{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

口元・唇の整形・人中短縮のクリニックを探す メンズ版はこちら

素敵な笑顔を求め、口もと、唇の整形に注目が集まっています。最も多いのは、唇の厚さや形の整形です。たらこ唇は部分切除により薄くなり、薄い唇はヒアルロン酸の注入で厚くして形を整えていきます。ヒアルロン酸の効果は1~2年とされていますが、脂肪を注入することで長い期間厚さを保つことができます。 口角を常に上げるためには、ボツリヌス菌より抽出される蛋白質を注射するボトックスを行います。また歯茎が見えやすい場合軟骨を注入したり、かなりひどい時には縫合により目立たなくすることも可能です。審美歯科の分野では歯並びを整え、ホワイトニングにより清潔感のある白い歯を作り出すことができるようになります。 いずれにしても整形を行うことにより、理想の口元を手に入れ、笑顔を作ることにストレスを感じることがなくなります。

口元・唇の整形・人中短縮の口コミ 693

満足度分布

5.0 (265)
4.5 (157)
4.0 (124)
3.5 (75)
3.0 (49)
2.5 (15)
2.0 (5)
1.5 (3)
1.0 (0)

治療者の分布

男女比

女性 94%

男性 6%

年齢層

10代 2%

20代 36%

30代 32%

40代 20%

50代 9%

60代以上 1%

エリアからさがす

施術方法で絞り込む

最新の口コミ

最新の症例写真

【人中短縮+人中ボトックス】

230,000円

(施術を受けた方の平均費用)

YBC横浜美容外科 立川院

人中(鼻の下)短縮

詳しく見る

【唇ヒアルロン酸】

50,000円

(施術を受けた方の平均費用)

YBC横浜美容外科 立川院

ヒアルロン酸注入(口元・唇)

詳しく見る

【人中短縮術の帝王】

200,000円

(施術を受けた方の平均費用)

YBC横浜美容外科 大宮院

人中(鼻の下)短縮

詳しく見る

【人中短縮】

230,000円

(施術を受けた方の平均費用)

YBC横浜美容外科 立川院

人中(鼻の下)短縮

詳しく見る


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
855人のドクター陣が71,073件以上のお悩みに回答しています。

最新の美容医療コラム

美人顔の黄金比!口元のゴールデンプロポーションとは?

口元・唇の整形・人中短縮

美人顔の黄金比 美人だと感じる顔立ちは、バランスの整った黄金比であることがほとんど。 つまり、黄金比に近い顔立ちほど第一印象が良く、魅力的に感じられるのです。 今回は顔の幅、目元、鼻周りに引き続き、口元の黄金比をご紹介します。 ◆小鼻と唇の横幅 ・小鼻の横幅:唇の横幅=2:3 この比率が最も鼻や口元が上品に見えるといわれています。 鼻と唇のバランスが良いと、清潔感もありつつ華やかな印象を与えることができます。 口の横幅に対して小鼻が大きいと感じる方には「鼻翼縮小術」がおすすめです。 口元の印象を変えたい方は、美容整形もありますがまずは口角を上げるトレーニングを続けると良いでしょう。 ◆上唇と下唇の厚み(縦幅) ・上唇:下唇=2:3 これが唇のサイズの黄金比だといわれています。 ハリのあるぽってりとした唇に憧れている方も多いのではないでしょうか? 女性らしさを象徴するパーツでもある唇。 ぷっくりとした色気のある唇を手に入れたい方は「ヒアルロン酸注射」がおすすめです。 ◆人中からあごまでの距離 ・鼻の下~唇の中心:唇の中心~あご下=1:2 この比率が、口元の黄金比です。 鼻の下から唇までは人中(じんちゅう)と呼ばれており、人中の長さが美人度を左右するといっても過言ではありません。 皮膚を切除・縫合することで人中を短くする方法もありますが、「鼻柱下降術」を行いACRが整うことで人中が短く見える場合もありますよ。 ◆まとめ 今回は、口周りの黄金比をいくつかご紹介しました。 美人顔を手に入れたい方は、まずは自分の顔を鏡で観察し、黄金比に近づくためにどの部分をどうすると良いのかを研究してみてください。 自分ではわからない、という方は専門医に相談してみましょう。 当院では無料でカウンセリングを行っております。 美人顔に近づけるためにどのような施術が必要なのか、一緒に考えていきましょう!

解説 グローバルビューティークリニック 東京院

公開日:2023/11/27

顔面の表面に一切傷をつけない完全CLOSE式人中短縮の新技術

口元・唇の整形・人中短縮 (その他(口元の整形))

●「人中」とは?「人中短縮」って何? 人中とは鼻中隔下縁から上口唇上部に跨る生理的構造の溝のことです。外傷や口蓋裂等の先天疾患が無ければ鼻から上口唇まで垂直に伸びていますが、油断して弛緩していると「鼻の下が伸びている」等と揶揄されることもあるところです。この長さが他者または自身の他のパーツとの位置関係で相対的に長いか見方によってはバランスが悪いとお悩みになっている方は、この人中の長さを短くしたいと考える様になり、そのご希望に沿って発展した美容医療の施術や手術法を一般的に「人中短縮術」または「人中を短くする手術」として呼ばれる様になった歴史的背景があります。 ●従来の人中短縮術は下記の2通り+α! 従来の人中短縮術は主に a.上口唇上部に切開線をつける場合と b.鼻中隔根部から両側鼻孔下縁に沿って切開線をつける場合があり、その切開線を曲線にするなどの工夫がされるのみに留まっていました。 また、人中短縮効果がある方法としては c.鼻中隔延長や d.上口唇を(ヒアルロン酸や脂肪注入などで)厚くする手法がありました。鼻中隔を切断するOPEN法や傷跡が目立って残ることを厭わない場合(上記a.b.c)や他に方法が無い場合には、被手術者は生涯傷跡に苛まれ続けるリスクを背負うことになっていました。 ●表面に目立つ傷痕が残る従来法の人中短縮術で失敗されるとこうなります! 上記a.上口唇上部に切開線をつける手術b.鼻中隔根部から両側鼻孔下縁に沿って切開線をつける手術c.鼻中隔を切断するOPEN法、または鼻翼外側に傷をつける手術を勧められた場合、その担当医がどんなに名医で有名でも、或いは過去の症例実績がどれほど素晴らしく自然で美しく見えたとしても、決してその様な手術は即断して受けないで下さい。 有名医師や鼻専門の医師の術後でさえ当院で鼻形成後の修正をした方の中には、当院の術前初見において、元よりも著しく醜形となっていた方が数多くいらっしゃいます。 現在では優れた代替法がございます。有名医師や鼻専門の医師の術後でさえ当院で鼻形成後の修正をした方の中には、当院の術前初見において、元よりも著しく醜形となっていた方が数多くいらっしゃいます。これではいつまで経ってもマスクを脱ぐことはできません。 ●当院オリジナル「表面に傷をつけない人中短縮」の新技術とは? 当院の新技術「表面に傷をつけない人中短縮術」とは、簡単に言えば従来の人中短縮術の内上記②の技法を更に進化させて、傷跡を全て鼻腔内で納めてしまう方法です。ある一定以上のレベルの医師なら「鼻中隔根部を下方に移動させなければ「人中」そのものは短縮できない筈」と反論するでしょう。その考えは確かに私にも長年あり、実はそれ以上の工夫が必要だったのです。 先ず、鼻腔内に切除ラインを設定する分、切除面積が限られ牽引力も遠隔になるためリフト力は当然下がり後戻りの率も高まります。加えて、鼻中隔そのものを下げなければ「人中短縮」とは言えません。 確実に短縮するにはその隠れた内部創からのアプローチで人中上部の一部を鼻中隔に4D転換させる必要があるのです。初期の新技術の欠点を補う手法が2021年に開発できました。傷跡は全て鼻孔内で収めることができる上に、後戻り防止の秘策と更に効果を引き出す手術のバリエーションがその後幾つか備わりました。絶対に傷跡を表面に残したくない方への術式の選択肢となります。 ●もう一つの「表面に傷をつけない人中短縮術 and / or E-line形成法」とは? 当院の推奨する表面に傷をつけないもう一つの人中短縮術とは、上口唇を(ヒアルロン酸や脂肪注入などで)厚くする技法です。 但し、この技法を適応させるには適応基準の様な見立てが必要になります。例えば、上口唇をそれまで以上に膨らませたくない方、既に上口唇がある程度前方に突出しているか捲れ挙がっていて、膨らませれば却って美容を損なう恐れがある方、注入系の施術を避けたい方等には適応がありません。寧ろ上口唇が元々薄く、上口唇に厚みを持たせた結果として人中も短縮して見える様になることを最初から御希望されている方には一石二鳥の施術になります。 その場合留意しなければならないのは、正面から見て上口唇の形状が自然で左右対称である条件を満たすことを当然としながらも、横から見た時のE-line(Eライン)をも同時に満たした方が望ましいでしょう。(必ずしも絶対に満たさなければならないということはありませんが、黄金比と並んで世界的または普遍的な横顔美人指標の一つとされています。)実際にどの様に実現しているかを当院ホームページで是非ご覧戴ければと思います。 次回のコラムでは、「骨削りしない V-line&下顎骨ライン 形成術」について述べて参ります。

解説 KUNOクリニック  麻布院 クリニックナインフィールズ

公開日:2023/11/13

今が旬!編集部のおすすめ

口元・唇の整形・人中短縮の基礎知識 入門編FAQ

口元・唇の整形・人中短縮に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

口、唇の整形の後、食事や入浴はいつから可能ですか?

食事は手術後、すぐに可能ですが、辛いものや熱いものなど刺激の強いものは控えたほうが良いでしょう。入浴につきましては長時間、湯船につかり体を温めますと血行が良くなり腫れを引き起こすがありますので控えましょう。食事、入浴以外で生活の制限は特にないので、ダウンタイムはほとんどありません。歯磨きなども普段通りしていただけます。手術直後には若干腫れる場合がありますが1週間程度でひく場合が多いようです。気になるようであれば、マスクなどを使用する事で隠す事が出来ます。

口元、唇の整形の手術跡は目立ちますか?

大きな傷跡は残らず、ほとんど気にならない程度です。さらに、口の内側を切る手術ですので、手術痕は普段の生活では隠れて見えません。気になるようでしたら、手術部位の調整も可能ですので医師に相談してみましょう。

唇への脂肪注入の定着率はどの程度ですか?

効果には個人差がありますので一概にはいえませんが、一般的に唇の整形の場合は30%?50%と言われています。個人の状況、希望される効果にあわせて適切な部位に注入しますが万が一、効果に満足いかなければ追加の注入が可能というような病院も多いようです。

口元や唇へのボトックス注射は安全ですか?

ボトックスは眼瞼痙攣の治療にも用いられており、保険診療として使用されています。また、厚生労働省から認可を受けていますので、安全性の高い治療法と言えます。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、口元・唇の整形・人中短縮についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。