{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!


美容医療コラム

  絞り込み

痩身、メディカルダイエットのコラム一覧

脂肪を溶かす切らない部分瘦せ、脂肪溶解注射

痩身、メディカルダイエット

脂肪溶解注射とは、脂肪細胞を溶かして体外へ排出させる注射です。 注射で効率的に部分痩せをすることができるため、脂肪取りしたいところをデザインすることが可能です。 従来品の主成分となっていたフォスファチジルコリンではなく、別の成分であるチロシンとその他5種類の植物成分を含む“アルフォコリン”を使用。 “アルファコリン”は諸外国の厚労省にあたるKFDAなどで医薬品認定を受けた製剤で従来型は効果が出るまでに1ヶ月ほどかかり、ダウンタイムもありましたが、当院で使用する脂肪溶解注射は約72時間後から効果が実感できます。 施術時間は15分程度です。 切ったりすることはなく注射のみなので、ダウンタイムもその日のうちに治まることがほとんどです。 脂肪吸引手術のようにまとまった期間を必要とせずに日常生活へ戻ることができます。 脂肪溶解注射の効果は急激に表れるものではなく、段々と現れるため周囲の方に気付かれる心配もありません。 治療間隔は、同部位注入ですと1週間の治療間隔で施術可能です。 まれに施術部位に赤味や腫れが出ることがありますが、大体1~2日で改善します。 内出血やあざのようなものが出る場合は1週間ほどで消えていきます。

解説 やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

公開日:2022/06/26

ふくらはぎ細くする方法と太くなる原因

痩身、メディカルダイエット (メソセラピー(脂肪溶解注射))

膝丈やそれより短いスカートを履いた時に、膝より下の脚のラインに自信がないという方は多くいらっしゃいます。 お悩みとして、 ・ふくらはぎが太い ・太さはそこまででもないけれど、ふくらはぎだけが気になる ・ふくらはぎのラインにメリハリがなく、垢抜けない印象がある というご相談は当院にも多く寄せられます。 このように「ふくらはぎだけ」が太いのではないかと感じられる原因を、みなさん気になるかと思います。 まず、脚の太さを決める要素は、太ももなどと同様に、脂肪、筋肉、むくみです。 この中でも、ふくらはぎの特徴として、「筋肉」や「むくみ」が原因になることが多いと言えます。 〇ふくらはぎが太くなる原因 <筋肉> 太ももが太い場合、大半は脂肪が原因であることが多いです。 しかし、ふくらはぎは、脂肪はそこまでなくても筋肉が目立ってしまい、太く見えてしまうということがあります。 いわゆる「ししゃも脚」ですね。 <むくみ> 先に述べた筋肉の場合とは逆で、運動不足が原因で足の筋肉が弱っていたり、塩分を摂りすぎたりすることが原因になることがあります。 こうしたことが原因で、血液循環しにくくなったり、余分な水分が体にとどまりやすくなったりします。 また、女性の場合はホルモンバランスの影響でむくみが出やすい傾向があると言えるでしょう。 ですが、こうした原因に対しての対策やオススメの施術はもちろんあります。 〇対策やオススメの施術 <筋肉> この場合の対処法としては、「ふくらはぎボトックス」という選択肢がオススメです。 ボトックスは、筋肉の動きを抑えることで、筋肉を萎縮させるという働きが期待でき、筋肉の盛り上がりが軽減されるので、ふくらはぎがほっそりして見えるようになります。 注意点としては、一度に過剰量を打ってしまうと、歩きにくさが出てしまうことがあるため、適正量を打つことが大切です。 どのくらい必要になるかは製剤にもよりますので、担当医とよく相談して、初めての場合は、少し少なめから打っても良いかもしれません。 効果は1週間ほどで安定し、3-4ヶ月持続します。 ですので、3-4ヶ月に1度、効果が落ちてきたと感じたところで再度注射を受けると効果的です。 繰り返し打っていくうちに、 ・注射をする間隔がだんだんと長くなってくる方 ・1回の量が減らせる方 もいらっしゃいます。 <むくみ> こちらは、なかなかすぐには解決できないかもしれませんが、 ・塩分を控えめにする ・寝るときに脚枕をして寝る ・着圧ソックスをはく ・適度な運動をする といったことが、まずはご自分でできる方法です。 こうしたことに加えて、むくみを取る作用の強い脂肪溶解注射を定期的に追加するのもいい方法です。 自分では原因がよくわからないという方は、まずは何が原因で自分の理想のふくらはぎから遠ざかってしまっているかを判断することも重要です。 一度美容クリニックに相談に行くのも良いかもしれませんね。

解説 veary clinic ヴェアリークリニック

公開日:2022/03/22

エコーで脂肪を直接確認!? エコーガイドメソセラピーとは

痩身、メディカルダイエット (メソセラピー(脂肪溶解注射))

ダイエットや運動をどんなに頑張っても、脚だけが痩せない...、という悩みをお持ちの方は多いことと思います。 実際のところ、ピンポイントで部位を選択し、脂肪を減らすことは、人体のメカニズムから考えると「難しい」と言えるでしょう。 そんな成功の難しい部分痩せには、「脂肪吸引」と「脂肪溶解注射」がおすすめです。 部分痩せで一番確実なのは、「脂肪吸引」です。 施術にあたり、 ・ダウンタイムを3-6ヶ月くらい取ることが可能 ・手術においてどうしても0にはできないリスクを厭わない という方に非常におすすめです。 一方で、ダウンタイムが取れない方や、手術は怖いという方には、「脂肪溶解注射」がおすすめできます。 脂肪溶解注射は、効果が少ないと言われることもありますが、これにはいくつか理由があります。 ①脂肪溶解注射を打つ「量」の問題 脂肪溶解注射は、その名の通り、脂肪を溶かし、血管内に老廃物として取り込んだ後、体外に排出することで脂肪を減らします。 ですが、脂肪溶解注射はあまり大量に打つと体への負担が大きいため、一度に打てる量には限度があります。 複数回に分けて打っていきますが、患者様はどの程度打てば終わりがくるのか分からず、効果を実感できる量を打ち終わる前に途中でやめてしまうケースがあるのです。 ②脂肪溶解注射を打つ「場所」の問題 皮下脂肪は、皮膚と筋肉の間に存在しますが、脂肪組織は、筋肉近くの深い場所に行くほどサイズが大きいという報告があります。 そして、このサイズが大きい脂肪組織を狙って打つことで、脂肪溶解注射の効果がさらに引き出せると言われています。 しかし、筋肉近くの深い位置への注入は、筋肉を傷つけてしまう可能性があるため、簡単ではありません。 この問題を解決し、より効果的な治療となるのが『エコーガイドメソセラピー(エコーを補助に用いた脂肪溶解注射)』です。 エコーガイドメソセラピーのメリット① エコーを用いて実際に脂肪の様子を患者さんと一緒に見ながら、脂肪の厚みを計測し、そこから注射薬の必要量を計算します。 これにより、「過不足ない1回量」と「通算の予測必要量」を医師と患者さんとの間で共有できるため、最終目標が明確になります。 また、エコーで脂肪と筋肉の様子が直接見えるため、筋肉をぎりぎり損傷しない場所に注射が可能です。 そのため、患者様の体への負担は軽減されます。 エコーガイドメソセラピーのメリット② エコーで脂肪の厚みを計測できるため、客観的に効果の程度が評価が可能になります。 従来の方法である、単純にメジャーで周径を測定する方法では、筋肉のコンディションによって、どうしても数字が変化してしまい、「脂肪だけ」の評価をしにくいのが現状です。 しかし、エコーを使用することで、我々も、患者様も脂肪自体を直接視界に捉えられます。 そうして「脂肪そのものの量の変化」を測り、数字として正確に評価できるため、患者様も効果を実感しやすいと言えます。 エコーガイドメソセラピーのメリット③ 先述のように、エコーで毎回評価することにより、脂肪溶解注射の薬剤の量を適切に増減できます。 そのため、患者様の体への負担を軽減しつつ、目標や理想に近づくことが可能です。 『エコーガイドメソセラピー(エコーを補助に用いた脂肪溶解注射)』は、従来の脂肪溶解注射で効果を感じている方はもちろん、否定的だった方にもぜひお試しいただきたいメニューです。 脚の部分痩せにご興味のある方は、一度ご相談にいらしてください。

解説 veary clinic ヴェアリークリニック

公開日:2022/01/27

疲労回復・冷え・肩こりに インディバ療法

痩身、メディカルダイエット

皆様、こんにちは。 10月も後半になり、日に日に朝晩と冷え込む季節となってまいりましたね。 季節の変わり目ですが、皆さまは体調など崩していませんでしょうか? 肌寒くなると身体もかたまりやすく、体調も崩しやすくなりますよね。 本日ご紹介するのはインディバ療法です。 この治療は高周波温熱マシンで体内に高周波エネルギーによって熱を発生させ、体の内部から温める事で、内臓の機能を高め、血行やリンパの流れを急速に改善し基礎代謝を上げる事ができ、深部の固い脂肪も効果的に燃焼しやすくなります。 また、基礎代謝が上がる事により体全体の体質改善、肩こり解消、疲労回復、ダイエット、更年期障害など、女性には最高の治療と言われています。インディバ療法は、体の中から温めますので全身がポカポカになり冷え性の改善にも高い効果があります。 深部から温まるのでリラクゼーション効果も与えます。 痛みはまったくありませんが、リンパの流れが悪い部分や脂肪の多い部分はあつく感じる事があり、こちらは少しづつ改善されます。 これからますます、寒くなる時期でございますので、体質改善に少しでもご興味がありましたら、ぜひ一度、このインディバ療法をご体験下さい。

解説 セントローズクリニック仙台

公開日:2020/10/21

メスを使わない痩身治療『エクセル』

痩身、メディカルダイエット

メスを使わない痩身治療機器『i-LipoXcell』(エクセル) 脂肪を減らしボディシェイプできる非外科的システムレーザーによる、 脂肪の減量マルチプラットフォーム痩身治療機器。 1台のシステムに4つのテクノロジー様々な適応。 i-Lipoは可視赤色光と赤外線レーザーの組み合わせで代謝経路を生物刺激することにより、 脂肪酸とグリセロールを放出させ脂肪細胞を減少させます。 治療の結果はすぐに現れ、30分の治療でウエスト周りが平均3センチ減少します。 治療は安全で快適、特定部分の頑固な脂肪を集中的にターゲットにするとともに、 身体のラインのシェイプアップも行います。 レーザー治療に続いて、コンビネーションレーザーとマッサージでリンパの流れを促し、 血液循環を改善することで、レーザーを脂肪細胞のより深い層に浸透させセルライトを改善します。 エクセルの特徴 1)施術したその日にサイズダウンが可能。 2)1度にお腹全体、太ももなど広範囲の施術が可能。 3)部分痩せからセルライト除去まで可能。 4)FDA認可の高い安全性をもつ医療機器。 5)脂肪減少だけでなく、皮膚の引締め効果もある。

解説 札幌中央クリニック

公開日:2020/07/05

【カベリン】SAGONI MELTの3倍の顔痩せ有効成分配合

痩身、メディカルダイエット (顔痩せ・ダイエット)

Kabelline(カベリン)は、脂肪を破壊することに高い効果が期待できるデオキシコール酸がSAGONI MELTの約3倍含まれた二重アゴ改善に適した痩身用製剤です。 SAGONI MELTについての施術紹介でも記載いたしましたが、デオキシコール酸は最近の研究から高い痩身効果を期待できる成分として一躍有名になった成分です。 顔痩せ用の製剤として有名なBNLSも新たにデオキシコール酸を配合して“BNLS neo”という名称で新しい製剤を販売していることからデオキシコール酸の痩身効果の高さを感じていただけると思います。 そんな、高い治療効果を期待できるデオキシコール酸を主成分としたSAGONI MELT。その更に3倍のデオキシコール酸を有しているKabelline(カベリン)は、より効果的な痩身結果を得ることが期待できる痩身治療製剤です。 治療効果が高いと痛みや腫れといったダウンタイムが気になるという方もいらっしゃるかもしれませんが、2015年にFDAに認可されたカイベラとは異なり痛みや腫れを抑える成分も配合されているため高い治療効果を保ちながらダウンタイムの少ない治療を実現しています。 当院でも、実際にKabelline(カベリン)による施術を受けていただいた方がおり症例写真もご用意しておりますので、ご興味をお持ちの方は是非ご覧ください。

解説 肌と歯のクリニック 東京ベイ幕張

公開日:2019/12/20

デオキシコール酸を主成分とした痩身剤 SAGONI MELT

痩身、メディカルダイエット (お腹痩せ・ダイエット)

SAGONI MELT(サゴニメルト)は、 FDA(アメリカ食品医薬品局)が二重あごの改善薬として承認したカイベラの有効成分デオキシコール酸を主成分とした、 二重アゴ改善に特化した痩身製剤です。 SAGONI MELTの特徴の一つとして、 従来からの痩身製剤の主成分であるフォスファチジルコリンを含んでいない点が挙げられます。 フォスファチジルコリンは、 大豆から抽出される成分で脂質の代謝を高め、 血管壁に付着したコレステロールを溶かす作用が期待できる成分です。 従来からフォスファチジルコリンは痩身治療に効果的な成分と考えられていましたが、 最近の研究結果からフォスファチジルコリン自体に脂肪溶解効果はないと判明し、 フォスファチジルコリンが水に溶けるようにするために配合されるデオキシコール酸が脂肪を溶かしていたと判明しました。 SAGONI MELTは、 脂肪溶解効果が認められたデオキシコール酸を主成分とした脂肪溶解注射です。 デオキシコール酸は“BNLS neo”にも含まれていますが、 BNLS neoの場合はあくまで新たに追加された成分で主成分ではありません。 そのため、お顔痩せに対して高い治療効果を期待される場合は “SAGONI MELT”による痩身治療をお受けいただくことをオススメいたします。 当院でも導入を開始しており、1回あたり約3万円で施術をご用意しております。 SAGONI MELTの治療効果が気になる際はお気軽にご相談ください。

解説 肌と歯のクリニック 東京ベイ幕張

公開日:2019/12/20

GLP-1ダイエット

痩身、メディカルダイエット (その他(メディカルダイエット))

【GLP-1って?】 『痩せホルモン』ともいわれているホルモンの一種です。 GLP-1は食べ物を摂取すると小腸から分泌され、全身の臓器に様々な良い効果をもたらすと言われています。 誰もが持っていますが、肥満の方は細身の方と比べ量が少なく、 この『痩せホルモン=GLP-1』を摂取することで体重の減少が期待できます。 【GLP-1ダイエットとは?】 GLP-1を注射し、食欲抑制・血糖値をコントロールすると言われ、肥満体国アメリカでは治療のスタンダードとされています。 日本でも厚生労働省認可の『糖尿病治療薬』であり、食欲抑制効果に加え、心機能保護や腎臓への尿量増加、免疫系への炎症抑制など、体にとって良い作用が多い治療法です。 【GLP-1ダイエットの特長】 1.自然に食欲が落ちるから心身の負担やストレスがない GLP-1には、食欲を抑える働きがあります。 少量で満腹感が得られ、食間の空腹感も少なくなります。 結果として摂取カロリーが減り、ハードな運動や食事制限なしでも自然に体重が減少します。 2.内臓脂肪にアプローチ!無理なく太りにくい体質へ改善 体内のGLP-1濃度が上がりやすくなるため、太りにくい体質へと改善していきます。 また血圧・血糖・コレステロールなど、健康リスクにつながる「内臓脂肪」を減らす効果も期待できます。 3.血糖値の急上昇を防ぎ、健康的な体づくりができる GLP-1はインスリン分泌をコントロールし、食後の高血糖の上昇を抑えます。 同時に、胃の内容物をゆっくり消化し、血糖値の急上昇を防止します。 また、肥満に関連する合併症も予防します。 【期待できる効果】 ●食欲低下で体重の増加を抑制できる 空腹感を感じなくなり、少量の食事でも満足できるようになります。 ●胃の内容物の排出が緩やかになる 食後も満腹感が持続するため、食事量のセーブにもつながります。 ●脂肪の分解と熱の生産を促進する 脂肪細胞にも作用するので、運動が苦手な方にもおすすめです。 以上により、無理なく痩せ、健康増進効果もあるダイエットが可能です。 お悩みの方は一度ご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

解説 けやき美容クリニック 沼津院

公開日:2019/07/05

脂肪溶解注射『Kabelline(カベリン)』

痩身、メディカルダイエット (顔痩せ(BNLS注射))

【Kabelline(カベリン)とは】 Kabelline(カベリン)は、「デオキシコール酸」を主成分とする脂肪溶解注射です。 デオキシコール酸は、もともと人間の胆汁などに存在する胆汁酸で、脂肪組織に注射した場合は、 脂肪細胞を破壊するため“注射した箇所の脂肪細胞そのものを減少”させることができます。 また、デオキシコール酸だけでなく、痛みや腫れを抑える成分が配合されているので、“ダウンタイムが短い”のが特徴です。 【カベリンの成分】 ◆デオキシコール酸 脂肪の乳化を促進し、排泄を促す働きがあります。 ◆L-カルニチン 脂肪の代謝を促進し、分解を促す働きがあります。 ◆アーティチョークエキス 脂肪組織を血液中に誘導し、排泄を促す働きがあります。 【治療に適した部位と治療回数&間隔】 お顔全体、顎、お腹、腕、脚です。 カベリンは、腫れを痛みを最小限に抑える成分が配合されています。 そのため、週1回のペースでの治療が可能となります。 施術目安 ◆お顔・顎 ... 週1回/1回あたり最大8ml/全4~6回 ◆腹部 ... 週1回/1回あたり最大10ml/全4~12回 ◆腕・脚 ... 週1回/1回あたり最大10ml/全4~12回 【以下の方は施術をお受けになれません】 ✓ 18歳未満の方 ✓ 妊娠中、授乳中の方 ✓ 細小血管障害や血管不全のある方 ✓ 免疫不全や自己免疫疾患の方 ✓ 抗がん剤治療を受けている方 ✓ 治療箇所の周辺の皮膚に湿疹などを起こしている方 ✓ 過去に同様の治療を受け、身体的に異常が出た方 お悩みの方は一度ご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

解説 けやき美容クリニック 沼津院

公開日:2018/12/18

脂肪燃焼注射(ダイエット注射)について

痩身、メディカルダイエット

脂肪燃焼注射(ダイエット注射)とは? 脂肪燃焼注射(ダイエット注射)とは、体脂肪の増加を抑制し、脂肪のつきにくい体質に改善するために、L-カルニチンやαリポ酸などを注射することでダイエットの補佐をしていく注射のことです。 脂肪燃焼注射は、なかなか落ちない脂肪や、脂肪がつきやすい体質を「ダイエット注射」によって、体質から改善していきます。 脂肪燃焼注射の成分は? ●L-カルニチン 高い「脂肪代謝」の効果があります。 脂肪が体内で燃焼する際には、この「L-カルニチン」が必要です。カルニチンは、体内の脂肪を細胞外へ運び出し、エネルギーとして使われやすい形に変える働きがあります。 しかし、αリポ酸同様に年齢と共に減少する為に、肥満の原因になります。 体脂肪増加抑制の作用があるαリポ酸との併用(混合)注射により、よりダイエット効果が期待できます。 ●α-リポ酸 ブドウ糖をミトコンドリアに届け、効率よくエネルギーに変換します。 新陳代謝を促進し、体脂肪の増加を抑えます。 リポ酸は年齢とともに生産量が減り代謝が落ちるため、このαリポ酸を補充することにより、ダイエット効果がより期待できます。 リポ酸は、別名チオクト酸と呼ばれる脂肪酸の一種で、細胞のミトコンドリア内で働く補酸素です。 αリポ酸は、ブドウ糖を細胞内のミトコンドリアへ届け、熱エネルギーの生産を高めて新陳代謝を増進促進し、それによる体脂肪の増加を抑制します。 「脂肪燃焼注射」が人気の理由は、 施術はダイエット点滴より早く、クリニックによりますが、わずか10分ほど。お買い物やお仕事の合間に気軽に受けれることができます。 仕事が忙しくて、食事制限や運動の時間が取れない方に最適です。 お気になる方はぜひお近くのクリニックにご相談されてはどうでしょうか。

解説 けやき美容クリニック 沼津院

公開日:2018/03/26

美容外科でできる足痩せ手術の正しい選び方

痩身、メディカルダイエット

現在の主な施術方法として以下の4種類(脂肪吸引、脂肪溶解注射、下腿筋萎縮術(TCR)、ボトックス注射)をご紹介します。 ・脂肪吸引 太ももやお腹を中心に行う施術方法として知られることの多い脂肪吸引ですが、ふくらはぎにも用いられることがあります。 人によっては、足首やふくらはぎ周りの筋肉発達だけでなく、その周りに脂肪を溜め込んで痩せにくくなっていることがあります。その場合はこの脂肪吸引という選択もあります。 脂肪吸引は今でこそポピュラーな施術になりましたが、ドクターの腕次第では表面が凸凹になってしまうなど、経験豊かなクリニックで受けなければ難しい施術の一つです。入院の必要はありませんが、腫れや内出血が1週間程度続き、施術後3週間程度は激しい運動はできませんが、効果が高く、メリットは施術した後も脂肪がつきにくいという点です。 ・脂肪溶解注射 ヨーロッパやブラジルでは、脂肪溶解注射で行う部分痩せの方法が確立されてきています。特徴として徐々に除去していく手法で、痩せたい部分に2センチ単位で細かくアプローチしていきます。痛みや腫れが少ないのが魅力ですが、結果が出るのに時間を要し、除去する脂肪の量によって通院回数に差が出ます。 ただし、こちらの方法は筋肉よりも脂肪の方が足痩せに影響している場合に用いた方が効果が期待できます。筋肉が張り出してきて足のラインに影響している場合は、他の選択をすることも必要になると言えます。 ・下腿筋萎縮術(TCR) 下腿(かたい)とは膝から下の部分を指しますが、この「下腿筋萎縮術」とは、ふくらはぎ周りにある大きな3つの筋肉、腓腹筋2種とヒラメ筋で構成されています。この3つの筋肉にアプローチする方法です。つま先で立つと、ししゃもの様な足を作るコブができますが、この3つの筋肉が収縮することで作られます。 大きなメリットとしては、手術で切開する大掛かりなものではないことです。高周波を用いて関連する筋肉の神経伝達を遮断し、筋肉を細くしていく方法である為、ダウンタイムが少ないタイプの施術法になります。 一般的な施術方法としては、長い針を下腿部分に刺し、筋肉の中に高周波を流して筋肉を焼いて萎縮させます。針を入れる為の部分には小さく切開したり縫合したりする場合もあります。 術後は、1ヶ月程度の腫れや内出血、歩行時の痛みなどが2週間〜3ヶ月ほど続くことが予想されます。術後は腫れがある為、足痩せとしての実感は腫れが引く1ヶ月後からで、その後も6ヶ月程度で筋肉の萎縮が進行していきます。結果に時間がかかる分、後に左右差が出たりなどして自分が思ったよりも細くならない場合もあるため、注意が必要です。施術者の腕が未熟だと重要な神経や血管を損傷するなどのトラブルの可能性もあるので、美容外科選びをきちんと行い、ドクターと相談しながら選択する必要があります。 ・ボトックス注射 上記の施術方法よりももっと簡単に足痩せを実現したい、より安全な方法で行いたいという要望に答えるべく、ボトックス注射をするだけで足痩せを実現する手があります。 ボトックスは、顔周りのシワなどで効果を発揮することで有名ではありますが、そのメカニズムが足にも役立ちます。このボトックスはA型ボツリヌス毒素を使って筋肉と神経の結合部に働きかけて筋肉の動きを弱めてくれる働きをします。具体的には、筋肉が収縮する時に生み出される“アセチルコリン”という物質の動きをブロックすることで筋肉自体の働きを抑制することができます。1989年に米国で承認されて以来、各種疾患の治療に応用されているものです。 このボトックスを、ふくらはぎの盛り上がりの箇所である筋肉に注射します。この筋肉に注射することによって、筋肉の働きを弱めて気になる盛り上がり部分を減少させ、足を細くすることが可能です。まず気になるのは安全面ですが、このボトックス注射では通常歩行する際に必要になる筋肉は落としません。 ボトックスを注入する注射は細いものがほとんどであり、痛みの心配はありません。気になる人は麻酔クリームなど準備しているクリニックもあります。ダウンタイムがほとんどなく、治療自体も5分程度で終了します。1回でも効果が見込めるのも魅力の1つです。 デメリットとしては、通常の美容整形より多量のボトックスが必要になることです。また、徐々に元に戻ってしまうので、効果が切れてしまう6ヶ月以内に再度注射をしていく必要があります。追加治療は3ヶ月以上開ければ可能です。 また、筋肉に対して直接アプローチする治療法である為、施述後しばらくはダルさが出たり等、歩行への影響が考えられます。通学や通勤、仕事上で歩行が多い場合は予め普段通りの生活がすぐにできないことも想定した上で、治療時期を選ぶことをおすすめします。

解説 ヴェリテクリニック

公開日:2017/01/17

疲労回復、冷え、肩こりに効果のインディバ療法

痩身、メディカルダイエット

みなさま、こんにちは。 12月中旬になりほんと寒くまりましたね、体調など崩していませんか? 寒くなると体調も落ち込み、体も硬直してしまいます。 本日ご紹介するのはインディバ療法です。 この治療は高周波温熱マシンで体内に高周波エネルギーによって熱を発生させ、体の内部から温める事で、内臓の機能を高め、血行やリンパの流れを急速に改善し基礎代謝を上げる事ができ、深部の固い脂肪も効果的に燃焼しやすくなります。また、基礎代謝が上がる事により体全体の体質改善、肩こり解消、疲労回復、ダイエット、更年期障害など、女性には最高の治療と言われています。また、体の中から温めますので全身がポカポカになり冷え性の改善にも高い効果があります。深部から温まるのでリラクゼーション効果も与えます。 痛みはまったくありませんが、リンパの流れが悪い部分や脂肪の多い部分はあつく感じる事がありますが、少しづつ改善されます。 これからますます、寒くなる時期でございます、体質改善に少しでもご興味がありましたら、一度、体験下さい。

解説 セントローズクリニック仙台

公開日:2016/12/12

周囲にバレない痩身術

痩身、メディカルダイエット

40代になるとダイエットをしても痩せづらくなってしまいます。その理由として、基礎代謝の低下、女性ホルモンの減少などが挙げられます。 【1】基礎代謝の低下 基礎代謝とは、体を動かす基本的なエネルギーのことで内臓を動かしたり、体温を維持したりするための「生きるために最低限必要なエネルギー」のことです。その基礎代謝は10代をピークに減っていきます。基礎代謝の約20%は筋肉による消費と言われており、40代になり筋肉量が低下することで、基礎代謝も低下します。 【2】女性ホルモンの減少 女性ホルモンには女性らしさをサポートする卵巣ホルモン「エストロゲン」と妊娠や月経をサポートする黄体ホルモン「プロゲステロン」と2種類あります。中でもエストロゲンは、脂肪代謝を良くする働きと、満腹中枢を刺激し食欲を抑える満腹ホルモンの分泌を抑える働きをします。40代になりエストロゲンの分泌が低下することで、満腹中枢が刺激されなくなり、食べ過ぎを抑制できなくなります。 このことから、40代は、太りやすく痩せづらい体質になっていくことがわかります。 痩せづらい部分の脂肪数を減らす痩身術として脂肪吸引と脂肪溶解注射があります。脂肪吸引は、確実に脂肪数を減らすことができますが、ダウンタイムが比較的長いことと即効性があるため周りにバレやすいデメリットがあります。一方、脂肪溶解注射は、メスを使わない施術なのでダウンタイムがほぼありません。段階をおって施術するため周囲にもバレにくいメリットがあります。 現在一番人気の高い脂肪溶解注射はBNLS注射です。BNLS注射は、痛みや腫れがほとんどなく、ダウンタイムが短いのが特徴です。1回の施術は、5~10分と短く、3~6回続けることで徐々に理想の体型に近づきます。

解説 大塚美容形成外科・歯科

公開日:2016/06/18

ダイエットで痩せないふくらはぎを細くする方法

痩身、メディカルダイエット

夏のファッションを楽しむためにダイエットにチャレンジする人が多いです。他の部位は、細くなってきたし体重も落ちてきたのに、ふくらはぎは痩せなという経験をされた方もいると思います。そもそもふくらはぎには、ほとんど脂肪がついておらず、筋肉量の方が多いのです。ダイエットを頑張ってもふくらはぎが痩せないのは、脂肪よりも筋肉の発達が原因だからです。 ふくらはぎには、「下腿三頭筋」があります。下腿三頭筋とは、ふくらはぎで一番盛り上がっている部分の「腓腹筋」と、その両サイドにある「ヒラメ筋」の総称です。腓腹筋は、内側と外側にふたつに分かれており、内側を「腓腹筋内側頭」外側を「腓腹筋外側頭」と呼びます。 これらの筋肉が発達して太くなっている原因は、継続的にスポーツをしている方(していた方)、毎日ハイヒールで歩く、早足で歩く、自転車を激しくこぐなど日常での不自然な動作や運動をしている方が多い傾向にあります。 筋肉が起因する太さを解消するのは、筋肉自体を細くするしか方法がありません。筋肉は使うことで発達します。逆に筋肉の動きを弱めると、筋肉の収縮を弱めることになり筋肉が痩せていきます。その筋肉の動きを弱めるのに有効なのが、ボトックス(ボツリヌス菌)です。筋肉の動きを止めることで、筋線維が細くなり、筋肉自体を細くします。 ボトックスの注射をしたからと言っても、筋肉がまったく動かなくなるわけではないため、むくみを引き起こしたり日常生活に支障が出たりはしません。

解説 大塚美容形成外科・歯科

公開日:2016/06/16

ウルトラアクセント

痩身、メディカルダイエット

ウルトラアクセントとは 世界初の横波超音波を搭載し、痛みもダウンタイムもない画期的な部分痩せ機器です。ウルトラアクセントの特別な超音波は脂肪細胞にのみ反応するので、周囲の組織にダメージを与える事なく、脂肪細胞の膜を破壊する事が可能です。美容医療の世界では「メスを使わない脂肪除去」と呼ばれる程です。ダウンタイムがなく、どなたにでも気軽に受けていただける治療です. 世界初の「横波超音波」を搭載 従来の超音波痩身機器は、「縦波」が主流でした。ところが縦波は脂肪細胞以外の組織にもダメージを与えてしまう危険性があり、低出力でしか施術を行えないため効果に限界がありました。「ウルトラアクセント」は、脂肪細胞に合わせた周波数の横波超音波を照射する事で、脂肪細胞は膜が破壊され溶け出しますが、皮膚・血管・神経・骨などにダメージを与える事がありません。よって高出力での施術も可能となり、より高い部分痩せ効果を実現できます。 溶け出した脂肪も、血流やリンパと共に体外へ ウルトラアクセントは、横波超音波のほかに、テノールという高周波も合わせて施術します。高周波(40.68MHz)の高周波を照射することで代謝を促し、超音波によって液状化した脂肪やセルライトをスムーズに血管やリンパ管の中に取込み、体の外へ排出せます。もちろんこの高周波も、痛みを感じることはなく、ぽかぽかと温かさを感じる心地よい程度で、肌の引き締め効果も得られます。 ◇ウルトラアクセント4つのポイント ・より確実な部分痩せ ・痛みもダウンタイムなく、皮膚を傷つけない ・リバウンドの心配がない ・肌のたるみを引き締める

解説 メディエススキンクリニック 新宿院

公開日:1970/01/01

脂肪溶解注射 BNLS

痩身、メディカルダイエット

◆脂肪溶解注射 BNLSとは? BNLSは、植物から抽出した成分を主成分としたお顔専用の新しい脂肪溶解注射です。 脂肪の分解作用・お肌の引き締め作用・リンパ循環作用により、従来の脂肪溶解注射に比べ、腫れやむくみが軽減されダウンタイムが少ないことが特徴です。 効果には個人差がありますが、1週間間隔で3~5回程度施術を行い効果を見ます。 BNLSは腫れやむくみが少ないので、今まで腫れやむくみを気にして行う事が難しかった方もお顔への注射が可能になります。 ◆BNLSの主成分と作用 • ヒバマタ…脂肪分解作用 • チロシン(アミノ酸)…脂肪代謝促進 • アデノシン三リン酸(ATP)…血管拡張、血管新生促進作用 • セイヨウトチノキ(マロニエ)…抗炎症作用、むくみの減少作用、毛細血管の弾力性向上作用 • ペルシャグルミ(クルミ)…血管保護作用、血液循環促進作用 • オキナグサ(アネモネプルサティア)…抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用 • カラクサケマン…抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用 ◆脂肪溶解注射 BNLSがお勧めの方 • ダイエットをしても顔が痩せにくい方 • 周りの方に気付かれずに小顔になりたい方 • お仕事の都合などでダウンタイムが長いと困る方 • 切る手術には抵抗がある方 ◆BNLSを受けられない方 妊娠中の方、または妊娠の可能性のある方や授乳中の方 薬剤、食品などのアレルギーがある方 甲状腺疾患のある方 皮膚炎・皮膚感染症のある方 他の疾患で通院中の方は医師にご相談下さい。

解説 水戸中央美容形成クリニック

公開日:1970/01/01

<日本上陸!>最新の非接触型RF痩身機による部分痩せ

痩身、メディカルダイエット

<日本上陸!>最新の非接触型RF痩身機による部分痩せ 1回の施術でウエストサイズは1~3cm減 痛みもダウンタイムもなく、寝ているだけで気になる分の脂肪を燃焼させます! 国際特許を取得したヴァンキッシュの痩身治療は、皮膚や筋肉にダメージを与えず脂肪だけを広範囲に加熱して破壊します。 週1回30分の治療を4~8回行うだけで、腹部の場合1回の施術で平均2~3cm、トータル8回の施術で4~8cmのサイズダウンが可能です。 ■ヴァンキッシュ6つのポイント!! ・身体に触れることはありません。 ジェルやオイルが肌につくことに抵抗があった人も安心です。 ・1回の施術範囲が広い ヴァンキッシュなら20cm×70cmと広い範囲の照射が可能です。 ・治療時間が短い 1回の施術時間は30分くらい。×4回の治療で効果を実感できます。 ・痛みもダウンタイムもありません。 脂肪層のみを選択的に加熱するので直接痛みを感じることはありません。 ・新陳代謝がアップ! 冷え症やむくみやすい方にも効果があります! ・アメリカFDA&CEマーク取得 アメリカとヨーロッパで安全性を実証されています。

解説 八事石坂クリニック 八事院

公開日:1970/01/01

1 / 2ページ
次へ

お悩み・目的からコラムを探す


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,407人のドクター陣が63,336件以上のお悩みに回答しています。