{{ message }}

{{ message }}

既にメンバー登録済みの方


まだメンバー登録されてない方はこちらから登録!


美容医療コラム

普段表に出てこないような美容医療の裏話、最新の美容医療情報、美容整形術のポイントなどを美容医療の専門家が発信!

コラム一覧

エコーで脂肪を直接確認!? エコーガイドメソセラピーとは

痩身、メディカルダイエット (メソセラピー(脂肪溶解注射))

ダイエットや運動をどんなに頑張っても、脚だけが痩せない...、という悩みをお持ちの方は多いことと思います。 実際のところ、ピンポイントで部位を選択し、脂肪を減らすことは、人体のメカニズムから考えると「難しい」と言えるでしょう。 そんな成功の難しい部分痩せには、「脂肪吸引」と「脂肪溶解注射」がおすすめです。 部分痩せで一番確実なのは、「脂肪吸引」です。 施術にあたり、 ・ダウンタイムを3-6ヶ月くらい取ることが可能 ・手術においてどうしても0にはできないリスクを厭わない という方に非常におすすめです。 一方で、ダウンタイムが取れない方や、手術は怖いという方には、「脂肪溶解注射」がおすすめできます。 脂肪溶解注射は、効果が少ないと言われることもありますが、これにはいくつか理由があります。 ①脂肪溶解注射を打つ「量」の問題 脂肪溶解注射は、その名の通り、脂肪を溶かし、血管内に老廃物として取り込んだ後、体外に排出することで脂肪を減らします。 ですが、脂肪溶解注射はあまり大量に打つと体への負担が大きいため、一度に打てる量には限度があります。 複数回に分けて打っていきますが、患者様はどの程度打てば終わりがくるのか分からず、効果を実感できる量を打ち終わる前に途中でやめてしまうケースがあるのです。 ②脂肪溶解注射を打つ「場所」の問題 皮下脂肪は、皮膚と筋肉の間に存在しますが、脂肪組織は、筋肉近くの深い場所に行くほどサイズが大きいという報告があります。 そして、このサイズが大きい脂肪組織を狙って打つことで、脂肪溶解注射の効果がさらに引き出せると言われています。 しかし、筋肉近くの深い位置への注入は、筋肉を傷つけてしまう可能性があるため、簡単ではありません。 この問題を解決し、より効果的な治療となるのが『エコーガイドメソセラピー(エコーを補助に用いた脂肪溶解注射)』です。 エコーガイドメソセラピーのメリット① エコーを用いて実際に脂肪の様子を患者さんと一緒に見ながら、脂肪の厚みを計測し、そこから注射薬の必要量を計算します。 これにより、「過不足ない1回量」と「通算の予測必要量」を医師と患者さんとの間で共有できるため、最終目標が明確になります。 また、エコーで脂肪と筋肉の様子が直接見えるため、筋肉をぎりぎり損傷しない場所に注射が可能です。 そのため、患者様の体への負担は軽減されます。 エコーガイドメソセラピーのメリット② エコーで脂肪の厚みを計測できるため、客観的に効果の程度が評価が可能になります。 従来の方法である、単純にメジャーで周径を測定する方法では、筋肉のコンディションによって、どうしても数字が変化してしまい、「脂肪だけ」の評価をしにくいのが現状です。 しかし、エコーを使用することで、我々も、患者様も脂肪自体を直接視界に捉えられます。 そうして「脂肪そのものの量の変化」を測り、数字として正確に評価できるため、患者様も効果を実感しやすいと言えます。 エコーガイドメソセラピーのメリット③ 先述のように、エコーで毎回評価することにより、脂肪溶解注射の薬剤の量を適切に増減できます。 そのため、患者様の体への負担を軽減しつつ、目標や理想に近づくことが可能です。 『エコーガイドメソセラピー(エコーを補助に用いた脂肪溶解注射)』は、従来の脂肪溶解注射で効果を感じている方はもちろん、否定的だった方にもぜひお試しいただきたいメニューです。 脚の部分痩せにご興味のある方は、一度ご相談にいらしてください。

解説 veary clinic ヴェアリークリニック

公開日:2022/01/27

美しいヒップを医学の力で手に入れる!ヴェルベットヒップとは?

豊尻・ヒップアップ

ヒップケアにおいて、 「ヒップの黒ずみが気になる」 「ハリがなくなってきたかも」 「キメの粗さが目立つなぁ」 というお悩みを持つ方は、意外に多くいらっしゃいます。 ですが、このような悩みは人には言いづらく、また、他の人から聞く機会もなかなか無いため、「こんなことで悩んでいるのは自分だけなのでは?」と思い込みがちです。 また、今の時代、美容医療はほぼ全身に渡り行われていますが、なぜかヒップケアだけは「医療の守備範囲外」と思っている方がほとんどなのではないでしょうか? みなさんがそう思われるのも当然のことで、多種多様な治療法が存在するお顔などの施術に対し、ヒップは豊尻と呼ばれるヒップアップ治療が存在する程度なので、ヒップに対する施術を選びようがないと諦めてしまうからです。 今回は、そんなお悩みをお持ちの方へ向けて、おすすめの施術を紹介したいと思います。 〇ダーマペン治療 ダーマペン治療は、皮膚に肉眼では見えないほどの微細な穴を開け、皮膚が自力で再生しようとする能力を引き出す治療法です。 肌の生まれ変わりを促進するため、肌質改善に繋がります。 〇ピーリング剤治療 不要になった角質や自然に剝がれなくなった角質を除去する事で、お肌の再生や新陳代謝を促し、美しい肌を保つ治療です。 ◎『ヴェルヴェットヒップ』 上記の説明のようにそれぞれの治療法は、単独でもヒップに対し、大変効果的な治療法です。 しかし、これらを組み合わせることで、より一層の美肌効果やハリ改善が望めます。 お顔に行う施術同様、ヒップにダーマペンで微細な穴を開け、その後ピーリング剤を塗り込む治療法をヴェルヴェットスキンと呼びます。 それをヒップに応用したものが『ヴェルヴェットヒップ』です。 同様と言っても、お顔とヒップでは肌質、皮膚の厚み、リンパの流れが全く異なるため、効果も少ないのではと心配に思う方もいるかもしれません。 ですが、ヴェルヴェットヒップは、 ・ダーマペンの設定 ・使用薬剤の量や配合 ・薬剤を塗り込む時の順序や方向など これらをヒップ用に検討を重ねて得た治療法です。 また、ダーマペンにも、ピーリング剤にも種類がありますが、当院でも使用しているものの組み合わせは以下の通りです。 <ダーマペン4> ~特徴~ ・今までのローラータイプではなく、ペン型の機材 ・先端にある複数の超極細の針が振動 ・皮膚に刺さる針の長さの調整が可能 ~メリット~ ・垂直に針が刺さるため、場所に合わせた的確なケアができる ・素早い振動によって、穴を開けた際の不快感が軽減される ・皮膚の厚さやお悩みに合わせて皮膚への深度を細かく調整できる となっています。 <P R XーT33> ~特徴~ ・皮膚剥離を起こさせずにピーリングができる ・別々の速度で、別々の深度へ含まれている薬剤が浸透する ・正確な成分配合がされている ~メリット~ ・ピーリングにありがちな赤みや乾燥が起こりにくい ・ただ塗り込むだけで肌の奥まで浸透する ・高い美白効果や皮膚のたるみ改善が期待できる それぞれの機材と薬剤によって、お顔の美肌・美白効果と何ら変わらない効果が期待できますし、ヒップは普段のケアがお顔ほど行き届きにくい場所であることから、むしろお顔よりも劇的な変化を感じられる方も多くいます。 この効果に加えて、ヴェルヴェットヒップは即効性と持続性の両方を兼ね備えています。 ダーマペンによる1-2日程度続く赤みやほてりが抜けた直後から、効果を実感でき、そこから数ヶ月にわたりコラーゲンが生成されるため、持続性も抜群です。 『ヴェルヴェットヒップ』は美しいお顔と同様に、美しいヒップを目指す! そんな美意識の高い方にぴったりな施術です。 ・ヒップを美しくしたい ・すぐに効果が欲しい ・ヒップケアは美容クリニックの範囲外と思っていた こんな方々は、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

解説 veary clinic ヴェアリークリニック

公開日:2022/01/27

小陰唇縮小手術|術前デザインと臨床経験の重要性

婦人科形成 (小陰唇縮小)

「婦人科形成」や「女性器形成」と言われる美容医療分野は、比較的新しい領域です。 しかし、整形大国であるお隣の韓国はもちろん、欧米などの諸外国では、非常にポピュラーな美容医療領域となりつつあります。 実は、我が国でもここ5年ほどで、「婦人科形成」や「女性器形成」の治療件数がどんどん増えてきています。 中でも、「小陰唇縮小手術」は、最も施術件数の多い手術の一つです。 これは裏を返せば、それだけ多くの人が小陰唇に何かしらのお悩みを抱えているということになります。 このように治療件数が増えてきている背景としては、欧米文化流入の影響でV I O脱毛が大変流行していることが少なからず影響を与えているのかもしれません。 デリケートゾーンを脱毛することでそれまで見えにくかった自分の女性器外観に関して、お悩みを初めて持つ方も多いようです。 この小陰唇というのは、外性器のヒダ状になっている部分で、尿道口や膣に菌が侵入しないようにする役割を持ちますが、見た目の上でも最も目立つ部分であることから気にされる方が特に多い部位です。 他人と気軽に比べられる場所でもないことから、いわゆる「普通」の形状というのがわからない、と人知れずお悩みを持ち続ける方が多くいます。 また、小陰唇が肥大していると、 ・衛生面 ・きついズボンを履いたときの痛み ・スポーツの時の痛み ・尿が飛び散りやすい など外見以外にも問題が生じる可能性もあります。 こうした問題を解決する方法として、余分な小陰唇を切除、縫合するというシンプルな手術が「小陰唇縮小手術」です。 「小陰唇縮小手術」で調べれば、この他にも色々な情報が出てくるため、そうした一般的な情報は他の方に任せるとして、ここでは、他ではあまり出てこないであろう少しマニアックなお話をしたいと思います。 今回のテーマは、 「小陰唇縮小手術の出来栄えを決める要素とは何か?」 です。 小陰唇縮小手術の出来栄えを決める要素。 これは、「術前デザイン」と「糸をかける深さと間隔」の2点にほぼ尽きると言って良いでしょう。 順に説明していきます。 ①術前デザインについて 小陰唇縮小手術の術後に最も問題になるのは、過剰切除ですが、簡単に言うと「小陰唇を切り過ぎてしまう」ということです。 小陰唇は、前述した通り、膣内への雑菌の侵入を防ぐ役割も担っているため、過剰切除は乾燥の原因や膣炎が頻発する原因になります。 また、切り足りないところを切り足すのは簡単ですが、切り過ぎてしまったものを戻すのは非常に難しいため、施術する上では絶対に避けたいところです。 この過剰切除が起きてしまうパターンとして、患者さんの希望のままに小陰唇ほぼ全てを切るようなデザインにしてしまうことが挙げられます。 小陰唇縮小手術を希望される患者さんは、コンプレックス故に小陰唇の黒ずみ部分を全て切除してほしいという要望を持っていることが多く、全て切除してほしいという方もいらっしゃいます。 ですが、小陰唇は切除した直後から最終的には皮膚が縮んで馴染む、ということにも留意しておかなければなりません。 医師側にこうした過剰切除のリスク管理が不足していることが原因で、取り返しのつかない結果が生まれてしまうことも残念ながら少なくはないのです。 よって経験のある医師の多くは、患者さんが希望する切除ラインよりも、小陰唇を大きく残すようなデザインを勧めるようにしています。 この際、何よりも重要になってくるのが、術前に行う医師患者間でのディスカッションです。 すり合わせをきちんと行なって、納得していただいてから手術に進むということが、患者さんにとって何よりも大事になってきますので、事前のカウンセリングではしっかり話し合いましょう。 ②糸をかける深さと間隔について これは手術用語でバイトとピッチと言います。 我々外科医は、最初はスポンジとかタオルにひたすら針糸をかけてこのバイトとピッチを自在に操れるようになるまで練習します。 そして、各部位に最適なバイトとピッチを先輩医師から直接学んで、自ら経験することで体得していくのです。 こうしたことは教科書では学べない部分ですので、経験が重要になってきます。 バイトとピッチがいい加減だと、仕上がりがでこぼこしてしまうという悲劇が起きかねません。 より良くするための施術ですので、我々外科医は常に技術を向上することで、患者さんの術後の不安を減らすよう心がけています。 いかがでしたでしょうか? 少しマニアックな話になったため、患者さんの立場からはすぐに直接活かせるといった話ではなかったかも知れません。 ただ、単純に切って縫うという手術においても、我々外科医はこうした深い思慮を持って行なっているのだと知っていただければ幸いです。

解説 veary clinic ヴェアリークリニック

公開日:2022/02/14

切らないわきが治療「ビューホット」と「ミラドライ」の違い

わきが手術・多汗症治療 (ミラドライ)

今主流になってきている機器による切らないわきが治療「ビューホット」と「ミラドライ」 わきが治療を考えている方の中には「何がそこまで違うのか」「効果はどれほど違うのか」と思っている方は多いのではないでしょうか。 「ビューホット」 ビューホットは先端のチップについている36本の細かい針から高周波を放出することで わきがのニオイの原因となるアポクリン腺を高周波による熱エネルギーで破壊します。 「ミラドライ」 ミラドライは電子レンジにも使用されているマイクロ波を照射することによってわきが の原因であるアポクリン腺を破壊します。 ~「ビューホット」と「ミラドライ」の違いと特徴~ ①よりニオイに効果的「ビューホット」  より汗に効果的「ミラドライ」 ②1回の照射がピンポイント「ビューホット」  1回の照射が広範囲「ミラドライ」 ③わきが・チチガ・すそわきがにも対応「ビューホット」  わきがに対応「ミラドライ」 ※実はわきがは脇だけでなくアポクリン腺が多く存在する乳輪回りやデリケートゾーンにも発生する可能性があり、気になるデリケートゾーンのニオイはすそわきがだったという場合のも少なくありません。 ④施術時間:両脇30分程度「ビューホット」  施術時間:両脇60~90分「ミラドライ」 「ビューホット」「ミラドライ」は共に切らないわきが治療であり、ダウンタイムや痛みが少なく魅力的な治療です。 治療の特徴や効果の特徴に違いがあるためより自分の悩みに合った治療方法を行うことをおすすめいたします。 また「ビューホット」であれば多汗症ボトックスと組み合わせることでニオイ・汗に最大限の効果を期待することもできます。

解説 東郷美容形成外科 福岡

公開日:2021/06/23

お悩み・目的からコラムを探す

  スペシャルインタビュー


ドクター相談室

美のお悩みを直接ドクターに相談できます!
1,418人のドクター陣が62,201件以上のお悩みに回答しています。