{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

《 目尻切開 》 目のポテンシャルを引き出す施術!

目・二重整形

解説 東京ベレッザクリニック

公開日:2024/06/26


《目尻切開》

・外眼角部は靭帯で眼窩骨に固定される部位であり、皮膚の切除のみの単純な目尻切開で大きくすることは困難
・つり目の印象は外眼角のみによってできるわけではないので、患者の蒙古襞が発達している場合には目頭切開を検討する
・単独の手術でつり目の印象を緩和するのではなく、複数の目元の手術を組み合わせて手術計画を立てることが重要
・目尻切開で皮膚を大きく切るのは絶対に避けるべき
 ;変化を求めて皮膚を大きく切ってしまうと外眼角部で結膜が露出し、さらに目尻の構造そのものが破綻すると目尻が四角くなり、異様な形態となる
・左右差や後戻り、肥厚性瘢痕を防ぐために、目尻切開の方向と長さの設定が重要
・下外側眼瞼靭帯や周囲の眼輪筋をしっかりと離断し、皮膚や結膜の縫合は緊張がかからないようにすることが大事
・目尻切開は外眼角部に余剰皮膚がかぶさっている、瞼裂を縦方向に広げる力が弱い(眼瞼下垂症など)がある場合は治療効果がわからない、もしくは減じてしまうことがある
手術適応
・「目尻を外下方に用手的に牽引した際に、隠れていた白目が出てくること」
・外眼角から眼窩骨縁までの距離が4mm以上あり、Mongolian slantの傾向が強い患者は効果が高い
・眼球突出傾向があり、かつ外眼角側で眼球が下瞼に隠れている面積が大きい患者で効果が高い
・奥目傾向があり、上下眼瞼の張り出しが強いタイプ(眼球が埋もれているように見えるタイプ)は効果に乏しく、無理に切ると「目尻側で下瞼が眼球から浮いた状態」になりやすい
・上眼瞼皮膚の弛緩により目尻がそもそも見えていないタイプの眼瞼は効果に乏しい
・①外側の球結膜の露出面積が小さく、②外眼角瞼縁から4-5mm以上の皮膚切開を見込める場合
 ※目尻切開は後戻りが生じるので皮膚切開が3mm以下では効果が期待しづらい
術中のポイント
・結膜を切りすぎると縫合時に緊張が強くなり、後戻りの原因になる為、注意が必要

コラムの担当クリニック

  ドクターインタビュー

ドクター相談室


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
740人のドクター陣が71,794件以上のお悩みに回答しています。