{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

そばかす・シミ治療にライムライト

シミ取り・肝斑・毛穴治療 (ライムライト)

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/06/19


そばかすやシミ治療には、日本人の肌を考え、日本人医師により開発された”ライムライト”を使用しています。

従来の治療機では改善できなかった濃いシミやそばかす、薄いシミも改善することができ、高い美肌効果を得ることが可能です。
これまで諦めかけていた、しみやそばかすに対しても高い効果が期待できます。

ライムライトは、お顔全体に皮膚保護のジェルを塗布、シミの種類やお肌状態に合わせて520~1,100nmの幅の広い波長の光を顔全体に照射していきます。

表皮と真皮に働きかけ、シミ・そばかす・赤ら顔・くすみなど、混在した症状を同時に改善、 さらに真皮層のコラーゲンの産生を促し、ハリのある白く若々しい肌へと導きます。

照射レベルはお肌の状態で調整しながら照射していきます。

痛みは輪ゴムをパチンと弾く程度です。

また施術後は照射後は少し火照ったような感じがし、一時的に治療部位とその周辺が腫れることがあり、シミやソバカスは、反応で薄いかさぶたを生じる事がありますが、1週間程度で自然に剥がれます。
かさぶたが取れると赤みのある新しい皮膚ができています。色素沈着の予防のために紫外線予防をし、直後の日焼けは避けてください。

複数回の治療を継続することにより、お肌が改善していきます。
治療回数は2~4週間間隔で5回を1クールとしておりますが、肌質・症状により異なります。
1~5回はシミを薄くする期間と考え、その後は若返り効果&維持で月に1回ペースの照射が理想的です。
フェイス以外(首・デコルテ・手・背中)の照射サイクルは、1ヶ月に1回が目安となります。

コラムの担当クリニック

  スペシャルインタビュー


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,418人のドクター陣が62,214件以上のお悩みに回答しています。