シミ取り・肝斑・毛穴治療

【宇井先生に聞いた】ライムライトの効果と色素沈着リスクについて 動画で解説

口コミ広場編集部


ライムライト施術後に色素沈着が起きてしまった!? なぜ色素沈着が起こるのか?、また、さらにライムライトを当てていっても問題ないのか? など、レーザー治療のライムライトの効果とリスクなどについて、宇井先生に解説いただきました。

【動画】ライムライト色素沈着が!? さらに当てれば治るの?

当サイトの「ドクター相談室」は、美容医療に関するユーザー様の疑問に様々な医師が答えてくれるサービスです。

そちらに寄せられた実際のユーザー様からのご質問を元に、関連するありがちな疑問についてもお話を伺いました。


今回は、シミやそばかすに効果的なライムライトについて、色素沈着リスクと対処法などについて、宇井千穂先生に詳しく教えていただきました。

(編集部)


ユーザーからの質問

シミが気になりライムライトを受けていました。徐々に出力が強くなり、最後に受けた施術後色素沈着が起きてしまいました。7〜8ヶ月ほど経っても治らないため、低出力でライムライトを当てようと思っているのですが、これは危険でしょうか。

ご回答よろしくお願い致します。



宇井千穂 先生の回答

すべての医療レーザーにおいて、施術後に色素沈着が出来てしまう場合があります。

今回のご相談は、ライムライトの施術後の色素沈着ということなんですけれども、こちらも例に漏れず、色素沈着が起きる場合があるというリスクがあります。


レーザーの出力が高いことが、お肌の治療に全て良いというわけではないんです。やはりその患者さんに合った出力ですることがとても重要です。


あとは、ライムライトによって出来てしまった色素沈着に再びライムライトを当てたからといって、その施術後の沈着が落ち着くというような作用はライムライトにはないので、この場合はお薬やレーザーを変えるなどの対応が必要だと思います。


ライムライトとは    

ライムライトは医療レーザー機器の一つです。

日本人の医師が開発を手がけた機器という特徴があります。日本人の医師が開発に携わっていることが良い点として、日本人をモデルにしたということが挙げられます。

やはり日本人の肌は、欧米人のお肌とちょっと違う点がございます。一番わかりやすい点としてはお肌の色白さ、それから乾燥しやすい、そして質感なども欧米人と日本人やはちょっとずつ違っているんですよね。

なので、日本人をモデルにして開発されたライムライトは日本人のそばかすやシミに優れた機械だと思います。



ライムライトの治療効果について

ライムライトは特にそばかすやシミに優れた威力を発揮します。

ただその他にも質感を整えたりとか、お肌のごわつきなどを改善する点にも優れていると思います。患者さんにもよるんですけれども、3回から5回ほど繰り返していただいて、1回1回の間隔は4週間くらい空けて通うといいと思います。



ライムライトがおすすめの症状、治療法

おすすめの症状が2つございます。ひとつは色調のトラブルと、もう一つは質感のトラブルです。

色調のトラブルとは、そばかすやシミなどです。質感のトラブルとしましては、ごわつきの改善やハリ、ツヤなどの効果があります。



ライムライトによるリスク・副作用

ライムライトのリスクとしては、照射後に少し火照った感じがすると思います。その火照った感じに合わせてちょっと赤みが出たりとか、ひきつり感などが患者さんによっては出る事もございます。


その後、1〜2日後にはちょっと茶色いものがポツポツと出始めます。その茶色いものがライムライトの効果で、その茶色いのが自然と剥がれ落ちることによって、シミやそばかすが消えるので、全て剥がれ落ちるまでの1週間ぐらいは茶色いものが目立つかもしれません



照射後シミが濃くなることはありますか?

ライムライトの特徴としてはターンオーバーでシミを出すということが挙げられます。なので外に出るときにちょっとシミが濃くなってきたとか黒くなってきたように感じる方は多いと思います。



照射後の跡が消えないことはありますか?

レーザーですので、照射をするとかさぶたになることもございます。

それは普通にしていれば1週間か10日ぐらいでポロポロと取れてくるんですが、そんなときに自分で触ってしまったり、爪でひっかいてしまって傷をつけてしまうと、かさぶたの跡が治りづらいこともあるんですね。


なのでその照射後1週間から10日ぐらいは、お肌の調子に合わせてあまり触らないようにしていただければと思います。

ただ、レーザーのかさぶたの跡が消えないということはあまりなくて、数ヶ月または半年ぐらい様子を見ていただければ徐々に消えますし、そのようなかさぶたになった後には、とてもきれいになったりするんです。なので、数ヶ月後ぐらい楽しみにして待っていただくことがいいと思います。



術後のケアについて

術後のケアなんですけれども、皮膚が1枚剥がれると、シミが1枚とれるということですので、その下は赤ちゃんの皮膚(作られたばかりの皮膚)になっています。赤ちゃんのお肌はデリケートですので、ケアはとても大切だと考えています。例えば紫外線をカットするためにUV系の化粧品を使うとか、後は保湿剤はいつもよりたっぷり使うようにしてみてください。



ライムライトの価格相場

クリニックにもよりますが、単体で2万〜3万、セットで4万〜5万円くらいという感じでしょうかね。

ただのライムライトだけではなく、ピーリングやイオン導入などのセットで通う方が多いと思いので、そのようなセットですと4〜5万円くらいになります。



普段の生活でのシミ等の予防方法

お肌のケアというのは時代によって様々変化しています。

ただ今の主流としましては、お肌はあまり触らず肌を育てるというケアが中心になっております。

例えば、シミやそばかすであっても保湿剤はきちんと。もうそれは基本でございます。あとはUVケアをして、できるだけ紫外線を カットするというのが大事です。


その他、くすみや肝斑などのようなシミであっても、それは触らないということでだいぶ回避ができます。なので触らないできちんとお肌を育てていくというのが日常のケアで大切だと考えております。


終わりに

疑問の解消はできましたか。

お悩みの方は気軽にご相談ください。

お肌のケアというのは時代によって様々変化しています。

ただ今の主流としましては、お肌はあまり触らず肌を育てるというケアが中心になっております。


例えばシミやそばかすであっても保湿剤はきちんと。もうそれは基本でございます。

あとはUVケアをして、できるだけ紫外線を カットするというのが大事です。


その他、くすみや肝斑などのようなシミであっても、それは触らないということでだいぶ回避ができます。なので触らないできちんとお肌を育てていくというのが日常のケアで大切だと考えております。



口コミ広場では、ユーザーからの質問にドクターが回答する「ドクター相談室」というサービスがあります。こちらもぜひご活用ください。


あわせて読みたい

【シミ取り レーザー】ライムライトを肌に照射する際高出力で打つと良いって本当ですか? 【ドクター相談室】

口コミ広場編集部

宇井千穂 医師

肌質のトラブルは幅広く、多くの人を悩ませています。 その中でもシミへの悩みは尽きず、レーザーによるシミ取り施術をした人も多いはず。 今回は、ライムライト施術を得意とする、やさしい美容皮膚科・皮フ科秋葉原院院長、宇井先生に、実際に口コミ広場に寄せられた読者からのライムライトに関する質問に答えていただきました。 解説者 やさしい美容皮膚科・皮フ科秋葉原院 宇井千穂 医師

【宇井先生に聞いた】シミ・肝斑のレーザーの種類とおすすめの治療法

口コミ広場編集部

宇井千穂 医師

当サイトのドクター相談室に寄せられた実際の質問について、医師に動画で解説していただくシリーズ。今回はシミや肝斑治療のレーザーの違いや選び方についてです。 今回は、やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院の宇井先生にお話を伺いました。シミや肝斑のレーザー治療をご検討の方の参考になれば嬉しいです。

目立つ毛穴を消す方法はあるのか。毛穴の開きは原因で対処法も異なる

口コミ広場編集部

宇井千穂 医師

鏡で自分の頬や小鼻を見ると、どうしても気になってしまう毛穴。毛穴が目立つとそれだけで肌の美しさが失われ、清潔感の無い印象になってしまいます。 しかも、毛穴はメイクで隠そうとすると厚塗りに見えてしまったり、返って余計に目立ってしまったりする事もあり、隠そうという努力がむしろ悪く働いてしまう事もしばしば。 なんとか早急に処置をしたいものですが、毎日のスキンケアを頑張ってみたり、毛穴解消の美容グッズを使ってみたりしても全然解消されないという方も多いのではないでしょうか。 実は、毛穴の開きと一言に言っても様々な原因の種類があり、それぞれ対処法も異なります。 今回は、既に目立ってしまった毛穴を消す方法はあるのか、その原因と対処法についてケース別に徹底解説いたします。

ぶつぶつが気になるいちご鼻を解消する治療法

口コミ広場編集部

宇井千穂 医師

何かの拍子に他人と顔を近づけた瞬間、相手があなたの鼻のてっぺんや小鼻に目線がきていることにドキっとしたことはありませんか? 実際に見られているわけでは無かったとしても、鼻は顔の中でも目立つパーツですし、気になりやすいパーツである事は確か。 もし、自分の鼻が「いちご鼻」状態だとしたら、相手の目線がより気になってしまう事も間違いないでしょう。鼻のてっぺん、小鼻の周りに黒くブツブツした状態の、通称「いちご鼻」は決して清潔な印象を与えないため、気がついた時は早期に対処したいものです。 今回は、ぶつぶつが気になるいちご鼻を解消する治療法を、自宅でできるセルフケア、専門医による治療法など含めあらゆる角度からご紹介いたします。

乾燥で毛穴が開く仕組みと毛穴の引き締め治療法

口コミ広場編集部

宇井千穂 医師

毛穴が開いていると、いくらファンデーションで上からカバーしても、綺麗に隠れませんよね? 毛穴開きは原因によって、主に4つの種類に分類されます。 乾燥してキメが乱れ、毛穴が目立つ「乾燥毛穴」。毛穴に汚れが詰まって、黒く見える「詰まり毛穴」。肌がベタつき、皮脂が過剰に分泌されて毛穴が開く「炎症毛穴」。肌のハリが失われ、波型に開いた「たるみ毛穴」。 今回は、冬にも目立つ「乾燥毛穴」ができる仕組みと、毛穴の引き締め治療法について、お話ししたいと思います。寒い冬でも毛穴の開きが気になるという方は、是非チェックしてみてくださいね。

肌が乾燥しているとシミになりやすい理由とケア方法

口コミ広場編集部

宇井千穂 医師

夏はシミ対策が万全でも、紫外線量の減ってくる冬に油断をしていると、シミは増えてしまいます。冬にシミが増える原因は、乾燥にあります。 そこで今回は、肌が乾燥しているとシミになりやすい理由と、シミケアの方法を紹介したいと思います。

シミ取り・肝斑・毛穴治療の関連コンテンツ