ただいまの口コミ 128,788 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,325件)

フェイスリフト の美容外科を探す (638件)

顔のしわやたるみは年齢を感じさせる一番大きな要素の一つ。目じりや法令線などに入った深いしわや、顔全体のたるみをリフトアップ治療によって解消する事で、若々しさを手軽に取り戻す事が出来ます。リフトアップには肌内部から顔を医療用の糸によって引き上げる手術や、ボトックス注射によってしわを作ってしまう筋肉の働きを弱める治療などがありますので、しわやたるみの状態、継続させたい年月や理想の仕上がり方に合わせて最適な方法を選択しましょう。特に、医療用の糸によって直接肌を引き上げるような治療の場合は、糸の種類による効果の違いや医師の腕による仕上がりの綺麗さなどが変わってくるため、慎重に選ぶ必要があります。

フェイスリフトのホンネ口コミ 7491

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [2396]
4.5 [2088]
4.0 [1356]
3.5 [884]
3.0 [498]
2.5 [173]
2.0 [67]
1.5 [27]
1.0 [2]

治療者の分布

男女比

  • 女性-96%
  • 男性-4%

年齢層

  • 10代-0%
  • 20代-10%
  • 30代-28%
  • 40代-38%
  • 50代-20%
  • 60代以上-4%

【スプリングリフト】自然な表情を追求した極細の美容糸で切らずにシワ・たるみ治療

伸縮性に富んだ美容糸で自然な仕上がりを追求。痛みと腫れに配慮しながら丁寧に施術

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す

顔のしわ・たるみの整形(リフトアップ手術)の主な施術方法から探す

顔のしわ・たるみの整形(リフトアップ手術)の最新口コミ

スポンサードリンク

  症例写真

症例写真をもっと見る  

スペシャルインタビュー

美容医療コラム

【PRP】失った年齢を取り戻すヒアルロン酸ではないシワ治療

佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

シワ治療といえばヒアルロン酸とイメージされる方は多いのではないでしょうか。シワ治療としてヒアルロン酸が美容医療で活躍していることは多くの方がご存じだと思います。 そのため、シワが気になり始めて美容医療を経験された方は、ヒアルロン酸によるシワ治療選択される事が多いのではないでしょうか。 佐井泌尿器科・皮フ科クリニックでも、ヒアルロン酸によるシワ治療を行っており、この部分のシワをヒアルロン酸で治したいとご相談いただきますが、ほうれい線の治療においてはヒアルロン酸よりご支持いただく事が多いシワ治療が当院にはございます。 それが、“マイセルACR療法(PRP再生療法)”です。 ヒアルロン酸のように物理的に顔の凹み(シワ)を引き上げるのではなく、血小板由来の成長因子を皮膚に注入することで凹みの原因である凹んだ(壊れた)組織を修復することで、顔のシワ症状を改善することが期待できます。 自身の組織を修復してシワを改善するため、治療結果を時間が掛かるためヒアルロン酸のように即効性は期待できませんが、患部の自然な仕上がりを期待できるシワ治療です。 ───────────────────────── 血小板で組織を再生するPRP再生療法とは? ───────────────────────── PRP再生療法とは、毛穴の引き締め、シワ・くぼみ、凸凹肌やニキビ跡の改善、薄毛の改善などの効果が期待できる治療です。 なぜ、PRPが多様な症状に対して効果を期待できるのかというと、自身の血液に含まれる血小板を利用し肌の生成力を活性化して症状を改善するからです。 ケガをした時をイメージしてほしいのですが、血が出るとカサブタになり気づけば元通りの皮膚になっていると思います。こういったケガを修復する効果に大きく関わってるのが血小板です。 血小板は体のさまざまなところに作用する「成長因子」をつくり出す働きをもっています。そのため、血小板が注入された箇所は年齢や生活習慣などによって衰えていた成長を取り戻し、自分の身体がより良かった状態へと戻していきます。 そのため、当院で行っているようにシワを改善するだけでなく毛穴の引き締めやニキビ跡の改善に対しても治療効果が期待できます。 ───────────────────────── ヒアルロン酸とマイセルACR療法(PRP再生療法)の違い ───────────────────────── ほうれい線のシワ治療として高い効果が期待できるマイセルACR療法は、ヒアルロン酸とどちらが良いかと相談される事が多いため、ふたつの治療特徴の違いを簡単にご説明します。 結論からお伝えすると、どちらも一長一短持っているため症状や希望に合わせて使い分けることが重要になってきます。 ヒアルロン酸は皮膚の凹み(シワ)部分に、製剤を注入し物理的に持ち上げるため即効性が高くまた個人差なくシワ症状を改善できます。(医師の技術やシワ症状の深刻度によって若干の差異は発生します) そのため、患部を物理的に持ち上げることでシワを改善する治療のため、注入箇所はヒアルロン酸がシコリのような状態になり患部を触れると違和感を覚えてしまう場合があります。また、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため、半年から長くても2年経過すると治療効果は失われてしまいます。 そのため、継続した治療効果を得るためには一定期間ごとの再施術が必要です。 それに対してマイセルACR療法は、自身の組織再生を活性化させることで皮膚の凹みを持ち上げてシワの改善が期待できます。 そのため、ヒアルロン酸のように即効性は期待できず再生能力によって個人差が発生するため1度の治療で全ての方が一律高い効果を期待できない可能性があります。 1度の施術で十分な効果を実感できる方もいれば、2~3回の施術を受ける事で治療効果を実感できる方もいらっしゃいます。 その分、自身の組織でシワを改善するマイセルACRはヒアルロン酸のようなシコリが発生する事がないため、見た目はもちろんのこと触られても違和感を覚えない自然な仕上がりが実現できます。 また、治療効果の持続期間が長い事もマイセルACRの魅力でもあります。 ヒアルロン酸は製剤が吸収される半年~2年間しか治療効果が持続しませんが、マイセルACRは自身の組織が再生して顔の凹みを無くすことでシワを改善します。 イメージとしては注入部分の皮膚が10,20代の状態になっていると考えてください。20代から老化が新たに始まると考えるとシワが気になりだすまでに10年以上の期間は効果持続が期待できます。 WEB上では症例写真の掲載は行っておりませんが、院内限定でご確認いただける症例写真もご用意がございます。気にある際はお気軽にお問合せください。

ベビーコラーゲン(目元の小じわケア)

B-LINE CLINIC (ビーラインクリニック)

目元の小ジワ、気になっている方とても多いのではないでしょうか? たるみがあるわけじゃないのに小シワがあるだけで年齢を感じさせてしまいますよね。 実は目元の小ジワを治療はするのってかなり難しいんです。 シワに対して代表的な注射、ヒアルロン酸、ボトックスなど皆さんご存知の方も多いかと思いますが、 ヒアルロン酸は もともと体内にもある保水成分で、溝を埋める事でシワを改善させるものなんです。深いシワや溝、例えばほうれい線やホホの凹みにはとても有効です。 ボトックスは 筋肉の働きを抑える効果があるので笑いジワ、表情ジワに効果を出してくれるものなんです。怒った時の眉間のシワや笑った時の目尻側のシワなどに有効です。 では目頭側から入るシワはどうでしょうか? 溝ではなく細かい小シワなのでヒアルロン酸で改善するには凹付きのリスクがありますし、 表情ジワでもないので笑ってなくても出てませんか?そうするとボトックスも適応ではないんです。 そこでオススメなのがベビーコラーゲン!! コラーゲンはたんぱく質の一種で、皮膚内の真皮の70%構成する重要な役割を持っているんです。コラーゲンにはいくつかの種類があり、見つけられた順番にⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型というように分類されています。 Ⅰ型コラーゲン  骨や皮膚に含まれる通常のコラーゲン Ⅱ型コラーゲン  関節や軟骨に含まれるコラーゲン Ⅲ型コラーゲン  組織を再生させるコラーゲン(赤ちゃんに大量に存在する) Ⅳ型コラーゲン  皮膚に含まれるコラーゲン Ⅴ型コラーゲン  血液や胎盤に含まれるコラーゲン ここで重要になるのはⅢ型コラーゲン!! 赤ちゃんの頃に大量に生成され大人になると失われていってしまう貴重なコラーゲンなんです。 赤ちゃんの頃は誰しもⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンを50:50の割合で持っていましたが、年齢を重ねるうちにⅢ型コラーゲンはどんどん失われ、 Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンの割合は95:5まで落ちてしまうと言われているんです。 コラーゲンの注入剤は以前から存在はしてましたが、以前のものはⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンの割合が95:5で肝心なⅢ型コラーゲンが少ないものでした。 ベビーコラーゲンはI型コラーゲンとⅢ型コラーゲンが50:50で配合されているんです。 皮膚内のⅢ型コラーゲンの量を増やすことによって皮膚再生が促進され若返りの効果が期待できるんです! 目元の小じわはもちろんほうれい線や額、首のシワなど気になる部分への注入可能性です。 目元の小じわにお悩みの方、自然に若返りたい方、ボトックスが苦手な方、 ベビーコラーゲン受けられてみてはいかがでしょうか?

シワ改善だけじゃない!ヒアルロン酸注入で小顔になれる?

クリニカ市ヶ谷

こんにちは。クリニカ市ヶ谷です。 本日は、「ヒアルロン酸注入」による小顔形成についてお話させて頂きます。 もともとヒアルロン酸は、「シワを消すために注入する」というイメージでしたが、最近は輪郭づくりにも活躍しています。 「ヒアルロン酸で顔の容量を増やしているのに、本当に小顔になれるの?」 という疑問・・・ 結論からお答えすると、 「小顔に見える人と、見えにくい人がいる!!」 少なくとも、ヒアルロン酸によってお顔の容量を増やしているため、物理的に小顔になれることはありません。 しかし!フェイスラインを整えることによって、すっきりと小さなお顔に見せることが可能です。 ============================================== なめらかな卵型フェイスがお顔を小さく見せます。 ============================================== 「こめかみの痩せ」や「頬骨下の凹み」などが原因で輪郭が凸凹していると、顔の横幅や縦幅の出ているところが目立ってしまいます。 輪郭が凸凹していると、顔のパーツより輪郭に目がいき、お顔が大きく見えてしまう場合が! 逆に、なめらかで凸凹のない輪郭はすっきりとした印象を与えます。 そういった凸凹部分にヒアルロン酸を注入し、卵型へフェイスラインを整えることで、お顔を小さく見せることが可能です。 =========================================== ヒアルロン酸注入で小顔に見えにくい人とは? =========================================== 小顔効果を狙いにくいのは、ボリュームが多く、ブルドッグフェイスが進行してしまっている方。 ヒアルロン酸だけでは、輪郭を作ることが難しく… スレッドリフトやHIFU、フェイスリフト手術などを組み合わせる必要がございます。 美容医療は、早め早めにケアをしていくことで最終的な治療コストも抑えられます。 気になりだしたときが、治療を始めるタイミングです!

【表情じわ改善】ボトックス注射っていつ打つのが正解なの?

クリニカ市ヶ谷

こんにちは。クリニカ市ヶ谷です。 本日は、「ボトックス注射」の表情じわ改善についてお話させて頂きます。 大笑いした後に鏡を見ると…目元にシワが消えずに残っていたりしませんか? 折りたたまれたシワ部分のコラーゲンがうすくなり、折りシワがついたままになっている…それが「表情じわ」です。 表情じわの改善には、ボトックス注射が効果的です。 ======================================== ボトックスは表情を不自然にさせる!? ======================================== 「ボトックス注射って表情が不自然になりそうでこわい…」 そんな不安をお持ちの方もいらっしゃいますが、量と場所をきちんと見極めて打てば、表情が不自然になることはありません。 クリニカ市ヶ谷では、「効かせすぎたくない」という方のご要望にも応え、マイルドに効かせていくための注入法も行っております。 ======================================== ボトックスを打つおすすめのタイミング ======================================== 例えば、同窓会や結婚式など… ここぞというときに、シワのないキレイな笑顔で自信を持ちたいですよね☺ ボトックスを打って、大体1~2週間で効果がしっかりと出てきます。その後、3~6か月継続が定説ですが、少しずつ切れていきます。 内出血などのリスクを考慮いたしますと、『効いてほしいタイミングの3~4週間前』がおすすめです。ただし、人によって必要なボトックス量は異なりますので、その前に体験しておくのが尚良いでしょう。

ボトックス注射で改善できるしわとそうでないシワの違い

口コミ広場編集部

弓削田浩主 医師

年齢とともに気になってくる肌のトラブルといえば、多くの人が思い浮かべるものがシミとシワではないでしょうか。 シミについては紫外線をしっかり防いでいればある程度予防する事が可能とよく知られていますが、一方でシワについては年を取ると誰でも出来てしまうものと諦めている人が多いかもしれません。 そんな加齢によって生じる肌トラブル「シワ」を解消する美容医療の一つがボトックス注射で、シワが気になる場所に注射を打つだけで簡単に悩みが解消できると、高い人気を誇っています。 しかし、このボトックス注射で解消できるシワは一部のシワのみ。今回は、ボトックス注射によるシワ解消の効果や、解消できるシワの種類などについて詳しく解説いたします。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

顔のしわ・たるみの整形(リフトアップ手術)の基礎知識 入門編FAQ

顔のしわ・たるみの整形(リフトアップ手術)に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
フェイスリフトの効果は?
A
フェイスリフト手術では、50代の方が20代の顔に戻る! といった強力な効果を得る事は難しいといえます。効果は手術箇所や方法、個人差もありますが、だいたい5?10歳ほど若く見られる程度だと思っておいた方が良いでしょう。顔のしわやたるみに対する改善効果は他のすべての方法を凌いでいます。手術後は、老化がストップすることはないので少しずつ老化は進行しますが、その老化速度が遅くなるため5年経っても手術前の状態に戻ってしまうということはありません。
Q
ダウンタイムはどれくらいですか?
A
フェイスリフト手術はそれなりの規模の手術となりますので、2週間ぐらいはダウンタイムが続きます。その間は、顔が腫れたり、人によっては内出血の跡が出ることもあります。また、頬の部分が動き辛く感じる方もいます。抜糸には約1週間前後要します。髪は手術後3日目くらいから洗うことができます。この頃から、日常生活に支障をきたすことはほぼありません。
Q
フェイスリフト手術の傷痕は残りますか?
A
フェイスリフト手術では通常耳の付け根ギリギリのところを切開し、それよりも上のところは髪の毛の中を使って行います。そのため、近寄って細かく見れば分かるかもしれませんがなかなか分からない程度の傷痕です。また、時間経過とともに傷痕も薄くなってきますので、約3か月も経てばほとんど目立たなくなります。
Q
フェイスリフト術後に顔面神経麻痺が起きることがあると聞いたのですが本当ですか?
A
フェイスリフト手術後に5%ぐらいの確率で少しだけ麻痺が起こるということはあり得ますが、そのうちの90%は1?2日で回復します。5%のうちの10%くらいが1ヶ月くらい軽い麻痺をきたすことがあります。しかし、必ず元に戻るので心配はいりません。フェイスリフト手術はそれなりの手術となるので高度な技術が必要とされます。ある程度のリスクもあるので、信頼できる経験豊富な医師を選ぶようにしましょう。
恵比寿美容外科

ホンネをチェック!

顔のしわ・たるみの整形(リフトアップ手術)の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 7,491

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,361人以上 の医師陣が回答!
総回答数 44,000件以上!