美容医療コラム

最新の美容医療情報や美容整形術のポイントなど、美容外科・皮膚科治療の詳しい情報や普段表に出てこないような美容医療の裏話などを、美容医療の専門家が発信!

メンズ版の治療案内はこちら   

二重の埋没法を受ける当日に気を付けたい事

口コミ広場編集部

宮崎浩彦 医師

近年、自然な感じで二重まぶた(ふたえ)が手に入るとして人気が高まっているのが「埋没法(まいぼつほう)」と呼ばれる二重まぶた手術です。埋没法による手術であればわずか10分程度の施術時間で、その日のうちに帰宅できる気軽さも支持される要因でしょう。 口コミ広場で紹介している治療の中でも埋没法は特に人気で、口コミが投稿されているものだけでもその件数は1万件。非常に多くの女性や、最近では男性も埋没法で二重まぶたにする人が増えてきているようです。 そんな埋没法による二重まぶた手術ですが、手軽さ故にあらかじめ気をつけておきたいことがあり、とくに施術当日は施術の前後で気をつけるべきことがいくつもあります。今回は埋没法による二重まぶた手術当日に気をつけるべきことをまとめて解説します。

セルフケアで顔のシミを消す方法

口コミ広場編集部

宮崎浩彦 医師

最近急にシミが増えたような気がする……ある日自分の顔を鏡でマジマジと見てみると、なんだかシミが急に増えたような……なんて感じてしまうことはありませんか? とはいっても、これはシミが急に増えたわけではありません。 シミとは、体内で作られたメラニン(色素)が、皮膚の表面に点々と褐色状に表れてきたものです。メラニンは紫外線などの影響で日々作られていて、毎日の生活で少しずつ蓄積されていった結果、1つ、2つと肌の表面に表れていくようになります。少量だとあまり気になりませんが、数が増えてきたり、範囲が広がったりしてくると気が付くため、「急にシミが増えた」と感じてしまうのです。 そして、シミが肌に蓄積されたメラニンが原因なのであれば、顔のシミを解消するベストな方法は、シミの元となるメラニンを作らせない、あるいはメラニンを体外に排出させて、蓄積させないようにすることです。 今回は、いつのまにか増えてしまいがちな顔のシミを、セルフケアで解消する方法をあらゆる角度から徹底検証いたします。

若返る リフト

セントローズクリニック仙台

みなさま、こんにちは。 本日はリフトの紹介です。 お顔全体や部分的な法令線、頬、顎…などたるみでお悩みの方にリフトがおすすめです! お悩みに合わせ、ミニやボブリフトもございます。 これまで、法令線、ゴルゴラインなど、ヒアルロン酸注入でしわ改善をされていた方・・・ リフトで改善も可能です。ヒアルロン酸よりも持続期間が長く、糸によりコラーゲン産生が促され、お肌にハリや弾力も与えてくれます。 また、治療後の痛みやダウンタイムが少なく、翌日よりお化粧、洗顔が可能です。 自然な若返りを希望の方は、是非、リフトがおすすめですよ! 無料カウンセリングがございますので、少しでも気になる方は相談だけでもかまいませんのでご来院下さいませ。

ヴェルベットスキン

けやき美容クリニック 沼津院

《ヴェルベットスキンとは?》 全ての美肌治療のベースは『真皮に刺激』→『真皮内の線維芽細胞が反応(活性化)』にあります。 マッサージピールの効果である「美肌・美白」「たるみ引き締め」をより高めるために、ダーマペンの持つ「真皮層への有効成分を届ける力」と「皮膚修復過程による大量のコラーゲン生成力」を活用する治療法です。 《マッサージピールとは?》 マッサージピール(PRX-T33®)は皮膚を剥離させずに、皮膚のより深層にある真皮細胞に働きかけ、表皮再生を活性化させる治療方法です。 マッサージピール(PRX-T33®)を皮膚に塗るだけで、細胞再生・新たなコラーゲン線維形成を促し、ハリと弾力を取り戻すことができます。 別名『コラーゲンピール』とも呼ばれます。 お肌を優しくマッサージしながら薬剤をなじませ塗布していき、皮膚深層から表皮再生を促進させることで、従来のピーリングでは得られなかった効果をもたらします。 皮膚の滑らかさやハリ感を、拭き取り直後から感じられるという即効性に加え、ダウンタイムが少なく試しやすい人気の治療方法です。※敏感肌の方はまれに赤みや剥離が起こることがあります。 《ダーマペン治療とは?》 ダーマペンはマルチプルニードル(11本の針)を用い、気になる部分に肉眼では見えないほどの細かな穴を開け、人間が本来持っている傷を修復する治癒能力でその穴を再生し、肌を新しく生まれ変わらせる治療法です。 針穴を通して様々な「美肌有効成分」や「成長因子」などをお肌の深部にまで効果的に浸透させることが可能です。 不足している成長因子を補填し、細胞分裂を活性化させ、肌の再生能力を高めることで、肌の衰えや小ジワ・ニキビ跡・傷跡・シミ・肌のハリを改善します。痛みや出血が少なく、短時間でできる治療です。 個人差がありますが、治療後二ヶ月程度で肌にハリと弾力が戻り、つややかでなめらかなお肌へと生まれ変わります。 【施術の流れ】 Step1:ダーマペン ダーマペンをお肌に滑らせ、肉眼では見えないほどの細かな穴を開けていきます。 Step2:マッサージピール マッサージピールに含まれる美容有効成分、TCA(トリクロロ酢酸)・過酸化水素水・コウジ酸が真皮層までしっかりと浸透していきます。 ダーマペンによる穴が修復される過程で、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)とコラーゲンの生成を促進します。 お肌の若返りも期待できます。 ダーマペンで使用する針は極細なため、お肌へのダメージが少ない治療です。 ダウンタイムが短いことも大きなメリットです。 お悩みの方は一度ご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

医療レーザー脱毛

セントローズクリニック仙台

みなさま、こんにちは。 寒い日が続きますが、季節は春へと近づいております。 そこで、暖かくなり、お肌を出す季節までに脱毛を行うことをおすすめいたします。 医療脱毛は1回での効果も大きいですが、十分な効果を得るためにはやはり回数が必要です。 また、治療と治療の間隔を1か月以上あけて治療を行わなければならないのです。 そのため、暖かくなってきてからでは遅いのです。 痛みが心配な方もいらっしゃると思います。輪ゴム弾かれた様な刺激で我慢出来ない程ではなく、ご自身の我慢できる痛みで行っても効果はありますのでご安心下さい。 是非、この時期から脱毛を初め、暖かくなる頃には、キレイな素肌でいられるように治療を行ってはいかがでしょうか。

皮膚科で受けられるシミ治療の種類と効果

口コミ広場編集部

いつの間にかできてしまうシミには、たくさんの方が悩まされています。美白化粧品や市販薬を使ってもなかなか効果を感じられず、年々シミが濃くなったり増えたりしているように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかもシミには老化や紫外線の影響によってできる一般的なものの他にも、30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)や子供の頃から現れるそばかすなど、さまざまな種類があます。 そして、シミの種類によってケア方法も異なり、間違った方法ではシミを悪化させることにもなりかねないという危険性もあるのです。 このように、セルフケアでは解消することが難しいシミですが、皮膚科や美容皮膚科ではさまざまな方法でシミの治療を行っています。そこで、今回の記事では、お肌の専門家である皮膚科や美容皮膚科で受けられるシミ治療の種類とその効果についてご紹介いたします。

顔の肌のくすみ、あなたはどのタイプ? 種類別の原因と対策方法を紹介

口コミ広場編集部

笠井美貴子 医師

「顔に影が多くどんより暗く見える」「なんだか肌が黄色っぽい」「昔は色白だったのに最近浅黒くなってきた」など、ふとした瞬間に自分の顔色を見て本来の肌の色と違う気がして驚く経験はありませんか? アラサー以降に現れやすい悩み“顔の肌のくすみ”の正体をはっきりさせ、透明感のある肌を目指しましょう。

都度払いとコース契約 医療脱毛はどちらがお得?

口コミ広場編集部

医療脱毛は、女性をムダ毛の悩みから解放し、人生をひとつ楽にしてくれると言っても過言ではないほど素晴らしい美容医療です。世間一般にも広く知られるようになり、医療脱毛を受けたいな!と考え始めていらっしゃる方も多いことでしょう。 医療脱毛には都度払いで通う方法と、複数回の回数がセットになったコース契約をして通う方法があります。医療脱毛を検討している方は、一体どちらがお得なのか知りたいところではないでしょうか。 そこで今回の記事では、それぞれのメリットやデメリット、さらにそれを踏まえたお得な通い方まで詳しくお伝えしていきます。

医療レーザー脱毛が効果を発揮する仕組みとベストな受け方

口コミ広場編集部

医療機関で行われる医療レーザー脱毛は、ほぼ永久的な脱毛効果を得ることができる、非常に効果の高い脱毛法です。高い効果と美しい仕上がりから、医療レーザー脱毛の人気は高まる一方で、サービスを提供するクリニックも増えています。 では、医療レーザー脱毛がなぜほぼ永久的な脱毛効果を得ることができるのか、その仕組みについてはご存じでしょうか? 今回は、医療レーザー脱毛が効果を発揮する仕組みについて解説しながら、より満足度の高い脱毛にするためのベストな受け方についてご紹介します。

埋没で二重にした糸が取れる確率はどのくらい?取れた場合の対処法は?

口コミ広場編集部

手軽に二重にしたい女性に人気の埋没法、切る必要が無く、ダウンタイムが短いので周囲に気づかれにくいのも魅力ですね。ただし、プチ整形とも言われる埋没法は、半永久的な効果がある訳ではありません。年月が経つにつれて二重のラインが薄くなったり、完全にもとに戻ってしまったりする人もいる事を知った上で手術を受ける必要があります。 そこで、この記事では埋没法を受けた後に糸が取れてしまう確率はどのくらいなのか?そして、取れた場合はどうすればいいのか?など、気になる疑問に徹底的にお答えします。

目元のシワやたるみを解消!アイリフトの種類と効果とは?

口コミ広場編集部

目元のたるみやシワは、老けて見えるだけでなく顔全体の印象までも左右します。「何だか疲れてる?」と聞かれる事があるのなら、目元の年齢サインのせいで不健康に見えているのかもしれません。日頃のスキンケアだけでは改善できないのなら、クリニックで目元の老化を改善するアイリフトを受けると、若々しく明るい印象をとり戻す事ができますよ。今回は、そんなアイリフトのさまざまなメニューの種類とその効果の違い、そして気になるリスクまでを解説します。

ニキビ治療【一般皮膚科と美容クリニック】

心斎橋フェミークリニック

そもそもニキビ治療には、 ・「セフルケア」 ・「一般皮膚科での治療」 ・「美容クリニックでの治療」 と3つに分類されます。 「セフルケア」 一番身近なのはセルフケアでしょう。ドラッグストアなどで取り扱う薬やケア用品は、手軽ではありますが、改善まで時間がかかってしまったり、症状に合わない場合、悪化してしまうケースもあります。 「一般皮膚科での治療」 次に、一般の皮膚科は健康保険診療内での治療となります。 保険診療とは、日常生活に支障をきたす疾患を治すためのもので、ニキビ治療においては、赤く腫れたニキビの炎症を抑えることが主たる目的となり、使用できる薬剤も限られています。つまり、ニキビをできにくい肌にする・ニキビ跡を改善するところまでは期待できないということです。 「美容クリニックでの治療」 一方、美容クリニックにおけるニキビ治療の目的は、「ニキビを治してきれいな肌にする」ことです。一般皮膚科では扱わない機器や薬剤を用いて治療を行うため、様々な症例に幅広く対応できるだけでなく、ニキビ跡の治療まで進めていくことが可能です。 ニキビを繰り返さない・ニキビ跡を残さない美しい肌へと導くことができます。 ニキビを悪化させたり跡を残さないためにも、様々な症状に合わせた治療を行える美容クリニックでの治療をぜひご検討ください。

ワキガの手術でおこりうる後遺症の種類と防止方法とは?

口コミ広場編集部

橋本健太郎 医師

ワキガの手術をためらっている理由として、たとえにおいが無くなっても手術による傷跡など、後遺症が心配だという人も多いと思います。確かに、どんな手術でも後遺症が残ってしまう可能性はゼロではありません。そこで、今回はワキガの手術でおこりうる後遺症とはどんなものか?そして後遺症を防ぐためにはどんな事に注意するべきか?について解説します。

埋没法で作った二重ラインの修正方法と注意点

口コミ広場編集部

藤井芳樹 医師

二重まぶた整形術の代表的な手術法である埋没法。手軽さだけではなく、手術後の腫れなどが少なく術後すぐに普段通りの生活に戻れるという事や、手術後に二重ラインの調整や、元の状態に戻す事が可能という点の安心感も、人気の理由となっています。 こうした手軽に受ける事ができる美容整形方法という特徴もあって、その治療件数は年間数万件を超える状況になってきている埋没法ですが、それだけ多くの方が手術を受けているだけあって、二重のラインを再手術によって修正したいという方も多くいるといえます。 特に、医師が未熟な医療機関や、十分なカウンセリングがうけられず、流れ作業的に手術が行われてしまう場所で手術を行った際には理想とする二重まぶたにならず、やり直しを希望するというケースも多くなっています。 そういったニーズに応える意味もあり、医療機関によっては「埋没法の他院修正」というプランを用意している状況です。他院修正とは最初に埋没法を受けた医療機関とは別の医療機関で修正してもらうことを意味しています。 そんな埋没法の「やり直し」ですが、やり直し前の埋没法の実施状況などによっては、通常の埋没法手術よりも難しい施術になる事も多く、より慎重に医療機関選びなどを行う事が大切となります。 今回は、やり直しや修正を希望する人が多い埋没法の修正について、注意点や症状別の修正案などを含めて解説します。

埋没法の後に目やにが大量発生するのは大丈夫? 原因とケア方法

口コミ広場編集部

藤井芳樹 医師

二重(ふたえ)まぶた整形のなかでも、特に手軽に理想的な二重まぶたを手に入れられるとして知られている手術法が「埋没法」と呼ばれる方法です。埋没法はメスによる切開を伴わず、糸でまぶたとその裏にある組織を固定することによって、生まれつきの自然な二重まぶたと同じ構造を疑似的に作り出し、二重まぶたの状態を持続させる手法です。 埋没法は施術時間が短時間で済むことや、同じく二重の美容整形の中でもメスによってまぶたを切開して縫い合わせる「切開法」と比較してダウンタイムや日常生活への支障が少ないことから、忙しい現代人にとって非常に便利な整形術として高い人気を誇っています。 しかし、埋没法はれっきとした医療行為に該当し、切開はしないとはいっても、術後しばらくは瞼周辺にダメージが残り、目やにや腫れなどの症状が起こりやすくなります。また、肌に傷がついているため、普段以上に感染症予防に気を配らないといけないことも確かです。 今回は、そんな埋没法の後に起こる目やになどのトラブルや、その他の症状、またそれらの原因やケア方法について解説します。

埋没法の後に化粧を開始できるまでの経過と注意点

口コミ広場編集部

藤井芳樹 医師

気軽に二重(ふたえ)まぶたを手に入れられることで多くの人から支持されている整形術が「埋没法」です。埋没法はわずか15分程度の施術時間で理想的な二重まぶたになることからプチ整形を代表するものと言えます。 しかし、プチ整形とは言え、瞼に針と糸を通す作業が必要になり、どうしても多少の傷や腫れなどが生じてしまうことも事実です。これらの症状は早ければ3日程度で回復するとされていますが、日常生活への影響が皆無とは言い切れません。とくに女性にとって化粧に制限がかかることは大きな影響かもしれません。 そこで今回は、二重整形の埋没法を受けた後に化粧を再開できるまでの流れや、化粧をする際の注意点などについて解説します。また、合わせて埋没法の特徴についても理解するようにしましょう。

季節の変わり目はエレクトロポレーションケアシスで乾燥対策

セントローズクリニック仙台

みなさま、こんにちは 2月も残り少なくなりましたが、まだ、コートは手放せませんが、春はそこまで来てますね。 また、季節の変わり目等、お肌の乾燥も気になりますね。 そこで、紹介したいのが、エレクトロポレーションケアシスの高分子ビタミンC導入です。 高分子導入とは皮膚に電気刺激を与えることで、高濃度ビタミンCを皮膚細胞の奥まで届ける事ができます。 また、従来のビタミンC導入と比較しお肌への有効成分浸透率が約20倍の導入効果があります。 痛みがないので痛みが心配の方も安心して出来る治療です。 乾燥はもちろん、しみ、くすみ、しわ、毛穴の引き締め、肌老化とあらゆるお悩みに効果のある治療です。 今のお肌を変えたいと思いの方はぜひ、体感して下さい。

埋没法の糸を抜糸したらどのような経過で元のまぶたに戻るのか

口コミ広場編集部

藤井芳樹 医師

二重(ふたえ)まぶた整形術の埋没法は、今や美容整形の代表格といってもいいほど人気の施術で、口コミ広場からも年間1万件を超える治療予約や問い合わせが行われています。 埋没法が人気の理由としては、理想的なぱっちり二重まぶたを手に入れられるという点は元よりその手軽さも非常に大きな理由で、手術自体は約15分程度の日帰りで終える事ができるほどです。 また、埋没法はメスによって皮膚を切開するようなこともないため、傷跡などを心配する必要がなく、体に対する影響が最小限であるという事も、人気の理由の一つでしょう。 そんな人気の埋没法による二重まぶた整形術ですが、一方で、手術を受けてから一定期間が経過した後に、元の状態に戻したいというような要望から、まぶたを留めている糸を抜糸(除去)したいというケースも存在します。 例えば手術によって得られた二重まぶたが理想的な状態でなかった場合や、糸による違和感などが日常生活に影響を及ぼす場合、または実際に二重まぶたにしてみたら、自分の印象に合っていなかったというような場合などがありますが、埋没法は糸によってまぶたを留めているだけの方法であるため、早期にこの糸を除去してしまえば元に戻す事ができるというのも利点の一つになっています。 今回は、埋没法で作った二重まぶたを抜糸によって元に戻したいという場合に、どのような経緯で元の状態に戻っていくのか、また抜糸を行う際の注意点などを詳しくご紹介します。

ニキビ跡の解消に行われるレーザー治療の種類と効果

口コミ広場編集部

ニキビが出来た後に残る「ニキビ跡」。 赤いニキビ跡をはじめ、色素沈着やクレーター状のものまで、様々なタイプのニキビ跡があります。 ニキビ跡は、ニキビの炎症によって周囲の組織がダメージを受け、傷痕として残った状態です。中には頑固なタイプのニキビ跡もあり、簡単には治らないものもあります。なかなか消えないニキビ跡は、クリニックで治療しないと治らないかもしれません。 そこで今回は、ニキビ跡を解消するために行われているレーザー治療の種類と効果について、説明したいと思います。

乳頭縮小の方法や授乳との関係

口コミ広場編集部

雑賀知歩 医師

形が良くきれいなバストは女性の憧れであり、象徴でもあります。 美しいバストとは、乳房の大きさだけと思われがちですが、実は乳首、乳頭の形もバストを美しく見せることのできる要素の一つです。女性の乳頭は、妊娠・出産など様々な要因により形の変化を遂げていくため、その形や大きさが歪になってしまうことがあります。 女性のバストは、乳房と乳頭、乳輪の全てが整って始めて人から美しく見えるものであることから、乳頭の形や大きさが崩れてしまうと深刻に悩んでしまう女性が少なくありません。 今回は、バストにとって大切な部位である乳頭の形、大きさの悩みを解消する形成外科施術「乳頭縮小術」について、その施術方法や授乳への影響などを含め徹底解説致します。

お悩み・目的からコラムを探す

  1. 美容医療の口コミ広場
  2. 美容医療コラム
  3. 6ページ目