{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

春肌は花粉とストレスにご用心。今こそバリア機能を強化しよう

シミ取り・肝斑・毛穴治療 (ライムライト)

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院/シミレーザー東京

公開日:2024/04/17


「春肌は花粉とストレスにご用心。今こそバリア機能を強化しよう。」

春はアレルギーの季節ともいわれます。アレルギーの季節はお肌が過敏になってしまい、トラブルも多いので気を付けてくださいね。

冬の冷えと乾燥にさらされてきた肌はバリア機能が低下して外部刺激に敏感な状態になっています。そこへスギなどの花粉が大量に付着すると

お肌への刺激となってしまい肌荒れを起こすことも多いのです。

この季節のお肌のお手入れに、一度、カウンセリングをうけられるのはいかがですか?


※光治療器を使用した治療光は、520~1,100nmの幅の広い波長の光を顔全体に照射することで、肌の色調トラブル(シミ・そばかす・くすみ・赤ら顔・ニキビ跡の赤み)や質感のトラブル(小ジワ・毛穴の開き・ごわつき)などのトラブルを同時に改善することができます。
こうした様々な症状を同時に改善するため、肌の印象が向上し、ハリのある若々しい肌へと導きます。

日本人の肌を考え、日本人医師により開発された様々な肌トラブルを解消するのに最適な光線治療を当院ではご提供いたします。
特に、日本人に多いシミ治療に高い効果を発揮します。
それにより、光治療器はフォトフェイシャルに比べてより効果的な治療が出来るというメリットがあります。

※お顔全体に皮膚保護のジェルを塗布、シミの種類やお肌状態に合わせて、照射レベルを調整しながら照射します。
痛みはほとんど感じない方が多いですが、痛みに弱い方でも輪ゴムをパチンと弾く程度です。
また施術後はお化粧をしてお帰りいただけます。
シミやソバカスは、反応で薄いかさぶたを生じる事がありますが、1週間程度で自然に剥がれます。

コラムの担当クリニック

  ドクターインタビュー

ドクター相談室


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
751人のドクター陣が71,597件以上のお悩みに回答しています。