ただいまの口コミ 125,972 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,301件)

1358人以上の 美容医療の医師に相談できるのは口コミ広場だけ!
美容医療 ドクター相談室
Q

プロテーゼのI型とL型のメリットとデメリットが知りたい


プロテーゼのI型とL型で、どちらにするか悩んでいます。

L型は赤くなったり、突き出てくるな感じで鼻先に違和感がでてきたり、衝撃に弱いと聞きました。

I型は、ズレやすいが、L型より安全と聞きました。

その他にもメリット、デメリットの説明があったのですが、
病院の先生によって説明が違うかったりして、混乱してしまい選べなくなってしまい困っています。

あと、L型のプロテーゼが突き出るのを防ぐために鼻の軟骨をそのプロテーゼの鼻の尖端にあたるところに移植する。
というのもあったのですが、本当にそれで防げるのですか??

すごく不安ですが、やはりプロテーゼは入れたいので回答よろしくお願いします。

  • 投稿日 2014-10-07
  • view 8040
  • 回答数 6

ドクターからの回答

ご質問に回答致します。

①I型がL型よりズレやすいという事はありません。
 術後1週間の固定=キチンと糸で牽引固定するクリニックか、
 しない(出来ない?)クリニックか?の違いです。

②基本的に鼻背部はI型プロテーゼ、鼻尖部は自家軟骨と考えて下さい。
 鼻尖部はデリケートな部分なので、鼻尖形成・鼻中隔延長などの
 軟骨移植が安全です。ただし、自家軟骨移植でも無理な高さ、延長を
 すると移植軟骨が数年後に透見してきたりトラブルが生じます。
 あくまでも自家軟骨は鼻尖部に優しいだけとお考え下さい。

③L字プロテーゼ+鼻尖部軟骨は鼻尖部安全性として意味ないと考えます。

④以上より、
 I字プロテーゼ(術後1週間牽引固定をする)
 +必要に応じて鼻尖形成・鼻中隔延長(無理をしない範囲)
 が一番安全です。

鼻の手術に力を入れているクリニックでの手術をお勧めします。

A
こいずみ形成クリニック 名古屋
小泉正樹 先生より
投稿日 2014-10-08

鼻は骨の部分と軟骨部分で成り立っています。
骨の部分は動きませんが、軟骨部分は動きます。
動く部分と動かない部分をL型で高くすると、プロテーゼが動きやすくなり
また鼻先に負担がかかるために、赤くなったり、皮膚が薄くなったりします。
最悪の場合は飛び出ることもあり得ます。
鼻先の部分を自家軟骨にすることで飛び出るリスクはかなり低くできます。

A
牧野皮膚科形成外科内科医院
牧野太郎 先生より
投稿日 2014-10-09

牧野医院の牧野です。
シリコンプロテーゼは昔はL型が多く使われていたのですが、鼻尖の皮膚が薄くなったり、鼻先が上向くアップノーズ変形などの問題で、徐々に使われなくなってきました。現在、世界的にもシリコンプロテーゼは鼻筋だけ高くするI型が主に使われ、鼻先を高くする場合は耳介軟骨など自分の組織を用いられています。L型プロテーゼも適応を選べば、良い方法だと思いますが、長期的な安全性はI型プロテーゼに劣ります。私はI型プロテーゼと鼻尖形成術を併用する方法を行っていますが、L型プロテーゼの必要性は感じたことが無いので用いておりません。ご参考にして下さい。

エストクリニックの小平です。
鼻のプロテーゼに関してですが、L型は鼻先にテンションがかからなければ、ずれにくく、安定します。骨膜に入っていればずれにくいので、問題はありません。
アップノーズにしたいなどのご希望があれば耳介軟骨を移植することがより安全です。
ご質問にあったI型・L型どちらのプロテーゼがよいかということですが、これはご自身がどのような鼻の形を希望しているかによって、選別が変わっていきます。
患部を拝見していないこと・またはるかさんのご希望をうかがっておりませんのでどちらがよいという判断は出来かねますが、プロテーゼは骨膜にきちんと入っていればずれにくいのはどちらの型でも同じです。ご自身が選ぶというよりは、ご自身のご希望の鼻の形に合わせて医師に選んでいただくほうが適切だと思います。

A
コムロクリニック(旧コムロ美容外科) 東京銀座院
小室好一 先生より
投稿日 2014-10-13

I型とL型のシリコンプロテーゼは一長一短あって、甲乙つけ難いです。
L型プロテーゼは、鼻尖部の組織の厚みを十分に残せば問題ありません。
またL型プロテーゼは従来よりも負担が少なくなりました。上方の鼻骨部分は固く下方の軟骨部分は柔らかいものを使用しています。よって、鼻先にプロテーゼが露出することがほとんど無くなりました。I型プロテーゼのみでは先端部にストッパーがありませんので、プロテーゼの両端をギザギザにカットして下方への移動を防止しますが、露出する可能性はL型よりも高いです。その代り、鼻尖部の形を色々変える場合は、鼻骨の部分はI型を使用し、先端部分に耳介軟骨を用いて自由に形を作ることが出来ます。また、鼻尖部分の耳介軟骨は鼻翼軟骨に固定するので露出することはありません。お鼻の手術はドクターによって見解はまちまちです。ドクターと納得いくまでご相談ください。当院は東京銀座、大分、宮崎にクリニックがあります。お気軽にお問い合わせください。心よりお待ちしております。

A
塩崎クリニック
塩﨑 將晴 先生より
投稿日 2014-10-07

基本的にI型の方が安全です。鼻先に対しては、耳介軟骨等を移植すると良いでしょう。

鼻の整形 の相談を探す

回答ドクターの行った隆鼻術の口コミ

ドクター相談室
お悩み・目的で相談を探す

ドクター相談室
回答医師の紹介

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,358人以上 の医師陣が回答!
総回答数 42,000件以上!