{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

その他の美容整形のクリニックを探す メンズ版はこちら

女性はつねに肌の健康や美容、見た目の印象を良くするための動きについてしっかりと力をいれており、印象を良くするために自分で健康に気を遣う活動を実施して美容を目指しています。何か自分の見た目に問題があると感じた場合には、状況によっては美容整形の可能性も発生してきており、美容整形については専門の施術担当者より実施が必要であります。美容整形は様々あり、その他の美容整形として顔の輪郭を変更する方法もあり輪郭を変更することによって目鼻がしっかりと見えるように変化するメリットが出てきます。そのため顔全体の印象がしっかりと目立ってきており見た目もよく全体が華やかな印象へと変化してきます。実施の際にはしっかりとしたヒアリングを行います。

その他の美容整形の口コミ 455

満足度分布

5.0 (119)
4.5 (122)
4.0 (82)
3.5 (71)
3.0 (43)
2.5 (13)
2.0 (3)
1.5 (2)
1.0 (0)

治療者の分布

男女比

女性 94%

男性 6%

年齢層

10代 1%

20代 28%

30代 32%

40代 26%

50代 12%

60代以上 1%

エリアからさがす

施術方法で絞り込む

最新の口コミ

最新の症例写真

女性30代

【鼻の他院修正】完全クローズ法でダウンノーズに修正

264,000円

(施術を受けた方の平均費用)

KUNOクリニック  麻布院 クリニックナインフィールズ

詳しく見る

女性20代

【鼻の他院修正】完全クローズ法でダウンノーズに修正

660,000円

(施術を受けた方の平均費用)

KUNOクリニック  麻布院 クリニックナインフィールズ

詳しく見る

女性20代

【鼻の他院修正】完全クローズ法で鼻孔の形を変える手術

660,000円

(施術を受けた方の平均費用)

KUNOクリニック  麻布院 クリニックナインフィールズ

詳しく見る

女性30代

3D鼻尖形成術の失敗修正(鼻の他院修正)

330,000円

(施術を受けた方の平均費用)

KUNOクリニック  麻布院 クリニックナインフィールズ

詳しく見る

最新の美容医療コラム

眼科医院だけでなく美容形成外科でも逆さまつ毛の治療は可能です

その他の美容整形 (その他(美容整形))

皆さん既にご存じの通り、逆さまつげとは、本来外側に向いていなければならないはずのまつげが、内側を向いてしまっている状態のことです。眼球の痛みや違和感の他、目ヤニが多い、涙が良く出るなどの自覚症状がある場合、逆さまつげの疑いがあります。生まれつきのことが多いため、この症状に慣れてしまっている方も多いのですが、重い逆さまつ毛の場合は目に傷がつきやすくなるため放置することは避けましょう。一度受診されることをおすすめ致します。 ・逆さまつ毛にはいくつかの種類があります。 【睫毛内反症・しょうもうないはんしょう】 まつげが全体的に内側に向かって生えている状態です。生まれたころからこの症状であることが多く、本人は慣れてしまっておりそれほど違和感がなくなっていることもあります。まつげが眼球に触るため、日常的に涙が出たりゴロゴロすることが多いです。 【睫毛乱生・しょうもうらんせい】 まつげの並び方がふぞろいで、一部のまつげが眼球側に生えている状態です。 【眼瞼内反・がんけんないはん】 年齢を重ねると皮膚の弾力や張りが失われ、まぶたが内側に入り込み逆さまつ毛になることがあります。これは70歳以上の方に見られることが多いです。 ・手術にはいくつかの方法がございます。 (※逆さまつ毛の程度や本人の希望なども考慮した上で手術法を決めます。) 上まぶたの逆さまつ毛の場合は、当院ではやや幅の狭い二重ラインを作ることで皮膚を折り込み、まつげの向きを矯正します。二重ラインを作る際に糸で留めるか(二重埋没法)、切開を行うか(二重切開法)はケースバイケースで、重度の場合は切開法を行いますが、一般的には埋没法でも十分にまつげが上がることがほとんどです。なお、元々二重まぶたの場合は切開法で行わないと効果を得られないことが多いです。 下まぶたの逆さまつ毛の場合は、切開法にて行います。縫合のみで行うと数か月程度で元に戻ることがほとんどです。(実際に他院で縫合法で治療をしたが戻ってしまったという相談を多くいただいております) なお二重のラインの太さや左右差調整などを気にされる際には自由診療となりますが、その代わり美容形成外科では美しさも兼ね備えた細かなディテール調整まで拘って治療致します。 また、二重治療のみでは100%改善しないことも希にあります。これは内側や外側の数本のまつげは十分に持ち上がらないことがあるためです。この場合は目頭切開やレーザーを併用することもあります。 実際に逆さまつ毛で悩んでいる方は非常に多く、上記の治療によって逆さまつ毛が治癒すること、美容形成外科で治療が受けられる事もご存じでない方が圧倒的に多いのも現実です。少しでもこのような症状にお悩む方々のお役に立てればと常日頃思っております。

解説 みずほクリニック

公開日:2020/08/04

美容整形は何歳からやってよいのか?

その他の美容整形

よく、「美容整形は何歳からやってよいのか?」と質問されます。 美容整形にも、目の手術、鼻の手術、輪郭の手術、バストの手術、痩身の手術、黒子やアザの除去など色々ありますが、手術ごとに適応の年齢は違ってきますし、医師の見解によっても違ってくるでしょう。 まず、最も早い時期に適応があるのは黒子やアザの除去です。 手術やレーザーで黒子やアザを取る場合、早い時期に治療した方が将来的に綺麗に治る場合が多いので、私がクリニックで治療する場合、早ければ5~6歳くらいでレーザーで黒子を取ったりすることはあります。 例えば、子供で鼻の下に大きな黒子がある場合などは明らかにかっこ悪いし、学校で「鼻くそが付いてる」などと言われたり、変なあだ名をつけられて虐められたりしたら可哀相なので、早く取ってあげた方が本人のためだと思います。 ただし、全ての治療に共通して言えることですが、本人の治療意思がない場合は道徳的にも良くないし、治療中に動いたり暴れたりしたら危険ですので、その場合は一旦治療を延期し、本人の治療意思が固まってから治療するようにしています。 二重まぶたの手術に関しては、私の場合、本人と親が望めば、埋没法は早くて10歳くらいから、ミニ切開法や全切開法の場合は12歳くらいからすることはあります。 ときどき、「まだ成長段階なので、手術しても大丈夫なのか?」と心配する方もいらっしゃいますが、顔の成長はまぶたに関しては10~12歳で大分止まっていますので、ちゃんとした手術をすれば特に問題はありません。 ごく稀に、昔は一重まぶただったのに年月とともに自然に二重になったという人もいます。 そのような人は、成長段階、あるいは老化(早い人は16歳くらいから老化は始まる)や体重の減少などによってまぶたの皮膚が薄くなり、薄くなった皮膚の一部が折れ曲がり、二重まぶたが形成されたのだと思います。 そのような現象を期待して待つのも1つの案ですが、稀なことですし、まぶたが厚い人はほとんど期待できないことです。 10~12歳の二重まぶた手術の場合、大事なことは、本人の治療意思があるということと、誰が見ても自然な二重に仕上げるということです。 ときどき、本人の治療意思がないのに母親が無理やり手術をさせようとするケースがありますが、そのような方は高須クリニックでは手術を御断りしています。 また、「学校で、一重まぶたで目が腫れぼったいと虐められるから手術してほしい」とおっしゃる方がおり、本当に手術してあげた方が良い場合は手術をさせていただきますが、手術をしても虐めの解決にならない場合は(実際こっちの方が多い)じっくりと本人と親御さんとお話しさせていただき、手術を御断りさせていただくこともあります。 あと、10~12歳の場合は派手な二重にはせず、誰が見ても自然で綺麗な二重に仕上げることが重要です。 小学生や中学生は、基本、お化粧をしないし、派手な二重だとクラスメイトから後ろ指を指されることがあるので、だいだい、6~7mm程度のナチュラル二重か奥二重にする事が多いです。 鼻や輪郭の手術に関しては、骨格に依存するものが大きいので、骨格の成長がほぼ完全に止まる年齢(女性は16歳、男性は18歳と言われているが、最近の子はそれより2~3歳くらい早いことが多い)まで待つのが良いと思います。 ただし、ヒアルロン酸注射などのプチ整形に関しては成長段階で行っても特別問題はないので、稀に行うことはあります。 バストの手術やボディーの痩身の手術に関しては、第二次性徴(初潮を迎えて、バストが膨らんで、腋毛や性毛が生え、女らしい体つきになること)がほぼ終わるまで待ってから手術をします。しかし、プロテーゼや脂肪注入などによる豊胸手術や、脂肪吸引などの手術はそれなりの覚悟が必要なので、早くても18歳くらいからです。 いずれにせよ、どんな手術も早い段階で行う場合は、術前のカウンセリングが重要です。

解説 高須クリニック

公開日:1970/01/01

その他の美容整形の基礎知識 入門編FAQ

その他の美容整形に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

胸を大きくしたいのですが、豊胸はどんなものがありますか?

豊胸術には、豊胸バッグを用いる人口乳腺法と、自分の脂肪を用いる脂肪注入法、他にもヒアルロン酸を注入する豊胸術もあります。人口乳腺法とは、シリコンで出来た人口乳腺のバックを乳腺下もしくは大胸筋下に入れるバストアップ方法です。様々な豊胸バッグがあり、その中から選びます。脂肪注入法では脂肪吸引をして、その脂肪を利用してバストに注入しバストアップする方法です。脂肪注入法なら、脂肪吸引とバストアップが同時に出来ます。また傷跡も目立ちません。希望や体型を考慮し、最適な方法でバストを自然で美しい仕上がりにします。

陥没した乳頭は、授乳の際に大変だと聞きました。治療できるものでしょうか?

陥没乳頭は治療できます。原因は、乳頭内の線維の引きつれが原因です。また、指で引っ張っても出てこないものを真性、出てくるものを仮性と呼びます。真性の場合、授乳が出来ません。さらにへこんでいる部分に汚れがたまると、雑菌が繁殖しやすく不衛生な状態になり、乳腺炎という病気になるリスクが非常に高くなります。放っておくと授乳が出来ないだけでなく、痛みや寒気、発熱もし日常生活に支障をきたす恐れがあります。そのため、陥没乳頭は治療が必要となります。治療の際は授乳に必要な乳管は傷つけず、線維の引きつれだけ丁寧にはがします。乳頭を傷つけることなく、外に出します。

大掛かりな施術には抵抗があって…ヒアルロン酸の注入でもバストアップは可能ですか?

可能です。ヒアルロン酸の注入なら、手軽にバストアップが達成できます。ヒアルロン酸の注入は麻酔をしてから行うので、痛みはありません。施術時間は10分から30分ほどで終了し、自然な形態のバストになります。術後は当日からシャワーが可能で、通院の必要がありません。注入したヒアルロン酸は、非常に強い力でバストを揉んだり圧迫したりしなければ、動いたりずれたりすることはありません。

ピアスをあけたいんですが、病院などで行ったほうがいいですか?

ピアスの穴あけは、医療行為になります。医療機関でのみ許されている処置で、医療機関でのピアスの穴あけは安心で確実に出来ます。また、出血や痛みといった心配もありません。器具が市販されていますが、自分であけると前後のケアを怠って炎症を起こしたり、斜めに開いてしまうなどトラブルの原因になります。専門医に任せてあけるのが、安心です。万が一炎症が起きた場合も、クリニックならアフターケア用の消毒剤などが処方されるので、その意味でもクリニックなどであけた方が安心です。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、その他の美容整形についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。

ドクター相談室


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
745人のドクター陣が71,705件以上のお悩みに回答しています。