{{ message }}


美容医療コラム

普段表に出てこないような美容医療の裏話、最新の美容医療情報、美容整形術のポイントなどを美容医療の専門家が発信!

コラム一覧

セルフケアで顔のシミを消す方法

シミ取り・肝斑・毛穴治療 (その他(シミ・毛穴治療))

最近急にシミが増えたような気がする……ある日自分の顔を鏡でマジマジと見てみると、なんだかシミが急に増えたような……なんて感じてしまうことはありませんか? とはいっても、これはシミが急に増えたわけではありません。 シミとは、体内で作られたメラニン(色素)が、皮膚の表面に点々と褐色状に表れてきたものです。メラニンは紫外線などの影響で日々作られていて、毎日の生活で少しずつ蓄積されていった結果、1つ、2つと肌の表面に表れていくようになります。少量だとあまり気になりませんが、数が増えてきたり、範囲が広がったりしてくると気が付くため、「急にシミが増えた」と感じてしまうのです。 そして、シミが肌に蓄積されたメラニンが原因なのであれば、顔のシミを解消するベストな方法は、シミの元となるメラニンを作らせない、あるいはメラニンを体外に排出させて、蓄積させないようにすることです。 今回は、いつのまにか増えてしまいがちな顔のシミを、セルフケアで解消する方法をあらゆる角度から徹底検証いたします。

解説 口コミ広場編集部
監修 宮崎浩彦 医師

公開日:2018/12/12

ヴェルベットスキン

シミ取り・肝斑・毛穴治療 (美白治療)

《ヴェルベットスキンとは?》 全ての美肌治療のベースは『真皮に刺激』→『真皮内の線維芽細胞が反応(活性化)』にあります。 マッサージピールの効果である「美肌・美白」「たるみ引き締め」をより高めるために、ダーマペンの持つ「真皮層への有効成分を届ける力」と「皮膚修復過程による大量のコラーゲン生成力」を活用する治療法です。 《マッサージピールとは?》 マッサージピール(PRX-T33®)は皮膚を剥離させずに、皮膚のより深層にある真皮細胞に働きかけ、表皮再生を活性化させる治療方法です。 マッサージピール(PRX-T33®)を皮膚に塗るだけで、細胞再生・新たなコラーゲン線維形成を促し、ハリと弾力を取り戻すことができます。 別名『コラーゲンピール』とも呼ばれます。 お肌を優しくマッサージしながら薬剤をなじませ塗布していき、皮膚深層から表皮再生を促進させることで、従来のピーリングでは得られなかった効果をもたらします。 皮膚の滑らかさやハリ感を、拭き取り直後から感じられるという即効性に加え、ダウンタイムが少なく試しやすい人気の治療方法です。※敏感肌の方はまれに赤みや剥離が起こることがあります。 《ダーマペン治療とは?》 ダーマペンはマルチプルニードル(11本の針)を用い、気になる部分に肉眼では見えないほどの細かな穴を開け、人間が本来持っている傷を修復する治癒能力でその穴を再生し、肌を新しく生まれ変わらせる治療法です。 針穴を通して様々な「美肌有効成分」や「成長因子」などをお肌の深部にまで効果的に浸透させることが可能です。 不足している成長因子を補填し、細胞分裂を活性化させ、肌の再生能力を高めることで、肌の衰えや小ジワ・ニキビ跡・傷跡・シミ・肌のハリを改善します。痛みや出血が少なく、短時間でできる治療です。 個人差がありますが、治療後二ヶ月程度で肌にハリと弾力が戻り、つややかでなめらかなお肌へと生まれ変わります。 【施術の流れ】 Step1:ダーマペン ダーマペンをお肌に滑らせ、肉眼では見えないほどの細かな穴を開けていきます。 Step2:マッサージピール マッサージピールに含まれる美容有効成分、TCA(トリクロロ酢酸)・過酸化水素水・コウジ酸が真皮層までしっかりと浸透していきます。 ダーマペンによる穴が修復される過程で、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)とコラーゲンの生成を促進します。 お肌の若返りも期待できます。 ダーマペンで使用する針は極細なため、お肌へのダメージが少ない治療です。 ダウンタイムが短いことも大きなメリットです。 お悩みの方は一度ご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

解説 けやき美容クリニック 沼津院

公開日:2019/03/06

ニキビ治療【一般皮膚科と美容クリニック】

ニキビ・ニキビ跡の治療

そもそもニキビ治療には、 ・「セフルケア」 ・「一般皮膚科での治療」 ・「美容クリニックでの治療」 と3つに分類されます。 「セフルケア」 一番身近なのはセルフケアでしょう。ドラッグストアなどで取り扱う薬やケア用品は、手軽ではありますが、改善まで時間がかかってしまったり、症状に合わない場合、悪化してしまうケースもあります。 「一般皮膚科での治療」 次に、一般の皮膚科は健康保険診療内での治療となります。 保険診療とは、日常生活に支障をきたす疾患を治すためのもので、ニキビ治療においては、赤く腫れたニキビの炎症を抑えることが主たる目的となり、使用できる薬剤も限られています。つまり、ニキビをできにくい肌にする・ニキビ跡を改善するところまでは期待できないということです。 「美容クリニックでの治療」 一方、美容クリニックにおけるニキビ治療の目的は、「ニキビを治してきれいな肌にする」ことです。一般皮膚科では扱わない機器や薬剤を用いて治療を行うため、様々な症例に幅広く対応できるだけでなく、ニキビ跡の治療まで進めていくことが可能です。 ニキビを繰り返さない・ニキビ跡を残さない美しい肌へと導くことができます。 ニキビを悪化させたり跡を残さないためにも、様々な症状に合わせた治療を行える美容クリニックでの治療をぜひご検討ください。

解説 心斎橋フェミークリニック

公開日:2019/02/28

埋没法で作った二重ラインの修正方法と注意点

目・二重整形 (二重埋没法)

二重まぶた整形術の代表的な手術法である埋没法。手軽さだけではなく、手術後の腫れなどが少なく術後すぐに普段通りの生活に戻れるという事や、手術後に二重ラインの調整や、元の状態に戻す事が可能という点の安心感も、人気の理由となっています。 こうした手軽に受ける事ができる美容整形方法という特徴もあって、その治療件数は年間数万件を超える状況になってきている埋没法ですが、それだけ多くの方が手術を受けているだけあって、二重のラインを再手術によって修正したいという方も多くいるといえます。 特に、医師が未熟な医療機関や、十分なカウンセリングがうけられず、流れ作業的に手術が行われてしまう場所で手術を行った際には理想とする二重まぶたにならず、やり直しを希望するというケースも多くなっています。 そういったニーズに応える意味もあり、医療機関によっては「埋没法の他院修正」というプランを用意している状況です。他院修正とは最初に埋没法を受けた医療機関とは別の医療機関で修正してもらうことを意味しています。 そんな埋没法の「やり直し」ですが、やり直し前の埋没法の実施状況などによっては、通常の埋没法手術よりも難しい施術になる事も多く、より慎重に医療機関選びなどを行う事が大切となります。 今回は、やり直しや修正を希望する人が多い埋没法の修正について、注意点や症状別の修正案などを含めて解説します。

解説 口コミ広場編集部
監修 藤井芳樹 医師

公開日:2019/02/18

埋没法の後に目やにが大量発生するのは大丈夫? 原因とケア方法

目・二重整形 (二重埋没法)

二重(ふたえ)まぶた整形のなかでも、特に手軽に理想的な二重まぶたを手に入れられるとして知られている手術法が「埋没法」と呼ばれる方法です。埋没法はメスによる切開を伴わず、糸でまぶたとその裏にある組織を固定することによって、生まれつきの自然な二重まぶたと同じ構造を疑似的に作り出し、二重まぶたの状態を持続させる手法です。 埋没法は施術時間が短時間で済むことや、同じく二重の美容整形の中でもメスによってまぶたを切開して縫い合わせる「切開法」と比較してダウンタイムや日常生活への支障が少ないことから、忙しい現代人にとって非常に便利な整形術として高い人気を誇っています。 しかし、埋没法はれっきとした医療行為に該当し、切開はしないとはいっても、術後しばらくは瞼周辺にダメージが残り、目やにや腫れなどの症状が起こりやすくなります。また、肌に傷がついているため、普段以上に感染症予防に気を配らないといけないことも確かです。 今回は、そんな埋没法の後に起こる目やになどのトラブルや、その他の症状、またそれらの原因やケア方法について解説します。

解説 口コミ広場編集部
監修 藤井芳樹 医師

公開日:2019/02/21

お悩み・目的からコラムを探す