{{ message }}

  脂肪吸引のクリニックを探す

脂肪吸引は、カニューレと呼ばれるストローのような管を差し込み、皮下脂肪を吸引する治療です。近年では安全性も向上しているようですが、やはり大掛かりな手術である事に違いなく、副作用や合併症のリスクが気になるところです。
現在主流となっている方法は、チューメセント法やそれを応用した超音波脂肪吸引法などです。これらの手術では、脂肪を吸い出しやすいようにふやかしたりほぐしたりした後で吸引することにより均一に、また出血などを抑えることが出来るようになってきているようです。
脂肪吸引は、脂肪細胞を直接的に除去することが出来るので目に見えて効果が分かりやすい点が良いところですが、安全性の問題からも除去できる脂肪の量は限られているので、体型を良くするための治療であって、ダイエットのために行なうものではありません。

脂肪吸引の口コミ 1963

満足度分布

5.0 (605)
4.5 (532)
4.0 (412)
3.5 (240)
3.0 (118)
2.5 (36)
2.0 (13)
1.5 (6)
1.0 (1)

治療者の分布

男女比

女性 96%

男性 4%

年齢層

10代 2%

20代 48%

30代 30%

40代 15%

50代 4%

60代以上 0%

エリアからさがす

 

施術方法で絞り込む

 

最新の口コミ

  最新の症例写真


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,334人のドクター陣が51,800件以上のお悩みに回答しています。
脂肪吸引モニター(太もも、二の腕、顔、お腹)の募集バナー

  最新の美容医療コラム

脂肪吸引で美しい首回りを!!

脂肪吸引 (顔の脂肪吸引)

欧米では顔のアンチエイジングの一つの特徴として、顎下(首回り)のシルエットが若々しさの象徴として重視されている傾向にあります。 一方、日本では欧米と比べてそれ程重視されておらず、頬などに重点を置いてるのが現状です。 しかしここ数年、日本に於いても欧米同様に、スラっとした細い首回りも美人の象徴・要素の一つとされ、顎下(首回り)の脂肪吸引をお受けになられる方々が増えつつあります。 顎下(首回り)の脂肪吸引は、顎下全体に局所麻酔を注射し、耳たぶの付け根に大きさ5mmほどの切開を行い、直径2~3mmの細い吸引管を挿入することで脂肪を陰圧で吸って除去します。 手術時間は30分程度と比較的短時間で終了します。 また、他の治療との併用「コンビネーション治療」により、顎下(首回り)の脂肪吸引を行った後、もしくは同時に他の追加治療を行う事で更なる美しさの改善が期待出来ます。 例えば、顎先にヒアルロン酸を追加することにより、フェイスラインに角度をつけて逆三角形の輪郭にすることで、よりシャープなフェイスラインを得ることや、顎下に対して超音波のエネルギーにより筋膜及び脂肪層にドット状に”焼き”を入れて組織を引き締めるウルセラリフトや、皮膚表面のシワ・タルミを引き締めて目立たなくする目的でフラクショナルレーザー(アイコンによるXDフラクショナル)を組み合わせることで、皮下と皮膚という2層をターゲットとしたタルミ取り治療を行えば、より若々しい首回りにすることが可能です。 首回りはダイエットを行っても、理想的なスラっとした細い首になるのは非常に困難であり、悩みを抱えた方も多くいらっしゃると思います。 受けられる際はカウンセリングにて医師より適切な方法を提案してもらいましょう。 ただし症例経験を持った信頼のできる医師を選ぶことが何よりも重要です。

解説 みずほクリニック

公開日:2020/10/13

脂肪吸引

脂肪吸引

1日で希望の部分を確実に細くする『脂肪吸引』 体についた脂肪細胞の数を吸引によって減らすことで、サイズダウンと太りにくいボディを作る、という方法です。 気になる部分の目立たない箇所に、3〜4mm程の穴を開け、細いパイプ(カニューレ)を入れて、余分な皮下脂肪を吸引器でしっかりと吸引します。 「おなか」「太もも」「ヒップ」だけでなく、「ホホ・アゴ」「腕」「ふくらはぎ」など、全身の脂肪細胞の吸引が可能です。 安全に、効果的に脂肪吸引をして、より良い結果を引き出すには、経験豊富な専門医に担当してもらうべきです。 ■脂肪吸引の特徴 高度な技術で評判の究極の痩身術!脂肪吸引 脂肪吸引とは脂肪を吸引しながら取り除くものですが、カニューレと呼ばれる吸引管を使って脂肪細胞を吸引します。 現在において考えられる最も確実な痩身法の一つです。 ■細胞処理の方法 からだの脂肪は、お腹の中にある内蔵脂肪(腹腔内脂肪)と、皮下脂肪に分けることが出来ます。 内臓脂肪は、脂肪の普通預金。 皮下脂肪は、脂肪の定期預金とよく例えられています。 からだが低栄養状態になると、まず普通預金である内臓脂肪から使われ始めます。 したがって、ダイエットをしても皮下脂肪はなかなか落ちません。 ましてや、部分やせなどは医学的には不可能だと思われます。 ですから、希望する部位の脂肪を落とすには脂肪吸引がベストだと思われます。

解説 名古屋中央クリニック

公開日:2020/08/12

脂肪吸引を始める時期で一番良いのは,,,

脂肪吸引

【秋から冬が脂肪吸引に適していると言われる3つの理由】 夏が終わると肌の露出も少なくなり、鏡を見るたびに悩んでいた二の腕やウェスト、太ももやふくらはぎなどにある余分な脂肪たちを見かけることも少なくなり、ホッとしているのと同時に、その余分な脂肪たちを何とかしなければと危機感を感じていらっしゃる方も多いと思います。 余分な脂肪を減らすには、ダイエットや運動などの自分で頑張るものから、医療機関で行われている痩身治療まで様々ですが、その中に効果の高さや確実性の高さから選ばれることの多い脂肪吸引という治療法があるのをご存知でしょうか。皮膚を少しだけ切開して、そこからストロー状の細い管で脂肪を直接吸い出してしまう施術です。実際に脂肪を吸い出してしまいますので、しっかりと細くすることが可能ですしリバウンドも少ないと言われています。 今回はその脂肪吸引について、秋から冬にかけてが施術に適していると言われている理由について書いてみたいと思います。 ●ダウンタイムが楽に過ごしやすい 上にも書きましたが、脂肪吸引は直接体内から脂肪を吸い出す施術になりますので、一時的とはいえ、ある程度カラダにダメージが生じます。直後から1週間目くらいまでは腫れや内出血、痛みなどがあり、その後はむくみやたるみなどと戦っていくことになります。 そんな脂肪吸引の経過や仕上がりを大きく左右するものに圧迫というものがあります。太ももであればパンスト、お腹であればウェストニッパー、二の腕であればボレロなどの圧迫具を長時間装着することでむくみを早く改善させ、たるみを最小限にとどめ、仕上がりを細くすることを目的としているものです。これらの圧迫具は半袖やショートパンツでは隠しづらく、隠せたとしても薄手の洋服の場合には圧迫具のラインが浮き出たり暑くて蒸れるなどの問題点があります。厚手で露出の少ない洋服の方が隠しやすく、外の気温が低い方が快適に過ごせますので、夏の施術よりも秋から冬にかけての施術の方が楽に過ごすことができます。 もちろん、直後の腫れや内出血なども長袖を着るなどして自然に隠せたほうが便利ですし、体調的に最初の数日間はシャワーを浴びることなどが難しい場合もあり、そういった直後の経過を見ても秋から冬にかけての施術が有利です。 ●翌年の夏に間にあう 脂肪吸引は痩身のための施術ですので、すっきり細くなったカラダを手に入れ、自信を持って日々の生活を送りたいというご希望で施術を受ける方が多いです。特に20代から30代の方では、二の腕やふくらはぎを露出する時期に自信を持ちたいというご希望だったり、ボディラインが出やすい薄着の時期を意識して太ももやお腹まわりの治療を受けたいというご希望が上位にランクインします。 脂肪吸引にはダウンタイムと呼ばれる仕上がるまでの期間があり、最終的な完成は3ヶ月から半年後になります。また、予期せぬトラブルで経過が長引いてしまう可能性もゼロではありません。翌年の薄着の時期に間にあわせるためには、余裕を持って早い時期から治療を行っておくことが大切です。夏を意識して脂肪吸引を行う場合には、遅くとも3月まで、できれば準備期間を長く取ることができる秋から冬にかけての施術がお勧めです。 ●施術への気持ちが前向き 夏の薄着シーズンを過ごした直後というのは、自分の中で「余分な脂肪を何とかしなきゃ!」という気持ちが最も強くなっているはずです。脂肪吸引はダウンタイムもありますし、より良い結果を出すためには圧迫やマッサージなど皆さんの努力も必要になる施術ですので、夏に余分な脂肪で苦しんだという強い気持ちを持って施術に臨むことができるのは、秋から冬にかけて脂肪吸引を受ける大きなメリットです。 ●まとめ 秋からが脂肪吸引に適していると言われる3つの理由について書いてみました。これらを読むと秋から冬にかけてがベストのように感じますが、強い気持ちと万全の準備さえあれば、どの季節に施術を受けたとしても成功できるはずです。ただ、やはり季節的な有利不利はありますので、より快適に脂肪吸引を受けたい方は、9月くらいからカウンセリングを周り、年末までに施術を受けてみてはいかがでしょうか。

解説 キルシェクリニック

公開日:2016/09/09

大阪雅美容外科

脂肪吸引の基礎知識 入門編FAQ

脂肪吸引に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、良くある質問にお答えします。

脂肪吸引でやせた後にリバウンドすることはあるのでしょうか?

脂肪吸引はカニューレという管で脂肪細胞をとりのぞくため、一般的な意味での「リバウンド」はありません。成人の場合、脂肪細胞の数が増えることはありませんので、脂肪細胞の肥大=脂肪の増加=肥満という図式になります。通常のダイエットは脂肪細胞が小さくなることでやせるのですが、ダイエットの努力を怠ればすぐに脂肪細胞は元の大きさに戻ってしまい、体重も元通り……。というのがリバウンドです。脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らします。前述のとおり脂肪細胞の数は増えませんのでリバウンドの心配はありません。ただ、残った脂肪細胞の大きさの変動はありますのでそれ以上太らないということではありません。脂肪吸引した部位は母数が減るので太りにくく、体形維持もしやすくなります。

脂肪吸引の跡がデコボコになるのが心配です。

現在の技術ではそう多くはないのですが、脂肪の取り方にムラがあると不自然なデコボコや段差ができる可能性はあります。吸引量が多すぎたり、吸引管(カニューレ)の誤操作が原因と考えられますので、脂肪吸引を受ける際には適切な吸引量を見極めることのできる、熟練した技術を持つ医師を選びたいところです。脂肪吸引の跡のデコボコは、脂肪溶解注射(メソセラピー)を繰り返すことで修正することができます。

脂肪吸引の痛みやダウンタイムはどれくらいでしょうか?

脂肪吸引時は麻酔が効いていますので痛みを感じることはないと思います(全身麻酔の場合)。麻酔が切れた後に強い筋肉痛のような痛みが襲ってきます。ただし痛みの程度は吸引した脂肪の量や部位によって異なります。ダウンタイムも部位によりますが、デスクワークでも職場復帰まで3日くらい見ておいた方がいいでしょう。圧迫固定・抜糸で1週間、腫れ・むくみが2週間から1ヶ月程度続きます。脂肪吸引のケアには温熱療法のインディバが効果的とされ、ダウンタイム軽減にもつながるようです。

脂肪吸引で死亡事故が起きたことがあると聞きましたが…

脂肪吸引で死亡事故が起きたことがあるということは事実です。吸引管(カニューレ)による内臓組織の損傷や麻酔の大量投与が直接的な原因とされます。脂肪吸引の経験が豊富な医師のもと麻酔の設備の整ったクリニックで実施すれば危険は少ないかと思いますが、一度に吸引する脂肪の量が多すぎても事故につながりやすいと考えられます。希望する脂肪吸引量が多すぎる場合には無理せず回数を分けるなどすることで事故リスクを減らすことができます。

口コミ広場運営事務局が調査し、一般的な内容としてお答えしておりますが、脂肪吸引についての治療法、効果、副作用、費用等は病院、クリニックによって異なりますので、治療を受ける際には、病院、クリニックに正確な情報をご確認ください。