不便が発生する場合があるため、気になる際には手術での解決をお勧めしております。 ●黒ずみが気になる。 大きさの他、黒ずみが気になるという方も多くいらっしゃいます。黒ずみは先天的なものの他、刺激などによって次第に黒ずんでくることもあります。このような小陰唇の黒ずみは、大きさも気になる際には小陰唇縮小術(手術)によって黒ずんでいる部分を除去するか、大きさは気にならないという際には黒ずみを消すインティマレーザーによる治療がお勧めです。 ●左右差が大きく、アンバランスに見える 小陰唇の左右差はほとんどの方に見られるものです。ただし、左右差へ対する認識や捉え方には個人差があるため、こちらについてもよく相談を受けることがあります。大きさの左右差の他、黒ずみが片側にだけある点が気になるというケースもあり、これらは小陰唇縮小術の他、黒ずみを消すレーザー治療などでも対応しています。 【小陰唇へ対する日常生活における問題】 ●小陰唇が下着にこすれて痛みがある 自転車に乗ったり椅子に座ると小陰唇が圧迫されて痛み、違和感があるという相談もいただきます。違和感がある状態のままで継続して自転車などによって小陰唇を圧迫してしまううちにさらに肥大して痛みを感じるようになることもあります。 ●小陰唇の内側にあか(恥垢)がたまってにおいが気になる 臭いについては小陰唇の大きさと直接には関係していませんが、小陰唇に関連する悩みとしてよく相談をいただく内容です。 ●尿が飛び散る(尿線散乱) 排尿時に小陰唇へ尿があたることで飛び散ってしまうことがあります。また小陰唇に左右差がある際には一定方向へ斜めになることもあります。小陰唇縮縮小術によってサイズを小さくすることでこのような問題も解決することが多いです。 小陰唇肥大症と疾患の一つのような呼び方をすることもありますが、完全に異常や病気とは言えません。個人差の範囲に収まるものという考え方も出来ますが、見た目や痛み、臭いの問題など日常生活に不便がある場合には治療が望ましいです。

解説 みずほクリニック

公開日:2020/06/13

今が旬!編集部のおすすめ

婦人科形成の基礎知識 入門編FAQ

婦人科形成に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

女性器の整形とはどのようなものですか?

女性器の整形とは、小陰唇縮小やクリトリス包茎、処女膜再生などを指し、直接セックス・性器に関わるものです。婦人科で相談することができます。性器の形は他人と比べにくく、だからこそ自分の性器の形が気になってしまうものです。しかし、たくさんの症例にあたった経験豊富なドクターならば、あなたに整形が必要かどうか的確に診断してくれるので、気になる場合はカウンセリングをうけてみるといいでしょう。

女性器をどうやって整形するのですか?

女性器の整形はほとんどが部分切除と縫合です。たとえば小陰唇の縮小手術ならば、余分に肥大した部分を切除し、縫合します。手術はすべて局所麻酔で行い、溶ける糸で縫合してもらうため、施術中の負担は少ないかと思います。また、処女膜再生の場合は、膣の粘膜を少しつまんで縫合します。このように、整形部分により手術方法は異なりますが、切除と縫合が主な内容になり、抜糸の必要がないのが特徴的です。

女性器の整形をするとどのような効果がありますか?

女性器の悩みは人それぞれなので、効果もそれぞれです。パートナーに指摘された、パンツやズボンで擦れて痛い、黒ずみが気になる、などそれぞれの悩みに合わせて整形する部分を決め、悩みを解決します。たとえば、小陰唇の縮小手術の一例では、肥大した部分を切除することで、大陰唇との間に恥垢が溜まりやすかったという悩みが解消されました。また、性器が整えられたりハリが出たりすることで、女性としての自信や喜びがわいてきます。ある種のアンチエイジング術といえるかもしれません。

女性器の整形にはどのくらいの痛みやダウンタイムがあるのでしょうか?

女性器は大変デリケートな部分なので、手術は大変そうだと思う方は多いかもしれません。しかし、手術中は局所麻酔でほば無痛状態ですし、施術時間も20~30分程度と短いので、意外に負担が少ないのです。ただし、性器には血流が流れやすいので手術直後は腫れたり出血したりすることがあります。激しく痛む場合はすぐに診察を受けましょう。大きなダウンタイムはありませんが、4週間ほどセックス・激しい運動をさけましょう。また、1週間ほど入浴や飲酒に制限がかかる場合があります。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、婦人科形成についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。