{{ message }}

  植毛・自毛植毛のクリニックを探す

植毛とは、毛が薄くなった場所に毛を植えて、抜け毛を目立たなくする治療です。自分の髪の毛を植える場合は、自毛植毛と呼ばれています。抜け毛が進行した場合でも、側頭部・後頭部の髪の毛はほとんどの人が残っています。その部分の髪の毛は男性ホルモンによって引き起こされる、薄毛の影響を受けにくく、ずっと生え続ける部分だと言われています。それを他の部分に移植し、治療します。自分の毛を移植する自毛植毛だと、体の拒絶反応などのリスクをなくすことができます。また、カツラや増毛では必要になってくるメンテナンスやそのためのコストが不要になります。頭髪だけでなく眉毛などの施術も可能なため、女性の治療者も増えています。

植毛・自毛植毛の口コミ 76

満足度分布

5.0 (25)
4.5 (29)
4.0 (15)
3.5 (5)
3.0 (2)
2.5 (0)
2.0 (0)
1.5 (0)
1.0 (0)

治療者の分布

男女比

女性 16%

男性 84%

年齢層

10代 0%

20代 12%

30代 34%

40代 39%

50代 13%

60代以上 1%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,334人のドクター陣が51,800件以上のお悩みに回答しています。
薄毛治療の親和クリニック

  最新の美容医療コラム

人工毛植毛と自毛植毛の比較

植毛・自毛植毛

人工毛植毛と自毛植毛の違いを表すと以下のようになります。 【自毛植毛】 ・自分の髪の毛が生涯生え変わる ・メンテナンス不要 ・ランニングコスト不要 ・高い生着率 【人工毛植毛】 ・合成繊維が頭部に植えられる ・経時劣化によりメンテナンスが必要 ・経時劣化によりコストが発生 ・生着率0%(人口毛のため) 自毛植毛が自分の生きた皮膚組織を移植するため一切の異物を入れないのに対し、人工毛植毛は合成繊維で出来た異物を体内に挿入します。 この結果、免疫拒絶反応により頭皮に炎症や化膿が発生するといったトラブルが多数報告されています。 人工毛植毛はアメリカの多くの州で法律上禁止されており、日本皮膚科学会による男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)でも推奨度D(行わないよう勧められる)とされています。 自毛植毛は70年以上前から世界中で実施されている確立された医療技術であり、現在も技術革新を続けながら多くの医療機関で実施されています。 自毛植毛は自分の毛が生涯に渡り生え変わり続けますが、人工毛植毛は植えても成長しない人工の合成繊維なので、抜けたり切れたりすれば追加手術が必要となり、その度、身体的・経済的負担がかかることになります。

解説 親和クリニック 新宿院

公開日:2020/12/03

生え際の薄毛治療

植毛・自毛植毛

最近、当院では薄毛にお悩みの方の頭髪の「生え際」に関するご相談が増えてきています。これは男性だけでなく、女性にも同様の傾向が見られます。 なぜ、「生え際」の悩みが増えてきているのでしょうか。 薄毛治療の専門クリニックで提供される薄毛治療として、男性のAGA治療として内服薬の「プロペシア」、女性の薄毛治療であれば内服薬の「パントガール」、男女問わず脱毛症の外用薬として「ミノキシジル」、自分の毛髪を移植する自毛植毛治療などが挙げられます。 医薬品による薄毛治療は手軽で安価なこともあり、2005年に当時の万有製薬社(現:MSD社)から発売されたAGA治療薬を始め、多くの患者さまの薄毛を改善してきています。 ただし、発毛する場所が選べないため、ご自身の理想としている「生え際」にはならず、見た目のコンプレックスに関する悩みが解消しない場合があります。 その点、自分の毛髪を移植する自毛植毛治療は、自身の毛髪を必要な場所に必要なだけ移植することができるので、薄毛治療を検討されている方や他の薄毛治療を受けた方で「生え際」の仕上がりを気にされる方からの自毛植毛のご相談が多くなっているという訳です。 「富士額」という言葉をご存知でしょうか? 女性の髪の生え際が富士山の山頂の稜線に近い形に見えることからそう呼ばれており、古くから女性の美人の条件の一つとされてきたものです。 その「富士額」の方も最近ではおでこを気にされて、「生え際」の形を直したいと来院される場合があります。特に女性は狭いおでこを望むケースが多くなってきています。頭髪の「生え際」に関する悩みは時代の流れや希望するヘアスタイルなどによって、日々変化しているようです。 実際、来院される患者さまの毛髪の仕上がりやヘアデザインに関するご要望は多岐にわたり、私たちも膝を突き合わせてご要望を伺うことに注力するようにしています。 当院では、4,600症例以上の実績をもつ熟練のドクター陣が高密度の自毛植毛治療を行いますので、「生え際」を含めた細かい毛髪の仕上がりやヘアデザインに関するご要望を専門の医師としっかりご相談した上で実現することができます。 薄毛治療は、あなたの薄毛の「悩み」を解決するためのものですので、まずは、専門家にお気軽にご相談ください。当院はトータルヘアサイエンスクリニックとして、一人一人の患者様の思いに最善の医療でお応えします。

解説 親和クリニック 大阪院

公開日:2020/03/10

自毛植毛の歴史

植毛・自毛植毛

自毛植毛は最近徐々に広がり始めたように思われる治療法ですが、その歴史は意外と長いのです。 その原型は19世紀には既に存在していました。今回はこの自毛植毛の歴史を紹介します。 皮膚移植などの基礎概念は18世紀に既に存在していましたが、自毛植毛は1939年に奥田庄二医師がやけどで失われた毛を再生する研究を行ったところから始まりです。この研究成果は1959年にアメリカのノーマン・オレントライヒ博士が男性の脱毛症治療の手術法として発展させたことで、自毛植毛の分野は確立されました。 初期の自毛植毛はパンチ・グラフトと呼ばれ、頭皮を毛根ごとくり抜いて薄毛部分へ移植すると言う手法を採用していました。しかし初期の試作法と言う事でデメリットも多く、不自然に生えていると難点がありました。 1992年にはブラジルのドクター・ウェペルが考案した植毛株を1000株以上植毛する方法が可能となり飛躍的に進歩しました。 1993年にはアメリカで世界初となる国際毛髪外科学会が開かれ、これを機に自毛植毛は世界に認知されるようになり爆発的に広がりました。 1994年から95年には現在世界で行われているFUT法の初期論文が出始め、次第に普及していきました。 これにより自毛植毛の手法は改良され、自然な仕上がりが実現できるようになりました。 また最新の歴史ではIPS細胞の研究が進み、毛根の再生医療の研究が本格的に始まっています。 いくつかの成功例も報告されており、これからの自毛植毛の発展は益々明るいでしょう。

解説 親和クリニック 新宿院

公開日:2016/10/20

眉毛への自毛植毛

植毛・自毛植毛

眉毛への植毛治療を希望される方が増えています。 男女ともに眉毛に何らかの悩みを抱えている方は多いようです。 眉毛の形や長さは、顔の印象に大きな影響を与えます。 女性の場合はお化粧でアイラインを描くことで自在に調整することができますが、男性の場合はどうしてもアイラインなどで付け足すことに抵抗を感じる方が多く、そのまま放置されていることも多いようです。 また外側の眉毛が薄くなっていたり、毛抜きの使いすぎで全体的に毛量が減ってしまうなどのケースも多く見られます。 眉毛への自毛植毛は非常に高度な技術を要するので、まだ日本では実施しているクリニックはそれほど多くありません。親和クリニックでは「MIRAI法」「NC-MIRAI法」を用いた眉毛植毛治療も行っています。 眉毛に移植するドナーには主に後頭部の毛髪を用いますが、毛髪の中でも比較的眉毛に近い細い毛質のものを選び、1本1本自然な毛の流れを作りながら丁寧に移植することで、より自然でキレイな仕上がりを実現します。皮膚の切除・縫合などは一切行わないため採取した部位も目立たず自然な形で手術を行うことが可能です。 術後は移植部位に目立たないガーゼを貼ってそのままお帰りいただけます。 眉毛の植毛は自然で美しいデザインがとても大切ですから、患者様は経験ある担当医としっかり事前の打合せを行った上で治療を受けて頂きます。 眉毛植毛の注意点としては、移植する毛髪はもともとの眉毛とは性質が違いますので、もともとの眉毛より若干太めの毛になること、もともとの眉毛より伸びが早く、1か月で約1センチ程度のペースで伸びる為、カットなど頻回の手入れが必要になること、若干のくせ毛になることなどが挙げられます。 実際に眉毛植毛を受けた患者さまからは「毎日眉毛を描くよりは手軽だし、カットするくらいは全く気にならない」という声も頂いています。

解説 親和クリニック 名古屋院

公開日:2016/09/06

薄毛治療の親和クリニック

植毛・自毛植毛の基礎知識 入門編FAQ

植毛・自毛植毛に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

自毛植毛とはなんですか?普通の植毛との違いは?

自毛植毛とは、自身の後頭部や側頭部といった男性ホルモンの影響を受けにくい毛を増毛したい箇所に移植する方法です。人工の植毛とは違い、紛れもなく自分の髪なのでメンテナンスが不必要となります。そのため、長期的にはコスト面にも大きなメリットが出てきます。

白髪を植毛することもできますか?

病院・クリニックなどにもよりますが、大体の病院で何色も髪色を用意しているので希望通りの色を入れることは可能です。その人個人の髪質にあった色を作ることもできるようです。人工毛には、人毛と同じようなキューティクル加工が施されているので、ツヤ、光沢ととても自然に仕上がります。

自毛植毛の傷跡は目立ちますか?

自毛植毛する際には、自身の後頭部や側頭部からドナー(移植用毛根)を採取します。そのときに、メスを入れるので一本の細い線が残りますが、時間が経過するにつれ目立たなくなってきます。手術後も、傷跡は髪の毛に隠れるので外見からはわかりません。移植部位に関しては、個人差はあるのですが2?3週間はかさぶたや赤みが残ります。これも時間が経過すれば自然に落ち着きます。

頭はいつごろから洗えるようになりますか?

毛根が定着するまでは移植部への刺激は避けたほうがよいです。定着には通常2?3日かかるので、そのあいだは髪をぬらす程度だったり、スポンジで柔らかく押し洗いをする程度にしておいたほうがよいです。約10?2週間程度で完全に毛根が定着するので、そしたら通常のシャンプーも可能になります。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、植毛・自毛植毛についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。
薄毛治療の親和クリニック