1309人以上の 美容医療の医師に相談できるのは口コミ広場だけ!
美容医療 ドクター相談室
Q

肝斑の疑いがあるシミへのピコスポット照射について


年末にピコスポットでシミを取りました。
左右対象のシミではなかったのですが、ここ数ヶ月で目立つようになってきたもので、肝斑だったら濃くなるというリスクも説明された上で施術を受けました。
かさぶたが取れた時はなくなったと思ったのですが、ここ数日でまたシミのような色素沈着のようなものが残っていてとても気になります。
これが本当に肝斑だった場合、このあとそれをまた消すための施術方法はあるのでしょうか。

  • 投稿日 2021-01-14
  • view 75
  • 回答数 2

ドクターからの回答

はじめまして、大塚美容形成外科横浜院の井田です。
ルイカ様のご心配されるお気持ち、とてもよくわかります。
通常の肝斑治療を行うことが多いです。
詳しくは施術を受けられたクリニックにご相談ください。
他にもわからないことがありましたら、何でもご相談ください。

池袋のみずほクリニック院長の小松です。      
肝斑がもし背景にある場合でしたら、肝斑治療を
行う必要があります。内服とレーザートーニングが
一般的です。
しかし、むしろピコスポットの照射による炎症後色素
沈着の可能性も高いです。その場合はシミ治療用の内服
薬とハイドロキノ軟膏の外用などを行い3ヶ月から6ヶ月
ほど待つことが多いです。いずれにせよ必ず時間を
かけて必ず薄くなりますのでご安心ください。

シミ取り・肝斑・毛穴治療 の相談を探す

回答ドクターの行ったシミ取り・肝斑・毛穴治療の口コミ

  1. 美容医療の口コミ広場
  2. シミ取り・肝斑・毛穴治療
  3. シミ取り・肝斑・毛穴治療の相談
  4. 治療方法・適応
  5. 肝斑の疑いがあるシミへ…