{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!

チョコレートを食べるとニキビができる!?

ニキビ・ニキビ跡の治療 (その他(ニキビ治療))

解説 メディアージュクリニック 代官山院

公開日:2024/03/15


チョコレート。。。
ニキビに結びつけやすい代表的な食べ物の一つではないでしょうか。

「昨日チョコ食べちゃったから今朝ニキビができた」なんてよく耳にします。
ニキビとチョコレート。。。
実際のところ関係あるのでしょうか??
チョコレートを食べるとニキビが出るのでしょうか??

まず結論から言いますと、
「チョコレートを食べたからニキビが出る」ということはありません!!

チョコレートだけではなく糖質や脂質を多く含む食品を多く食べると皮脂の過剰分泌が起こりやすくなります。
ニキビのできる原因は『毛穴のつまり』や『過剰な皮脂分泌』にあります。
皮脂自体が悪いものではなく、毛穴につまることがなくスムーズに排出ができれば問題はありません。
排出がうまくいかず、毛穴に詰まって皮脂が溜まり、ニキビ菌が増殖することでニキビにつながるのです。

ですのでチョコレートを食べる=ニキビができるではなく、チョコレートのような食品を沢山食べて皮脂の過剰分泌がおこり、毛穴の詰まりが生じた時にニキビができるということなのです。

チョコレートにはストレスを解消したり、頭の働きをスッキリさせる効果もありますし老化防止効果も高いとされています。
むしろ、身体に良い影響が沢山あります。
ポリフェノールという成分は、とくに積極的に摂りたい成分のひとつです。
下記のような効果が期待できます!!


①活性酸素を抑制
→活性酸素は生きている中で体内に必ず発生しているのですが、大量に生成されると正常な細胞を攻撃し酸化させてしまいます。酸化することで老化や様々なトラブルが起きます。ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素を抑制してくれる効果があります。
特に活性酸素からの肌のトラブルはニキビの発生にもつながります!

②血液サラサラ
→血管を広げる効果で高血圧の予防や、動脈硬化が原因になっている生活習慣病の予防の効果があります。
ひとことで言えば血液サラサラ状態へ!!
血流が正常であれば、肌へも酸素がいきわたり、ダメージの回復(ニキビ、ニキビ跡の回復)が早くなります!

③アレルギー抑制
→ヒスタミンの放出が抑制され、アレルギーの発症や悪化を防ぐ効果があります。
花粉症等のアレルギーがきっかけでニキビが悪化することもあります。お肌の為にもアレルギーは出ないに越したことはないのです!

④脳の栄養
→脳の活動を支える栄養素に働きかけ、認知機能を高める効果があります。
ひとことで言えば、理解力・記憶力アップ!!

ただし!
極端に大量に食べたりして、バランスを崩した時にニキビにつながることはおおいにあります。
肌に良いからといって、一気にお徳用パックを全部食べたりしたら、ニキビができることもあるのです・・・!!
何事も適量でなくてはいけません・・・。

チョコレートの場合、美容と健康のための1日の適量は、板チョコ半分(25g~30g、150kcal~200kcal)が目安です。
上手に取り入れていきましょう!

コラムの担当クリニック

  ドクターインタビュー

ドクター相談室


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
751人のドクター陣が71,597件以上のお悩みに回答しています。