{{ message }}

  内服・外用薬治療のクリニックを探す

内服・外用薬治療は、大手の美容皮膚科で取り入れられている薄毛治療の方法として知られています。最近では、内服・外用薬治療の技術が向上していることもあり、本格的に薄毛治療に取り組むうえではなくてはならないものとなりつつあります。例えば、ミノキシジルやプロペシアなどの薬剤を用いた治療については、様々な原因による薄毛に対する効果が高く認められています。そのため、少しでも抜け毛を減らすためにも内服・外用薬治療に積極的に挑戦する意義があるといえます。ここ数年の間では、全国のクリニックにおいて内服・外用薬治療に詳しい専門医が在籍することが増えてきており、さらなる薄毛治療の効果について大勢の関係者の間での注目が集まっています。

内服・外用薬治療の口コミ 242

満足度分布

5.0 (57)
4.5 (67)
4.0 (52)
3.5 (36)
3.0 (20)
2.5 (9)
2.0 (0)
1.5 (0)
1.0 (1)

治療者の分布

男女比

女性 36%

男性 64%

年齢層

10代 1%

20代 28%

30代 35%

40代 24%

50代 11%

60代以上 2%

エリアからさがす

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,325人のドクター陣が55,217件以上のお悩みに回答しています。
桜花クリニック

内服・外用薬治療の基礎知識 入門編FAQ

内服・外用薬治療に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

AGAの内服薬治療とは?

AGAの内服薬治療とは、フィナステリドを主成分としたプロペシアを処方する治療になります。ただし、プロペシアは男性限定の治療法ですので、女性の薄毛治療にはパントガールを処方するようにしてください。なお、プロペシアの効能は「抜け毛を防ぐ」または「抜け毛のサイクルを正常にする」ですので、育毛効果などはありません。また、プロペシアには食欲減衰・性欲減衰・勃起機能不全などの副作用があります。稀ながら、肝機能障害を起こすことがありますので、定期的な肝機能の検査をオススメします。

AGAの外用薬治療とは?

AGAの外用薬治療とは、ミノキシジルを主成分とする塗り薬になります。毛が生えない理由の1つに必要な栄養素が毛母細胞に届いていないからと考えられ、ミノキシジルはその栄養素が通る血管を拡張させて、栄養を毛母細胞に届けやすくさせる効果を持ちます。ただし、ミノキシジルにはいくつか副作用があり、人によってはカユミ・カブレ・湿疹などを発症します。また、多量にミノキシジルを塗布しますと、低血圧の原因になる場合があります。

プロペシアやミノキシジルを使って毛が生えてこないということはありますか?

プロペシアは異常な脱毛を防ぐお薬、ミノキシジルは栄養素が通る道を整えるお薬になりますので、髪の毛を育てる栄養素が足りていませんと、この2つの薬をどんなに使っても効果はありません。髪の毛を育てるのに必要な栄養素はタンパク質・ミネラル(亜鉛)・ビタミンです。タンパク質は魚・大豆・乳製品・卵に多く含まれており、亜鉛は牡蠣・レバー・ゴマに多く含まれています。必要なビタミンやミネラルが含まれているサプリメントの内服も有用です。毛が生えてこない理由は他にも、皮脂が毛穴に詰まっているから(脂漏性脱毛症)というのもあります。1年以上経ってもプロペシアによる治療効果を感じられないようでしたら、一度、皮膚科(できれば頭髪専門)に診てもらった方がいいでしょう。

AGA治療は皮膚科ですか?

AGAの治療は、皮膚科・内科・美容外科・美容皮膚科にて可能ですが、可能な限り頭髪専門のクリニックかかるのがいいでしょう。クリニックのホームページにて「AGA治療可」と紹介されていても、実際は、プロペシアを処方するだけというクリニックが非常に多くあります。また、頭髪専門のクリニックでしたら、薬の処方だけでなく、AGAの遺伝子検査や髪の毛のミネラル検査を行っているところもあります。診察する医師も頭髪に関しての知識・技術に特化していますので、自宅から少し遠くても、頭髪専門のクリニックに相談するようにしてください。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、内服・外用薬治療についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。
薄毛治療の親和クリニック