ただいまの口コミ 125,883 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,300件)

1358人以上の 美容医療の医師に相談できるのは口コミ広場だけ!
美容医療 ドクター相談室
Q

痛みの伴わない部分やせの方法


30代を過ぎてから、食事療法だけでは減量しにくくなってきました。栄養士の資格があり、間違った制限はしていないと思うのですが、お腹周り、太もも、二の腕の脂肪が落ちません。
しかし、脂肪吸引など痛い治療は抵抗があります。色々な治療について調べてみましたが、口コミを見るとやはり痛みは避けられないようで、痛みを伴わない方法がないか、お伺いしたいと思って相談させていただきました。よろしくお願いします。

  • 投稿日 2014-08-20
  • view 286
  • 回答数 4

ドクターからの回答

ゴーヤ様
こんにちは、名古屋中央クリニックです。
脂肪吸引には少し抵抗があるとの事ですと、
同じように細胞レベルで効果がある脂肪溶解注射が良いかと思います。
ダイエットのように、脂肪細胞を小さくするのではなく
脂肪細胞そのものを溶かし排出していきますので、リバウンドの心配もありません。
注射での治療になりますので、部分的に気になるところへ手軽に行う事ができます。
一度ご相談下さい。

痛みを伴わないとなると・・・、ダイエットピルが良いかもしれませんね。
食欲を落とし基礎代謝を上げるもの、脂質や糖質の吸収を抑えるものなどがあります。遺伝子的に何で太りやすいかある程度の解析ができますので、それを参考にダイエットピルの内容を決めていくのが良いかもしれません。

注射くらいなら大丈夫!というのであれば、広範囲は難しいですが、脂肪溶解注射というものもあります。

A
コムロクリニック(旧コムロ美容外科) 東京銀座院
小室好一 先生より
投稿日 2014-08-24

脂肪は丸い細胞の集まりです。脂肪細胞は出生後、分裂増加を繰り返しながら増えていきます。成長が止まると同時に、脂肪細胞の分裂増加は止まります。成人の脂肪細胞数は約60兆個と言われています。痩せている人は一つ一つの脂肪細胞が小さいのですが、太っている人は脂肪細胞が大きいのです。若い頃は代謝が盛んなので太りにくかった人が、30歳を過ぎると代謝が衰え始めます。つまり脂肪が燃焼されにくくなります。ダイエットしても気を許せば、また太ります。太る体質のDNAを持っている以上、太りやすいのです。最も簡単な方法は、内科の肥満科を受診し食欲抑制剤を処方してもらう方法があります。ただし、長期間服用することはできません。ホルモンのバランスを崩してしまうからです。短期間内で食欲は抑えられ体重は減少しますが、チョッと気を許すとリバウンドします。15年前に韓国でメソセラピーが流行りました。脂肪融解剤を注射して部分痩せを図ります。この問題点は、一か所に集中して注射してしまうと、その部分のみが凹んでしまうことがあります。そして効果を発揮させるためには最低週1~2回注射しなければなりません。よって、満足度は個人差があります。10年前にヤグレーザーや超音波などいろいろ出ていますが、術者のテクニックが要求されます。そこで、最も痩身効果を発揮するのは脂肪吸引です。特に腹部や大腿部は脂肪が多いので、脂肪吸引をすれば痩身効果は抜群です。なぜ、脂肪吸引すれば痩身効果があるのでしょう?その理由は、脂肪吸引によって脂肪細胞は減少します。残った脂肪は少なくなるので、燃焼されやすくなります。よって、リバウンドはありません。
ご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
心より、お待ちしております。

A
塩崎クリニック
塩﨑 將晴 先生より
投稿日 2014-08-21

脂肪溶解注射・エルコーニアレーザー・ノーニードルメソセラピーなどがあります。

痩身、メディカルダイエット の相談を探す

回答ドクターの行った痩身、メディカルダイエットの口コミ

ドクター相談室
お悩み・目的で相談を探す

ドクター相談室
回答医師の紹介

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,358人以上 の医師陣が回答!
総回答数 42,000件以上!