{{ message }}


美容医療コラム

  絞り込み

医療脱毛のコラム一覧

脱毛でよくある副作用

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

レーザー照射をすると肌が敏感になるため、赤みや炎症といった症状を起こすこともあります。ここではレーザー脱毛照射後に起こりうる副作用や症状について記載します。 【術後の赤み】 レーザーは黒い部分に反応するため、周りの皮膚に軽い炎症を起こす場合があります。皮膚の弱い方や肌の色が白い方は目立ちやすくなります。個人差はありますが、一般的には2時間ほど、長くても数日で自然と治りますが、ひどい場合は医師の診察の上で炎症止め(消炎剤)の外用薬を処方することも可能です。このような赤みや熱感が気になった際には、しっかりと熱を抑えるように冷たいタオルなどで優しく患部を冷やしてください。なお氷などで冷やしてもいいのですが負担が大きいため肌がびっくりしてしまいます。特に長時間冷やしてしまう事によって低温やけどの恐れもありますので誤ったケアをしないようにする必要があります。 【毛嚢炎 もうのうえん】 術後に肌のケアを怠ると白く膿んだニキビのような毛嚢炎が生じることがあります。ニキビが出来やすい体質の場合は特にこの症状が出やすい傾向があるため注意が必要です。 毛嚢炎は毛穴の炎症なので、気になるからといってつぶしたり必要以上に触るとますます治りが遅くなったり色素沈着してしまう可能性もありますので触らないようにしてください。気になる際には出来るだけ早めに医師にご相談ください。 【火傷】 レーザーの照射レベルによって稀に火傷の症状が出ることがあります。万が一発症した際には、医療薬も用いて治療を行いますので、すぐに医師へご連絡ください。火傷にならなくても、照射後はレーザーの熱によって肌の水分が奪われるため、乾燥しやすい状態になります。この乾燥によってかゆみや赤みなどの炎症が起きてしまうため、できるだけ照射前後は念入りに保湿をしてください。赤みやかゆみなどの皮膚トラブルが起きにくくなります。 また皮膚の薄い部分で火傷をすると水ぶくれになることがあります。この場合も速やかにクリニックに相談してください。 【硬毛化】 硬毛化とは、照射を行った後に、以前より毛の一部分が濃くなってしまったり、太くなる症状のことを言います。原因は解明されてないですが、一つの要因としてレーザー照射によって毛の成長がより活性化されてしまうことが考えられ、産毛が多い背中・二の腕・肩の周りにできやすいです。一時的な症状であることがほとんどですが、万が一照射後に硬毛化があった際には医師や看護師にご相談ください。 また、自己処理での脱毛行為は、長く続けると肌トラブルにもなりやすいです。長い目で見れば、医師や看護師が常駐している医療機関できちんと専門的なケアをすることが、最もよい脱毛法だと考えおります。

解説 みずほクリニック

公開日:2020/06/27

エステ脱毛と医療脱毛の違いは?

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

脱毛と一括りに行っても医療脱毛、光脱毛様々な種類があります。 カウンセリングにお越しになるお客様でも自分が受けていたのが医療脱毛かエステ脱毛か分からない。そもそも違いって何?とお話しされる方もいらっしゃいます。そこでサロンなどで行われる光脱毛、IPL脱毛と医療機関で行われる医療脱毛の違いについて書いていきます。 【違いは何?】 エステサロンなどで行われている光脱毛、IPL脱毛と医療機関で行われている医療脱毛では機械の種類やパワーの強さが異なります。また医療脱毛は半永久脱毛ですが、光脱毛は「脱毛」ではなく「制毛」なのです。そのためレーザーがアプローチする部分が異なり効果や痛み、回数など大きく変わってきます。 光脱毛は無資格で照射可能です!! 訓練さえ受ければ資格がなくても施術が行えます。 また、医療機関ではないため医療関係者は常駐しておらず万が一何かトラブルが起きた際対応が遅れるといった問題点もあります。 さらに!! 施術者は医療者ではないため持病がある、薬を飲んでいる、大きな痣があるといったトラブルに発展しそうな要素がある場合施術自体を断られることも少なくはありません。 医療脱毛は施術者が有資格者つまり医師か看護師に限定され、医師が常駐しているため万が一トラブルが起きた際にも迅速な対応が可能になります。また、施術を受けていただく前に必ず医師の診察も受けていただきますので、エステサロンでは断られたという方も医師の診察により場合によっては医療脱毛を受けていたたくことも可能です。 エステサロンでの脱毛は 持病や、内服薬、痣や傷で施術を断られたという方も診察や状況次第ではありますが名古屋駅健診クリニック美容皮膚科では脱毛が可能な場合も十分にあるため一度カウンセリングでご相談ください。 【エステ脱毛から医療脱毛へ】 エステ脱毛から医療脱毛に切り替える方の大きな理由としては「通っても効果が感じられなかった」という方が多く見受けられます。 光脱毛と医療脱毛の一番の違いと言えばパワーの差ではないでしょうか。医療脱毛は施術者が医療者であるため十分なパワーでその時の毛の状態にあった脱毛が起こなえ、レーザーの深達度も異なり毛の奥深くまで熱を送ることが可能です。 光脱毛では施術者が医療者ではない分トラブルが起きないようパワーを下げて施術するサロンも少なくはありません。パワーが弱い分、毛の浅い部分までにしか熱が伝わらず照射回数も必要になり気が付けば医療脱毛より高額に・・・なんてことも実際にあります。 【追加施術についても】 名古屋駅健診クリック美容皮膚科では法律のもとお客様に安心してご来院いただけるよう適切な説明と理解をいただいたうえで施術を受けていただけるよう取組んでおります。 医療脱毛のメリットとしては安全性・効果と期間があげられるかと思います。医師が常駐し、看護師が施術する安全性、専門知識があるからこそお伝えできる効果の出方と、最適な脱毛機関。これらをよく比較しより良い脱毛手段を選んでいただければと思います。 脱毛について不安や疑問、ご質問などございましたらクリニックまでお問い合わせください。

解説 名古屋駅健診クリニック 美容皮膚科

公開日:2020/05/03

介護脱毛とは?

医療脱毛 (VIO脱毛)

「介護脱毛」とは、いざ介護を受けるとなった時にアンダーが長いと排泄時に不衛生になり、様々な肌トラブルを招く可能性があるので先にアンダーヘアを脱毛して介護に備えておく脱毛のことをいっております。 「介護脱毛」という言葉を聞くと「介護施設や介護を受ける際に脱毛すること」と思ってしまいますが、実際には介護を受ける前のエチケットとして脱毛を受けること、となります。あくまで介護時に脱毛をする、ということではありません。 歳を重ねていくと徐々に免疫力が下がり、些細なことでも肌トラブルの原因となりえてしまいます。 肌の回復力も低下しているため、いったん皮膚のかゆみやただれが起きてしまうと治りにくくなり、長期間不快な状況が続いてしまう可能性もあります。 介護される時にアンダーヘアが長いままですと、以下のようなトラブルの原因となる可能性があります。 ・不衛生な状況が続くと雑菌が繁殖して匂いの原因となる。 ・オムツ着用での生活となった場合、排泄物が陰毛にこびりつくこととなり、きれいに拭き取ることは困難となる。 ・もちろん着替えのたびに拭き取りますが、何度も強く拭き取ることにより肌が損傷し、皮膚が赤くただれ、痒みや痛みの原因となる。 ・状況によってはシラミの発生など不衛生な肌環境を作る原因となる。 このような事態は事前にアンダーヘアを脱毛しておくことで簡単に対応でき生活の快適度を大きく改善することができるので介護が必要になる前に事前に永久脱毛しておくことをお勧めいたします。 当院では、VIO脱毛に効果的なソプラノアイスプラチナムという機械で施術をしておりますので是非ご検討ください。 また、気になることがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

解説 名古屋駅健診クリニック 美容皮膚科

公開日:2020/03/21

蓄熱式脱毛って何?

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

近年医療脱毛のクリニックが多い中で 【蓄熱式脱毛】という文字をよく目にしませんか? 一時を境にショット式やニードル脱毛ではなく医療脱毛=蓄熱式の方程式が主流になっていました。 そこで蓄熱式脱毛【ソプラノアイス・プラチナム】についてご紹介させていただこうと思います。 ソプラノアイス・プラチナムはソプラノアイスが進化した脱毛器です。 イスラエルのAlma Laseres社で作られた蓄熱式脱毛マシンで、2014年に発売されました。 「本当に痛くない医療レーザー脱毛」と言われており、痛みだけではなく、時間や回数も従来の機械の半分で済むようです。 メラニン色素をターゲットにし1ショットずつ毛に照射していた今までのマシンと違い、出力の低いレーザーを何度も繰り返して照射し、蓄積された熱でメラニンと毛包に徐々にダメージを与えていく蓄熱式(SHR方式)を採用したマシンです。 毛根だけでなく、それよりも浅い位置にある「バルジ領域」や毛に関わる様々な部分に、少しずつとダメージを与えていきます。 それによって今までのような痛みは感じずに、ほんの僅かに温かさを感じる程度や少しピリッと感じる程度で施術が可能になっているようです。 従来のマシンでは黒いものに反応してしまったため、肌が黒い方は行えないなどがありましたが、日焼けしていたり元々色黒肌の方でも行えるようになっています。 また、ソプラノアイス・プラチナムのヘッドは照射も冷却も一度に可能な構造で、円を描くように照射していくだけで、施術したい箇所全体に満遍なく熱を与えていきます。 そのため、何度も重ねて照射する必要がなく、火傷や照射漏れのリスクも軽減されています。 脱毛というと、エステサロンでの光脱毛が人気ですが、医療レーザー脱毛の方が効果が高いと言われています。 しかし、レーザー脱毛は痛いというデメリットと言われてきました。 その悩みを解消したのが、ソプラノアイス・プラチナムと言われています。 是非、人気の高い医療脱毛で施術を受けたい方、お肌を大切にしながら脱毛をしたいかたは 当クリニックにお越しくださいませ。 また、気になることやご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

解説 名古屋駅健診クリニック 美容皮膚科

公開日:2020/02/06

蓄熱式脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

最近医療脱毛で主流になっている『蓄熱式脱毛』のメリット・デメリットをご紹介させていただきます。 【メリット】 施術時間が短いだけでなく、痛み最小限に抑えて行えるのがメリットです。 面積が広い部位の方が時間短縮を実感でき、例えば45分かかっていた両膝周りが15分程度で済んだという声もあります。 また出力が低く肌に優しいレーザーのため、アトピー性皮膚炎の炎症がある場合にも受けられる可能性が高いです。 (カウンセリング時に医師の判断が必要です。) 痛みもないため、子供でも受けられる施術です。 (未成年者の施術には、事前に確認が必要になります。) 【デメリット】 デメリットやリスクはほとんどないといわれています。 しかし、まだ新しい施術で口コミなどが少ない点がデメリットの一つです。 お肌のダメージを少なく医療脱毛をしたい方は、是非当院にお越しくださいませ。 また、気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。 上記は当院で取り扱っております、蓄熱式のソプラノアイスプラチナムについて書かせていただいております。 参照資料)美容医療相談室

解説 名古屋駅健診クリニック 美容皮膚科

公開日:2020/02/06

医療脱毛は痛いってホント?

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

医療レーザー脱毛は痛い!!という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか? 美を追求したい、コンプレックスのために、お肌のために医療脱毛を考えていても、痛いのは嫌ですよね。 その方には、蓄熱式のレーザー機がおすすめです。 蓄熱式は従来のショット打ちの脱毛方法とは異なり、じっくりとお肌全体に熱を与えていきますので痛みの軽減が期待されております。 脱毛の効果としましては、従来の効果と同様と言われております。 ただ機械によって必要回数が異なりますので、施術を受ける蓄熱式でのご自身にあった回数をクリニックでご相談をお願い致します。 当院の取り扱っている ソプラノアイス・プラチナムの特徴をご紹介させていただきます。 1.細かい部分まで対応出来る 特殊なアタッチメント(レーザーを照射する接触面)により、鼻毛・耳毛・眉毛・産毛などの脱毛も可能です。 従来のレーザー脱毛では狭い部分や小さい部分への対応は不可能でした。 しかし、ソプラノアイス・プラチナムは、耳穴や鼻の中などデリケートな部分も痛みを抑えつつ脱毛をすることが可能です。 細かい部分の毛に悩まされていた方にも、施術が可能です。 2.痛みが少ない 従来のレーザー脱毛と比較すると1発あたりのエネルギー量が半分以下となっているため、痛みもその分少なくなっています。 また、冷却装置を使用し肌の表面を冷やしながら行うため、より痛みやストレスがなく、施術を受けることが可能です。 3.日焼けしていても施術が行える 過去の脱毛では日焼けしている肌や元々色黒の方などは施術を受けることが出来ませんでしたが、ソプラノアイス・プラチナムですと施術を行うことが可能です。 (※炎症している場合を除く) 4.3つの波長で様々な毛質に対応 従来のマシンは一つの波長しか出ていなかったため、毛質によっては上手く脱毛できない場合がありました。 しかし、ソプラノアイス・プラチナムは独自の照射ヘッド「3Dヘッド」により3つの波長を出すことが可能なため、深度の毛も脱毛が可能です。 毛の深さや種類、色、濃さなどに関わらず、より多くの方がムラのない綺麗な肌を実感しているという声もあります。 5.時間を大幅に短縮 今までのマシンに対して1/4以下の時間での脱毛を実現しています。 時間がなく全身脱毛を諦めていた方でも、施術が可能です。 6.硬毛化が起こりづらい 従来のレーザー脱毛では、産毛が上手く脱毛されないために施術前より太く硬くなってしまう「硬毛化」という副作用がありました。 ソプラノアイス・プラチナムは産毛も脱毛出来るためか、硬毛化が起きにくくなっていると言われています。 (※詳しい原因は解明されていません。) 早くツルツルなお肌を手に入れたい、細部まで美を追求したい、最新の機械で施術したい方は是非当院への施術をオススメです!! ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

解説 名古屋駅健診クリニック 美容皮膚科

公開日:2020/02/06

エステ脱毛と医療脱毛の違い

医療脱毛 (その他(脱毛))

女性なら誰でも気になるムダ毛。自己処理できる部分ならともかく、なかなか難しい部分も多いですよね。でも今は誰でも気軽に脱毛ができツルツルのお肌が手に入る良い時代になりました! 最近では、男性でも脱毛に通っている人も増えてきましたよね。 そんな脱毛経験者はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、選ぶ脱毛サロンや医療機関によって通う回数や効果、痛みなどかなり差がついてしまうんです。 せっかくなら痛みも少なくしっかり効果も出したいですよね!! そんな方にオススメしたいのが 【蓄熱式医療脱毛】 毛根を破壊するのではなく、バルジ領域の発毛因子を破壊することで、深さや毛質、色に関係なく脱毛が可能です。 バルジ領域から作り出される発毛因子が「毛を生やせ」と命令を出すことで毛根から毛が生えるのですが、命令を出しているバルジ領域を破壊することで、毛母細胞が生成されなくなり、毛の生成はストップするとされています。 バルジ領域は毛と繋がっていなく、真皮層にあるので毛があってもなくても関係ないのです。毛周期に関係なく脱毛が可能なのです!! 毛根を破壊するレーザー脱毛と違い、黒色に反応させるのではないので色黒の方でも処置ができ、毎月の処置で約半年で永久脱毛が可能です。 ハイパワー、高速連射式で、1秒間で最大10連射が可能です。全身脱毛でも約30分で終わります。 蓄熱式なうえ、強力なクーリングシステム(水冷+空冷+半導体冷凍)を備えているため、従来の医療脱毛と違い、痛みが苦手な方でも安心して処置ができます。 ・蓄熱式医療脱毛 ・色黒の方も処置可能 ・痛みが少ない ・毎月の処置可能 ・約半年で永久脱毛可能 ・全身脱毛が約30分 ・安全性が高い(️火傷のリスクが低い) 今までの諦めていた方も脱毛が可能になりました!! 【エステサロンでの脱毛】 エステサロンでの主流の脱毛は「フラッシュ脱毛」という方法です。 「フラッシュ脱毛」医療レーザーに比べると出力が低く一回の脱毛効果が弱いため施術の回数が15回~20回とかかってしまったり、薄くはなるけどなかなかなくならないのが現状です。 【医療レーザー脱毛】 医療レーザー脱毛は黒色のメラニン色素に反応し効果を発揮します。 毛根を破壊するので痛みも強いですが永久脱毛も可能です。 ただ、レーザーの効果が効率的に届くのは、毛根がしっかりしている「成長期」という段階の毛だけなのです。 毛周期とは【成長期】【退行期】【休止期】があり2ヶ月おきに繰り返されています。 ですので、毛周期に合わせて間隔を空ける必要があります。 ですので蓄熱式医療脱毛と比べると倍の時間がかかってしまいますし、黒色の反応させるため色黒の方は照射が難しいんです。 高い効果や早くツルツルのお肌を手に入れたい方、当院の蓄熱式医療脱毛」がおすすめです! 永久脱毛をお考えの方、今まで痛くて医療脱毛が苦手だった方、ぜひお気軽に当院へお問い合わせください。

解説 B-LINE CLINIC (ビーラインクリニック)

公開日:2019/12/21

蓄熱式脱毛メディオスターで痛みが少ない脱毛

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

医療脱毛について多くの方がお持ちのイメージは、『脱毛効果は高いけれど痛い』というものでした。それゆえに、脱毛効果が弱い事を理解していてもあえてエステ脱毛を受け続けられている方も少なからずいらっしゃいます。 どんな人でも痛みが少ないのであれば、痛くない方法を好むのは当たり前です。そんな、痛みがどうしても苦手という方におすすめしたい医療脱毛機がメディオスターと呼ばれる医療脱毛機です。 メディオスターは、医療脱毛機器として日本の厚生労働省に販売認可を受けている安全性と効果が国から認められた医療機器なだけでなく、脱毛時の痛みが少ないことが特徴の脱毛機です。 その特徴は蓄熱式脱毛と呼ばれる手術方法なのですが、今回のコラムではメディオスターの大きな特徴である蓄熱式脱毛や痛みが少ない脱毛を可能にしている理由についてご紹介します。 ───────────────────────── 痛みの少ない新方式 蓄熱式脱毛とは? ───────────────────────── 痛みの少ない蓄熱式脱毛について紹介をする前に、従来の脱毛方式について簡単にご説明します。従来の医療脱毛は、強いレーザーを短時間当てることで毛根の温度を上昇させることで脱毛を実現していました。 その結果、毛幹の温度が瞬間的に高まってしまい強い痛みの発生や火傷のリスクといったデメリットをもっていました。こういった痛みが強い医療脱毛を改善しようという思いから誕生した新しい医療脱毛手法が『蓄熱式脱毛』です。 蓄熱式脱毛は従来の脱毛機器と比較して、低出力でレーザーを照射することで脱毛を行うため、従来方式よりも痛みを抑えた医療脱毛を可能にしています。 しかし、出力を落とすということは効果が弱くなってしまうのではと、疑問を感じたのではないでしょうか。むしろ、逆で脱毛効果は従来方式よりも高くなっており施術時間も大きく短縮されています。 ───────────────────────── 蓄熱式脱毛の脱毛効果の秘訣とは? ───────────────────────── 蓄熱式脱毛が従来の脱毛方式よりも低出力ながら、脱毛効果を高めることに成功した秘訣は作用する位置に大きな違いがあります。 従来の脱毛方式では毛根部分、脱毛したいムダ毛の最も深い部分に対してレーザーを照射する必要があったため、高出力のレーザー照射が必要でした。 対して蓄熱式脱毛が作用する箇所は、従来方式よりも深度が浅いバルジ領域と呼ばれる部分です。 そのため、従来よりも低出力でのレーザー照射であっても高い脱毛効果を維持することを可能にしており、また、作用させる部分の深度が浅いため滑らせるようなレーザー照射を行っても脱毛を行う事が可能なため照射時間も大きく短縮されています。 ただ、痛みを軽減した脱毛を実現しただけでなく脱毛効果を高めかつ、施術時間は短縮することに成功していますので多忙な方にもおすすめしたい医療脱毛機です。 ───────────────────────── 数少ない厚生労働省認可の医療脱毛機 ───────────────────────── メディオスターは日本では数少ない厚生労働省から認可を取得した医療脱毛機器です。欧米の厚生労働省にあたるFDAの認可を得ている医療機器は多く存在しますが、日本の厚生労働省が認めた医療機器というのはまだまだ少ない状態です。 もちろん、認可されていない機器が認可されている機器と比べて劣っているという話ではなく、安全性が低いという話でも当然ありません。 優れた医療機器であっても承認を得るまでに時間が掛かることもありますし、厚生労働省の認可取得というのは一概に優劣をきめるものではないのです。 ただ、事実として日本の厚生労働省が医療脱毛機器としての効果と安全性を認められています。認可を得ようと申請すれば必ず通過できるというものではないため、メディオスターの脱毛効果と安全性が客観的に認められているということも事実です。 脱毛を受ける時にどの機械が良いのか判断がつかない時などには、参考にしていただければ幸いです。

解説 やまもと皮フ科

公開日:2019/12/07

脱毛は冬にスタート!夏までに間に合う計画脱毛!

医療脱毛 (医療レーザー脱毛)

◆ムダ毛の自己処理から解放されたい◆ ―――――――――――――――――― なかなか女性同士でも話題にしにくいムダ毛の話。 皆さんはムダ毛の処理をどうされていますか? 【剃る・抜く・焼き切る・薬剤を使う】 など、自己処理の方法は数多くありますが、いずれの方法も、肌へのダメージは大きく、肌荒れや炎症の原因になります。 実際、肌トラブルを経験したことがある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 日本人女性の美意識が年々高まる中、ツルツルで美しい肌を求めることが当たり前の時代になりました。 だからこそムダ毛の処理で悩んでいる人口も増加傾向にあります。 ムダ毛処理と格闘する時間や、それに付随する肌トラブルから解放されたいとお考えの方! ぜひムダ毛の自己処理を卒業し、本格的な永久脱毛を始めませんか!? 永久脱毛を始めるなら冬のこの季節がベストタイミングです! ◆冬からスタートする永久脱毛◆ ――――――――――――――― 夏が終わったばかりなのに、脱毛をスタートだなんて、見当違いのように聞こえるかもしれませんが、これは知る人ぞ知る脱毛の常識です! 来年の夏までにツルツルの美しい肌を手に入れるには、この冬に脱毛を始めるのが賢い選択と言えるでしょう。 なぜかと言いますと、脱毛には毛の「毛周期」が密接に関係しているからなのです。 「毛周期」を把握しないと脱毛は成功しない! ――――――――――――――――――――― どの季節でも脱毛を始めることはできますが、効率よく効果的に脱毛を進めていきたいのであれば、「毛周期」、いわゆる毛の生まれ変わりのサイクルを味方にすることが大変重要になってきます。 医療レーザー脱毛は黒色のメラニン色素に反応し効果を発揮します。 つまりレーザーの効果が効率的に届くのは、毛がある程度成長して表面に出ている「成長期」という段階の毛だけなのです。 したがって、【成長初期】【退行期】【休止期】の段階の毛にはレーザーの効果を届けることはできません。 ですので、次回に行う医療レーザー脱毛は、ほかの段階だった毛が「成長期」を迎える時となります。 そのため施術の間隔を空ける必要があります。 「成長期」の毛を狙い撃ちする医療レーザー脱毛を数回(平均して5〜7回程度)繰り返すことで、やっと永久脱毛は完了します。 では、夏までに永久脱毛を完了させるためには、いつから「脱毛」をスタートするべきか? あくまでも1例ですが、脱毛を開始してから8か月目に脱毛が完了します。 ※毛周期には個人差があることや、脱毛したい部位によって毛周期は異なることを考慮した上で、脱毛スケジュールを計画することが重要となります。 そのためには正しく「毛周期」を把握し、より効果的な脱毛スケジュールを組み立てることができる専門家の知識や経験が必要です。 ◆美容医療クリニックの永久脱毛◆ ―――――――――――――――― 永久脱毛を考えるならば、ぜひ美容医療クリニックをおすすめします。 医療レーザーで行う永久脱毛は、法律上、医療機関(病院やクリニック)でしか行う事ができません! エステサロンでの脱毛は「フラッシュ脱毛」という方法が主流です。 「フラッシュ脱毛」は出力レベルが医療レーザーに比べると弱く、一回の脱毛効果が低いため、施術の回数を増やす必要が生じます。 そのため、サロン通いの長期化や、期待した効果が実感できないことに対する不満の声もあるようです。 また、医療機関での永久脱毛をおすすめしたい最大の理由は、万が一のトラブルにも適切に対応できる医師が常駐しているということです。 高い効果や安全性を重要視するなら、医療機関での医療レーザー脱毛が断然おすすめです! 当院では、アメリカの厚生労働省にあたるFDA(米国安全基準)から認可を受けた医療レーザー脱毛機器で、痛みを大幅に軽減したモデルを使用しています。 皮膚にトラブルのある方やアトピーやアレルギー体質の方にも安心して受けていただけます。 高い効果や安全性を重要視するなら、医療機関での医療レーザー脱毛が断然おすすめです! この冬、永久脱毛をお考えの方、ぜひお気軽に当院へお問い合わせください。

解説 西新宿杉江中央クリニック

公開日:2019/11/27

お悩み・目的からコラムを探す

  スペシャルインタビュー


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,325人のドクター陣が55,217件以上のお悩みに回答しています。