美容医療コラム

最新の美容医療情報や美容整形術のポイントなど、美容外科・皮膚科治療の詳しい情報や普段表に出てこないような美容医療の裏話などを、美容医療の専門家が発信!

メンズ版の治療案内はこちら   

肝斑(かんぱん)ができないように気を付けるべき生活習慣

口コミ広場編集部

年齢を重ねると多くの人が頭を悩ませる肌トラブルのひとつがシミではないでしょうか。そのなかでも「肝斑(かんぱん)」は中高年の女性の半数近くが経験するシミの症状で、特に悩む女性が多いシミの代表格とも言える存在です。 肝斑の直接的な原因はいまだに解明されていないものの、肝斑の症状の改善や予防法は研究が進められており、現代では肝斑に効果的なケア方法や治療方法が確立してきています。 今回特には肝斑の予防方法に焦点をあてて、肝斑予防に効果的な生活習慣を、スキンケアの方法などを含めて解説します。

まぶたは加齢とともに痩せる? 年を取ると二重になる理由

口コミ広場編集部

若い頃は一重だったのに、年齢を重ねたら二重になったという話をよく耳にします。 その主な要因としては、年を取るとまぶたにある脂肪が減って痩せるため、元々まぶたの厚みが原因で一重まぶただった人が、これにより二重まぶたになるといわれています。 年齢を重ねるだけで自然な二重になれるならこんなに嬉しいことはありませんが、果たして、年齢を重ねて二重になるのは、ただ単にまぶたの脂肪が減ったことだけに起因しているのでしょうか? 今回は、年齢を重ねて二重になる理由や、二重のなったあとに起こりやすいトラブルについてご紹介していきます。

赤ちゃんにアイプチはしても大丈夫? 成長に合わせれば自然な二重は可能?

口コミ広場編集部

自分自身が一重まぶたで苦労した経験があると、せめて我が子にはそんな苦労をさせたくないと考え、赤ちゃんにアイプチを使おうとするお母さんがいます。また、自分が二重まぶたで一重まぶたの赤ちゃんが生まれてきた場合でも、アイプチでなんとかしようとするお母さんもいます。 確かに、パッチリとした二重まぶたの目は魅力的です。しかし、生まれて間もない赤ちゃんにアイプチを使用しても大丈夫なのでしょうか? 今回は、アイプチをはじめとした「二重のり」タイプのメイクグッズを、幼児に使用しても大丈夫なのか、また幼児期から使う事で二重まぶたになる可能性などがあるのかについてご紹介します。

ケミカルピーリングで毛穴の開きは解消できる?

口コミ広場編集部

宇井千穂 医師

お肌の悩みは年齢によってさまざまですが、年齢にかかわらず多くの女性を悩ませているのが「毛穴の開き」ではないでしょうか。 毛穴の開きには原因別にいくつかのタイプがありますが、共通しているのは、いろいろとケアをしても改善が難しい、あるいはすぐにまた開いてしまう、ということではないでしょうか。 この悩ましい毛穴の開きを解消してくれる方法のひとつに、今回取り上げるケミカルピーリングがあります。 「毛穴の開きにケミカルピーリング?」と思われる方もいるかもしれません。「名前はよく聞くけど、どんなものなのか正直よくわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。 そこで今回の記事では、ケミカルピーリングとはどんなものなのか、そして毛穴の開きに効果があるのかについて詳しくご説明していきます。

ホルモンバランスが崩れるとムダ毛も増える? 予防する方法は?

口コミ広場編集部

宇井千穂 医師

頭髪は女性ホルモン、そして体毛の多くは男性ホルモンの影響を受けて成長しますが、何かの拍子に体内のホルモンバランスが崩れてしまうと、急激に体毛が濃くなって驚くことがあります。では、ホルモンバランスはどのようなときに崩れやすくなるのでしょうか? 今回は、体内のホルモンバランスが崩れる原因や、それを予防する方法についてご紹介していきますので、急にムダ毛が増えたと感じる方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

お腹の毛は脱毛可能? 効果の程度と注意するべき点

口コミ広場編集部

宇井千穂 医師

普段は衣類で隠れているだけに、あまり意識しないのがお腹のムダ毛です。しかし、水着などで露出すると途端に目立つようになりますし、普段あまり見えていないからといって油断はできませんよね。特にお腹のムダ毛が濃い方はなるべく早めに処理をしておいたほうがいいでしょう。お腹のムダ毛は自己処理でなくすこともできますが、綺麗になくすのなら脱毛を受けるという方法が最もおすすめできます。では、お腹の脱毛を受ける際にはどのような注意が必要なのでしょうか?

憧れは“細く筋の通った高い鼻”。低い鼻を高くする方法 -マッサージ、矯正、整形手術など-

口コミ広場編集部

目鼻立ちという言葉があるように、顔の中心にある鼻はとても目立つパーツで、美しさを決定づける非常に大きな要素です。 そんな鼻の悩みとして、特に多いものといえば「低い鼻をなんとかしたい」というものではないでしょうか。鼻筋が通って高さがあり、綺麗な形である事は、多くの人のあこがれでもあります。 今回は、そんな鼻を高くする方法について、マッサージによる方法の効果から美容整形の手法、そしてメイクでの鼻の高さを演出する方法まで、様々な角度からご紹介します。

埋没法による二重整形について、コンタクトレンズ利用者が事前に知っておくべきこと

口コミ広場編集部

二重整形埋没法の術後リスクについてあれこれ検索していると、「コンタクトレンズの利用者に埋没法はあまりオススメできない」といった情報をご覧になり、不安になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もちろんコンタクトレンズ利用者だからといって、埋没法による二重整形が受けられないわけではありません。 しかし、コンタクトレンズ利用者は、メガネで過ごしている方に比べますと普段から目に負担がかかりやすいことは間違いありません。 今回は、コンタクトレンズ利用者が埋没法で二重整形を行う際に事前に知っておくべきことをあらゆる角度から徹底解説いたします。

瞼にたるみが出来る原因は何?悪化させるNG習慣&パターン別のケア方法

口コミ広場編集部

目元をぼやけた印象にさせる瞼のたるみ。放っておくと、目が小さく見えるだけでなく顔全体が老けて見える原因になったり、肩こりなどの健康被害があらわれたりする事もあります。年齢によるたるみを完全に防ぐ事は難しいですが、ちょっとした心がけや毎日のケアで食い止める事は可能です。この記事では、瞼をたるませる原因と、そのケア方法などを解説します。

ワキガが親から遺伝する確率はどのくらい?何歳ごろからチェックできる?

口コミ広場編集部

「ワキガは遺伝する」と聞くと、親御さんは「自分の子供に遺伝しているかもしれない」と不安になりますよね。 確かに、ワキガは遺伝的要素が強い事が分かっていますが、親がワキガの場合子供に遺伝する確率は一体どれくらいなのでしょうか? また、子供にワキガが遺伝しているかチェックするには何歳頃がベストなのでしょうか?  今回は、そんなワキガと遺伝について、そして子供にワキガが遺伝している時の対処方法について詳しくお話しします。

ワキガのニオイ対策にできる事

口コミ広場編集部

日本人の10人に1人はいると言われている、ワキガ。 軽度な症状も含んだ割合ですが、密かにワキガの臭いに悩んでいる人も、多いのではないでしょうか? 人が多い場所に行かなければならないときは、常に周囲の目を気にして、辛い思いをしていることでしょう。 不本意に出てしまう嫌な臭いを、少しでも抑えることができたら安心ですよね。 ここではそんな願いを叶えるべく、ワキガの臭いを抑えるための対策方法をご紹介します。 日々の生活に取り入れて、臭いの改善に役立て下さいね。

エステ脱毛は実際にどのくらい効果があるの? 永久脱毛は可能?

口コミ広場編集部

平野温子 医師

近年、インターネットを中心にして格安の脱毛プランに関する広告を見るようになってきました。なかには1回100円未満というものなどもありますが、多くはエステサロンで行う脱毛のようです。実は一言で脱毛と言っても医療脱毛とエステ脱毛に分かれることをご存知でしょうか。同じ脱毛行為でも使用する機器、施術費用などに違いがあるため、これらの違いを理解しておく必要があります。 さらに、私たちにとって身近なエステサロンの脱毛は実際に効果があるのか、そして永久脱毛が出来るのかどうかなど素朴な疑問についても掘り下げてみたいと思います。今回はエステ脱毛の効果についてご紹介します。

脱毛の際にやけどする原因と、トラブル予防や解消のための方法

口コミ広場編集部

平野温子 医師

多くの女性にとって関心が高い脱毛ですが、インターネットのクチコミなどを見ていると「やけど」に関する情報があることに心配を覚える人もいるのではないでしょうか。なかには痛みを伴うようなやけどを負ったという声もあるため、脱毛そのものを敬遠してしまいそうになります。 そこで今回は脱毛とやけどの関係、やけどをしないために注意すべきこと、NG対策などについて解説します。初めに結論から言ってしまうと、脱毛とやけどには関連性があるものの、過度な心配は必要ないと考えていますので、ぜひ不安を解消するためにも最後まで読んでください。

眉毛は脱毛して整えられる? 脱毛時の注意点などは?

口コミ広場編集部

平野温子 医師

自分で眉毛を整えている人は多いかもしれませんが、自己流のお手入れを続けていても、時間がたてばまた眉毛は伸びてきますので、お手入れが楽になることはありません。その一方で、眉毛もクリニックで永久脱毛すれば、お手入れが随分楽になりますよね。 そこで今回は、クリニックでの眉毛脱毛時の注意点などをまとめました。楽して綺麗に眉毛を整えたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

女性も顔の脱毛って必要?顔脱毛のメリットと効果が出るまでの回数をまとめました

口コミ広場編集部

平野温子 医師

顔の脱毛というと、男性のヒゲ脱毛を思い浮かべるかもしれませんが、実は美意識の高い女性たちのあいだでは、顔の脱毛がとても人気の部位なんです。 近くで見ると意外と目立つ顔の産毛をきれいにする事で、まるで顔全体が垢抜けたように見えるだけではなく、産毛が無くなる事でメイクのノリがよくなるなど、美しさを求めるのであればぜひとも受けておきたい、嬉しい効果があります。 そこで今回は、女性たちに人気の顔脱毛のメリットとその効果、そしてこれから顔脱毛をする際に知っておくべき注意点などをまとめました。

皮膚科でできる肝斑治療の特徴と効果

口コミ広場編集部

平野温子 医師

「なんだか顔色が悪いけど体調悪いの?疲れてるの?」特に体調が悪いわけではないのにくすんでいる肌の印象のせいで、いつも周りから体調を気遣われてしまうのは決して気分の良いことではありません。 このように、なぜか顔がいつも「くすんでいる」ように見えてしまうシミの1つに、肝斑と呼ばれるシミがあります。肝斑は、女性特有で発生しやすいシミと言われており、その形状、特徴は明らかに一般的なシミと異なり、コンシーラーで一生懸命隠しても隠しきれない非常に厄介なシミとされています。そして、肝斑はセルフケアではなかなか症状が改善しにくいことでも知られており、治療には肝斑症状に精通している医療機関を探すことが最も重要なのです。 今回は、自分ではなかなか解決しにくい肝斑について、皮膚科でできる治療の特徴と効果を徹底解説いたします。

日焼けなど肌の色が濃くても可能な医療脱毛の種類と効果

口コミ広場編集部

橋本健太郎 医師

よく「日焼けをすると脱毛ができない」と言いますよね。しかし、みなさまは、日焼けをすると脱毛ができなくなる本当の理由をご存知でしょうか?どれだけ日焼け対策をがんばっても、外に出る以上、まったく日焼けをしないというのは難しいことです。うっかり日焼け止めを塗り忘れて日焼けをしてしまったり、日傘を持って出るのを忘れたりなどということもあるでしょう。 また、日焼けに関係なく、元々肌が色黒で、脱毛したいのにできず悔しい思いをしている方もたくさんいます。ただ、日焼けで脱毛ができないのは、肌の色の濃さだけが理由ではないのです。 今回は、日焼けと脱毛の関係と、肌の色が濃くても受けることができる医療脱毛の種類や効果をご紹介します。肌が黒いからと諦めずに、「脱毛したい」という願望を叶えましょう。

妊娠中に脱毛出来ないのは何故? コース契約後に妊娠した場合は?

口コミ広場編集部

橋本健太郎 医師

「妊娠中でも医療脱毛を受けることができますか?」という質問は、医療脱毛クリニックへ多く寄せられる、よくある問い合わせのひとつです。けれども残念ながら、ほとんどのクリニックで妊娠中の方への施術は行っていません。今回の記事では、妊娠中に脱毛が出来ない理由や、すでにコース契約をした後で妊娠していることがわかった時の対処法についてご説明いたします。

子供でも脱毛は可能?キッズ脱毛の効果と再発の可能性など

口コミ広場編集部

橋本健太郎 医師

一昔前までは医療脱毛が高額で一般的ではなかった上に、永久脱毛という行為自体の認知も低く、脱毛は美容に詳しく、経済的に余裕がある大人が受けるものというイメージでした。 しかし最近では、格安の脱毛プランを提供するエステサロンの出現や、脱毛施術の広告によって永久脱毛の認知も広がり、未成年でも脱毛を受ける人が増えてきています。更にはまだ中高生くらいの子供でも、脱毛を受けたいという人が増えており、脱毛はもう大人だけのものではなくなっていると言えます。 自分から脱毛サロンに通いたいと言う子供もいれば、親が通わせるパターンもあるようですが、子供のうちから脱毛をすることでの問題がないのか、また効果の程度やムダ毛が再発する可能性についてなど、詳しく知られていない部分もあるのではないでしょうか。 そこで今回は、キッズ脱毛について、注意点も含めてご紹介したいと思います。子供の脱毛を検討中の方も、子供に脱毛をしたいとせがまれている方も、参考にしてみてくださいね。

ブラジリアンワックスで永久脱毛はあり得る? トラブルの可能性は?

口コミ広場編集部

橋本健太郎 医師

ムダ毛の処理方法には様々な方法がありますが、素早く綺麗にムダ毛をなくすのなら、ブラジリアンワックスという方法もあります。最近では、ブラジリアンワックス専門店も増え、この脱毛方法はどんどん私たちにとって身近な存在となっています。 しかし、ブラジリアンワックスはメリットもあればデメリットもある方法であるため、施術を受ける際には少々注意が必要です。

お悩み・目的からコラムを探す