{{ message }}

口コミ広場なら口コミ&写真の投稿で最大10%ポイントバック!


ピアス穴あけ

変更
総合満足度
3.26
総合満足度とは?

天白区でファーストピアスなら安全に配慮した佐井クリニックへ

今や一般的な装身具となったピアスは、男女問わず多くの方が身につけられてるアイテムのひとつです。

一般的なアイテムだからこそ、ピアスホールを空けることは簡単で安全な事と勘違いをしている方が増えてきてしまいました。

確かに安全ピンなど先が鋭利に尖ってさえいれば、ピアスホールを空けることはできますが、適切な衛生管理や毎日のケアを行っていなければ化膿してしまったりと思わぬトラブルが発生しかねません。

ピアスというオシャレをしっかりと楽しむためにこそ、初めてファーストピアスの際は皮膚科医の指導を受け毎日のケアを含めて安全面に配慮する必要があると考えております。

衛生管理をはじめ、耳垂裂(耳切れ)が発生しない位置へのアプローチなどしっかりと管理してくれるクリニックでの施術をおすすめします。

オススメする3つのポイント

佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

【衛生管理】耳ピアス装着後のホームケアまでしっかりサポート

ピアスホール成型後に最も重要になってくることが、ご自宅での衛生管理です。

ピアスは一般的な施術になってきているからこそ、多くの人が危険性はないと考えられています。

それゆえに、クリニックではなくご自身でピアスホールを作る方も少なくはありません。

もちろん、ピアスは危険性が少ない部位ではありますが危険性が全くないわけではないため衛生管理を怠ると化膿が起きてしまったりと望んでいない状態になってしまいかねません。

そのため、佐井泌尿器科・皮フ科クリニックでは患者様にしっかりとご自宅でのホームケア方法をレクチャーし化膿が発生しない体制を徹底しております。

ホームケア以外にも気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

【デザイン】へそピアスの装着位置をマーキングし丁寧にデザイン

へそピアスは腹部にピアスを装着する治療のため、安全性を確保するためにはもちろん、デザイン性をしっかりと意識して設置位置を決定する必要があります。

佐井泌尿器科・皮フ科クリニックでは、へそピアスホールを形成する前に横になった状態で8~10mmの間隔にしっかりとマーキングを行います。

専用のピンセットで設置位置をもちあげながら、デザインと安全性に配慮して丁寧にピアスホールを形成していきます。

衛生管理は耳ピアス同様に必要ですが、へそピアスの場合は屈伸運動を繰り返すと皮膚が伸び縮みして炎症が発生する可能性があるため耳ピアスよりもデリケートな扱いが必要となります。

少しでも違和感を感じることがあった際はお気軽にご相談ください。

佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

【アフターケア】万が一化膿してしまったケースにも丁寧に対応

佐井泌尿器科・皮フ科クリニックでは、万が一ピアスが化膿した場合であっても適切に対応することができるようにケア体制を整えております。

化膿した状態でピアスが装着されているとケアすることができませんが、ピアスをケアの度に取り外してしまうと傷をひろげる結果となり中々治りません。

そのため、当院では万が一化膿が発生してしまった場合はシリコンピアスによる治療を導入しております。

金属製のピアスを柔らかいシリコンのリングピアスに置き換えて、症状に合わせて抗生物質や消炎剤を併用しながら膿やリンパ液を絞り出すことで化膿症状を改善しピアスホールを維持していきます。

ピアス穴あけのメニュー

※表示価格は全て税込価格です

耳たぶピアス

耳タブ


ピアス(医療用ステンレス) 両耳

2,750円


ピアス(チタン) 両耳

4,400円


へそピアス

ボディピアス


へそノンアレルギー(チタン)

11,000円


ピアス穴あけの詳しい治療法