ただいまの口コミ 126,270 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,304件)

目の下のくま治療 の美容外科を探す (292件)

「くま」と一言に言っても、「青ぐま」「黒ぐま」「茶ぐま」と主に3種類のくまがあり、それぞれ原因が異なるため、治療法も異なります。多くの原因が、ストレスや寝不足、加齢に伴う下まぶたの筋力の低下、メイクの繰り返しで生じる摩擦による色素沈着やシミなどが挙げられます。効果的な治療法として、血行促進マッサージやヒアルロン酸やコラーゲン注入、レーザー治療などがあります。

目の下のくま治療のホンネ口コミ 1671

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [420]
4.5 [483]
4.0 [374]
3.5 [225]
3.0 [108]
2.5 [46]
2.0 [10]
1.5 [3]
1.0 [2]

治療者の分布

男女比

  • 女性-93%
  • 男性-7%

年齢層

  • 10代-0%
  • 20代-19%
  • 30代-32%
  • 40代-35%
  • 50代-12%
  • 60代以上-2%

【全国23院】共立美容外科の目の下のくま治療。コミュニケーションをとりながら丁寧に施術。

経験を積んだ医師が痛くないように丁寧に施術。患者様一人一人の症状に合わせた施術提案。

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す

目の下のくま治療の最新口コミ

スポンサードリンク

  症例写真

症例写真をもっと見る  

美容医療コラム

切らないクマ治療について

恵比寿美容クリニック

 こんにちは。恵比寿美容クリニックの西田です。 今日は当院で行っている「切らないクマ治療」のご紹介をさせていただきます。 目元によって顔全体の印象が変わりますので、クマでお悩みの方は多いのではないでしょうか。  クマには種類があり、血行不良による「青クマ」、目元の凹凸による「たるみクマ」、色素沈着による「茶クマ」と分けられますが、複数のクマが組み合わさっている方も多いのが実際のところです。ですので画一的な治療を行うよりも、医師がクマを正確に診断し、患者様ごとに必要な治療をご提案するというのがクマ治療において重要だと考えます。  当院では、目元の膨らみが強い方には脱脂手術をご提案しますが、できるだけ脱脂手術は行わない「切らないクマ治療」を行うように心掛けています。  極細のマイクロカニューレを用いて様々な薬剤を使い分けることでクマを改善していく「切らないクマ治療」は、「手術は怖いのでしたくない」「仕事があるのでダウンタイムがとれない」といった患者様からも支持を頂いております。  クマが改善すると第一印象が変わりますので、よかったら治療を受けてみて下さいね。

目元のシワやたるみを解消!アイリフトの種類と効果とは?

口コミ広場編集部

目元のたるみやシワは、老けて見えるだけでなく顔全体の印象までも左右します。「何だか疲れてる?」と聞かれる事があるのなら、目元の年齢サインのせいで不健康に見えているのかもしれません。日頃のスキンケアだけでは改善できないのなら、クリニックで目元の老化を改善するアイリフトを受けると、若々しく明るい印象をとり戻す事ができますよ。今回は、そんなアイリフトのさまざまなメニューの種類とその効果の違い、そして気になるリスクまでを解説します。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

目の下のくま治療の基礎知識 入門編FAQ

目の下のくま治療に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
目の下のクマはどういった原因で出てしまうのでしょうか?
A
目の下のクマは大きく分けて「青グマ」、「黒グマ」、「茶グマ」の3つに分類することができます。青グマは目の周りの毛細血管の血流が滞ることででき、寝不足や疲労、ストレス、眼精疲労によって起こるとされています。黒グマは加齢に伴って下まぶたの皮膚がさらに薄く弱くなりたるんで前に出てくることでできます。茶グマは小さなシミの集合体や擦ることによる色素沈着や角質肥厚など、メラニン色素が関係して起こるとされています。
Q
目の下のクマを治療するにはどうすればよいのでしょうか?
A
クマによって治療方法も異なってきますので、まずはクマの原因を知る必要が出てきます。青グマの場合、毛細血管の血流が滞ることでできることから、血行の流れを良くする必要が出てきます。黒グマは目元の筋肉の低下によって起こるとされているため、低下した筋肉を向上させることが根本的な解決策と考えられます。茶グマは色素沈着や角質肥厚などメラニン色素によって起こるため、色素沈着治療を行うことで解決されると考えられます。
Q
具体的にどういった治療法があるのでしょうか?
A
血行不良によって起こるとされる青クマの治療法としては血行を良くするために身体を冷やさない、血行促進マッサージを行う、コラーゲン注入といった方法が挙げられます。黒クマの治療法にはヒアルロン酸やコラーゲンを注入することによって、目の下の弱まった筋肉をもとに戻す治療法が挙げられます。茶クマの治療にはレーザーを用いて、メラニンが沈着してしまった肌を若々しい肌に戻すことで治療を行うといった方法が挙げられます。
Q
注射を使ってコラーゲンやヒアルロン酸を注入することから、傷跡とかは残ってしまうのでしょうか?
A
ヒアルロン酸やコラーゲンの注射による注入には、とても細い注射針を用いるため、傷跡が残ってしまうという心配はほとんどありません。人によって内出血を起こしたり注入口が少し腫れたりする場合もありますが、いずれも1週間程度で収まるため心配の必要はありません。また、痛いのが苦手という方は電極を用いた痛みをほとんど感じずに、ヒアルロン酸やコラーゲンを注入するといった最新鋭の方法もあります。

ホンネをチェック!

目元の整形、くま治療の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 3,954

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,357人以上 の医師陣が回答!
総回答数 42,000件以上!